Erbaf さん プロフィール

  •  
Erbafさん: 虫と鉄
ハンドル名Erbaf さん
ブログタイトル虫と鉄
ブログURLhttp://erbaf.blog95.fc2.com/
サイト紹介文昆虫写真や鉄道旅行、本の感想 etc.
自由文HPを2つ運営しています。
Erbaf昆虫館http://erbaf1.mitarashidango.com/
Erbaf鉄道館http://erbaf2.warabimochi.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/08/06 10:06

Erbaf さんのブログ記事

  • 「Erbaf鉄道館」閉館〜「虫と鉄」更新
  • 2008年4月20日にErbaf昆虫館(現・虫と鉄)から独立する形で開館したサイト「Erbaf鉄道館」を昨日閉館。9年半の長きにわたり、ご愛顧ありがとうございました。館内のコンテンツは「虫と鉄」内の“鉄の頁”にて引き続き公開しておりますのでそちらをどうぞ。同じく昨日、「虫と鉄」を更新。●「Erbaf鉄道館」のコンテンツを移動し、「鉄の頁」公開。ただし鉄道旅行記は準備中。「Erbaf鉄道館」は閉館。●「風の頁」リニュー [続きを読む]
  • ナニワトンボ
  • 今日は午前中、地元の森林公園へ。昨日も撮影に行っていて、狙いのキトンボを撮ったのだが、いまひとつな成果だったのでそのリベンジのつもりだった。到着後、キトンボが現れる10時過ぎまでの時間つぶしのつもりで、同じ園内の別の池へ行ってみた。真っ赤に色づいたネキトンボを見つけて撮っていると、サッと飛んできた青いトンボ。ナニワトンボだった。こんな色彩だが、実は赤とんぼの一種。近畿地方とその周辺に生息し、全国版 [続きを読む]
  • カヤコオロギ
  • 先日、雨が降る中見慣れないコオロギの仲間らしき虫を見つけた。▼2017-9-12/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough帰宅後調べてみると、マツムシ科(またはコオロギ科マツムシ亜科)のカヤコオロギと判明。チガヤなどのイネ科植物が生える林縁の草原に生息するが局所的らしく、兵庫県版レッドデータでBランク(絶滅危惧II類相当)に指定されている。翅が短いので幼虫かと思いきやこれで成虫。雌雄共に翅が退化している、鳴かないマツムシ( [続きを読む]
  • 白山讃歌(組曲白山)/姫神
  • 昨年12月に姫神が白山開山1300年を記念し製作した『組曲白山』の内3曲がYouTubeで公開された。「白嶺天照」「御阿礼」「神厳の杜」そして今年5月に石川県の白山比咩神社が公開した白山開山1300年記念映像の1つとして組曲最後の1曲「白山讃歌」が公開されている。「白山讃歌」作詞は平泉寺白山神社の宮司さんの奥さんである、児童作家の大庭桂さん。7月のコンサートで披露された際に比べ、歌う子供たちの人数が少なく( [続きを読む]
  • 白山太神楽 姫神演奏会
  • 2017年7月30日、福井県勝山市で開催された姫神コンサートのレポート。姫神白山夢幻奏コンサートから一夜明け、美濃白鳥駅から長良川鉄道〜高山本線〜東海道本線〜北陸本線〜えちぜん鉄道〜バスと乗り継いで平泉寺白山神社に着いたのは13時半ごろ。鳥居の前でカメラを取り出していると、星さんの声がしたような。振り向くと本日の出演者一行が石段を登っていくところだった。そういえば、前回この神社傍であったコンサート [続きを読む]
  • 姫神白山夢幻奏コンサート
  • 2017年7月29日、岐阜県郡上市白鳥町で開催された姫神コンサートのレポート。家を朝6時過ぎに出て、1日1本だけある大阪発のJRの特急「ワイドビューひだ」に乗り、美濃太田駅で長良川鉄道の観光列車「ながら」に乗り継いで白山長滝駅に降り立ったのは13時頃。コンサート会場である長滝白山神社は駅前にある。1988年にこの地で先代の姫神が演奏した「姫神白山夢幻奏(ゆめげんそう)コンサート」に合わせて設けられ [続きを読む]
  • チョウトンボ2017
  • 先月から今月にかけて撮影のチョウトンボ。ハスとのコラボは今一つだったが、その後の新しいカメラによる撮影はAFの快適さもあってなかなかの成果。暑さでぼおっとして集中力を欠いていた中、池のほとりで地面だと思って踏み出したらズボッと突き抜けて左足が水没、というハプニングはあったけれど(笑)。▼2017-7-8/OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6▼2017-7-15/OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO [続きを読む]
  • オリンパス・Fotopusの「コミュ写真展」
  • オリンパスの写真投稿コミュニティ、Fotopusの「コミュ写真展」で私のナミテントウの写真が展示されます。機会がありましたらぜひご覧下さい。▼展示作品/2017年5月5日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughで撮影【写真展スケジュール】オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール2017年 7月21日(金)〜 26日(水) 営業時間 11:00 〜 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館オリンパスギャラリー大阪、オープ [続きを読む]
  • OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII 購入!
