フーパパ さん プロフィール

  •  
フーパパさん: フーという名の猫とジャズ、そしてインテリア
ハンドル名フーパパ さん
ブログタイトルフーという名の猫とジャズ、そしてインテリア
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ansermet1940
サイト紹介文愛猫フーとジャズとインテリアをこよなく愛する中年男性の日々の思いを綴っています。
自由文最近はフーハウスなるものを作り、ブログファンさん達のネコさんを招待しています。
その記事をひとつの寓話として紹介しています。
これまで4組のネコさんが体験入居されています。

それと、長い間に買い求めたクラシックとジャズLP/CD4000枚の中からの一押しを紹介しています。

あと、インテリア(雑貨も)大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2008/08/01 22:34

フーパパ さんのブログ記事

  • デジカメが無いので
  • 2018年 9月21日 金曜日 くもり 猫ブログを書くうえでの必需品と言えばデジカメが欠かせないのだが、そのデジカメが今手元にないのだ。もともとこのデジカメは私のものではなく、娘の物を借りていたのだ。そもそも、愛用していたSonyのカメラに不都合が生じお蔵入りとしたことから、このような事態になった。今回娘が上司の送別会とか、週末の旅行とかで、カメラを使いたいとのことで、そのカメラを返すことになった。であるか [続きを読む]
  • 木漏れ日のなかで
  • 2018年 9月20日 木曜日 くもり いまは空一面雲に覆われていますが、きのうは、朝から青空が広がる快晴の一日でした。バイトがない日でもあり、この上天気の秋晴れをただただ家に籠るのもどうかとおもい、ちょうど図書館から借りていた7冊の本(内、雑誌3冊)の返却日が迫っていたこともあって、図書館に行くことにしました。 途中、秋の訪れを告げる彼岸花を目にしたのでパチリ。実は私、この赤い彼岸花、あまり好きな花で [続きを読む]
  • 秋めいて秋めいて
  • 2018年 9月19日 水曜日 晴れ 8月のあの暑い夏が行ったとおもったら、きゅうに秋めいてきたきょう。窓から差し込む日差しの柔らかさは、夏の強烈な光とことなり、あくまでもソフトである。まさに「初秋」の候である。雲一つ見当たらない天空はあくまでも澄み渡っていて、心が洗われそうな気分を感じさせてくれる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・猫たちもそれを察して、それぞれの場所で寛いでいる。いまの時間 [続きを読む]
  • 猫のサービス
  • 2018年 9月18日 火曜日 くもり 猫の写真を撮り始めて何年になるだろう?ブログを始めてから10年たったのだから、それ相当の月日が流れたことになる。我が家には14歳のフーを筆頭に、9歳のリン、7歳のネロの三匹の猫がいて一緒に暮らしている。それぞれの猫はみな大人猫になっていて、フーに至っては老猫?の域に達している。そのためきょうも猫写真をと張りきってみるが、子猫のような動きを期待するのは無理で、殆どの写真 [続きを読む]
  • 秋の夜長、猫と音楽を愉しむ
  • 2018年 9月17日 月曜日 雨 二日ブログを休んだだけなのに、なにか久し振りのことのようです。日曜日は、ミサに出かけるため午前中は書く暇がなくなったので、大分前からブログ定休日としていることは周知のことと思います。ただ、土曜日はといいますと、この日も午前中から地区の敬老会に出たあとバイトでしたのでお休みさせていただいた訳です。そして、今日は敬老の日。土曜の日の敬老会には75歳以上の168人が出席。私の [続きを読む]
  • 今日も猫日和
  • 2018年 9月14日 金曜日 くもり きょうも猫日和だ。暑くもなく寒くもなく、心地よいなかに、三匹の猫と一緒に居る。三匹の猫の中で、一番若いネロ。頻繁に二階に上がってきて傍に居てくれる。傍らには遅れてやってきたリンとフーが居て、珍しいことに三匹の猫たちが同じフロアで寛ぐこととなった。なにをするでもなく、ただただ体を横たえて寛いでいるのだろうか。もしここに猫たちが居なかったなら、今私は何をするべきかわか [続きを読む]
  • 幸せな気分
  • 2018年 9月13日 木曜日 晴れ  今朝、猫散歩に出て見た青空は、秋の気配を漂わせていた。蝶が一羽朝の風をうけ羽根を揺らいでいたそんな爽やかな朝のひととき、きのうのことを思い浮かべている。私と猫三匹の時間が終わろうとする時がやってきていた。それは、猫たちの仕草からわかる。水曜日は家内も娘も仕事であり、夕方ほぼ決まった時間に帰宅する。そんなことを猫たちはこれまでのことから習得したのだろう?ぞろぞろと二 [続きを読む]
