Global Competency さん プロフィール

  •  
Global Competencyさん: アメリカ在住コーチが日々思うこと
ハンドル名Global Competency さん
ブログタイトルアメリカ在住コーチが日々思うこと
ブログURLhttp://globalcompetency.sblo.jp/
サイト紹介文コーチとしての視点から毎日の生活で感じたことをお伝えしていきます。
自由文カリフォルニアに住んでコーチングを仕事にしている森本裕子がコーチとしての視点から毎日の生活で感じたこと、発見したことをお伝えしていきます。たまには趣味の話も。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2008/08/22 17:00

Global Competency さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 悪いニュースが伝わる速度
  • 先日ある人と話をしていたら、人は何か良いものを見たり体験したりすると3人の人にそれを勧めるそうですが、何か悪い体験をすると7人の人にそれを伝えるそうです。つまり悪いニュースの方が良いニュースより広まるスピードが速いのですね。それってとても納得の数字でした。確かに何か良い体験をしても、それはたまたま良かっただけかもしれないとか、人によって好みもあるし〜などと思ってよっぽど良い事でないと人に勧めるとい [続きを読む]
  • 夏の終わりに
  • 東京はこの数日で急に夏から秋に季節が移り変わっている感じです。気温がグッと下がっているし、日中はナントカ蝉ががんばってないていますが、夕方になると完全に秋の虫の声に取って代わられています。暑いのが苦手な私は夏が終わるとホッとしますが、そうはいっても何か祭りの後のような一抹の淋しさも感じるから不思議です。暑いというのを口実に、夏はあまり建設的なことを新たに始めたり訪れたことのない場所に行ったりしない [続きを読む]
  • やっぱり見てしまうオリンピック
  • 冬のオリンピックはフィギュアスケートが好きなので楽しみなのですが、夏のオリンピックは種目があまりに多岐にわたるせいもあり、始まる前までは正直あまり興味がありませんでした。でも始まってしまうとやはり見てしまいますねー。卓球女子はハラハラしながら見守ったし、ルールがさっぱりわからないレスリングも吉田選手の涙には思わず心を動かされました。見ているだけでも胃がギューっとなって緊張するのに、やる側のプレッシ [続きを読む]
  • ライバルの存在の大切さ
  • 先日水泳の荻野選手と瀬戸選手を取り上げた番組を見ました。人にあまり興味がなく自分の泳ぎを極めたいだけだと言っていた荻野選手と、常に一歩前をいく荻野選手に追いつこうと闘士を燃やしてきた瀬戸選手。人の事を気にするよりも、マイペースで自分の技を極める方が良い結果が出るのではないかと漠然と思っていましたが、そんな事はないようです。アスリート達の心理テストのようなものをやってみると、強い選手、たとえば北村選 [続きを読む]
  • アメリカ大統領選挙の話
  • しつこくアメリカの話ですが、先日アメリカに行った時に現地の方は大統領選挙の行方をどのように思っているのかを聞いてみました。カリフォルニアには民衆党支持者が大多数なので、当然「トランプが良い!」なんていう人はいませんでした。それよりも、トランプ氏が大統領になるなんていう事はあるはずもないけど、、、、というトーンでした。かといってヒラリーを支持しているかというとやっぱりそうでもないんですね。民主党支持 [続きを読む]
  • 15年ぶりのニューヨークで流行っているもの
  • 前回のブログはシリコンバレーについて書きましたが、その後ニューヨークで数日過ごしました。ニューヨークを訪れたのはたぶん15年ぶりくらい。今回印象に残ったのは2つです。1つはオーガニックに対するこだわり。オーガニックであることをうたっている物が実に多く、スーパーの品揃えからレストランのメニューまで、ありとあらゆる物が”オーガニック”であることを強調しているのです。そしてもう1つはコーヒーに対するこだ [続きを読む]
  • シリコンバレーは大渋滞
  • 一年ぶりにシリコンバレーを訪れています。空は青くて空気は乾いてカラッとしていて実に快適です。ただ、ここに住んでいる友人は口々に最近はどれだけ道が渋滞しているかという事を教えてくれました。以前は30分で行けた所が今や1時間半くらいかかり、駐車場を見つけるのも容易じゃないとか。Facebook、Google、Appleなど最先端の企業の本社がいくつもあり雇用を創出しているために、通ってくる人が倍増しその分道の渋滞につなが [続きを読む]
  • 文化交流の瞬間