  • 昨年12月の発売以来気になっていたオリンパスのフラッグシップ機であるミラーレス一眼、OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII。実物を触ってみることのできるオリンパスのイベントへ行ったりもした末、意を決して先日購入。一眼では2010年に一眼レフのOLYMPUS E-620を買って以来7年ぶりの新機種導入だ。▼左:E620 + ZD 70-300mm。右:E-M1 MarkII。ボディサイズはほぼ同じ▼アダプターMMF-3を介して、ZD 70-300mmを装着ボディサイズは [続きを読む]
  • ブログ開設9周年!
  • 本日は七夕。七夕といえば当ブログ開設記念日。すっかりツイッターに主軸が移ったが、9周年を迎えた。これからも細々と続けていきますので、引き続きごひいきに。<開設記念日の訪問者数の軌跡>2009年7月7日:  4,278人2010年7月7日: 17,973人2011年7月7日: 42,681人2012年7月7日: 72,186人2013年7月7日:103,643人2014年7月7日:132,123人2 [続きを読む]
  • キマダラルリツバメ@京都2017
  • 今月17日、京都へ。目的はキマダラルリツバメの撮影。しかし昨年訪花シーンを撮影できたヒメジョオンの群落が消滅していたりで中々姿を見られず、写真の成果はサッパリ。ただ、夕方に出会った同好の士の方に「テリ張りしてますよ」と教えて頂き、桜の樹の上空で縄張り争いを繰り広げる活発な姿を初めて見られたのは嬉しかった。※2017年6月17日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6(すべてトリミング) [続きを読む]
  • キボシカミキリ2017
  • 今月に入ってキボシカミキリの姿を目にするようになった。道端の畑脇の小さなイチジクの樹が発生源になっていて、定番の撮影場所にしている。※2017年6月(1枚目は2日、2〜4枚目は12日、5枚目は16日、6〜9枚目は22日、10枚目は23日)、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough(6枚目は超解像ズーム使用)。 [続きを読む]
  • ミドリシジミの開翅
  • 昨日、かねてから目を付けていた地元のハンノキの群落へ。狙いはミドリシジミ。ただ傍にそこそこ通行量のある道路があり、どうかなとは思っていた。到着後しばらく捜索するも現れず、ためだったかと諦めかけたその時、ハンノキから少し離れた場所の下草の葉に1頭とまっているのを発見。さらにしばらくたった時、ふっとその翅を開いた。そこには美しく輝く緑色。「まじで?!」と思わず声が漏れた。一生忘れない瞬間だろう。憧れの [続きを読む]
  • グンバイトンボ2017
  • 今月3日撮影のグンバイトンボ。近くまで飛んできてハートマークを形作ったカップルがいたおかげもあり、今回初めてと言って良いくらいじっくりと撮影できた。いつも気になる胸部側面下部のミズダニの寄生も、数が少ないようであまり目立たない。※2017年6月3日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6。 [続きを読む]
  • Wonderful World feat. 姫神/AI『和と洋』
  • 一昨日リリースされた歌手AIのアルバム『和と洋』に、姫神がコラボ曲「Wonderful World feat. 姫神」で参加している。※公式サイト等で試聴可能。R&Bと姫神の曲調がマッチするものなのか、聴く前は少し懐疑的だった。しかし、AIさんの力強い歌声の背景に流れる、キーの高い「神々の詩」。これが思いのほかマッチしている。中間部分の歌と笛っぽい音の短いフレーズの掛け合いのような箇所も楽しい。姫神の星さんが最初「同じ和でも [続きを読む]
  • ハッチョウトンボ2017〜その2
  • 今月28日、再び加西市の湿原へ。相変わらずヒメヒカゲは現れないが、ハッチョウトンボの姿は多い。先週と違い、成熟して真っ赤になったオスがほとんど。メスは湿原の縁に多く見られた。モウセンゴケの花穂にとまる姿が撮影できたのはラッキー。また、継続時間が短い雌雄が連結した状態もしっかり撮れたのは初めてのような気がする。※2017年5月28日、1〜5枚目はOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6、6 [続きを読む]
  • ハッチョウトンボ2017〜その1
  • 今月21日、ハッチョウトンボとヒメヒカゲを狙って加西市へ。生息地は昨年より厳重にフェンスに囲まれていた。山道でその原因らしきものに遭遇。▼ニホンジカ/OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6奈良公園にいるのより一回り大きく見えたメスのニホンジカ。カメラを向けるとものすごい顔でにらまれた。近づいても走り去ることは無く、10メートルほどの距離まで近寄れた。各地で問題となっているシカの食害。当 [続きを読む]
