アマミモヨリ さん プロフィール

  •  
アマミモヨリさん: 甘味生活*育児絵日記
ハンドル名アマミモヨリ さん
ブログタイトル甘味生活*育児絵日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/amami-blog/
サイト紹介文言葉が遅いだけと思っていた息子は発達障害でした。自閉症スペクトラムな小3息子との日々を絵日記で
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/08/12 09:10

アマミモヨリ さんのブログ記事

  • 三年生の通知表
  • 三年生の最終日を、忘れ物で締めくくりました。学校から大きなビニール袋をもらい、担いで帰ってきました。 ちなみにここ数日、ヒルマのイラストは、凸凹の凹ファッションです。得体のしれない感じが気に入ってます ・通知表はこんな感じ さて、いまさらのタイミングですが通知表のこと。 学力検査がクラス平均以下だったり、ホウセンカの水やりに苦戦したりしましたが、全教科の複数の項目で◎評価でした。 生活面等と合わせ [続きを読む]
  • 発達凸凹さんとジグソーパズル
  • 発達障がいの息子(小4・通常級)との日々を絵日記にしています。はじめましての方はこちらもどうぞ。 押し入れを整理していたら、息子が3歳頃から使っていたジグソーパズルが出てきました。 完成したパズルに乗ったり、収納用の小箱を並べて遊んだ、思い出のパズルです(笑) ステップアップで集中力を伸ばす!公文のジグソーパズル このパズルは台紙がなくて、コンパクトに保管できるのが便利。 最初に購入したSTEP2には、9 [続きを読む]
  • 新4年生になりました
  • うちの発達凸凹さん(自閉スペクトラム症の息子)は小学4年生になりました。 それはもう毎日元気に── 学校を休みたがっております(笑) とはいえ、新しいクラスには「やさしいヒトがたくさんいる」そうで。楽しい一年になるといいなあ。 ・・ そして昨年はたびたび、「もしかしてうちの子って育てやすいんじゃない?」って感じることがあって。 ただ、中には息子の素直さを利用した、わたしの干渉もあるように感じて、その点 [続きを読む]
  • 言ったくせに「言ってない」という息子
  • 前回の記事の補足です。(それ何の話?って感じにずいぶん時間が空いちゃいましたが。笑) えーと、わたしが自分の間違いに気づいた話ですが、それって、 うーん、うまく説明できてるでしょうか。 ヒルマは折れた定規を家で宿題をするときに使いたかったので、「家で使う定規?」と聞かれて「うん」と答えたのでした。 いや〜、これね、わたしの聞き取りが甘かったですね。 登校時刻まであと10分ってときの出来事で、「なんでも [続きを読む]
  • これがコミュニケーションの困難てことかな?
  • ヒルマは定規を2本持っています。学校用と、家用です。便利だと思って購入した折りたたみ式定規が、学校では使用禁止だったので家専用になりました。 月曜の朝、学校へ持っていく定規が折れているというので「?」って思いました。だって金曜に宿題をするときに、 わたしが「家で使う定規?」って聞いたら、はっきり「うん」て答えたのです。 それならと、わたしが持っていた唯一の定規、三角スケールをあげたのです。(※学校で [続きを読む]
  • 息子の願いごとにおどろく
  • ヒルマのほっぺにまつげがついていたので願いごとをさせてみました。 その後でまつげを取ってもらうと願いごとが叶う(かも)っていうおまじないです。ヒルマはゆっくり目を開けるとしずかに言いました。 もうね、びっくりでした。夜に帰宅したパパに報告するとわたしたちは同意見(笑)なんなら大人になった今だって親のこと、ヒルマみたいに願ったことないのです。 ヒルマすげー、って思った出来事。 ・習いごとをはじめてみ [続きを読む]
  • 小3の息子ができるようになったこと
  • 発達障害(自閉スペクトラム症)の息子が小3でできるようになったことをまとめてみました。 登校編 一度も学校へついて行くことなく、3年生を終えようとしています。 【関連記事】新3年生の初登校で (※これまでの登校記事イッキ読み付き) 今もまだ休み明けはドキドキするけど、玄関で息子の背中をうしろから強く押してあげると、力が湧いてくるような、うれしい気持ちになるのだそうです。 9月にはこんなことも言っていて成 [続きを読む]
  • 笑いすぎた息子の笑えない話
