ブライダルスペシャリストマリアージュコーチ  さん プロフィール

  •  
ブライダルスペシャリストマリアージュコーチ さん: ブライダルスペシャリストマリアージュコーチ
ハンドル名ブライダルスペシャリストマリアージュコーチ  さん
ブログタイトルブライダルスペシャリストマリアージュコーチ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ginza-fiore/
サイト紹介文ブライダルスペシャリストが結婚のご挨拶の仕方からプロデユース・マナー・デザイン・当日の事迄
自由文オリジナルよりもっと自分達らしい「テーラーメイドウエディング」を提唱しています
本人が体験していきたプロデュース・司会・デザインだけでなく 子供の結婚に立ち会った親の気持ち、伝統文化などもお話します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/07/28 19:37

ブライダルスペシャリストマリアージュコーチ  さんのブログ記事

  • いい演出だったね!って言われる披露宴の方法
  • 披露宴プロデュースを考えるときプランナーの力量が問われますなにをしたらいいか?オリジナルって、どうしたらいいか?ご親族にも喜んでもらえることは?印象に残ることは?日頃からどんなことにも、どんな年齢の方が興味もつか?もリサーチしておく必要があります。そんななか年中行事、歳時記、婚礼の意味を知っているとすごく応用がきくことに気づきました。個別対応で多様化する結婚式検索してどこにでも出てくることの真似 [続きを読む]
  • ブライダルフェアに行く前にしておくこと 
  • ブライダルフェアは行く前から上がる!!特に女性はキラキラしちゃう方も多いよね でもここは一生に一度の高い買い物に行くのだから冷静にまず行くところは結婚式を挙げるところその日にも結婚式はあるかもしれないそこに相応しい服装を選びましょうこれまた女性はおしゃれしている方も見受けられるけれど、男性は????結婚式は正装で臨む場所だということを忘れないように とくにお天気が不安定な時は靴の汚れも要注意です神 [続きを読む]
  • 喜ばれる演出のプロデュース方法
  • 〜の方法を教えてその知識を教えてと言われることがありますウケた余興はなに?って聞いてその通りにしてもそこにいる人、空気、時間が違うと結果は同じにはならないんだよね 仕事なら営業の仕方を教えてと言われても方法なんかじゃない でもそれを少しだけいい方向へ考えるヒントとしては 何故それがウケたか?楽しめたのか?考えることですYOU TUBEの真似でなく なにがおもしろいか?どうして?を考えてみてねそういう [続きを読む]
  • オリジナル!お二人らしくて意味ある演出
  • 人前式挙式や披露宴で自分達らしくー?!ってどうやったらいい?って悩みますよねそうそう自分達らしさは二人の思い出の曲とかお互いの趣味をちりばめるとか考えます。意味あることをその中に入れ込むのはどうでしょう 平安時代はお餅が夫婦になる証だったことは書いたとおりです。室町時代からはお酒を使うことがメインになります。現代版ではお酒も豊富にあるし色も色々あるし使う道具も凝れる??頭の中の妄想ではあんなことや [続きを読む]
  • 喜ばれる引き出物の選び方
  • なんでも略すようになった昨今 それでもさすがに引き出物がなくなることはないだろうと思うけど どうかな、。。。 昔むかし一度目の結婚でカタログを引き出物にして会場からクレームがきた今では考えられない話でも本当。。 物そのものを送る事しかしなかった時代重いものが一番良いとされている地方もあり、クリスタルの花瓶や掃除機など電化製品もあった。 喜ばれるものを選ぶって難しいねお誕生日だって クリスマスだって  [続きを読む]
  • 結婚式の歴史 日本にもいた! ブライズメイドって何する人?
