山下亭 さん プロフィール

  •  
山下亭さん: 英国古代遺跡縦断、独り旅!
ハンドル名山下亭 さん
ブログタイトル英国古代遺跡縦断、独り旅!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kodaiiseki2000/
サイト紹介文英国古代遺跡85箇所を訪ねブリテン諸島の最南端から最北端までの英国縦断の独り旅!の紹介ブログです。
自由文10年以上の歳月を要しましたが、古代遺跡を訪ねての英国縦断の独り旅!の紹介ブログです。南から北へ!古代人の歩んだであろうブリテン諸島の北上の旅を、私は独り旅で85箇所の古代遺跡を訪ね歩きながら縦断の旅を終えました。たくさんの古代遺跡の写真と共に、古代推理ロマンの旅を充分に楽しんで下さい。
さぁ!ご一緒に古代推理ロマンの旅に旅立ちましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/08/11 19:41

山下亭 さんのブログ記事

  • <波乱万丈の船出です!>
  • インターネットは今月で打ち切りました。今日の売買契約が済んだら・・・・・明日、地元の伊那のケーブルネットワークが、古民家に来る様に手配して居ます。来月から使える様にはして置きたいですね?台風の直撃で!高速バスが運休のルートも在る中で私は今日、古民家購入契約に、長野県の伊那市高遠町まで、朝の8時ごろの高速バスで高遠町へ向かいます。現在、午前4時です。外は強風が吹き荒れて居ます。雨は如何だか判りません。 [続きを読む]
  • <選挙結果よりも身近な心配事が・・・・・>
  • 関東地方、東京都は朝から大雨です。此れでは選挙に投票に行く気には為らないと思います。この雨の中を投票時に向かう人は、余ほど政治に関心が在り、この国の将来に興味がある人だと思う。其れでも今回は期日前投票が多かったと言う報道が在る。投票日は台風の接近で雨予想!と言う報道が盛んで、マスメディアの報道が選挙の行方に大きく影響して居る事を示して居る。選挙の結果も気に為るが、私には明日の天気予報が気に為ります [続きを読む]
  • <連日の雨で、やる気の気合が入りません!>
  • やっぱり雨の日は何と無く意気消沈!と言う様な気が致しますね。「良し、今日も頑張るぞ!」と言う気合が中々入らないのだ。何気なく文庫本を整理して居たら・・・・・・・今度高遠に行く高速バスの中で読むには良さそうな本を見つけた。何時かは読もうと思って居たのだろうが・・・・・・・隠遁生活に入ろうと言う状況で読むには、チョイと遅い様な気がする。この様な本は若い決起盛んな時に読んで、夢実現の糧とすべきなのだ。遣 [続きを読む]
  • <今日行くぞ!不在者投票>
  • 今日はチョイと晴れ間も在る様だから・・・・・・・・不在者投票に参ります。私は何時の選挙も不在者投票です。家から近い分室で行われて居ます。其の後に経堂駅まで行き、引っ越しの御挨拶用の菓子折りを買いに行きます。不動産屋さん、大工の棟梁、御近所は二軒だけ人が住んで居る様です。後は周りは田圃と畑です。人家は在りますが無人の様です。過疎の集落です。我が古民家は国道沿いに土蔵、その横には前庭ですね。隣は黒い所 [続きを読む]
  • <持つべきものは、良き友人!だよね>
  • 多少、二日酔い気味です。昨夜は飲み過ぎて仕舞いました。私は相手酒飲みなんです。相手が居れば酒が進みます。渋谷に23時頃着いたら・・・・・・路線バスが終わって居ると言う。丁度、横断歩道の所に竜雲寺循環バスの最終バスに乗る事が出来た。竜雲寺からは歩いても大した距離では無いのだ。初めてこのルートのバスに乗りました。最終バスは結構混んで居た。三宿から国道246号線から外れます。世田谷公園の前や駒沢神社等を通り [続きを読む]