  • 先日フラメンコの公演を観に行ってきました。私が贔屓にしている宝塚OGが退団後に精力的に色々なダンスにチャレンジしていて今回はフラメンコというわけです。他の宝塚のOGや日本人ダンサーに加えて、スペインからも男性のフランメンコダンサー4人と女性ダンサー1人も参加していて、フラメンコ初心者の日本人ダンサーもなかなかがんばっていました。千秋楽を観たのですが、がんばった日本人ダンサー達に客席から大きな拍手が送ら [続きを読む]
  • 違う時空の店
  • 先日家の近くの”喫茶店”に初めて行ってみました。あえて”喫茶店”という言葉を使わせてください。カウンターは厚い木の板で、昭和にできたのではないかというクラシックな内装。カップはカウンターの後ろの棚にズラッと飾ってあって一応お客さんに合わせて出してくれるようです(笑)。そして何よりも驚いたのはそこでかかっている音楽はレコードですよ!そう、針を円盤にのっけるアレですよ。かかっていたのはバッハの曲。そん [続きを読む]
  • 火事場の集中力
  • 先週の週末はお茶のお点前のご披露がありました。と、いってもお稽古仲間や友人など身内なのですが、きちんと人前でやるのは初めての体験。おまけに今まではお点前のパーツを練習していたのにそれを全部通しで実施するという事で、パーツとパーツのつなぎの動作も覚えなくてはいけなかったのでした。その全ての流れを教えてもらったのが一週間前、そして本番までの一週間は出張が入り練習どころか復習もできない状態。こりゃエライ [続きを読む]
  • 同じことを何回も続けると
  • よく舞台で上演何百回記念!とかありますが、同じ役を何百回もやるというのはどのような気持ちがするものなのか、と常々思っていました。何百回どころかサンフランシスコに住んでいる時にミュージカルの「オペラ座の怪人」のファントムの役を1000回やったという俳優がいました。確か10年近く上演していたと思います。何千回もやるうちにはどうしても飽きてしまってやる気がない日もあるだろうな、とか色々と余計な心配をした [続きを読む]
  • 自然の色の組み合わせ
  • 春から初夏は2〜3週間の周期で入れ替わり立ち替わり色とりどりの花が咲きます。うちの近くに水色のアジサイと黄色の花が交互に咲いている通りがあります。黄色の花の名前はわからないのですが、アジサイの様にかたまりになって咲いています。遠くから見るとその水色と黄色の組み合わせがとてもきれいいで、その光景を見ると心が浮き立つ気がします。自分で洋服を選ぶとしたら、水色と黄色の組み合わせは派手な気がして率先して選 [続きを読む]
  • 東京の人の多さ
  • 最近仕事で週に2〜3日埼玉県に行っています。駅から車で20分くらいいった所なのですが、辺りには高い建物は何もなく空が頭上に大きく広がり、アメリカを思わせる景色が広がります。たった2〜3日でもそこで過ごして東京駅に着くとあまりの人の多さにクラクラします。もうテンポがまるで違って、荷物を持って人に当たらないように構内を歩くのは大変。自分が住んでいる所なので当たり前の事ながらすぐ感覚は戻るのですが、これ [続きを読む]
  • オーガニックに目覚める
  • 最近ふとしたきっかけで、オーガニック食材にこだわりだしました。アメリカ時代はオーガニック食材のみを扱うWhole Foodsというスーパーが近くにあり、あまり努力をしなくても有機野菜だけでなく、肉や乳製品、そして加工品にいたるまでオーガニックの物を買っていました。でも日本に帰ってきたらそうはいかず、もともと大雑把な性格なのでスーパーにある物ですませていました。最近の健康ブームもあり、いざこだわりだすとネット [続きを読む]
  • ゴールデンウイークの終わりに
  • 今日はゴールデンウイークの最終日ですね。お正月でもクリスマスでもないのに、一週間以上も休みが続くってすごいですよね。私はゴールデンウイークの前半は出張だったので休みは5月3日からでしたが、それでも十分休みました。衣替えをしたり家族と会ったり、その他諸々溜まりに溜まったto do listを片付ける良い機会でした。ちょっと早いけれど、年の前半に起きたことをリセットして後半に向かう折り返し地点でのこの休みは本当 [続きを読む]
  • 気が合う人たち
  • 先週は今月半ばから始まる研修の準備のためにドバイに行ってきました。各国で同じ内容を研修をやるため、フランス人、イタリア人、シンガポール人、インドネシア人、そして私と実にインターナショナルなメンバーが集まりました。そのように文化的背景が全然違うグループでしたが、妙に波長が合い、仕事は大変でしたが一週間楽しく過ごすことができました。この波長が合うって大事ですよね。お互い性格も興味のある事も全く違うので [続きを読む]
  • 過去の記事 …