smallcountry さん プロフィール

  •  
smallcountryさん: 小国での日々 第5章
ハンドル名smallcountry さん
ブログタイトル小国での日々 第5章
ブログURLhttps://petitpays.exblog.jp/
サイト紹介文ブリュッセル→ロンドン→東京→名古屋 そして パリ
自由文現在フランス・パリ在住。犬のこと。こどものこと。日々の生活のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/08/23 20:19

smallcountry さんのブログ記事

  • マフィンとカップケーキの本
  • 若山曜子著『バターで作る/オイルで作るマフィンとカップケーキの本』レシピ本を購入するのは数年ぶりです。マフィンに関しては『A.R.I マフィン』 のレシピ本を10年以上頼ってきているからよいのですが、今回はカップケーキに特化してみようかと。作る機会が沢山あるからね。著者のことを全然知りませんしタイトルとコンセプトだけで選んだ1冊ですが、10年単位で好きになれるレシピが数件でも見つかるといいな♪まずは基本 [続きを読む]
  • 葉っぱ遊び
  • 秋の恒例”行事”となっている葉っぱ遊び。ウィーンにも紅葉する木々が沢山あるので、今年も開催です!(メンバーは、むすことわたしと俺様ちゃんだけですが。)昨年までは綺麗な落ち葉を拾い集めていましたが、背も高くなり木の枝やつるに手が届くようになったので、綺麗な葉を摘むことにしました。(敷地内なのでノークレームです。)落ち葉ではないので新聞に挟んで一日置きます。このひと手間の行程は今年初だから、むすこは、 [続きを読む]
  • なんちゃってファミリー・トラディション
  • 子供達がせっせと枯葉を集めます。ハロウィン仕様のゴミ袋に入れると、季節感が溢れてこんなに可愛らしく!日常の苦役もやり方次第で楽しくなる良い1例ですね。今年は無理かなと思っていたのですが、見つけてしまいました栗の木を。学校周辺を俺様ちゃんと散歩をしている途中に栗の木発見!です。”むすこ待ち”の俺様ちゃん。この姿もフランス、ベルギー、オーストリアと3か国目。そんなに子供が好きでもないのに、毎日毎日なん [続きを読む]
  • マリオネット劇場 オペラ『魔笛』
  • ハプスブルク家の夏の離宮シェーンベルク宮殿その広大な敷地内にマリオネット劇場があります。とても歴史のある伝統的な人形劇はヨーロッパ大陸だけに留まらず世界各地で公演をしているようです。マリオネット達は幻想的で写実的でたま〜に可愛らしいキャラもいるみたいですが、基本、見た目はちょっと怖い!?でも、この誰にも”媚びない”キャラ作りの感覚はとても好きです。むすこは少しビビりながらもガン見です。****人形 [続きを読む]
  • ウィーン1区 文房具屋
  • ウィーン1区街の中心に位置しブランドショップが集まる一方で昔ながらの界隈も現存した最も煌びやかな区だと思います。グラーベン通りにあるペスト記念塔は元は木製だったそうですが、長い年月をかけて今の形に再成形されたそうです。ペストの猛威と世界史は切っても切れないものだと此処に来るたびに感じます。すぐ側にシュテファン大聖堂がありそしてペスト記念塔があり人々の祈りが”溜まった”ような場所なのに現在は観光客で [続きを読む]
  • 2018 ウィーン産ワイン
  • 今年の葡萄で造られたワインの出荷が始まりました。このボトルは近所の葡萄畑で採れた葡萄を使い近所のホイリゲから出ているものです。”地酒”度 高し!ボジョレー・ヌーヴォよりも約1か月早い仕上がりは収穫も早いからということでしょうか。ペールグリーンが美しいとても若い華やかな白ワインです。暑い夏が過ぎて涼しくなってくると小豆をコトコト煮る機会が増えました。お月様の季節は”そういうこと”なのかな とも。日本 [続きを読む]