  • 夜に何かの話で盛り上がって笑いすぎたヒルマが言いました。 ヒルマの夜泣きはひどかったので、本人から言われるとドキッとしてしまいます。 夜に暴れなくなったのが小学校に入学後(6歳)のこと。今9歳のヒルマは、その人生の半分以上を夜泣きしてきたのだなあ…。 【関連記事】睡眠障がい(もくじ) あ、笑いすぎたこの夜も夜泣きはしませんでした(笑)ありがたい 【PR】ダニエルウェリントンさんでホワイトデーキャン [続きを読む]
  • 息子の気持ちをスパっと切り替える方法
  • 終了時刻を事前に伝えたり、カウントダウンしたり、やめる理由を説明したり。それでもなかなか遊びがやめられないときは、おんぶに誘いました。 「おんぶされたい人、どうぞ〜」と声をかけて背中を向けると、よろこんで駆け寄って来ました。おんぶはヒルマの気持ちの切り替えにぴったりの手段だったようです。 小学校に入学後も、身体がうんと大きくなるまでは、この方法で乗り越えられると思っていたのですが──無理でした(笑) [続きを読む]
  • 息子の目にしみたもの
  • わりとよくあることですが、この日はパパが作るハヤシライスのおいしさを、ふたりで褒めたたえていたら、ヒルマがつい本当のことを言ってしまいました(笑) いつもなら「おかあさんもそう思う〜♪」と笑い飛ばすのですが、ちょっとふざけて「ガーン」とショックを受けたふりをしてみました。 すると、ヒルマの顔からみるみる笑みが消え、瞳がうるうるし始めました。 あわてて謝ると わたしの言葉が目にしみたのだそうです。う〜ん [続きを読む]
  • クリスマスキャンペーン
  • こんにちは。お久しぶりです。久々の更新となってしまいました。このところ学校行事で忙しくしておりました。 秋の大イベント、学習発表会も無事に終わりました。 ほっとしたのもつかの間、今月はまた行事があって練習が始まりまして落ち着きません。 小学校って忙しいですね。 さて、ダニエルウェリントンさんの腕時計のモニターをさせていただきました。DAPPER DURHAM (38mm) ローズゴールドです。 大学生の甥っ子が着けてみ [続きを読む]
  • 校外学習に行きたくない3
  • 校外学習に行きたくない1、2のつづきです。 当日の朝、起きてすぐにヒルマが言いました。 自分の苦手なことを伝えて、周りの人に理解してもらったり、助けてもらったりすることって、発達障がいのあるヒルマにはこれから先も大切なこと。 工場の人に直接話していいのか(そういうタイミングがあるのかわからないので)、まずは先生に相談するように伝えました。 工場見学はとても楽しかったそうで、どんな機械があったか、工場 [続きを読む]
  • 校外学習に行きたくない2
  • 前回からのつづきです。 校外学習に行きたくない理由が、「メモを取るのが間に合わないから」だと言います。書いているうちに話がすすんで、今何を書いていたかもわからなくなってしまうそうで。 わたしからの提案は、とりあえず見学することにして(目で見たことは記憶している確率が高いから)、メモはお友だちに見せてもらう作戦。 パパからの提案は、「楽しんで来い! 心配すんな!」。こういう強気なところがわたしには不 [続きを読む]
  • 校外学習に行きたくない1
  • 息子が校外学習に行きたくないと言い出しました。バスに乗って工場見学に行くのです。お弁当の材料だって準備したのに、これはぜひとも行ってほしい。 じつはわたしも校外学習はあまり好きではなかったのです。いつもの教室で自分の席に座って勉強してるのが楽しかった(楽だった)のです。なかでも一番好きだったのはテストの時間。 ササッと書き終えて顔を上げると、テストに取り組む制服姿のみんなの背中が、海や波みたいに見え [続きを読む]
  • 続・はたして息子はホウセンカの水やりが出来るのか
  • 前回のつづきです。 夏休みが始まると、学校で栽培しているホウセンカを家に持ち帰って世話をすることになりました。 ところが水をあげても、陽に当てても、いっこうに成長するそぶりが見られません。 親子で話し合い、今のホウセンカは諦めて、新しく育てることにしました。そうなると種か苗が必要です。 種まきの時期ではないという理由で、種を置いているところはなかったのですが、苗ならあるという店が見つかりました。すぐ [続きを読む]
  • はたして息子はホウセンカの水やりが出来るのか
  • 夏休み前のお話です。去年は学校でミニトマトの水やりに苦戦し、芽が出なかったわけですが、今年はホウセンカを栽培することになりました。 (関連記事)ミニトマト(1)(2)(3)(4)(5) 芽が出たと聞いてひと安心。去年はずいぶん長い期間、土を育てていたので、ヒルマの成長ぶりに感心しました。 その後、個別面談で学校へ行くと、校庭にホウセンカの鉢植えが並んでいました。背丈は10センチほどでしょうか。それ [続きを読む]
