小久保 達 さん プロフィール

  •  
小久保 達さん: 飯能どうする研究所
ハンドル名小久保 達 さん
ブログタイトル飯能どうする研究所
ブログURLhttp://5line.jp/blog/itsudoko/
サイト紹介文「住んでいることを誇れる街・飯能」を目指して、取り組みたい挑戦、試みたい実験、アイデアなどを・・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2008/08/08 17:03

小久保 達 さんのブログ記事

  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •        文化新聞12/12付けに掲載されている《メッツア2億円支出可決[1]》に対する解説とツッコミをまだ続けます。[1]の全文が文化新聞社サイトで読めるようになっています。■賃貸料5%、35年間また、市は、オール飯能体制で事業をバックアップし、メッツァ事業により多くの投資を呼び込むため、今回の補正に地域SPCへの出資金5000万円も計上、SPCに出資し、他の出資者とともに、バレーパークの用地、アトラクシ [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •   文化新聞12/12付けに掲載されている《メッツア2億円支出可決[1]》に対する解説とツッコミをさらに続けます。[1]の全文が文化新聞社サイトで読めるようになっています。■トイレ等設備負担金 今議会で、メッツァ事業には既に37億円の経費が掛かっている事が明らかにされた。そのうち、誰もが利用できるビレッジ内のトイレは、給水・排水等も合わせた関係設備におよそ3億円の費用が掛かっているという。市は、西武鉄道撤退後、 [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •    文化新聞12/12付けに掲載されている《メッツア2億円支出可決[1]》に対する解説とツッコミを書いていきます。[1]の全文が文化新聞社サイトで読めるようになっています。この記事の中でも、今までの議会での質疑応答記事の中では触れられていなかった疑問や疑念が湧いてきます。「メッツァ」は、宮沢湖周辺で建設が進められている北欧時間の流れる森と湖のムーミンのテーマパーク。北欧のライフスタイルを体験できる『メッツァ [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  • きょう(12/15)は、文化新聞12/12付け<メッツアの2億円出資(3)>に掲載された、内田議員との質疑応答にツッコミを入れてみました。▽内田健次議員(無所属、総務委副委員長)利益の5%という話があったが、入場者数には関係ないという事か。▽市担当者出資に対する5%。SPCはムーミン物語社が払う賃料が収益。ここも重要ポイントです。市担当者は「SPCが保有する(ことになる)ムーミンバレーパークの敷地と設備をムーミン物語社 [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •    文化新聞12/12付け<メッツアの2億円出資(3)>に掲載された、滝沢議員との質疑応答についての「ツッコ」を続けます。▽滝沢修議員(共産)倒産という事態になり、運営会社も撤退した場合、テーマパークの中の資産を、その後どう運営していくのか?このこと自体は、メッツア事業を展開するFGI、ムーミン物語社の課題であって、市執行部が「考える」ことではないが、自治体として先頭に立って多額の公金を支出する以上、メッツ [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •            ここからは文化新聞12/12付け<メッツアの2億円出資(3)>に掲載された、滝沢議員、内田議員、坂井議員との質疑応答についての「ツッコ」を書いていきます。▽滝沢修議員(共産)協議の場が見えない。▽市担当者役所の様々な部署の職員が、適法性、財源について、先方がどういう整備をしていくのかを踏まえ、市として、どういう責任を果たしていくのか、様々な会合、協議を行っている。滝沢議員の「協議の場 [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •       文化新聞12/09付け<メッツアの2億円出資(2)>に掲載された加藤議員と市担当者との質疑応答は「ツッコミ処満載!」なのでさらに続けます。▽加藤議員当然、監査法人などからチェックされると思う。その監査法人のチェックが「実は形式的、表面的なものに過ぎなかった」がための企業不祥事が相次いでいるのが現在の日本のビジネス界の実情なのです。(続いて)ある程度事業が進捗していると、我々も安心感が持てるわけ [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •     文化新聞12/09付け<メッツアの2億円出資(2)>に掲載された加藤議員と市担当者との質疑応答は「ツッコミ処満載!」なので続けます。▽加藤議員確認だが、SPCへの出資、それ自体をチェクできる仕組みがないと。こういう仕組みです、と言われても、誰がチェックするのかというのが不安。収益が上がれば、その5%が還元されると言うが、それをだれがチェックして、しっかり確保できる見込みを立てたのか。もしかしたら加藤議 [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •      文化新聞12/09付け<メッツアの2億円出資(2)>に掲載された加藤議員と市担当者との質疑応答への「ツッコミ」の続きです。▽加藤議員SPCへの出資の最悪の事を心配するわけではないが、倒産隔離は非常に重要だと思う。加藤議員のこの質問の意図が「SPCへの出資を懸念する理由」として「FGIの倒産による資産の目減り」という前提を勝手に立てて、「倒産から隔離されている(から心配は無い)」という答弁を言いやすいように [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •   12/09付けに掲載された<メッツアの2億円出資(2)>に掲載された質疑応答では「FGIとSPCの関係」について重要なことが答弁されています。前回(No.19)載せた加藤議員の質問の再掲から書き込みます。▽加藤議員テーマパークの夢や希望にではなく、投資に対する夢や希望、還元されるものに期待して投資する。そういう意味で市の果たす役割は。▽市担当者SPCが保有する土地・建物を、ライセンスを得て、ムーミンバレーパークを運 [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •    12/09付けに掲載された<メッツアの2億円出資(2)>に掲載された質疑内容への「ツッコミ」を続けて書いていきます。▽加藤由貴夫議員(みどりの会)(前掲から続いて)テーマパークの夢や希望にではなく、投資に対する夢や希望、還元されるものに期待して投資する。そういう意味で市の果たす役割は。「テーマパークの夢や希望」は、飯能市民であれば、ムーミン人気に期待している人であれば、誰でも持つことができます。しか [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •     きょう(12/12)の文化新聞1面には、連続で掲載されている<メッツアの2億円出資(3)>の他に<メッツア2億円支出可決(1)>も載っています。質疑の前後関係を変えないために私の「ツッコミ」も、新聞掲載順に書き込んでいきます。きょう(12/12)からは、12/09付けに掲載された<メッツアの2億円出資(2)>に掲載された質疑内容への「ツッコミ」を書いていきます。▽加藤由貴夫議員(みどりの会)得ている情報は少ないが、お [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  •      12/8付の文化新聞一面記事では、飯能地域資源利用活用合同会社(略称SPC)への出資金5000万円に関する質疑も載っています。▽中元議員(公明)(前略)まず、このSPCの前に、市が出資している企業、実績は。▽市担当者大手金融機関、卸売市場、地方テレビなどに投資実績がある。つまり、市は、これらの「前例」も有るのだから、SPCに出資することは「問題が無い」と言っているわけです。しかし、この3例だけをみても、今回 [続きを読む]
  • ★「飯能FGI騒動」の本質を理解する視点★ ⇒【市議会での関連質
  • 昨日(12/8)の文化新聞一面の記事では、メッツア事業への支出1億5000万円に関する質疑も書かれています。滝沢修議員は、市執行部に下記の質問をしています。1億5000万円の関係で、トイレ、上下水道の整備というのはどういう事か。これに対して市の担当者は下記のように答弁しています。メッツア事業全体で150億円の投資、誰もが利用できる公園的機能のメッツアビレッジは、フィン社の発表では37億円の経費。その中に、トイレ設置費 [続きを読む]