  • ちょっと長めの猫散歩
  • 2018年 9月12日 水曜日 晴れ きのうと同様に半袖では、そうかといって、長袖は早すぎかな?そんな中途半端な気にさせる秋口。急に冷気が漂う朝を迎えたきょう。 黒猫ネロのと朝の散歩に出ましたら、何を思ってか、この夏のそれとは違って、いきなり表通りをとことこと。早朝のことで、通勤時間にはまだ早いことから、車の行き来もない静かな通りを東へ。2件隣のH宅が外壁のリフォームを終えて朝陽に輝いていた。聞けば築2 [続きを読む]
  • 夏から秋へ
  • 2018年 9月11日 火曜日 晴れ 夏の空から秋空に変わってきました。そのことは空に浮かぶ雲の表情でもわかります。空気も心なしか澄んでいるようで、とても爽やかな一日になりそうです。それにこの子たちの動きからもわかります。夏の時と違っています。ただただ暑さに耐えていたころから比べれば、どこか、軽やかな動きを見せてくれるようになってます。でもこの子はもう14歳。かたやいちばん若いこの子は軽やかな身のこなし [続きを読む]
  • 暇そうな猫
  • 2018年 9月10日 月曜日 雨 雨の日の月曜日。猫たちが暇そうにしている所の写真です。雨降りだと、大好きな猫散歩に出れないのです。それでもこうして何か起きないかと待っているところです。お陰で珍しく三匹の猫をワンフレームに収めることができました。 でも、待っていても何もおきないので、それぞれどこかに散っていきました。きっと今頃は寝息をたてて夢の世界にいることでしょう。 [続きを読む]
  • 土曜のお昼は読書と猫
  • 2018年 9月 8日 土曜日 くもり 9月に入って2度目の土曜日がやってきました。土曜日はバイトの日となっていますので、仕事に出る午後三時半までが私のフリータイム。さて、一雨ごとに秋の気配が見えてるきのう今日。図書館からこんな本を借りてきています。本は大好きな私ですが暑い夏に読書とまではいかなかったのですが、ここ数日前からの涼しさのなかで下重暁子さんのエッセイを3冊、森下典子著の「いっしょにいるだけで」 [続きを読む]
  • 孤独は「悪」だろうか
  • 2018年 9月 7日 金曜日 くもり このひと雨が秋の始まりを告げる挨拶なのだろうか?さきほどその雨が止んで、静寂な中に居る私。傍に居た黒猫が、僕、下で休んでいるからねとでも告げるかのように、私に顔を向けて階段を下りて行った。家内は体操教室の日で、出かけて行き、娘も仕事で留守だし、猫たちはみな下のどこかにいるらしい。。。。。。。。。。。。。。。あの夏の異常だった暑さのことを忘れるかのように、今はとても [続きを読む]
  • 猫と暮らす幸せ
  • 2018年 9月 6日 木曜日 晴れ 台風21号が甚大な被害を残して去ったのも束の間、今朝3時に北海道で震度6強の大きな地震が。台風の被害が大きかった大阪方面には何人かのブロ友さんが居て、その動向に心配したが、今朝の地震があった地でも二人のブロ友さんが居て、そのうちの一人の方がブログで無事だと知らせていたので一安心だ。 ただもう一方の近況は定かでないのが心配だ。この小さな国で、近年自然災害が多すぎるのは、と [続きを読む]
  • あなたが欲しい
  • 2018年 9月 5日 水曜日 晴れ 台風一過の青空が、眩しいほど目に入り込んできます。きのうは、台風21号のニュース一色の一日でしたね。それもそのはず、車が強風にあおられ何台も跳んでる映像は、今までの台風ではあまり見たことがありませんでした。 こちらに台風の影響が出始めたとき、私はバイトに出てました。仕事先の建物は円形で、しかも2階までしかありませんので、強風の影響をあまり受けない造りとなっていることか [続きを読む]
  • 黒猫と一緒で
  • 2018年 9月4日 火曜日 晴れ  台風21号の影響で、青空が見えてるものの不気味な雲も見えていて、風も少し出ている。今日の夕刻から深夜にかけてこちらも強い雨風の影響がでるらしい。よりによって、その時間はバイトに出ねばならないので不安だ。そんな不安を和らげるかのように、きょうも傍に黒猫が居る。家で、一人の時間が多い私であるが、最近、この黒猫が私の所に寄ってくることが多くなった。じっとこちらを見ているネロ [続きを読む]
  • エアープランツを始めてみる
  • 2018年 9月3日 月曜日 晴れ きのう、「土の要らない不思議な植物」として最近注目を浴びている「エアープランツ」を買った。空気中の水分を葉や茎から吸収して生きている植物である。幾種類かの物があるが、一番ポピュラーなこの植物を手に入れた。何気なく置いてもグリーンインテリアとしての存在感がある。試しに隣の器に挿してみた。これはこれで様になる。いずれにしても土がなく水やりもたまにスプレーすればよいと聞いた [続きを読む]