  • <久しぶりの再会!>
  • 昨日は住所変更届を行って来た。郵便局には転居届も出して来た。後は何か東京でして置く事は在るのかな?本日はパリ時代からの友人と銀座の画廊で待ち合わせ!彼の友人の個展らしい。パリ時代からの付き合いだから、約50年ぐらいの付き合いに為る。久しぶりに会う、お互い東京に住んで居るのだが・・・・・・・・・仕事人と遊び人では、遊び人の私の方が気を使って余り会う事は無い。今度、田舎の古民家を買うと言う事で、近況報告 [続きを読む]
  • <不動屋さんから連絡が来ましたよ!>
  • 今朝、メールを確認したら・・・・・・・連絡が来ていました。古民家の地目変更許可が下りました。>大変お待たせしておりましたが農業委員会から許可証が下りてきま した。契約、移転の手続きが出来るようになりました。(不動屋さんのメールから)地域の農業委員会が農地から宅地の変更を許可するのですね?50坪ぐらいの畑ですが、宅地申請で此れからは我が家の菜園と為りました。以前の所有者が地元の人に、家庭菜園としてこの畑 [続きを読む]
  • <あとは連絡待ちだけです!>
  • まるでキャンプにでも行く感じです。電気ポット、電気スタンド、携帯ラジオ、寝袋、コーヒーセット、つなぎの作業服、軍手、雑巾、マスク、等々・・・・・此れだけの荷物に為りました。高遠町で3日分くらいの食料と飲料(酒)を購入して、古民家へ泊まり込みます。不動屋さんの車で、伊那市の高速バスの停留所から古民家まで送って頂きます。そうなんです。多分、週末に高遠町藤沢御堂垣外の古民家に契約に行く連絡待ちです。不動屋 [続きを読む]
  • <ラジコを試して見た!>
  • 如何やら天気図を見る感じでは、ずーと秋雨前線の停滞で、雨模様の日が続く様ですね?今年の秋は短いのではないだろうか?四季の区別が異常気象の所為か、何か訳が判らなくなって来ている様な気がする。これでは作物の収穫に影響が在ると思う。今頃は爽やかな秋晴れで、稲刈りの収穫時期の様な気がするのだが・・・・・秋雨は稲刈り作業にも支障をきたすと思う。田舎暮らしが始まれば、毎日田圃の風景を眺めながらの生活が続く。東 [続きを読む]
  • <だから何だと言うのですか?>
  • 本当に「だから何だと言うのですか?」と言う感じが致します。株価の高騰が続いて、好景気だと言う政治家は居るのですが・・・・・・・庶民の私としてはチットモ、好景気感は感じられないのです。この様な株価の現象は、時間が経つにつれて庶民の暮らしまで、好景気感は浸透するのでしょうか? 経済学に疎いので私には判りません。何しろ現役を引退した年金暮らしの高齢者なのです。選挙ですね!何度も苦汁を舐めさせられて居るの [続きを読む]
  • <秋の気配は身近な物に!>
  • 13日の金曜日!と言うのも、昨今では言う人も居なく為った感じですね。まぁ、外国人の縁起担ぎ!と言う、感じが強かったので日本人には馴染みが無いので、忘れ去られて仕舞ったようですね?昨日と比べると気温が本日は10度も下がるらしい。11月中旬の気温だと言う。昨夜の雨が、夏から秋への季節変わりの雨だった様ですね?季節の変り目の雨!とは昔から日本では言われて居たようです。我が家の鉢植えの「ホトトギス」の花が [続きを読む]
  • <秋晴れは爽やかですね!>
  • 小春日和が大好きな私です。日本の四季の中でも一番日本的な天気だと思います。一年中この様な爽やかな天気の中で暮らせたら・・・・・・・かえって人間は駄目になるかもね?小さな秋を探しに、散歩に出かける事にしました。引っ越しの荷造りも一時中断で、気分転換ですね。近場ではやはり駒沢オリンピック公園です。以前工事していた体育館も完成したようです。初めて入って見ました。本日はフェンシング大会が開かれて居た為に空 [続きを読む]
