TMC さん プロフィール

  •  
TMCさん: 株式会社TMCに所属の田舎の会計士
ハンドル名TMC さん
ブログタイトル株式会社TMCに所属の田舎の会計士
ブログURLhttp://mogutake.blog5.fc2.com/
サイト紹介文1952年から企業のCF経営をサポートする株式会社TMCに所属する会計士のとりとめもない話
自由文栃木県足利市と東京で公認会計士・税理士として、一般企業のCF経営を指南するとともに、M&Aや事業再生を手がけています。
業務範囲が多岐にわたるため、その中で疑問に感じたことなどをとりとめもなく書いています。
また、栃木県足利市を中心とした地域情報にも触れていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/08/10 11:00

TMC さんのブログ記事

  • 入管法改正と企業経営
  • さてさて12月に入りましたが、暖かい日が続きますね。最近、入管法改正の議論が続いています。入管法改正の趣旨は、簡単に言えば労働人口減少フェーズにある我が国の人手不足の解消です。国家財政を健全化するためには、租税徴収を増やす必要があります。一方、法人課税は国際競争力の観点(法人税等の実効税率が高いと日本で事業をしてくれない・・・)から、下げざるを得ない状況です。そのような中で、所得税・相続税といった個 [続きを読む]
  • 高年齢者雇用とか
  • さてさて昨今、入管法の改正が話題ですよね。日本は人口減少フェーズに入り、今後労働力不足が深刻化していくと言われています。その対応手段の一つとして外国人労働者の受け入れ拡大が考えられています。一方、現在の入管法では、日本で就労できる要件の制限が大きく、簡単に日本で就労することは難しい状況にあります。そこで就労資格を拡充し、労働力不足を解消しようという訳ですが、様々な解決すべき課題があります。個人的に [続きを読む]
  • IPO監査とか
  • さてさてすっかり秋の気配ですね。運動会シーズンですが、暑すぎず運動しやすい気候ではありますね。さて、IPO監査についてIPOとは『Initial Public Offering』の略で、通常は自社の株式を株式市場に上場させることを言います。上場のメリットは複数ありますが、大きいのは① 信用力の向上 ②キャピタルゲインの獲得の2点ではないでしょうか①は、株式上場の際には、主幹事証券会社・証券市場・監査法人といったIPOのプロフェッシ [続きを読む]
  • 時価って・・・
  • さてさて今年は台風の当たり年ですかね〜子供の運動会が土曜日だったのですが、台風を恐れて昼休憩を取らずに一気にプログラムを消化。午前中に仕事の入っていた私が到着すると既に子供らの参加プログラムは終了とか・・・。さて、時価について時価というのは我々職業的会計人にとっては永遠のテーマの一つです。街の財務参謀という仕事をしていると、この時価の議論が問題となってくるのが、同族会社と同族者との取引です。一般的 [続きを読む]
  • 高年齢者雇用とか
  • さてさて今年は災害が多いですねぇ〜といいつつ、毎年異常気象とやらになっている気がしますが・・・これはこれで色々考えなきゃですね。さて、経営者の皆様とお話していて、昨今話題に多いのが高齢者の雇用に関する相談です。御存知のとおり、高年齢者雇用法の施行で、60歳以降の労働者の雇用が問題になっています。問題っていうと語弊があるかも知れませんが、労使双方が考えるべきテーマかと思います。と言っても労使の使側に立 [続きを読む]
  • 役員退職慰労金
  • さてさて一瞬涼しくなったなぁ〜と思ったら猛暑が戻ってきたりで、皆さん体調管理にお気をつけください。かくいう私はすっかり夏バテです(笑)さて、団塊の世代が70歳前後となり、事業承継の動きが加速しているように感じます。もちろん年齢が全てではないのですが、同級生や経済団体などでそういう話を聞くと意識が高まるのでしょうか。事業承継は色々な形があり、想いの承継だったり、ヒトの承継だったりしますが、中々後継者に” [続きを読む]
  • 事業を廃業するという選択肢
  • さてさて7月はホント暑かったですね。我が栃木県足利市は、最高気温が高くてニュースに出る館林市・佐野市に隣接し、熊谷市も近いことからホント暑いです。皆さんも熱中症には是非お気をつけください。さて、団塊の世代が70歳前後となり、事業をされている方も一線を退くケースも多くなってきました。めでたく事業を後継者に承継される方も、それはそれで色々な問題や悩みを抱えていたりもしますが、今回は諸事情で事業を辞められ [続きを読む]
  • 被災と保険
  • 平成30年7月豪雨で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。そういう状況下で、我々街の財務参謀としてやれることの一つが、リスクに対する予防的手段と対応的手段の検討です。今回のような水害の場合、予防的手段で取れることは多くはありません。日本はどこにいても天災に見舞われる可能性があります。そんな中でも行政が出しているハザードマップを参考に、①自分の所在地に存在するリスクの把握 ②避難タイミングと避難 [続きを読む]
  • サッカーW杯をみて、みんなお疲れ?
