由乃 さん プロフィール

  •  
由乃さん: 自由気ままに・・・
ハンドル名由乃 さん
ブログタイトル自由気ままに・・・
ブログURLhttp://yuno2008.blog87.fc2.com/
サイト紹介文自然と動物が好きな主婦です いろんな場所に行って 見た景色出会った動物を紹介していきたいです
自由文パート主婦です
休みの日には、好きなドライブを楽しんでます
動物と触れ合う事が生きがいみたいな動物馬鹿ですw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/08/01 22:25

由乃 さんのブログ記事

  • 花と動物ふれあい広場 (2)
  • 1羽のウサギさんの動きが可愛かったのでアドリブの台詞とともにご覧ください私、今から、ロン毛をシャンプーするわ♪ワシャワシャキューティクルが剥がれないよう優しく洗うのよ〜髪は女の命だもんあ・・・目にシャンプーが入っちゃった痛いわぁ〜〜早く洗い流さなきゃ〜〜ふぅ・・・焦ったわ!!女の子って、大変だね私は、短髪だからお手入れも楽チンよ〜なんて、外野の声も聞こえてきましたダチョウゾーンに行くと暑いので、3 [続きを読む]
  • 伊勢現代美術館へ (2)
  • 美術館のお庭に出てみました狭いですが、海に面しててロケーションは良かったです海を眺めるワンコ眠そうな目で、海を眺めてる姿哀愁が漂っていました♪後ろで手を組んだような面白い人形でした仲良く二人並んでおしゃべりしてる風でしたシーサーのよう!!向かって左側表情が面白かったです「うっししししし・・・・」って笑ってるみたいw可愛い女の子達今にも話しかけられそうな感じでしたインスタスポットでしょうか?可愛いベ [続きを読む]
  • 花と動物ふれあい広場 (1)
  • 猛暑の夏お出かけも、ままならないですね遠出する気力が出ないので近場でうろうろする管理人ですまずは娘と、コメダ珈琲に行きモーニング飲み物は、娘のお薦めストロベリーシェイク入れ物が可愛いですねこれ、甘すぎず美味しかったです飲み物を注文すると、トーストが無料なのでタマゴペースト トーストを頂きましたお腹もいっぱいになってやって来たのは花と動物ふれあい広場です管理人がよく行く、ふるさと村の隣にあるミニ動物 [続きを読む]
  • 伊勢現代美術館へ (1)
  • 「伊勢現代美術館」五ケ所湾に面した、隠れ家のような白亜の美術館です 1階のメインである展示室では企画展を中心とした展示を行い2階は、1階と連動した展示や若手作家の企画展の開催貸出のギャラリースペースとなっています「伊勢志摩サミット」で使用されたカップ&ソーサーのデザインを担当した書家の小林勇輝さんの作品展「言葉の結晶」が7月12日から開催中でしたこちらにお邪魔した日作者の小林さんと奥様とお子さんが来てら [続きを読む]
  • 天岩戸
  • 伊勢志摩・英虞湾沿いの志摩磯部に「恵利原(えりはら)の水穴」と呼ばれる霊水が湧き出る場所がありますここは「天岩戸伝説」が残る特別な場所であり地元ではこのエリアを「特に霊気の強い場所」として大切に保存・維持していますうっそうと茂る神宮林に囲まれた参道このエリアは神話の世界に入り込んだような霊気を感じさせてくれる伊勢の国ならではの神話の世界へと入り込める神聖な場所です禊(みそぎ)の滝修行者を迎えていま [続きを読む]
  • 風鈴の寺 正寿院へ (1)
  • 京都府の宇治田原というお茶の産地にあるお寺「正寿院」へ行ってきました高野山真言宗で、創建は800年ほど前ですが本堂は約250年前に建てられました正寿院は、標高が高いところにあり京都市内より5度ほど涼しい避暑地のようなところにあります蒸し暑い日でしたが、こちらの境内に入ると涼しい風が吹いてとても心地良かったです正寿院は、夏には境内一面に風鈴が飾られます『風鈴の寺』としても知られています昨年も来たのですが、 [続きを読む]
  • 我が家の花と、クロたんの「あくびの顔も三度まで・・・」w
  • 時計草一昨年、夏の終わりに小さな鉢植えを買いました花が咲き終わっていたのですが翌年咲いたらいいなぁ〜って思って買ったものですが昨年も今年も綺麗な花を咲かせてくれましたランタナ色が変化する可愛いお花ですナデシコルリマツリ南アフリカ原産で、熱帯の花とは思えないほど優美で繊細です初夏から秋にかけて、細くしなる茎の先に涼しげなフロックスに似た花を穂状に、たくさん咲かせます我が家は鉢植えにして玄関に置いてま [続きを読む]
  • 表示に偽りあり!! 魔法の手に酔いしれるクロたん
