由乃 さん プロフィール

  •  
由乃さん: 自由気ままに・・・
ハンドル名由乃 さん
ブログタイトル自由気ままに・・・
ブログURLhttp://yuno2008.blog87.fc2.com/
サイト紹介文自然と動物が好きな主婦です いろんな場所に行って 見た景色出会った動物を紹介していきたいです
自由文パート主婦です
休みの日には、好きなドライブを楽しんでます
動物と触れ合う事が生きがいみたいな動物馬鹿ですw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/08/01 22:25

由乃 さんのブログ記事

  • 白髭神社 琵琶湖に建つ鳥居
  • 日本一の大きさを誇る滋賀県・琵琶湖の北西に”近江の厳島”と呼ばれる「白髭神社(しらひげじんじゃ)」があります道路を挟んだ琵琶湖の中には大鳥居が建っています琵琶湖に浮かぶ沖島を背景に佇む鳥居は厳島神社と見間違うような、実に絵になる風景です!パワースポットとしても有名で多くの人が集まってきます山茶花がちょうど見頃でした古木の花器に一輪の椿の花粋な感じ♪比良山脈を背に白砂と老松に囲まれて神々しく鎮座する [続きを読む]
  • 百済寺 感動を胸に・・・・
  • 優しいお顔の観音様に見送られ参道をさらに下りますミツマタの葉も黄色く染まっていましたつぼみのようなものも見られましたここから先は、通行できないようになっていたので写真だけ撮りましたびっしり紅葉がが積もってレッドカーペットのようでしたw 百済寺の山門朱塗りのために通称「赤門」と呼ばれこの門も本堂と同じ慶安3年(1650)に建立されました現在老朽化に伴い修復工事をして2018年3月完成しました湖東三山の中で百済 [続きを読む]
  • ポンたん、ポンジュニア、朝の微笑ましい光景
  • 朝、職場に着くとポンたんと、ジュニアが管理人を待っててくれましたあっ・・・おばたん・・・ママ〜〜あたち、怖いでしゅ!!なに言ってるの!あの人は、カリカリくれる人よ怖くないわよそうなんでしゅか?うーん・・・あたち、お腹ペコペコだけどやっぱり、怖いでしゅよ〜〜〜早く、カリカリ出してあっち行ってほしいでしゅママ、あの人が見えなくなったら教えてほしいでしゅなんて・・・ねwポンたんは、管理人のそばに駆けよっ [続きを読む]
  • 秋ヒマワリが満開でした
  • 滋賀県東近江市妹町あいとうマーガレットステーション道の駅です隣の畑では秋ヒマワリが満開でした入園無料、摘み取り体験もできます5本200円残念なことにマーガレットステーションは休館日摘み取りは出来ませんでしたが季節外れのヒマワリを楽しんできました黄金の花々ミツバチ達ヒマワリの蜜集めに忙しそうでした真冬になる前にいっぱい蜜を集めないといけないもんねFC2ブログランキングに参加しています宜しかったら応援クリ [続きを読む]
  • ポンたん一家 総出です
  • 今日も、ポンたんジュニア達の可愛い仕草をご覧ください(ジュニア)だるまさんが転んだでしゅ・・・(ポンたん)ジュニア、動いたよ〜(ジュニア)テヘッ・・・失敗したでしゅ(ジュニア)ママ、食べ過ぎでしゅ〜(ポンたん)ママは、あなたたちにお乳飲ませてるからお腹がすくの(ジュニア)じゃ・・・あたち、お水でお腹を膨らませるでしゅよ(ポンたん)ふぅ〜食べ過ぎたわ・・・・お水も飲みましょっと(ジュニア)ママ・・・ [続きを読む]
  • 百斎寺 何処を見ても美しく・・・
  • 弁天堂慶安3年(1650年)に本堂とともに建立された弁天堂昭和の豪雪で倒壊し、平成8年に新築した御堂が平成24年の春の旋風で再び倒壊現在は平成25年に再建され七転び八起きの弁天様が祀られています三所権現社(さんじょごんげんしゃ)一間社流造の三所権現本堂と同時期の建立で熊野三社の主祭神をお祀りしてあります本堂(ほんどう)室町時代の明応7年(1498)に火災にあい文亀3年(1503)に兵火をうけさらに織田信長によって天正 [続きを読む]
  • 寒空の下、元気に咲くコスモス畑を見つけました
  • 先週末は寒かったですそんな中、車で走っているとピンクに染まる畑を発見しました迷わず車を止めて撮影しましたよ〜♪こちらの田んぼは例年初夏にはひまわり秋にはコスモスが見られる場所ですが秋(10月)になってもスモスの花は見られず今年は種を蒔かなかったのね!と寂しいなぁって思っていました先週末たまたま、ここを通ったら一面にコスモスが咲いていたのでびっくり12月の寒い時期に、満開のコスモスです今年の秋は台風が [続きを読む]
  • 百済寺 美しい参道を楽しみました
  • 名勝庭園「天下遠望の名園」を楽しんだので次は本堂に向かいますびっしりと敷きめたような紅葉の絨毯感触を楽しみながら先に進みます真っ赤に染まる紅葉はなかったですがオレンジや黄色に染まった美しい参道を進むと本堂近くに立つ仁王門が見えます本堂と同じ年代に建立されました三間二間で一対の金剛力士像が向きあっています正面につり下げられた一対の大草鞋昔は仁王像の大きさに応じて50cm程度でしたが江戸時代中頃から仁王 [続きを読む]