  • <引っ越し荷造り、一時中止!>
  • 荷造りを本日を持ちまして、一時中断致します。詰め込んだ段ボール箱を置く場所が無いんですね。何しろ都心のウサギ小屋ですので・・・・・・・・・引っ越し見積もりの60万と言う業者さんは、荷物を置く所が無い!とか言っていたのを思い出しました。取り敢えず、かなりの量は荷作り致しました。第一陣の引っ越しは、トラックに積めるだけ詰め込むと言う話でした。其れなら鉢植えも持って行けるかと考えて居ましたが・・・・・・・ [続きを読む]
  • <古物商の申請書類!>
  • 何時かは行く事に為るのなら、早い内に済まして置こうと考えました。古物商の申請の為の書類を、手に入れて置こうと思いました。申請は新住所の高遠町か伊那市の警察の生活課に為ると思います。先ずは六本木へ、我が家の本籍地は麻布十番なのです。港区の麻布区役所支部はロアビルの脇の通りを数百メートル行った所に在りました。建物は新たらしく為って居ましたが、場所は62年前と変わって居ませんでした。先ずは身分証明書、此 [続きを読む]
  • <英国雑貨が姿を現しましたよ!>
  • 多分、以前に紹介した事があると思うのですが・・・・・・・引っ越し荷物の箱詰めが進むにつれ、見た事の在る雑貨が姿を現します。本日は英国雑貨品を二点、紹介致します。以前、古地図を集めて居たと言いましたね。イギリスのカントリー地図です。此れもその流れの一環の「古地図」と言う事で買った記憶が在ります。此れは結構大きい物です。縦50×66センチ幅の額なんですが・・・・・・・・此れはミラーガラスなんですよ!非常 [続きを読む]
  • <何と無く芸術の秋?>
  • テレビ番組を見るのも日課の一つです。新聞を読むときにチェックします。テレビは番組表に印を付けた物だけを見るようにして居ます。昨日は珍しく印を付けた番組が多かった。今年の秋は国立博物館で運慶の仏像展示を行って居る所為か、仏像や仏師をメディアで取り上げられて居る様だ。たまたま、この読んでいた冊子でも運慶が取り上げられて居る。そんな折だから、運慶の番組表に眼が留まったのだと思う。御寺巡りは余り御縁が無い [続きを読む]
  • <今回借りて来た本!>
  • 昨日の午後、小雨が降り始めたが思い切って自転車で図書館へ行く事にした。図書館から予約本の順番が来た知らせが有ったのだ。丁度、前回借りた本は全部読了!面白い本は読むのも早い。此れは第三部で完結編らしい。昨夜、この本から読み始めました。予約していた本です。最近、月村氏の小説にのめり込んで居て、書棚に有る本を読み漁って居る。此れも月村氏の作品だ。初期の頃の作品で時代劇の小説の様だ。結構楽しみにして居る。 [続きを読む]
  • <自由気儘な生き方!大丈夫かなこれで・・・・・・・>
  • 九月に入ってから・・・・・・・自由気儘な暮らしにチャレンジして居ます。独り暮らしは海外での出稼ぎで、慣れて居ます。何時の頃からか、食事は朝抜きの2食!多分、自分でお店を経営を始めてからだと思う。毎日、深夜の帰宅で、あくる日は遅くまで寝て居るので、朝食は自然と食べ無くなった。幼稚園の息子がお父さん何しているの?と、職業を聞かれたと思うのだが・・・・・息子の答えは「寝て居ます!」と言う返事だったと聞い [続きを読む]
  • <読書は楽しい!>