  • 春に、ミニひまわりの種を買いました種の袋には、赤や黄色などの絵が載っていたので色んな色のひまわりが咲くといいなぁ〜と楽しみに種を蒔きました毎日水を撒いて、綺麗な花を咲かせてねと声をかけてました小さな芽が出て、ぐんぐん苗が成長して6月の半ばには蕾が出来ましたどんな色のひまわりが咲くのかなぁ・・・わくわくしてました7月になり、遂に花が咲きみました↓↓↓すべて黄色のみ!!嘘つき〜〜〜〜表示に偽りありやん [続きを読む]
  • 三重にある姫路城を尋ねて・・・
  • 国宝で世界遺産にもなっている姫路城のミニチュアが19年の歳月、材料費1,800万円を掛けて平成19年4月三重に完成しました高さ2.5メートルの天守を中心にコンクリートで土台を築いた165平方メートルの敷地いっぱいに23分の1の城郭が広がっています。すべて手作りです伊勢市円座町の井村裕保さんは少年時代に雑誌の写真を見て姫路城の魅力にとりつかれました中年になってから妻の郁子さんから姫路城の写真集を贈ら [続きを読む]
  • 松阪ベルファーム (2)薔薇が咲いていました
  • イングリッシュガーデンの温室を出た所薔薇園があります咲いてるかなぁ〜っと見に行くと淡い色系の薔薇が咲いていましたカップ咲きの薔薇が多かったようです幾重にも重なった花びらが可愛いですねガラス張りの東屋白とブルーのコントラストの美しい組み合わせですねアナベル、大好きな紫陽花のひとつ今年、小さな苗を我が家にも買いました来年花が咲くといいなぁ〜行った日は蒸し暑い日でしたがボランティアさん達が草引きをされて [続きを読む]
  • 田丸城跡お堀に咲く 大賀ハス
  • 三重県玉城町田丸にある田丸城跡の内堀古代品種とされる大賀ハスの花が見頃を迎えていました大賀ハスは1951(昭和26)年千葉県内の縄文時代の遺跡で実が見つかり研究者が栽培に成功しました玉城町では30年ほど前から町民が寄贈した種を水槽で栽培していたものを田丸城築城670年を記念して2007年に田丸城の内堀に植えました淡いピンクの大輪が約150平方メートルの堀に咲く光景は素晴らしかったです訪れた人々は皆 [続きを読む]
  • ひまわり (2)
  • どアップ〜〜カナブンさんヒマワリの花粉をお食事中美味しいのかしら?右向いて〜♪左向いて〜♪正面向いて〜♪何処から見ても綺麗だね〜♪こちらのヒマワリは種から食用油を搾るためあぐり工房が栽培しているもの毎年この畑にヒマワリが植えられ多くの人達が見に来て、小さな名所になっていますFC2ブログランキングに参加しています宜しかったら応援 お願いします [続きを読む]
  • 松阪ベルファーム イングリッシュガーデン(1) 睡蓮
  • 松阪農業公園ベルファームへ地場産お野菜や、花苗が安く買えるのでしょっちゅう来てますお買い物の後イングリッシュガーデンに立ち寄りました今の時期は、どんな花が咲いてるのかなぁ・・・入口両脇には「サンパチェス」が咲いていましたサンパチェンスは、インパチェンスの品種の一つで夏から秋にかけて赤やオレンジ色の鮮やかな花を咲かせるのが特徴です夏場には花壇を華やかに彩りますサンパチェンスには空気を浄化する性質があ [続きを読む]
  • 醒ヶ井宿を歩く(3)
  • 半夏生涼し気でいいですね〜これは、なんの花だったのかな?(名前は不明)八重咲の可愛いお花が咲いていたのでパチリ渦紫陽花可愛くて好きな紫陽花です中山道醒井宿は水の豊富な地域で街にいくつか名前のついた湧き水がありますそのうちの一つの「十王水」平安中期の天台僧浄蔵により水源がひらかれた名水(当初は「浄蔵水」と呼ばれていたらしいです)水中の中に「十王」と刻まれた灯籠が立っています周囲の風情ある街並にマッチ [続きを読む]
  • ひまわり (1)
  • 車で走ってると色んな場所でひまわり畑を目にするので毎年行っている、アスピア玉城のアグリひまわり畑 もそろそろ咲いてるかな?っと思い 行ってきましたいい感じで咲いていましたインスタスポット用に設置された白いブランコと一緒にパチリ玉城町原の農産物直売所「ふるさと味工房アグリ」に隣接する畑約4万本のヒマワリが白い雲が覆う曇り空の下元気に咲いていました今年は迷路のような遊歩道が設置されていましたヒマワリの間 [続きを読む]
  • 醒ヶ井宿を歩く(2)
  • キンシバイが咲いていました暑くて、歩いていてもしんどかったですが黄色は元気色、見つけると嬉しくなって俄然元気になれましたw醒ヶ井宿 延命地蔵尊延命地蔵尊延命地蔵尊の創建は弘仁8年(817)大旱魃があった際、伝教大師最澄が比叡山延暦寺の根本中堂で雨乞いの祈祷を行ったところ霊夢に薬師如来が立ち、「醒井に霊泉が湧き出す地がある。」との御告げがありました最澄がこの地を訪れると、地蔵尊の化身と思われる1人の [続きを読む]