  • 三毛さんふたたび・・・
  • 灯台へは、細い路地を登っていきます道沿いにはみやげ物店が並んでいてその中を灯台目指して歩きます↑の絵は、どちらかの画家さんが描いたものらしいです管理人、最初この絵を見た時落書きが描かれてるのかと思いましたwやっと灯台に到着です下から歩く距離はたいした事がないのですが結構な坂道を歩かなくてはいけないので足がガクガクですwそんな疲れた体に・・・・清涼飲料のような猫が・・・灯台の入場料を払って(150円) [続きを読む]
  • 百済寺へ紅葉を見に・・・
  • この秋は、まだ美しい紅葉を見ていなかったので滋賀県東近江市百済寺へ行ってきました近江最古級の百済寺は聖徳太子により創建され重厚な石垣に覆われた山城の趣のある寺院で近江最古級の寺院で紅葉の名所"湖東三山"のひとつです参道の途中にある名勝庭園「天下遠望の名園」です見頃の時期は、少し過ぎていましたがまだまだ美しかったです落ち葉の絨毯も美しく嬉しくて写真を撮り続けていたらポチャン池から大きな音がしてビックリ [続きを読む]
  • 絵描き宣言の町
  • 波切九鬼城址波切九鬼氏初代 隆良が室町時代にこの城山地区に波切城を築城波切は志摩地域の海路の要衝に位置し鎌倉時代初期より沿岸の拠点として重視されていましたそのことから波切城は外敵の侵入に備え太平洋を見下ろす岬の突端に築城されるなど水軍の将らしい城であったといわれています築城後は、この城を拠点としてさらにその勢力を広げて行き嘉隆の時代になると、織田信長方に帰属し、志摩一円を統一しました信長死去の後は [続きを読む]
  • キューティー☆ジュニア
  • 我が家の畑、無駄に広いのです舅が居たころは、野菜を作って市場に出荷していたのですがもう今は舅も居なくなり、野菜は家で食べる分のみしか作らなくなったため、スペースが余ってるのです放置しておくと、畑も土が悪くなるのでどうしようかと思ってたら相方が「花でも植えたら?」って提案してくれました周りの畑でも色んな花が咲いてて綺麗なので管理人も、花畑を作る事にしましたまずは手始めに・・・・菊の花を植えました菊は [続きを読む]
  • 猫に優しい町 
  • ぽかぽか陽気だったある日久しぶりに、美しい海が見たくなり志摩市大王町へ行ってきましたこちらは、大王埼灯台がある町絵描きさんの町としても有名なんです近くには、波切り漁港もあって多くの魚が水揚げされ干物などが多く作られています干物を干す台の間に、ユニークな案山子が立っていましたこちらの案山子は、トンビ避けかしら?灯台に向かう途中第一猫さん発見!!可愛い三毛さんですおいで〜〜って声を掛けたけど来てくれま [続きを読む]
  • 亀山公園、亀山神社散策しました
  • 春は菖蒲、初夏は紫陽花秋は紅葉が美しい亀山公園に行ってきましたしかし、今年の紅葉はイマイチ・・・赤く染まる木が少なくてちょっと残念でした気をとり直し公園のすぐそばにある亀山神社へこちらの紅葉は公園よりも赤く染まっていましたので家族で遊びに来られていた人たちはこちらで記念撮影されていました撫で牛白い椿が綺麗に咲いていました神社のすぐ隣りには亀山城跡が・・・天正18年(1590)岡本宗憲が築城しました 平屋 [続きを読む]
  • 岡寺さん参り (2)
  • 岡寺さん参り、続きです本堂文化2年(1805年)建立塑造如意輪観音坐像を安置されています寺号の龍蓋寺という名前は民衆を苦しめていた悪い龍を岡寺を開山した義淵僧正がその法力で池に封じ大きな石で蓋をしたという伝説から来ていますのちに龍は改心し、よい龍になったとのことですがこの池は今でも境内に残されていて悪龍の災厄を取り除いたとして岡寺は日本最初の厄除け霊場としても知られています十三重石塔 奈良大和四寺巡礼平 [続きを読む]
  • どっちもキュートです
  • ガーベラホームセンターで見つけて買っちゃいましたカラフルな色で可愛くて嬉しいなぁ♪職場のお隣のブリーダーさん家のブル☆ジュニア朝、駐車場に車を止めて降りると管理人の姿を見て駆け寄ってきてくれます「撫でて、撫でて」って甘えてくるのでそれが可愛くて〜〜!!もうすっかり、お友達ですwポンたん☆ジュニア職場の玄関先でウトウト・・・・居眠り中(ドア越しに撮影しています)あ・・・・あたちを撮ってるのね(起きち [続きを読む]
  • 岡寺さん参り
  • 安部文殊院から車で10分ほどのところにある「岡寺」にも参拝してきました「飛鳥の岡にある寺」として岡寺と親しみをこめて呼ばれていますこちらは、小高い丘の上に建っているので駐車場から、急な階段を上っていかなくてはいけませんでしたここに来るまでにも、石舞台や安部の文殊院など色々回って結構歩いていたので疲れていて階段を上るのを躊躇したのですが・・・折角ここまで来たのだからと、自分に発破をかけて上りました山 [続きを読む]
  • 漆黒VS闇の争い・・・どっちが勝つ?
