KEFU さん プロフィール

  •  
KEFUさん: きょうの幸せビール
ハンドル名KEFU さん
ブログタイトルきょうの幸せビール
ブログURLhttp://happybeer.seesaa.net/
サイト紹介文ビール大好き!日々のビールに関するあれこれを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2008/08/03 20:50

KEFU さんのブログ記事

  • 宇奈月ビール 十字峡(ケルシュ)
  • 宇奈月ビール 十字峡(ケルシュ)をいただきました。色は薄めの黄色。濁りが見て取れます。鼻を近づけると甘いホップの香り。飲んでみるとその香りがピーチやカシスのようにも感じます。苦みは少なめで、刺激も少ないのでするっと飲めます。解説にはこんなことが。『ケルシュビール・・・ドイツ中西部の街ケルンの豊かな水に育まれ、淡色麦芽のキレの良い風味が特徴です。この十字峡は黒部の名水を使用したケルシュビールです。』 [続きを読む]
  • SAPPORO Edelpils(エーデルピルス)
  • WEB限定販売されている、SAPPOROのEdelpils(エーデルピルス)をいただきました。色は透き通る黄金色。鼻を近づけると華やかなホップの香りがしてきます。最初に甘みがあり、グイっと苦い。苦さはあとに残るくらいしっかりとしています。透き通るピルスナー、うまいですね。このビール、3度注ぎで注いだんですが、gouさんの「ビールが好きなんです」の記事を見て、茶坊主注ぎ(ほとんど炭酸を逃がさない注ぎ方)でも飲んでみました [続きを読む]
  • 銀河高原ビール ヴァイツェンボック
  • 銀河高原ビールのヴァイツェンボックをいただきました。色は薄めの茶色。しっかりと濁りがあります。鼻を近づけると甘くバナナのような香り。飲んでみてもその香りはしっかりとしてきます。そして、燻すような香りが強くなる気がします。飲み口も甘めで苦みはほぼなし。重すぎないですが、それなりにボディのあるのヴァイツェンです。ボックのため、アルコール度数は6%と少し高め。このビールだけでまったりと飲めます。暖炉脇とか [続きを読む]
  • KIRIN BRAU MEISTER(ブラウマイスター)
  • 限定販売されているKIRINのBRAU MEISTER(ブラウマイスター)をいただきました。色は少し濃いめ。鼻を近づけると辛めのホップの香り。飲んでみると、麦の印象が強くなります。最初からガツンと苦くて後は引かないのですが、飲んだ後に苦みが戻ってくる感じ。解説にはこんなことが。『キリンのビール醸造職人たちが目指した飲み飽きることのない、芳醇でしまりある味わい』今年の初めころにも販売されていて、その時も飲んでいます [続きを読む]
  • KIRIN GRAND KIRIN 梟の森(フクロウノモリ)
  • KIRINのGRAND KIRIN 梟の森(フクロウノモリ)をいただきました。色は薄めの茶色。しっかりと濁りがあります。鼻を近づけると甘いバナナのような香り。少し酸味もありますね。飲むとしっかりとした甘さがあり、香りもきちんとしてきます。酸味が強くなる印象があります。苦みはほぼなく、甘みが結構強め。香りは濃厚なんですが、ボディはそこまで重くありません。もう少しまったりとしていても好きなんですが、これはこれでありか [続きを読む]
  • サンクトガーレン Un angel 2016
  • サンクトガーレン Un angel 2016をいただきました。色は濃いめの茶色。ちょっと酸味と干しブドウのような香り。飲んでみると少し香りは薄くなる気がします。しっかりと苦くて、ボディもある。後に少しだけ渋みのような刺激が残ります。出来立てよりも少し丸みがある感じですが、まだまだ若い印象があります。このビールはもう少し熟成させると、面白くなるのかもしれません。ほかにも楽しいビールブログがたくさん♪→ブログラン [続きを読む]
  • KIRIN 一番搾り 横浜づくり
  • KIRIN 一番搾り 横浜づくりをいただきました。色は少し濃いめ。鼻を近づけると甘いホップの香りと少しモルトの印象。飲んでみると少しホップの印象が強くなります。しっかりと苦くて、コクがあります。アルコール度数が6%と少し高めなので、飲みごたえもしっかりある印象です。解説にはこんなことが。『気の置けない仲間たちと、気楽に語らいながら、自分スタイルでゆっくり、じっくり味わえるように、より一層爽やかな飲み口を、 [続きを読む]
  • ASAHI Clear Asahi CLEAR BLACK
