merrymarry さん プロフィール

  •  
merrymarryさん: まいにちしあわせ、まいにちあみもの
ハンドル名merrymarry さん
ブログタイトルまいにちしあわせ、まいにちあみもの
ブログURLhttps://ameblo.jp/merrymarrymerry/
サイト紹介文カシミヤ。シルク。段染め。編み機。棒針編み。輪針。棒針レース。シェットランドレース。paris
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/08/09 14:33

merrymarry さんのブログ記事

  • 野呂毛糸 糸はどちらから使い始めるのだろう
  • #段染め糸CAL2018 参加(Twitterタグ) 参加作品を「野呂くれよんソックスカート」に決めて勢いよくCOしたのが10月末。全5段のリボン状を編むのだが最初はウエストに近いパーツEを編んだ。 なーんにも考えずに玉の中から糸端を取り出して編んでいるけど絶賛糸が絡まりまくりでなんども編む手を休ませなければならずこれが野呂毛糸の醍醐味であったかと以前にもたくさん野呂毛糸を編んでいた(スーパースラブとかインプレッションと [続きを読む]
  • ハンドメイドサイトでおかいもの
  • ハンドメイドは温かみがあって大好きなのだけどヒトさまの御つくりになるものは(なんだか畏れ多い)気がしてずっと手を拱いていた。自分で作るもの(編むもの)はほぼ実用品、惜しげなく気負いなく使えるもの。 そんなとき、シリアイのご婦人(Y女史)が「一点ものって価値あるわ、ヘビロテよ」この方は生粋のセレブで、ブランド品はおろかたぶん無人島だって手に入れられるだろうと思う。いや、すでに保有しているかもしれない。 [続きを読む]
  • トップダウンで編んだravelloは薄くて軽く、とても着やすい
  • 9月にホルストガーンコーストで編みあとは片袖というところで急激にモチベが下がり全部ほどいたravello(そのときの記事はこちら) 手編みにうってつけの時期に向かい今度はおなじホルストガーンのスーパーソフトでCOしたもの。移動が多く、待ち時間も長かった期間だったことも手伝い、飽きる暇もなく、モチベが落ちることもなく今度は無事にBOできた。薄くて軽くて着回しがきき、重ね着もOK。 ravelloby Isabell Kraemer 袖は細め [続きを読む]
  • Carpe Diemでちびっこのルームソックスを編んだ
  • 一時期、狂ったように買い漁っていたLANG社の「Carpe Diem」 身内のちびっこがホンモノのちびっこだったころには散々編んできた糸。日本国内での流通は全く無いわけではないかもしれないがネットで買えるチャネルはすでになくなっている。そのストックを有効に活用できる時が来た。 おしゃれさんで業界では有名な知人が「ムスメが寒いと言い始めたのでルームソックスを編んでくれない?」二つ返事で「よござんす!」←ダレ #段染 [続きを読む]
  • #段染め糸CAL2018 参加。
  • Twitterで のの字さん@noriginalorigi1が始められた#段染め糸CAL2018に参加した。endは12月14日。 それまでにはじわじわ行けるんじゃないか、(甘い読み)と思ったのでPending案件だった「野呂スカート」CO。糸は素直に野呂 クレヨンソックヤーン。 野呂英作 毛糸 クレヨンソックヤーン1,797円楽天 CAL、なので本来はかぎ針編みのはずなんだが「棒針率も高いです」とのこと、お言葉に甘えた。 さてさて、年末進行が始まりそう [続きを読む]
  • Hedgehog Fibersのクラブ毛糸10月分が届いた
  • 今年の8月19日に全世界一斉発売になりいち早くオーダーをかけていたHedgehog Fibersの3か月間、月に一度送ってくる2回目の10月分が到着した。真っ白い大きめのバッグにHHFのシールが貼ってあると今回はどんな毛糸が来たのだろうか、開封する手ももどかしい。 (作業部屋の照明はピンク色なのでその分割り引いて色をみてください) 9月に到着した糸は、キライじゃないけどさほどテンションが上がらないものもあってRavelryにアップ [続きを読む]
  • ファーヤーンでコートフードのティペット編み
  • 気がつくと気温はあみものにうってつけ,ようやく安心してあみもの三昧な日々。 楽天市場時代から長らくお世話になった「シルクハセガワ」さんが国内向けのサイトを閉じることになり最終セールのお知らせが来たので感謝の意を込めてお買い物。 ハセガワさんのハラマキは上質で洗濯にも強く肌触りがとてもいいので年じゅう愛用しているので向こう10年は心配せずにいられるように追加買いした。そして糸。 ここ数年気になっていたの [続きを読む]
