kabanotakara さん プロフィール

  •  
kabanotakaraさん: ハングリー精神で心豊かに生きよう!
ハンドル名kabanotakara さん
ブログタイトルハングリー精神で心豊かに生きよう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kabanotakara/
サイト紹介文私のサイトは日記・詩・個人研究・戯曲・評伝・小説等沢山載せています。
自由文私は元高校の美術教師で画くことと、書くことを趣味にしています。現在この小説の他に「愛するということは・・」と「恋文」をブログに連載中です。出来ればお立ち寄り下さい。ブログ名は「人生をハングリー精神と愛情を持って心豊かに生きよう!」です。宜しく!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供805回 / 365日(平均15.4回/週) - 参加 2008/07/31 15:02

kabanotakara さんのブログ記事

  • 『吾輩は猫である』あっ〜い・・・。
  • 先日、ご主人の愛猫の木蓮の葉陰にあるネット籠で伸びているニーヤンコが載ったが、今日は女将さんの愛猫ポンタロウ(吾輩のこと)の寝姿をご主人がパチリ。吾輩はこの玄関前の板の間がひんやりして好きだ。あとは女将さんの冷房の効いた窓際が好き。とにかくこの連日の猛暑には参ってしまうだにぁ〜。なにせ吾輩は太っているうえにこの毛皮だ・・。参った!参った! [続きを読む]
  • 我が菜園より  その4 畑の果樹より
  • グミが四苗植えました。これはその一つで結構実がついています。今年は植えたリンゴの木が大きくなり今年初めて4個程実をつけました。これはその一つ。梨は虫がついたりしてダメでした。(涙)フェンス沿いに植えた蒲萄。昨年も結構実を付けましたが、今年は蒲萄の棚を買って植えました。さてさて実りの時期ではどの程度の収穫があるかな。 このほか我が家には柿二本。イチジク二本があります。柿はほとんどこの時期で落実。毎年 [続きを読む]
  • 東京新聞7/13 筆洗  部首がかたるもの
  • あまたある漢字を部首ごとに分ければ、「最大派閥」はさんずいの「水」部だそうだ。常用漢字のおよそ5%を占めるという。清濁、濃淡、深浅…。人の営みを表すのに欠かせないような文字が多い▼中国に大河があり、日本は海に囲まれ、四季もはっきりしている。水に関係する文字が多いのは水との縁の強さゆえのようだ(阿辻哲次著『部首のはなし2』)▼氾、濫、洪、浸、渇、溺、潰、渦、涙…。災害に通じる「さんずい」はきりがない [続きを読む]
  • 吾輩は猫である。「熱い。あついにぁ〜」
  • 吾輩は三毛のニーヤンコである。この家に野良でこっそり訪れてから早や12年目。この頃は足腰がすこぶる衰えて走るのはまだまだ現役かと思っているが。ジャンプ力の衰えは甚だしくせいぜい30〜40センチがやっと、ご主人が立ち上がるのに「どっこいしょ」「イタタタ!」の連発だけど。吾輩はそんなことは言わないけれど30以上を飛び上がるのに躊躇してしまう。 さて、このところの猛暑・・。食事・おやつ時にチュール・固形等をもら [続きを読む]
  • 和保が菜園から そのもの3
  • 甘いミニトマト。これからは沢山収穫できますね。スーパーで買うと結構しますね。我が家では食べつくせません。第一弾のトウモロコシ。多少遅れて種をまいたのでしゅうかくにはまだ四五日かかりそうです。子供たちが大好きです。第二弾は虫がつきやすいですね。枝豆が左で、二義の黄緑は蔓なしインゲンです。落花生です。今年は40株程です。九月以降で収穫です。 [続きを読む]
  • [転載]なぜ安倍首相は外遊取り止めるべきという声が出て来ないのか
  • http://kenpo9.com/archives/3974 私は不思議でならない。 これほどの水害被害が出ているというのに、なぜ安倍首相は外遊を取り止めるべきだという声が与党や野党の中から出て来ないのか。 豪雨は峠を越したかも知れない。 しかし被害が現実に表面化してくるのはこれからだ。 そして長期にわたる。 いまこそ国を挙げて早急に被災者支援の措置を講じるべきだ。 その先頭に立つのはこの国の首相である。 ただでさえ無意味な [続きを読む]
  • [転載]元関脇・貴闘力 「依存症の気持ちなど政府は分からない」
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232724         鎌苅さんはギャンブルで総額5億円負けたという(C)日刊ゲンダイ 成立が時間の問題となっている統合型リゾート(IR)実施法案、通称「カジノ法案」。安倍首相はカジノ建設で「総合的リゾート施設として、世界中から観光客を集める」と、経済効果に期待している。しかし、その一方で「ギャンブル中毒者を増やすのか!」と反発も多い。かつて [続きを読む]