  • 以前 同じようなことを書いたことがありますが、もう少し細かく江戸時代 花嫁行列で生家から婚家へ向かうことは、身分の違いがあっても行われていたようです。勿論その豪華さや、お道具の違い地方による違いは大きいです。 その花嫁行列に出る前に生家との決別の儀式があります例えば水盃を飲んだり、お茶碗を割ったり葬儀と同じようなことをしますということは、死に装束(白無垢)を着て茶碗を割って出てきた花嫁は死んでる状 [続きを読む]
  • 女優さんの花嫁姿はまた格別 美しい花嫁になる方法
  • 先日あるわくわくしていまい影現場で女優さんが花嫁さんなので登場をわくわくしていたのそりゃ綺麗顔が小さくて紅が映えてお化粧がわざとらしくなくしっくりマッチしている。要するに 無理にまつげを長くしたり目を大きくしていないから何より肌が透き通るような、とはこんなことなんだな浮いたうわさのない若い女優さん美しい花嫁姿の見本のようだった。 衣装のモデルさんは洋装の場合なぜか外国の方が多い。。残念こんな綺麗な [続きを読む]
  • 結婚式の歴史 吉日選び どうする?
  • 結婚式は6月が多いでしょう?とよく言われますが実は10月11月が一番多いのです。日本の気候はジューンブライドより暑くも寒くもなく連休の多いこの月が一番なのかもしれません台風の心配も少ないしねそこで吉日と言われる大安、友引は人気の時間は一年前から成約になる会場も多いようですちなみにこの日はおまけしてもらえない確率のが断然高いですその吉日はいつにからできたのでしょう六輝は中国からきて中国はもう使われ [続きを読む]
  • 結婚式の歴史 古代の披露宴 料理は?お酌するひとは?
  • 一言でいうと文献では 古代の披露宴の料理は大嘗祭に準じていたそうですコメ栗の蒸したものわかめアワビの汁お酒はどぶろくお箸はピンセットのような形 そして古代から婦人がお酌をすることに決まっていたそうです日本武尊が女装をしてお酌をしスキを見て熊襲を退治したという神話は有名ですね なんで女ばかり〜?と思うことなかれそれを逆手になにができる?ちなみにお酌をするときに手を返してはいけません理由はご商売の方の [続きを読む]
  • 結婚式の歴史 古代の花嫁衣裳 
  • 古代の文献が残っているわけではないけど身分の差も勿論この頃からあるだろうしただいえることはそんなに染料もなく白は神官が用いる神聖な色であるから白であったろうことは理解できるね埴輪式の服装で男性はひみこさまああ〜の髪型で女性は提髪  大事なのは蔓に花を挿したこと男性は刀玉、石、で双方飾ったけれど花が大事だったことは前にも書いたとおり 日本人は頭に花を飾ることはこのことからあるのですいやいやもっと昔か [続きを読む]
  • 結婚式の歴史 日本の上代の結婚式 結納とお金
  • 上代の結婚式で結納?お金の話から結婚の歴史を書いていくとは自分でも想いもよらなかったけど結納イコールお金がかかりそれは無意味という発想は違うということを知ってもらいたいなあと思って書くことにしました 結納は人身売買とは違うのに何んでお金がいるのか?近代になってからはお支度に使うためと一言で言えるかもしれないけれどなにも男性から女性へばかりへではないことは以前書いたことがあると思う上代では勿論お嫁に [続きを読む]
  • 結婚準備 花嫁ダイエット
  • たまには 歴史から離れて 現代のお話 結婚するときに多くの花嫁さんたちがダイエットしてきれいなドレス姿にしたいと願うようですそうでなくても当日に近くなると忙しくて痩せてしまいドレスが合わない方もお見受けします。でもでも女心としては、完璧な姿でいたい気持ちもわかる。個人的な話だけど、私は29歳くらいで一か月で7キロづつ落ちていったことがありました。これは精神的なことが原因で食べれなかったからそう食べ [続きを読む]