  • さてさて暑いですね〜我が栃木県足利市は熊谷・館林と高温で話題になる土地に近接しており、かなり暑いです。最近は栃木県佐野市の気温も出るようになりましたが、そちらも隣市です・・・さて、サッカー日本代表W杯の話残念ながら2-3でベルギーに敗れてしまいましたね。遅い時間だったので、今週は寝不足がたたっているヒトもいますかねFIFAランキングをみても分かりますが、格上の相手です。サッカーファンなら知っている名前がズ [続きを読む]
  • 6月と税務
  • さてさて異常気象という言葉に慣れてきてしまってますね。我が家では、向日葵が5月中旬に咲いてましたよ。。。さて、6月に入ると梅雨・・・ですかね。我々会計事務所業界では、お、そろそろ類似業種比準価額かぁって感じです。(笑)企業の株価は日々変動しています。一方我々会計人からすると、う〜むと思いますが、同族関係で株式を移転しようとした場合、税法の評価額は一つの論点となります。その税法の通達の一つに類似業種比準 [続きを読む]
  • 決算月について
  • さてさて我々街の会計事務所は一般的に年末から5月までが繁忙期とされています。理由としては、年末調整が12月に始まり各種の届出や申告が年末年始にあり、その後個人課税(所得税・消費税・贈与税など)が3月に申告となります。個人は暦年申告以外が選択できないので集中してしまいます。法人課税も12月は比較的多いです。その後、2月決算(流通業に多いとされています。理由は在庫量が少ないからだとか・・・)→3月決算と続きま [続きを読む]
  • 街の財務参謀って考え方
  • さてさて我々は街の財務参謀として生計を立てています。皆さんは街の財務参謀に何を期待するのでしょうかね。それこそが、我々が街の財務参謀として生き残れるか、にかかっている訳ですが。一方で、我々、街の財務参謀として忘れてはならないのが、顕在しているものと潜在しているものを把握すべき、という点です。顕在化しているものは、単純に言えば相談してもらえれば解決策を考えます。もちろん経営者自身が考えたものの方が優 [続きを読む]
  • 新入社員の話
  • さてさて春ですね〜新緑が美しい季節です。我が足利市では、JRの新駅(!!)が開業いたしました。その名も『あしかがフラワーパークパーク駅』あしかがフラワーパークのために駅までつくっちゃうとは凄い力のいれようですな。あしかがフラワーパークは、藤棚で有名ですが、色々な季節で楽しめます。さて、4月と言えば新入社員が入ってくる季節ですね。新入社員の方々も2週間の勤務で疲れてきている頃でしょうか。大手などでは、新 [続きを読む]
  • またまたシニア労働力活用の話
  • さてさて日本の人口は減少トレンドに入っています。これは経営にとって二つの側面をもっています。一つは消費マーケットの縮小です。これに対応する経営施策としては、1)付加価値の向上による単価UP と 2)マーケット展開(海外であったり、関連マーケットであったり)ですもう一つが労働力数の減少です。これに対応する経営施策としては、1)生産性の向上による一人当たり労働力の向上 2)オフショア・ニアショアによる外 [続きを読む]
  • ひょうとかあられとか
  • さてさて昨日21時過ぎから地元は激しい雷雨です。春の嵐というやつでしょうか?寝室の納戸に普段とは違う異音。別の窓から見ると、大粒の雹が・・・(翌日の庭の様子)そこで家族より雹と霰の違いって何?と聞かれました。ぱっと思いつかず調べたら、氷のサイズですね。5mmを境に あられ → ひょうとなるようです。とすれば、微妙なラインだな。納戸に響く物理的な打撃音を聞きながら、持ち家派VS賃貸派の論争が頭に浮かびます [続きを読む]
  • 2017年度(平成29年度)確定申告
  • さてさてみなさまのご協力により、2017年度(平成29年度)の個人の確定申告が無事終了いたしました。いや、プロなんだから毎回無事に済むのは当たり前だろう!とのご指摘はその通りなのですが、法人と異なり、個人の場合は資料の保管やお金の流れの捕捉に毎年苦労しているのがホンネです。そんな中でも皆さまが資料を集めて下さり、なんとか申告できたことに心からホッとしています。まずは御礼申し上げます。↓ぽちっと [続きを読む]
  • 3.11
  • さてさて3.11日本人にとって忘れられない記憶の一つです。私は当時、足利で個人の確定申告作業の追い込み時期(3/15期限)で、PCを前に悪戦苦闘していました。本格的な揺れの前の長いゴーという地響きの後、事務所の色々なものが落下する中で、外に飛び出たところ、前の家の瓦がガランガランと落ち、事務所の外壁に亀裂が入るのを茫然と見ていた記憶があります。その後、東日本大震災事業者再生支援機構の事務受託の関係で、2012年 [続きを読む]