  • オーガニックコットンのon the beach完成。
  • 細番手の糸でハイゲージニットを編みたいと心の底から願っているんだけど思った以上にタスクが重くなりなかなか思うように時間が取れにくい、のはどなたさまともいっしょとおもう。 透かし模様とかアラン模様とかひと針も気を抜けないパターンを編む気力は行方不明。 でも手は動かしたい、めくってみる 針サイズが最細でも6号なのでもう少し細い針で編みたいと思いストックしてあったレディオーガニックのブラックをサイズLの目数 [続きを読む]
  • Frogged→ravello 全ほどき
  • トップダウンで編む・ホルストガーンコーストの『ravello』を中断することにした なんども手に取って本当に編み進めたいのか自分に確認したのだがやはり結局全ほどき。 ゲコゲコ 次の作品はまだなにも決まっていない。 いつもご訪問 ご笑覧ありがとうございますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「愛情」がこもった作品を編む、そして。
  • 「人生には、仕事と愛情だけがある。もし、私たちが幸運なら、自分の仕事を愛することになる。もし、私たちが賢明なら、愛情のあるところで働こうとする。」 (ノア・ベンシー) Twitterで拾ったもの。原文は以下の通り。 「There is only work and love in life. If we are fortunate, we love our work. If we are wise, we are willing to work at love.」 北海道で起きた大きな地震は想像以上に衝撃的だった。自宅で作業をし [続きを読む]
  • 次の作品のパターンを選ぶ
  • ・鬼門ストールは依然(デスクの上にあるものの)熟成中。 ・ravelloは80%くらいをほどかれる運命で、待ち。 ・赤いアランのカーディガンはまだも少し暑いので、待ち。 これだけ編みかけがあるといっぱしの「あみものが趣味人」と言える気がする(んなことあるか) 限られた時間で必死に編むのでパターンを精査しないと鬼門シリーズの二の舞になるので台風のせいで休みになった火曜日、ふらふらとラベリーを流離ってみた。 結 [続きを読む]
  • トップダウンで編む・ホルストガーンコーストの『ravello』を中断することにした
  • 9月に入り、大きな影響がありそうな台風が上陸しそうな気配。どうぞどなたさまも充分に、充分すぎるほどご自愛くださいますように。 私事ですが、仕掛のravelloを中断することにした。 作業中、ふと(このままこれを仕上げる喜びを感じられない)いったん思ってしまうともう止まらなくなりいっそのことすべてほどいてしまおうかと思いつつも(誇れない前例がある)一か月弱をモバイルしてきたことを思うとするするほどいてしまう [続きを読む]
  • 【1993年発行の編み物本】『コート・イン セーター』
  • 友人が大ファンのクライ・ムキさん。洋裁の世界で巨匠・大御所なのは存じ上げていたがニットの世界にも造詣が深くこのようなご著書があった さっそく入手してみると念願かなって希望通り、ハイゲージのウエア三昧である。 表紙のピンタック入りカーディガンは棒針3号。以下は掲載作品画像がイケてなくてすみません どれもジャケットやコートに着られそうな薄手の作品。ああ、垂涎←編め自分 この時代の流行りなのだろうけど昨今 [続きを読む]
  • 【編み物本】棒針細番手で編むウエアの作品集
  • タイトル通り、シンプルで着回しの利く「棒針(もしくは輪針)3号以下で編むウエアの作品集」出版(もしくは復刻)される予定はないのだろうか、ダイバーシティグローバルの時代、ぜひご関係者のみなさまにお願いしたいものでございます。 ローゲージのニットは血色がよく身動き軽いワカモノにはいいかもしれないがもうはとっくの遠い昔に期限が切れている。できればジャケットやコートの中に着られる軽くてハイゲージのセーター、 [続きを読む]
  • ホルストガーンコーストでravelloの進捗
  • モバイル編み専用のravelloby Isabell Kraemer (現在3008作品) 多くの方の作品を参考に、手持ちのホルストガーン コースト から3色を選び、編んでいる最中。 身頃の袖下部分は平置きで現在12cm/35cm使用針サイズが2.75mmなのでハイゲージめにできあがりつつあってかなりお気に入り。とにかく軽い、そして薄い(とーぜんだ・笑)編み始めたのが盛夏だったのでカラー配分が夏仕様ということはさておき編みたい気持ちにさせてくれ [続きを読む]
  • 鬼門(何度も頓挫している)ストール