  • レポートと論文 勉強方法
  • 秋は婚礼シーズンでも大学の授業もシーズンそしてレポート提出日も締め切りまでにカウントダウン どれだけ本を読んだだろう古本屋から頼みすぎて本棚には入りきらないまだこれから増えていく。。。一日2冊ペースで届く 勉強には方法を知っておくといい速読を学んで、脅威的な速さで読めるわけではないけど本を読みこなす方法を得たのでかなり厚めの本も苦ではないレポートの書き方のコツこれを知ってから上位の成績以外とったこ [続きを読む]
  • ブライダル業界のあやふやな知識と婚礼文化 
  • ブライダル業界でも数年前からセミナーで勉強するブームがある。集客のためのコミュニケーションいわゆるセールストークが多く東京オリンピックが決定したころから日本文化もフォーカスされてきた。誰でもわかるが伝統文化は一度や二度のセミナーでは感じることでいっぱいいっぱいで理解とは程遠い大河ドラマの祝言シーンの中でわからないことがあった。調べても出てこない。私が大尊敬している先生に伺ったら即答でした。また更 [続きを読む]
  • 結婚式の意味 花嫁人形とムカサリ絵馬
  • 東北地方の風習です特に花嫁人形は青森ムカサリ絵馬は山形 未婚のまま亡くなった人のために死者が適齢期と呼ばれる年齢になると親が花嫁人形に名前をつけてこれからはそっちでこの人と幸せになるんだよ、ムカサリ絵馬は婚礼風景を描いた絵馬なので、これを奉納することで、結婚式を挙げたことにする同様の意味あいです。なぜそんなことをするか? 結婚をして一人前という考えが残っているからです結婚式をして、一人前になる。そ [続きを読む]
  • 結婚式の意味 花嫁はなんで花がつくの?
  • 花嫁さん花婿さんと呼ばれるのは一日だけ翌日からは花がつかない勿論前日でもつかない なんで花??花嫁行列には道に花を飾った花のように美しい時だから。。様々あるようですが、これが諸説ありってやつだね、自分にしっくりくるものってあるものです。 私がしっくりきたのは大和言葉からと民俗学からの2つ大和言葉では顔は植物で置き換えることができると言われているそうです目と芽 耳と実 鼻と花 葉と歯 頬と穂とりわけ [続きを読む]
  • 結婚式の意味 雅楽のレポート
  • 雅楽のレポートを書いています珍しく進まない雅楽は何度か授業でもやっていて、自分で楽器の経験もしました。婚礼との関係もあります。本来先週には終えて新しいレポートにとりかかるはずなのに。。ようやく先がみえてきたとこではあるのですが今回は、S(スペシャル)どころがÁの成績も危ういです。 でもきっと切り抜けれると信じてますできないくせに、スキーやゴルフ何でもいつもそんな自信があります今回はそれ以上の自信何 [続きを読む]
  • 目標あるから変化を楽しめる 変身企画
  • 外見も随分変化しました。先日 ミス日本の審査員を務めるスタイリストの方にヘアスタイルからガラッと変えてもらいました。私の意志はなくて、彼女がいいと思うことをそのまましてもらいました。なにせプロ中のプロ体重は4キロ落としましたどれも仕事のためです。 ブライダル業界にもステキな仲間はいるけれど、そこばかりに居ると視野が狭くなりがちなのねいつも視野を広く、多くのコミュニティをもつことは自分を助けることに [続きを読む]
  • 結婚式の意味 結納金は着物代か?
  • 結納金はなぜ送るのか? このお金で結婚準備をするように御帯料 御袴料と衣装の金は整いそうだがその他にはタンスや他の着物を用意することに使うこともあるだろううちに来てくれるのだからお支度はきちんと致しますよの意味であるから新郎新婦が勝手にいる、いらないと判断してはいけないね 何なのか?理解しなさいで答えを導くことは危険です ちなみにお色直しの着物も嫁ぎ先で用意されていたのは女性だけではないのね、176 [続きを読む]