  • 原発のない国へ 再生エネ100% ポルトガルの挑戦その2
  • http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201807/images/PK2018070602100059_size0.jpg◆太陽と水 組み合わせ 発電量増、世論も後押し 水力と太陽光発電を組み合わせたポルトガル北部のアルト・ラバガン・ダムの発電設備。太陽光パネルを水面に置く効果は高い。パネルの冷却効果で、地上に比べて発電効率は4〜10%上昇。湖面から水分の蒸発を抑え、水力発電の敵となる藻類の繁茂も抑えられ、「農業用地も奪わない」( [続きを読む]
  • 原発のない国へ  再生エネ100% ポルトガルの挑戦 その1
  • <原発のない国へ>再生エネ100%達成 ポルトガルの挑戦2018年7月6日 朝刊 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201807/images/PK2018070602100058_size0.jpg 水力発電所のダム湖の水面に八百四十枚の青色の太陽光パネルがきらめく。ポルトガル北部、スペインとの国境に近いアルト・ラバガン・ダム。水力と太陽光発電を組み合わせた世界初の試みだ。「変電施設が一つで済む。環境への負荷を減らすことこそ、再生可 [続きを読む]
  • [転載]共産党公表の森友内部文書 国交省、大筋認める
  • http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-07-06/2018070602_04_1.html 国土交通省は4日、森友学園問題をめぐり日本共産党国会議員団が入手し公表した内部文書の内容を大筋で認めました。野党合同ヒアリングで答えました。6月18日の公表以降、文書の「提出もコメントも控える」としてきた態度を改めたもの。他方で文書そのものの提出は拒んでおり、真相解明には背を向けたままです。 問題の文書は、国土交通省大阪航空局作成 [続きを読む]
  • 麻原彰晃が今朝死刑執行へ・・。
  • 全国を震撼させたサリン事件の主犯麻原彰晃ほか6名の死刑執行がされたとの報がネットにおどった。私が教頭をしていた時、地下鉄でサリン事件が起こり、沿線上にある私の学校は休みだったが急遽部活・補習等で登校していた生徒を体育館に集め下校時の対応と諸注意を流したことがあった。あれから二十数年経ち、過日オウムの囚人たちがそれぞれに他の刑務所に移送されたので死刑執行が近いとは思っていたがついにその日がきた。何か [続きを読む]
  • 絵画教室から
  • 新しい年度がスタートして三か月。それぞれに子供たちは学年が上がりました。ここで子供たちの作品を少し載せておきます。小五の女の子が紙バンドを使って作った小さな「物入れ」小五の女の子Kちゃんの手かご飾りもつけました。小五の女の子Tちゃんの手かご小二の男の子S君が木切れで作った塔。後ろに見えるのが私の紙芝居。小三の男の子I君の木の粘土で作ったお面。ユーモラスですね。 [続きを読む]
  • [転載]『(佐川氏の)告発はした方がいいと思います』by木村草太さん
  • 【そもそも総研】玉川徹氏「今野党がですね、佐川氏の証人喚問に関して偽証があったと。告発をすべきだというような事を言ってるんですね。この『告発をすべき』という事に関して、先生どういうふうに思われますか?」木村草太氏「この事案ではやはり、かなり悪質な答弁もありましたので。告発はした方がいいと思います」玉川氏「悪質な部分というのは、どういうところですか?」木村氏「森友学園の例の小学校の名誉校長に、安倍昭 [続きを読む]
  • 今日の収穫
  • 小雨がパラツク中、急ぎ畑に出て下記の我が菜園の野菜を収穫しました。右から枝豆・やや小粒ややの茄子・胡瓜・インゲン・ミニトマト・トマト・シシトウ・ピーマン・オクラです。このほか小玉スイカ、カボチャ・ゴーヤ・紫蘇・生姜・ヤーコン・ニラ・ネギ・小葱・落花生・サツマイモ・大根・人参・アスパラ・ヤーコン・小松菜・里芋等がありますが、紫蘇・ネギ・ニラを除いてはこれからで収穫はずっと先です。 [続きを読む]
  • 『青春の師 吉田純一先生のこと』(枚方だより 395号)
  •                                      先月の地震で、わたしの書斎の棚から落ちた資料の中に、奈良県立御所実業高校と同県立田原本農業高校の化学クラブの研究報告集がありました。いずれも指導教官は吉田純一先生で、それぞれ30編余の謄写版刷りの研究報告集です。この指導教官吉田純一先生との出会いこそわたしの青春時代の掛け替えの無い宝なのです。わたしが化学工業に働くことを職業に [続きを読む]