  • 途中まではさくさく進むんだけど、そこから先に行けたためしがないこのストール。 かれこれ数回はチャレンジしていると思われる。いつも特定の段を編んでいるうちにあれこれが狂って合わなくなり結局ほどくの繰り返しだった。 まだまだ編み図を読み解く力と編む技量が未熟だからに他ならない。恐るべし『Amu アムウ』※ヤフオクで入手 おやなぜか今回は鬼門を突破したらしい。 敢て裏編みサイドを撮影してみた なぜだろか、不 [続きを読む]
  • 志田ひとみデザインの「エレガントな付け襟」完成
  • ぽっかり手が空いた。 「トップダウンで編む」もいまは仕掛りがなく※くつ下も編んでいない、こんなになにもない状態をどうやって楽しもう※モバイル編みのトップダウンは別 原点回帰および初心に戻るをこの本で手に入れる志田ひとみ先生ご推奨 ぱらぱらとめくり、気になったところを前後数ページずつ確認しながら読む。これも読む。 薄いので読みでがない(コラ ここにきた 文字はみんな読んだ。この本からは夏のスカーフみたいな [続きを読む]
  • 【この夏いちばん】リネンのHollidayをヘビロテした
  • 地獄の底から這いあがってきた大魔神の大音声のようだった(実際に聞いたことはないが)日曜日の夕方の雷。 その直前に帰宅していたので土砂降りからは逃れたが傘をさして歩いていたらと思うとちょっとぞっとした。 昨日もリネンで編んだ宇治抹茶Holidayを着ていた。『Cats』のときも着ていた。シンガポールでも着ていたし(なんと)取材のインタビューにも着て行った。とことん気に入ったのである、着ごこちがよすぎるの [続きを読む]
  • 手編みのくつ下ーOPAL8613 Sweet&SpicyⅡ
  • ああ、ほんとうにくつ下を編むのは楽しい。 秋口に履けるようにカフは短めに。 OPALの糸は伸縮性があって編んでいてもストレスがなく編み地の手触りが柔らかい。使っているウールの品質が良いのだとのこと。 AmazonUSAで買ったプラ?のソックブロッカーは木製のSTEWART WOOLERYのより足部分がスリム。土踏まず部分もくっとくりが入っていてスタイリッシュ。ソックブロッカー自体の厚みもこんなに異なっている。測ってみると6mmと2 [続きを読む]
  • かせを玉に巻くーHedgehog Fibers
  • 先週、Hedgehog Fibersで3か月間送ってくれるコースをオーダーしたのだけど実はその前にオーダーしてあったSock Yarnが届いてきたのでさっさとかせを玉に巻くことにした。 HF SOCK GENIE かせ糸を玉に巻くのは面倒な作業だけど意外と嫌いじゃない。面倒さ=キライ短絡的にはこういうセオリーになるのかもしれないがその作業で生まれてくる別の感情がポジティブであれば楽しみのひとつになる気がする、なんでもかんでもバイアスを [続きを読む]
  • 【あみもの関係なし】ほぼ日手帳2019
  • ※ほぼ日サイトから画像を拝借 毎年この時期になると翌年のスケジュール帳兼ライフログにしている『ほぼ日手帳』が発表になって発売日を楽しみにする。 2018年は新しいカバーを買わず今までしまい込んでいたカバーのうち、ビームスのとコーヘンのを気分に応じて使ってる。どちらも気に入ったんだけどその年にはもっと気に入ったカバーがありそれを使っていたのでこれらはストックになっていた。 買ってはみたけどこれは使わない [続きを読む]
  • 【編み物関係なし】大井町のキャッツシアターに行く。
  • 金曜日は金曜会 出来上がったこのセーターを抱えて大井町へ出かけていった。今日は金曜会の有志とキャッツを観る日。 日本で観るのはひさしぶり、大騒ぎ好きなメンツなので毎回大げさなくらいの拍手喝采で手のひらが痛くなる(笑) 年を取って隠遁生活に入ったらジェニエニドッツのように動かずすわったまま果てしなく肥えていきそうな気がする。愛しい猫であった 友人のひとりは踊るのが仕事なのでミスターミストフェリーズの「 [続きを読む]
  • 同時編みでくつ下を編む
  • 台風が上陸してご心配な地方の方もおいでと思います。どうぞご自身の安全を最優先されますように。 今夜はようやく落ち着いたところなのでベッドに入るまで録画してあった『ハゲタカ』を観ながら同時編みくつ下を編みたいと思う。 いつもご訪問 ご笑覧ありがとうございますにほんブログ村 [続きを読む]
  • くつ下を編むーOPAL8613 Sweet&SpicyⅡ
  • ひさしぶりにくつ下編みに癒されているところ。 そこに編みかけのくつ下があるだけで精神的に安定するような気がするくつ下編み愛好家。 今回はOPALの8613.色の好き好きはあるけどストックしてある中から無造作に取り出したもの。たぶん数年寝かせてあったので充分に熟成しているはず(笑)今回は作り目を8目 つま先は2段ごとでなく不規則に増し目してみた。新しい挑戦。 この糸はいろの変遷が意外で楽しいし次々に現れてくる色に [続きを読む]