  • 秋の匂いを
  • 2018年 9月1日 土曜日 くもり 雨上がりの風が秋の匂いを運んでくるような、そんな今日の朝です。あの馬鹿暑かった8月が過ぎ、今日から9月。9月の声を聞くと、まず思うのは秋がやってくるということ。わたしの大好きな季節です。  なにがそうさせるのか定かではないのですが、秋のそれが私の生活にフィットすることが一番かもしれません。そんな気持ちにさせてくれる季節がいよいよ始まるのかと思うと、あの暑かった夏が嘘の [続きを読む]
  • 雨の日はとことん眠い
  • 2018年 8月31日 金曜日 雨 きょうも朝から雨となっていて、ときおり雷鳴もとどろいています。山形との県境の北側は相当の大雨で河川の氾濫が危惧されています。富山県との境にある当地は、それに比べればまだよいと言えますが、この雨は、明日も続くそうです。さて、そんな雨の一日、猫たちはと言いますと、やはり「寝ています」。いつもは、娘のベッドの下で寝ることが多いリン。きょうは、こんなところをねぐらとしています [続きを読む]
  • 猫を捜して
  • 2018年 8月30日 木曜日 雨 久しぶりに猫を捜しました。 雨の合間を縫って猫たちの散歩を終えたのは、7時過ぎの事。そして三匹揃っての朝食を済ませた後は、猫たちは三々五々 それぞれの居場所に散っていった。そして暫くたったころ、ネロとリンが二階へやってきました。二匹の猫を傍らにして、ちょっと遅くなったがモーニングコーヒータイムとなったのですが、どうも様子がおかしいのです。二匹の猫が見えるのに、フーが [続きを読む]
  • 絵になる猫
  • 2018年 8月28日 水曜日 雨 きょうは一日雨が降ったりやんだりして一日が終わるらしい。暑すぎる夏が長かったせいか、きょうのように急に気温が30度を大きく下回ると、これまでとは何もかも違って見える。そのひとつにあるのが、猫たちの動きだ。異常な暑さの中で、これまで経験したことのない夏を過ごしている猫たちは、ことあるごとに玄関のたたきの上で腹ばいになっていることが多かったが、今日はこの時まで、どの猫もその [続きを読む]
  • 猫の不思議なこと
  • 2018年 8月28日 火曜日 雨 きょうは朝から雨。ときおり激しさを増し、大雨警報がだされているが、いまは小康状態だ。 さて、三日間の猫と私だけの生活も、昨日の夜終わりを告げることとなった。そんなきのうの夜。つくづく「猫は不思議だ」と感じることを実感した。それは、猫は家族の一員だということ。猫と私の自由?な時間のなかで、一日が終わろうとしていた昨日の夜。三匹の猫たちが連れ立って二階にやってきた。時計は9 [続きを読む]
  • 部屋の中をメダカが遊泳
  • 2018年 8月27日 月曜日 くもり 一人暮らしの最終日のきょう。 孤独に慣れているはずのわたしではあるが、それは強がりであって、実際は寂しがりやなところがある。料理を得てとしてない私にあって一人暮らしの最も大切なそれができないのは、なにおか言わんである。家内と娘が今夜遅くではあるが帰ってくる。それまで、今日のお昼と夕飯をどうにかしないといけない。飼い猫の彼らは、年中カリカリだけで済ましていることを [続きを読む]
  • きょうから1人暮らし
  • 2018年 8月25日 土曜日 くもり台風一過の週末。猛烈なあの暑さからようやく解放された。といっても30度はくだらないきょう。そんなきょう、朝早く、家内と娘は関西方面に旅立った。予てからの計画であったが、台風のこともあって心配されたが、予定通り行動することができ一安心。そういうことで、私は今日から月曜までの三日間は一人暮らし。男一人取り残されて、ちょっとわびしいが、猫三匹が慰めてくれそうで、それに期待 [続きを読む]
  • 最高に暑かった日
  • 2018年 8月24日 金曜日 くもり 台風20号の余波を受けて、新潟県で気温が史上初めての40度超えを記録した昨日。当地は38度に達した。これまでに経験したことのない暑さで、何をするでもなく、ただただ我慢の一日であった。汗ばんだ体を何度かシャワーの冷水で冷やしてもおいつかない。そしてきょう、今は風もやみ台風が去っていった。午後からは太陽が顔を出すだろう。今年の夏の異常な暑さを象徴するかの昨日だった。そうであ [続きを読む]
  • 振り返ると猫がいた
  • 2018年 8月23日 木曜日 晴れ 台風20号の影響からか、いまフェーン現象で、当地はうだるような暑さ。おまけに風もあり、窓を開けると熱風が、エアコンの効き目もなく、ただただ我慢。汗ばんだ体をシャワーでおとし、それを何度か繰り返しやるしかないと思う猫たちもけだるそう。なるべく陽の入らないところを選んで休んでいる。それでもときどき起きてくる。寝子だからといって寝てばかりとはいかないようだ。いつやって [続きを読む]