  • スイレン開花2017
  • 今月17日、庭のビオトープのスイレンが開花。▲2017-5-17/OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughスイレンの開花日はこれまで2012年・・・8月10日2013年・・・6月19日2014年・・・6月6日2015年・・・5月17日2016年・・・5月9日2017年・・・5月17日という推移。年々早まっていたが、今年は初めて前年より遅くなり、一昨年と同日となった。それにしても毎年のことだが、一向に白花の方は咲かない。も [続きを読む]
  • クロツバメシジミ2017
  • ギンイチモンジセセリ撮影の合間に、1〜2キロほど離れた場所でクロツバメシジミの撮影。まず4月30日はとある岩壁の生息地で。こういう場所に生えるツメレンゲを食草としているが、今の時期はツメレンゲは見当たらず。また、蜜源となる他の植物の花もまだ咲いていなかった。しかし幸いなことに、着いて早々目の前に1頭舞い降りてきて日向ぼっこ。良いモデルになってくれた。▼2017年4月30日/OLYMPUS STYLUS TG-4 Toug [続きを読む]
  • ギンイチモンジセセリ2017
  • 昨年ようやく撮影できた、とはいえ記録写真程度だったギンイチモンジセセリ。今年こそはしっかりと撮影したい。先月末から昨日にかけて3回、生息地へと行ってきた。まずは初日、4月30日。着いて早々1頭現れホッと一息。青空を入れた広角の構図を意識して撮影。目的は果たしたが、もう少し撮りたいという所で飛び去り、以後チャンス無し。▼2017年4月30日/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough2日目、5月3日。この日は午前中 [続きを読む]
  • 続・寺田町駅の旧・駅名標
  • 今月22日、葛城山へギフチョウの撮影へ行った帰りにJR大阪環状線・寺田町駅に立ち寄って、1年半ぶりに古い駅名標を見てきた。1年半前の姿がこちら。▼2015年9月5日/OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDそして現在の姿がこちら。▼2017年4月22日/OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough(以下同じ)なんということでしょう。まるで博物館の展示品のような丁重な扱い。新たな表面の剥落は見られず、配管 [続きを読む]
  • ギフチョウ@葛城山2017
  • 昨日は1年ぶりに奈良県の葛城山へ。先週の福井県に続き、カタクリを訪花するギフチョウの撮影が目的。今年は西日本で季節の進みが遅く、葛城山では4月初めに雪が降ったこともあって昨年より2週間程度遅れている様子。この日、ようやくカタクリは見頃(ロープウェイの駅の案内表示では5分咲き)、ギフチョウは新鮮なのと擦れたのが7:3ぐらいという状況。天気も良くベストコンディションだ。中高年登山客の数も昨年ほどではなく、 [続きを読む]
  • サイト名変更「Erbaf昆虫館」→「虫と鉄」
  • ホームページ「Erbaf昆虫館」が開館14周年、「Erbaf鉄道館」が9周年を迎えた。そして本日をもってサイト名「Erbaf昆虫館」を「虫と鉄」へ変更。併せて当ブログも「虫と鉄」から「虫と鉄 blog」へ改称した。「虫と鉄」、本日の更新内容は以下の通り。●サイト名を「虫と鉄」へ変更、リニューアル。ただしトップページと「風の頁」「跡の頁」を除きリニューアル未着手のため「Erbaf昆虫館」の表記が残存。●「鉄の頁」新設。ただ [続きを読む]
  • ギフチョウとカタクリ@福井県
  • 今月16日、福井県のカタクリ群生地へギフチョウの撮影に行ってきた。最新の情報が無くカタクリの開花状況等が分からないままで不安だったが、着いてみるとカタクリは見頃、ギフチョウも多く見られ、ホッと一息。今年は地元でギフチョウを撮れていない分、存分に楽しんだ。▼新鮮なものと擦れたものが半々くらいの割合で見られた▼カタクリへの訪花シーンがメインの狙い。しかし案外チャンスが少ないのと私の下手さで、これがベス [続きを読む]
  • ビロードツリアブ
  • 今シーズンは季節の進みが遅く、ギフチョウの姿をまだ見ていない。代わりに撮影機会が多いのがビロードツリアブ(ビロウドツリアブ)。見慣れ過ぎて意識しないが、こちらも春限定。モコモコして可愛らしい姿だ。▼2017年4月2日/OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6▼2017年4月9日/OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughちなみに、今シーズンからRAW現像にハマって・・・といってもノートパソコンのディスプレイ [続きを読む]