  • 今日は久しぶりに影武者に登場してもらいました猫ドンが居た頃は、よく登場してましたが今回は漆黒のクロたんと、闇の影武者どんなストーリーが繰り広げられますか・・・?おいっ!そこの漆黒猫助ん?誰?私を呼ぶのは・・・あたしだよーー!!あたしあたしって・・・・えぇぇぇぇ〜〜あなた、一体何者!あたしは、あんたの影武者さ!いつもあんたのそばに居るのにあんた、気づかなかったのかい?馬鹿だね〜〜えっ・・・?影武者っ [続きを読む]
  • 安部文殊院
  • 明日香 石舞台古墳を見て次にやってきたのは、安部文殊院です10月半ばに、娘と来たばかりなのですが・・・相方は、まだ来た事がないので行きたいと!!金閣浮御堂(仲麻呂堂)安倍一族をお祭りするため昭和60年に総金色仕上げの金閣浮御堂が完成堂内には安倍仲麻呂像、安倍晴明像をはじめご本尊に開運弁才天、厄除け守護の九曜星の神々方位災難除けの十二天御尊軸が安置されています参拝者が厄災を祓うための「七まいり」をする [続きを読む]
  • クロたん背中が焼ける?
  • 真っ黒クロたん日当たりのいい場所で日向ぼっこ中♪日の光を浴びて(じりじり・・・・肌の焼ける音が聞こえそうですw)漆黒の毛が輝いています(体に触ると熱いくらいです)もうだめ・・・・背中が焼けちゃう〜熱を吸収して暑さに耐えられなくなった様子です日陰に避難してきましたwクロたんは寒さに強い子で陽が陰った吹きさらしのところでも平気で寝てます反面、熱さには滅法弱いです真っ黒だから熱吸収もすごいのでしょうねw [続きを読む]
  • 奈良 明日香 石舞台
  • 奈良県明日香村石舞台古墳へ行ってきました露出する横穴式石室 形状 不明 築造時期 7世紀初頭 石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、古墳時代後期の古墳国の特別史跡に指定されています石舞台古墳は、日本最大級の横穴式石室広さは8坪もあります元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていましたがその土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出したそうです埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている中に入ってみましたいくつ [続きを読む]
  • 子猫「達」でした
  • ポンたんの子供ですが皆さんから、子猫は1匹ですか?って質問をいただいてました最初は、毎日1匹しか連れて来ていたんですなので、子猫は一匹だと思ってたのですある日、職場に着くと子猫二匹が玄関で遊んでいてびっくりポンたんは、優しい、良いママですポンたんにあげたカリカリを食べてましたお顔の毛色が少し濃い目の子猫お顔の毛色が少し薄めの子猫ですが・・・ぱっと見ても、どっちがどっち?って見分けがつかないくらいそ [続きを読む]
  • 龍・・・・現る?
  • 昨年も行きましたが今年も藁アートを見に行ってきました松阪市飯南町の山間の小さな町、下仁柿へ下仁柿(しもにがき)地区の住人が仕事の合間を縫って作った作品です昨年は巨大フクロウでした今年は龍ですかっこいいですよね牙や舌や爪や髭など細部まで細かく作られていてびっくりするくらい完成度が高かったです体長 16m高さ 5.5m胴回り 4m稲わら 4500束製作日数 約1か月制作人数 延170人来年3月末まで展示 [続きを読む]
  • ママの尻尾はおもちゃ?
  • 仕事中、(玄関の方で)かさかさと音がするのでそーっと覗くと子猫がポンたんの尻尾で遊んでいましたえい!えい!っと捕まえた〜  るんるん♪今度は、前手にツンツンするんだもんあたちの尻尾でママのお顔ペンペンしちゃうあ・・・・誰かがこっち見てるよ!ママあら?やだ・・・・おばたんじゃないの!!こんにちはあたち、まだ小さいから怖がりなのおばたん、あたちのそばに来ないでねそっと、物陰から撮影しました可愛い仕草に [続きを読む]
  • 打ち間違い。。。指摘できますか?
  • ヒメツルソバブログでよく見かける花でしたホームセンターで苗が売っていたので買ってプランターに植えたらどんどん増えて、今はプランターから地面に進出何処まで広がるのかなぁ・・・今日の記事は、とっても小さな些細な出来事です下らない事なのでスルーしてくださっても結構です先日、花の苗を買おうとホームセンターに行ったんですそこに、1鉢380円(税込み410円)のポットマムが3鉢買うと1000円(税込み1080円 [続きを読む]