sumiko さん プロフィール

  •  
sumikoさん: 恋しいアジア・アジアンフードディレクター伊能すみ子
ハンドル名sumiko さん
ブログタイトル恋しいアジア・アジアンフードディレクター伊能すみ子
ブログURLhttps://ameblo.jp/next-asianfood/
サイト紹介文アジアンフードディレクターとしてアジアをリサーチ。ローカル屋台から最新トレンドまで!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/08/10 22:25

sumiko さんのブログ記事

  • マレー系朝食の定番ナシレマッがパフになっちゃった
  • 東南アジアのマレー系料理の中でも、朝食の定番といえるのが「ナシレマッ」です。ココナッツミルクで炊いたごはんに、煮干しのイカンビリスやゆで卵やピーナッツなどの具材、スパイシーなサンバルソースを混ぜて食べます。 そんなマレー系定番料理ナシレマッを老舗揚げ物専門店が仰天のアイデアで商品化したものが発売されました。 ナシレマッパフちょっとインパクトのあるパフでしょ。厚みのある生地はサクッと食感でほんのり甘 [続きを読む]
  • 日本公開まで待てない!映画『RAMEN TEH』観てきた
  • ずっとずっと待ってました。ついに、斎藤工さん主演の日本×シンガポール×フランスの合作映画『RAMEN TEH』がシンガポールで29日から公開されました。タイトルは、ラーメン(RAMEN)とシンガポール名物であるバクテー(BAK KUT TEH)を合わせた造語です。 気を許したら、すぐ号泣しちゃう。人情たっぷり、斎藤工さんの白熱した演技に注目です。両親の足跡を辿る主人公の真人。それを助けるフードブロガーMIKI。シンガポールの魅力 [続きを読む]
  • 「東京ミッドタウン日比谷」3月29日OPEN!
  • 東京・銀座、有楽町、そして日比谷。このエリアの流れが一気に変わります。 3月29日「東京ミッドタウン日比谷」OPENです。 内覧会に行ってまいりました。 すでに、メディア公開日から話題騒然です。新しい空間。何かが変わる空間。 レストランフロアは、主に2階と3階。目の前が日比谷公園という緑の視界良好な場所。これだけでも特等席を確保しなければ!と意気込んでしまいます。 2階カジュアルフレンチ「morceau」ランチ時 [続きを読む]
  • 歌舞伎町で愛され続けて50年!!台湾料理「青葉」(東京・新宿)
  • 現在では、おしゃれな台湾料理専門店やスイーツ専門店が増えましたが、トレンドや時代背景に左右されることなく、本物の台湾の味を提供し続けている「青葉」。これってすごいことですよね。 それもネオンギラギラの歓楽街、東京・新宿は歌舞伎町のど真ん中!!店舗ビルの目の前はゴジラが鎮座する新宿東宝ビルがあり、そのギャップがすごい。50年もの間、根強いファンに愛されているその味は、素材の味を生かした料理が多いです。 [続きを読む]
  • 早くも再訪問「新大久保アジア屋台村」
  • 先週初めて訪れたのに、また行ってしまいました。https://ameblo.jp/next-asianfood/entry-12358204123.html 今回は、アジアン料理初心者を同伴しての再訪です。 ネワリサマエバジネパール版ネワール族の定食です。中央の干し飯(チウラ)を前に友人が、ポツリと「これ日本で戦国時代に食べてたのと同じだよね」と。え〜〜そうなんですかぁ!! ま、保存食だから持ち歩いてもおかしくはないでしょうけど、まさかの戦国発言(笑) [続きを読む]
  • メニューは300以上!150席の大箱!でアジアン三昧「アジア屋台村」(東京・新宿)
  • 東京・新宿界隈は、アジアを色濃く象徴する街としてさまざまな顔があります。コリアンタウン、チャイナタウンをはじめ、インドやネパール文化も根付いてきました。レストランも多く、連日大行列の店もあるほどです。 そんな新宿の新たなレストランスポットとしてオープンしたのが新大久保アジア屋台村。JR新大久保駅すぐの立地に150席という広いレストランです。この店のすごいのは、種類豊富な各国料理。 中国&韓国、タイ&ベト [続きを読む]
  • さすが手打ち麺!中国で最も有名な「馬子禄」の牛肉麺
  • 昨年から続々と日本に初上陸した蘭州拉麺。その大本命が、「馬子禄(マーズルー)」です。 「馬子禄」渾身の料理が牛肉麺。みごとな麺でしょう。これは、手打ち麺だからこそなせる業!画像は細麺。他に、平麺、三角麺が選べます。注文を受けてから麺を打っています。ちょっと塩気の強いストレート麺。 蘭州ラーメンは、中国・甘粛省の省都である蘭州市の名物ラーメンです。市内の数ある蘭州ラーメン店の中でも、「馬子禄」は唯一 [続きを読む]