  • 平成29年度補正予算-ものづくり補助金
  • さてさて我々のような地方の会計事務所は確定申告で大わらわです。そんな中、御縁があって仙台や長崎に出張してきました。私は出張が好きです。それは色々な文化に触れて、自分の価値観が必ずしも絶対的な正しさをもっていないことを自認できるからでしょうか。日々、勉強です。さて、平成29年度補正予算の『ものづくり補助金』の公募がかかりました。是非皆様、一度は自分が対象になるかご確認下さい。設備投資は経営にとって重大 [続きを読む]
  • 設備投資
  • さてさて2月も終盤に来ましたね〜光陰矢の如しあっという間に時が過ぎていって、ホント怖いぐらいです。さて、この数年、クライアントは比較的設備投資に積極的なフェーズにいます。その理由としては、景気が良いので受注が多いからでしょう。・・・そんな話をすると、はぁ!?景気が良いという実感がない!と言われますが、財務顧問の立場からは景気は良いと思います。景気は、経済活動が活発な状況を指すので、法人経営の成果と [続きを読む]
  • 個人確定申告と医療費控除
  • さてさて寒い冬ですね。日本全体でみると雪も多く大変な思いをされている方もいらっしゃいます・・・さて、今は個人の確定申告シーズンです。日本の税制は複雑で、まぁ裏を反せばそれで街の税理士はご飯が食べられる訳ですが、色々悩ましかったり、手続きが煩雑だったりします。そんな中で、サラリーマンの方が確定申告をするケースの一つとして医療費控除があります。医療費控除・・・『1医療費控除の概要その年の1月1日から12月3 [続きを読む]
  • 廃業支援
  • さてさて正月をまったりと過ごしたせいか、年明けから最初は若干ボーっとしてしまいました。少しずつ体を慣らしているところです。最近はひどい寒波で本当に寒いですね。体調崩さないようにお気をつけて頂ければと存じます。さて、昨今、金融機関のサービスメニューの一つに『廃業支援』というものがあります。いままで、事業が傾いた場合に『事業再生支援』や『経営改善支援』というのは金融機関も積極的に取り組んでいるところで [続きを読む]
  • 2018年元旦
  • さてさて2018年始まりましたね。去年は年越しそばを食べて、近所のお寺で除夜の鐘をついて寝ました。ここのところ酒に溺れてまともな年越しをしていないかったので上出来です。さらに我が家は2Fの東側の窓から日の出が見れるので、家族一同で初日の出を楽しみました。さて、1年の計は元旦にあり今年は今までビジネスパートナーだった組織から一旦離れ、自分の事務所の方向性を決める1年にしようと思っています。この10数年、足利 [続きを読む]
  • 2017年終了
  • さてさて2017年も本日で終了です。今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。さて、2017年は如何でしたか?私は・・・税務調査が多かったなぁ、と(笑)法人の臨場調査はもう随分な場数をこなしてきたので何となく流れや論点を想定できるので、想定外の指摘をされるっていうような機会はほとんどなくなりました。しかし、個人課税・・・特に相続の臨場調査は未だに慣れませんね。今年も結構な数の立会をしま [続きを読む]
  • 認定医療法人制度
  • さてさて一気に秋も深まり・・・というよりは冬ですね。この頃、庭に霜柱が立っていたりしてます。さて医療法人と事業承継について医療法人は、第5次医療法改正(2007年)で大規模な改革があり、出資持分のある医療法人の設立はできなくなりました。既存の出資持分は維持されていますが、 厚労省としては当初出資持分のない医療法人への移行を勧める訳ではないとの見解でしたが、現在は移行手引きを準備したりと移行を勧めている [続きを読む]
  • 中小企業と同族者への経済的利益
  • さてさて台風が2週連続で日本に近づいてきていますね。我々の業界では9-10月は税務調査の多い時期であり、今年は弊社でも複数の臨場があります。さて、中小企業、特に同族企業において税務調査で議論になることが多いのが『同族関係者への経済的利益の供与』です。経済的利益の供与と経営者の方に説明しようとすると、”そんなことはやっていない、うちは適正にやっている”と反論されることもあるのですが、税務調査では結構指摘 [続きを読む]