  • 現代の物語かと思って借りて来た本でしたが・・・・・・・時代劇の物語でした。作者は時代劇を書きたいと思って居た。と、書いてあった。最初に認められた本が現代劇だったと言う。最初に読んだ本が「機能警察・暗黒市場」でこれがヒット作だったようだ。月村了衛と言う作家の名前を初めて知って、氏の作品を読みたいと思って借りて来た本が、上の「コルトM1851残月」写真の本だ。結構、面白くて秋の夜長!一気に読了致しました。 [続きを読む]
  • <今夜は雲間から名月が見られそうですよ!>
  • 太陽よりは私は月が好きです。生物の成長や暮らしの役に立つ事は、古から太陽信仰が行われて来た人類の文明史を見て来ても、明らかですね。月は闇を照らす存在で、何かと人類との付き合いは神秘的な意味合いが強いようですね?月の満ち欠けがサンゴの産卵を促したり、生物の誕生には微妙に係わって居る様ですね?ウミガメの産卵や人類の誕生や死亡時刻にも関わりが在る!と断言する人も居る様です。人の誕生時が満潮とか死亡は干潮 [続きを読む]
  • <引っ越し荷物!箱詰めも本番モードに>
  • 引っ越しまで約一か月に為りました。昨日、引っ越し屋から段ボール箱が届きました。早速、ボチボチ詰め込み作業の片付けを始めました。問題は詰め込んだ段ボール箱の置き場です。ウサギ小屋ですからね?二回に分けての引っ越しですから、最初の引っ越しで荷物が減らないと、段ボール箱置き場にも不自由致して居ります。取り敢えず、最初の引っ越しで必要な物は・・・・・・・・鍋釜ですかね?台所用品は引っ越したその日から必要で [続きを読む]
  • <旅のお供は、親父の形見!>
  • 引っ越しの荷物整理をして居たら・・・・・・多くの旅行鞄が出て来た。旅行鞄は英国を引き上げる時に、段ボール箱代わりの雑貨入れと考えていたので、気に入ったアンティーク品的鞄やジュラルミンケースは、ガラスや陶器の壊れ物の雑貨を入れようと思って買った物が多い。その中で懐かしい鞄が一個出て来た。親父の形見で昔の鞄だ!私が70年も使って来たので、おやじの頃からだと100年は超えて居るだろうから、充分なアンティーク [続きを読む]
  • <都会の暮らしの便利さと、田舎暮らしの損得勘定!は・・・・・>
  • 今度、田舎暮らしを始める事に為って居ます。普段受諾している恩恵は余り気が付かない物で、当然と思って居るものです。東京の都心で暮らして居る高齢者(70歳以上)は、非常に恵まれて居る事が判りました。東京都では「シルバー・パス制度」と言う物が在るんです。東京都の全域を走る路線バスと都営地下鉄が利用出来ます。手続き用紙は意外と早く来るのです。年寄りは物忘れが早いので、紛失防止も兼ねて日付を期して、目立つ所にぶ [続きを読む]
  • <久々の写真撮影に出かけて見ました!>
  • 新聞記事に誘われて・・・・・・・写真を撮りに出掛けて見ました。天気の良い日を待って居ました。東京の世田谷区に残る、玉川線と言われた昔懐かしい路線です。荒川区の都電荒川線は観光電車!として結構、有名ですが・・・・・・・この世田谷の世田谷線は三軒茶屋駅と下高井戸駅を結ぶ、2両編成の電車だ。料金は全線150円均一で、この世田谷線の電車は実用生活路線です。<東急世田谷線>https://www.navitime.co.jp/railroa [続きを読む]
  • <秋の夜長は、矢張り読書かな?>
  • 何時も図書館を覗いた時は、大体同じ書棚の所を眺める事が多い。これは好きな作家や興味の有る本の書棚を眺めるからだ。最近知った作家の月村氏のシリーズ作品を読んで、違う作品も読んで見たくなったのだ。そこで違う書棚を眺める事に為った。堂場瞬一氏のこの作品のタイトルに眼が留まった。バビロンの古代遺跡とシュメール文明が思い浮かんだのだ。堂場瞬一氏の作品は以前読んだ事が有るので、この作家さんの名前は知っていた。 [続きを読む]