  • ASAHI Clear Asahi CLEAR BLACKをいただきました。色は漆黒。鼻を近づけるとうっすらと焙煎の香りがします。飲んでみても香りは薄く、若干コクがある感じがします。新ジャンルっぽい嫌な甘みはあまり感じません。"黒"っぽさは感じませんが新ジャンルっぽさもない、なんというか、特徴が良くつかめないというか、なんとも難しいビールになっているなぁ、という印象です。難しいビールですね。ほかにも楽しいビールブログがたくさん [続きを読む]
  • プレミアムモルツ 飲み比べ
  • プレミアムモルツの初摘みホップヌーヴォーとノーマルのプレミアムモルツとの飲み比べをしてみました。見た目は同じ。鼻を近づけた時の香りが、ヌーヴォーのほうが深みがある気がしました。それから、味わいとしてはヌーヴォーのほうが甘みがしっかりと感じられる印象がありました。苦みが強いからでしょうか?それから、ヌーヴォーは全体的にすっきりしているというか、柔らかい印象。ノーマルは少しどっしりしていて、飲みごたえ [続きを読む]
  • サンクトガーレン el Diablo 2016
  • サンクトガーレン el Diablo 2016をいただきました。色は茶色。しっかりと濁りが見て取れます。鼻を近づけるとしっかりと柑橘系のホップの香り。レーズンやベリーのような香りもしてきます。飲んだ後は柑橘系の香りがより強く感じられます。どっしりとしていて、十分うまいんですが、1年たってもまだまだ若い感じがします。もっと熟成させると味が出てくるんでしょうか。面白いビールですよね。しかし、栓を抜いた時にしっかりと吹 [続きを読む]
  • SUNTORY The PREMIUM MALT'S 2017初摘みホップヌーヴォー
  • SUNTORY The PREMIUM MALT'S 2017初摘みホップヌーヴォーをいただきました。色は黄金色。鼻を近づけると瑞々しいホップの香り。このみずみずしいというのがぴったりの香り。飲んでみてもホップの香りがしっかりとしてきます。しっかりと苦くて、後味はすっきり。おいしいビールですね。解説にはこんなことが。『原産地チェコのホップ農家の支援を行い、自らも現地に足を運び品質を見定めています。今年も収穫されたばかりのホップ [続きを読む]
  • SAPPORO 麦とホップ 彩のモルトセッション
  • SAPPORO 麦とホップ 彩のモルトセッションをいただきました。色は少し濃いめ。鼻を近づけると少し甘い、モルトのような印象があります。飲んでみると香りは抑えめに。若干のコクも感じられます。気になるほどではありませんが、最後にちょっとだけアルコールっぽい香りがするかな。解説にはこんなことが。『2種の濃色麦芽と小麦麦芽が織りなす、美しいブラウンとなめらかな飲み口。コクを感じながらも、驚くほどスムースで飲みや [続きを読む]
  • サンクトガーレン Kokutou Sweet Stout
  • サンクトガーレン Kokutou Sweet Stoutをいただきました。色は漆黒。鼻を近づけるとしっかりと焙煎の香り。黒豆っぽくもあります。飲んでみると焙煎の香りがより強く感じられます。味わいとしては最初はほんのりと甘く、あとからしっかりと苦い。残るのはほんのりとした甘み。重ったるくはなく、軽すぎない、ちょうどいいボディ。黒糖を使っている、いわゆるスイーツビールですが、本当に完成されている感じがしますね。バニラア [続きを読む]
  • ノンアルビール飲み比べ
  • 最近、2人目の子供が産まれたわけですが、予定日の少し前から飲もうと思っていた準備していた大手の主力の主力と思われるノンアルコールビール。ただ、これを飲むことなく産まれたので、まとめて飲み比べしてみました。まずはKIRINの零ICHI。とても香りが強く感じられて、その香りが気になります。青リンゴのような香りというんでしょうか。遠くからでもしてくるので、わかりやすいと思います。飲み始めの炭酸強めで、刺激が強い印 [続きを読む]
  • サンクトガーレン Un angel
  • サンクトガーレン Un angelをいただきました。色は赤茶色。鼻を近づけると柑橘系のホップの香り。それが、甘く、瑞々しく感じられます。飲んでみると甘みを強めに感じます。苦みもあるんですが、甘みでサンドイッチされている感じで、そこまで苦みが強調されていない印象です。el Diabloと同様、こちらもできたてで若い感じがするんですが、味わいがとがっているというよりは丸い印象。これでも十分完成していると思いますが、熟 [続きを読む]
  • SAPPORO ルビーベルグ
  • SAPPORO ルビーベルグをいただきました。色は薄めの赤色。遠くからでも甘い香りがしてきます。飲んでみるとチェリーの香りと甘さがしっかりとしてきて、ビールというよりジュースのようです。解説にはこんなことが。『ベルギーのフルーツビールに学んだ、チェリーの甘酸っぱい香りと爽やかな後味。特別に造られたルビーのような色合いとフルーティな味わいをお楽しみください。』残念ながら、ベルギーっぽさはしないかなぁと。もう [続きを読む]