  • 真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)  (2)
  • 通天橋(つうてんきょう) 重要文化財全長31,86m 幅6,79m 唐破風造 本瓦葺御影堂と如来堂を結ぶ廊下です両御堂の縁側にかかっているため高床、板張りで柱間はすべて吹抜けとしています柱の外側に床と同じ高さの縁側をとりつけ、その端に高欄を置いています床下は柱に三手先の挿肘木を挿し込んで、この縁側を受けています屋根はいわゆる「照り起(むく)り」で、両端に唐破風をつけています天上のあたりには細部に彫 [続きを読む]
  • 醒ヶ井宿を歩く (1)
  • 中山道61番目の宿場町醒井の地名の由来となった「居醒の清水」を源流とした地蔵川の流れに沿って風情ある町なみが続いています醒井宿には全国でも珍しく宿場をきりもりした施設「問屋場」が昔のままの姿で残っており往時のにぎわいを伝えています醒ヶ井の清水は、ハリヨ保護区になっていますハリヨは、年間の水量が一定した綺麗な湧水地やその周辺の流れの緩やかな河川に限定して生息し水草の生い茂った水深20-50cmの浅瀬に生息し [続きを読む]
  • 真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)  (1)
  • 津市一身田町にある高田本山専修寺へ宗祖親鸞聖人のみ教えをまっすぐに受け継ぐ寺院で高田本山と通称親しみを込めて呼ばれている寺院です『山門』御影堂の正面にあって、専修寺伽藍の総門。五間三戸二階二重門の形式になっていますこれは山門として最高の格式です 瓦に宝永元年(1704)の銘があり、これが建築年時とされています。山門の向こうは寺院の並ぶ寺町になっていて昔ながらの町並みがあります国宝 如来堂「証拠の如来」 [続きを読む]
  • 蓮と紫陽花と、庭の花たち
  • 志摩マリンランドの人気者マンボウ世界の温帯から熱帯の海域に生息し全長は3m以上、体重は数トンにもなりますとぼけた表情でゆうゆうと泳いだり日光浴でもするように海面によこたわっていることがあるので「海ののんき者」と呼ばれマリンランドで一番の人気者魚達を見て楽しんだので帰ることに途中の道の駅で、蓮の花が一面に咲いていたので雨の中、歩いて見に行ってきました休耕田に水を張った蓮田です雨が降っている中の撮影で [続きを読む]
  • 志摩マリンランド (3)
  • クラゲの水槽ふわりふわり、ゆっくり泳ぐクラゲ時間を忘れて見入ってました大きなお口のクエお掃除する魚が、口の中に入ったり出たり忙しそうに泳いでましたクエは、気持ちいいのか?大きな口を、もっと大きく広げてましたwマリンランド2階にある回遊水槽大型の回遊魚が休むことなく泳いでますじっと見てると、目が廻りそうになりましたこの魚(名前は調べてくるの忘れました)横から見ると普通の魚ですが正面から見ると・・・・ [続きを読む]
  • なばなの里 (4)
  • 数十メートルにも及ぶ通路に丹精こめて作られた紫陽花が展示されていますこの通路は、イルミネーションの時期になるとLEDライトが点灯される通路なんですよ〜紫陽花の上にあるのが展望台です360度見渡せる広いゾーンになっています写真手前が紫陽花ゾーン奥が花菖蒲ゾーンです広大な地に咲く花菖蒲さすが、なばなの里しっかりお手入れされていてどの花たちも見事でした以前、亀山公園に花菖蒲を観賞に来ていた人がなばなの里よ [続きを読む]
  • 志摩マリンランド (2)
  • 縁起のいいオコゼ達黄金のオコゼです煌びやか〜〜☆巨大イソギンチャクの森そこに潜むファイティングニモ(なんちゃって・・・w)集団行動する魚塊になっていたので、ガラスに手を置いて驚かしてみましたすると・・・・いっときは、集団が壊れましたがすぐ元通りに塊になっていました(暇人管理人、何度も手を置いて驚かしたけど、すぐ元通り塊になってました)マリンランドでは2008年頃までピラルクの餌として和金を与えてい [続きを読む]
  • 丹生の大師の紫陽花と睡蓮と
  • 大師の里はふれあいの森に囲まれた緑豊かな所にピンクやブルーの紫陽花が色を添えています緑の水田のキャンパスに色を添える紫陽花達自然の景色の中に咲く紫陽花達華やかさはないですが格別美しく感じました大師の里を後にしてやってきたのは神宮寺(丹生大師)の鏡池です真っ白な睡蓮の花が咲きとても美しかったです睡蓮の下では、錦鯉とニホンイシガメが・・・・ニホンイシガメは本州・四国・九州に生息する日本固有のカメですが [続きを読む]