  • どうしたらコンビニになるかなあ
  • と、よくわからない疑問をなげかけられました。朝食を、コンビニで買って来てほしかったという意味かと思ったら 焼きそばは「ペヤング」に負け、おにぎりはコンビニに負ける・・・。わたしの手料理が残念すぎる話。 具材を追記。何年か前にどこかで見た和風ツナマヨを参考にこんな感じで毎回作ってました。しょっぱいのはおにぎりの外側の塩だそう。  ランキングに参加しています。 押してもらえるとうれしいです   発達障 [続きを読む]
  • 個別面談に行きました
  • ※パパに行かせようとしたその後のお話です。どうしても苦手だからという理由で、結局わたしが行くことになりました。 問題用紙と解答用紙が別れているテストは初めてだったそうで、ヒルマの戸惑った様子が見て取れました。 でも、まわりのみんなはほぼ問題なくできちゃうわけで、こういうところに定型発達さんとの違いを感じます。 学年の平均値は、目標値を越えていました。ヒルマは目標値にも届かず。う〜ん…… ふふふ。以 [続きを読む]
  • 息子におみやげを選ばせたら
  • 遠くの温泉に泊まりに行きました。今回はしっかりパンツも持参しました(笑)※パンツを忘れたお話はこちら。ついでにこの朝食も、記事では触れていませんが、パンツは前日と同じのを履いてますから(笑) 売店でそれぞれに自分の好きなおみやげを買っていいことにしました。 わたしはお茶菓子に出たようかんか(パパとヒルマは食べない)、無難なクッキーか迷って、レジの近くにあった地元の和菓子店で今朝作ったばかりの栗餅に [続きを読む]
  • また来年も来れるかなあ
  • 療育の帰り道、とつぜんそんなことを言い出しました。ヒルマの療育教室は高校生まで通えます。来年はもちろんのこと── そもそも、あさって来るのです。するとヒルマは言いました。 ……これね、もうね、なかば呆れた気持ちでね(笑)変なこと言うなあ〜って、そのときは放置したのです。で、夕方に晩御飯を作っていたとき とつぜんひらめきました。 正解でした。その日は夏休みの最終日だったのです。つぎに療育に行くあさって [続きを読む]
  • おかあさんに言いにくいこと
  • 学校行きたくないだとか、お友だちとけんかしちゃっただとか、何か良くない報告なのだろうと覚悟して話を聞くと 「おかあさんが居ないから学校ヤダなんだ」って言ってたヒルマが… 「おかあさんと離れるのヤダなんだ、おかあさんも一緒なら安心するのに」って言ってたヒルマが… なんかそんないいことがあってそろそろブログに戻ろうって思いました。ただいま。  ランキングに参加しています。 押してもらえるとうれしいです [続きを読む]
  • もめない帰省
  • 帰省の後半は、たいていばあちゃん(実母)ともめることが多いのですが、今回は無事に過ごせました。 あぶなかったのは夏まつりの夜。その日は朝から体調がすぐれず様子を見ていたのだけれどやっぱりダメで。 わたしだけ行かないことにしたらヒルマがしょんぼりしてしまって。 そしたらばあちゃんが「おかあさん(わたしのこと)にお願いしたらいいと思う♪」 なんて軽々しく繰り返すものだから気持ちがぎゅううっとかたくなって [続きを読む]
  • おみやげのケーキにおどろく
  • すっごい進歩(笑) で、トートツに話は変わって。昔見た短編(長編?)ドラマがアニメ映画になると知って興奮しました。 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか [ 山崎裕太 ] 岩井俊二監督作品。中学生のなずなとのりみちが出てくるあの名作。主題歌と夜のプールのシーンが思い出されてゾクゾクして。で、検索したら主題歌がちがってた(;´∀`) でもコメント見ると好評そうでそれはそれでうれしいことで。で、当時の主 [続きを読む]
  • 中学時代の同級生に会ったときお互いに思うこと
  • 帰省中、ぐうぜん中学時代の同級生に会いました。 ちょっと照れ屋さんで、清楚な印象だった○○ちゃんは声も雰囲気も当時のままでした。 一緒にいた○○ちゃんの子どもに話しかけると 上に高校生の兄弟がいることが判明してビックリ! そしてそれ以上とくに話すこともなく互いの連絡先をたずねるでもなく別れました。 わたしはとても動揺しました。 ○○ちゃんが老けていたことに……そして自分も同じように老けているのであろう [続きを読む]