  • サンクトガーレン NEW GINGER BEER 〜PINK GINGER PALE ALE〜
  • サンクトガーレン NEW GINGER BEER 〜PINK GINGER PALE ALE〜をいただきました。色はびっくりするほどピンク。そして、濁りが確認できます。ほのかにピンクの泡ができますね。鼻を近づけるとしっかりとショウガの香り。飲んでみると少し、ホップの香りもしてきますが、圧倒的にしょうがの香りが強いですね。残り香もしょうが。でも、しっかりと苦くて、ビールっぽさを残しています。舌に残るピリピリ感はしょうがの余韻でしょうか [続きを読む]
  • サンクトガーレン el Diablo 2017
  • 今年もボジョレーと同時に解禁になった、サンクトガーレン el Diablo 2017をいただきました。色は薄めの茶色。鼻を近づけると柑橘系のホップの香り。それが、濃く、甘く感じられます。飲んでみると甘みが最初にきて、後からしっかりと苦い。余韻を残す苦さです。飲み口がどっしりとしていて、炭酸の刺激は少ないんですが、アルコールはしっかりと感じる仕上がりになっています。ごくごく飲むビールではありませんが、じっくり味わ [続きを読む]
  • KIRIN のどごし 華泡
  • KIRIN のどごし 華泡をいただきました。色は薄め。鼻を近づけると甘めの香り。イチゴのような香りでしょうか。飲むとその香りは豆っぽいというか、アルコールっぽいというか、最初の香りとは違う香りに変わります。見た目よりもコクはある気がするんですよね。これは、アルコール度数が少し高めの6%だからでしょうか?味わいというものはあまりなく、全体としてはあっさりとした印象です。飲んだ時の香りが非常に気になりますが [続きを読む]
  • SAPPORO 琥珀ヱビス オリジナルグラス
  • 先日、プレモルのグラスを買ってみましたが、気になっていたもう一つ、琥珀ヱビスのオリジナルグラスを手に入れました。箱にも、中にも何も書かれてはおらず、ただ、グラスだけがありました。とりあえず、ピルスナーと同じくらいの泡の感じで入れてみました。これでは、缶の中身がすべて注ぎきれませんでした。少し調整をしてみると、こんな感じで缶が空に。泡がこれくらいが琥珀ヱビスのおすすめ、というのは確認できました。もう [続きを読む]
  • 狛江 spicarbo(スピカルボ)
  • 久々に狛江にあるspicarbo(スピカルボ)に行ってきました。まずはイギリスのThe Wild Beerから、Freshを。柔らかく甘い、すみれのような香りがしてきます。甘みがあって、少しボディを感じるんですが、後味はすっきり。素敵なビールです。ハッピーアワーセットで前菜3種盛り。ラムのミートボールとポテトサラダ、キノコのマリネの取り合わせ。中でも印象に残ったのはラムのミートボール。しっかりとラムのキャラクターを活かしなが [続きを読む]
  • SUNTORY TOKYO CRAFT WEIZEN
  • 先日発売された、SUNTORY TOKYO CRAFT WEIZENをいただきました。色は黄金色。鼻を近づけるとしっかりとバナナっぽい香りがしてきます。飲んでもその香りはしっかりと香ってきます。苦みはほぼなく、甘みが結構強めに感じます。刺激は強めですが、後味はクリア。しっかりとヴァイツェンしていると思います。個人的には重めのヴァイツェンが好きなんですが、このビールはしっかりとおいしい。解説にはヴァイツェンの特徴が書かれてい [続きを読む]
  • SAPPORO YEBISU 和の芳醇
  • ギフト限定で販売されているSAPPORO YEBISU 和の芳醇をいただきました。色はいつもと同じ黄金色。鼻を近づけると、甘く華やかなホップの香り。飲むとよりいつもと違う香りに気が付くと思います。最初に甘くて、じわっと苦い。コクはそれほどなく、ぐいっといってしまう感じ。解説にはこんなことが。『北海道富良野産のホップ「リトルスター」を一部使用することで、繊細で洗練された香りに仕上げました。いつもよりさらに贅沢な限 [続きを読む]
  • SAPPORO サッポロラガービール
  • 夏にも出ていたこのビールが再販になったので、早速飲んでみました。色はいつもと同じ黄金色。鼻を近づけると辛めのホップの香りがしてきます。飲むと麦の印象と一緒にガツンと強めの苦みがします。飲み口はざらっとしていて、スッキリしているんですが、余韻は強めに残ります。この辺が、なんとも男っぽいというか、グッとくるビールですよね。解説にはこんなことが。『サッポロラガービールは、1881年に第二回内国勧業博覧会で有 [続きを読む]