  • 西洋わさび
  • 先日ホイリゲで食べた西洋わさび(=ホースラディッシュ)のパテが素晴らしく美味しかったです。ホースラディッシュと言えばローストビーフの付け合わせに必ずついてくる擦り下ろした状態のものしか(日本のワサビに近いペースト状のもの)知らなかったのですが、オーストリアでは細かく刻んだ形状のものが一般的なのかしら。この細切りタイプのものがかなり有能選手です。辛すぎないピリッとした後味とサクッギュッとした食感が楽 [続きを読む]
  • 10月あれこれ
  • 秋は行楽の季節ではなく学校行事の季節と言ったほうがしっくりくる近年のライフスタイル巻いて巻いて巻いています^^;(日本の運動会は春に行うことが多くなったと聞きますが、)”秋の運動会”の季節と言えば出回ったばかりの皮が薄く酸味の強い青い蜜柑を思い出します。その”甘酸っぱい”蜜柑を彷彿させるのがSATSUMA です。サツマが一瞬早くクレモンティーヌより出て来て、そしてあっという間にクレモンティーヌ一色になり冬 [続きを読む]
  • ペットと旅をする@オーストリア
  • 崖の上にそびえるメルク修道院 お城のように立派な外観ですね。昔から、一般的に「宗教とお金は〜・・・」と言いますが、ここでは言及することは無しにしましょ^^;さて、オーストリアでも犬連れで旅行をすることはさほど大変なことでもないような気がします。もちろん行動に制限がかかることは否めませんがそれ以上に旅でのふれ合いを含めて楽しいこと、良いことのほうが上回ることが多いかな。カフェやレストランで犬を連れて [続きを読む]
  • トーンキュンストラー・オーケストラ West Side Story@ウィーン
  • 佐渡裕さんが率いるトーンキュンストラー・オーケストラウィーン・コンツェルトハウスで行われたフィルム・ミュージックコンサートに行きました。映画『West Side Story』です。いつもはない装置が客席に。映画をステージ上部に掲げられた巨大スクリーンに映し出し登場人物のセリフや歌声はそのまま上映してサウンドトラックをフルオーケストラで演奏するというなんとも贅沢な企画です。オペラやバレエなど演者が人間の場合、舞台 [続きを読む]
  • メルク
  • クレムスに隣接する町 メルクこちらもバッハウ渓谷にある古い歴史を持つ山と水の町です。メルク修道院この町が有名である由縁の場所。断崖にそびえる優美な修道院で庭園などを含めると大きな敷地を保持しています。ドイツ語圏故ホテルでもレストランでも大抵どんな場所でも俺様ちゃんには”入る権利”があるのですが、さすがに教会、修道院は別の話で。建物がある敷地内には犬は入れないのでレストランなどのある周りの庭園を楽し [続きを読む]
  • ドナウ川沿いの町クレムス Krems
  • 大きなドナウ川そこをゆったりと走る観光船クレムス Krems 山々に囲まれそこに大きな川が流れ水辺近くの丘には葡萄畑が広がるドイツ語圏オーストリアらしい景観を持つ美しく小さな町だと思います。テムズ川セーヌ川そしてドナウ川俺様ちゃんもどんどん経験値が高くなっていくなぁ。^^あ、東京目黒川も知ってるね♪この大きな観光船に乗船したいと思ってはいるのですが、一度出航するとそれこそ何時間も水の上になるので、ちびす [続きを読む]
  • 旬の味 シュトゥルム Sturm
  • 今が旬のお酒シュトゥルム Sturm。 ホイリゲで飲む、赤と白です。濁ってますね〜。ここから透明になってそしてワインになるのですね。ホイリゲで飲む自家製ワインはマグカップが定番です。マグカップでワイン。最初は抵抗がありましたが、今はむしろ気に入っています。そして”濁り酒”故たる証拠が底にたまった沈殿物ですね。高い空、太陽の下、ちょっと冷たい風の中で飲むシュトゥルムは本当に”秋そのもの”なんだと感じるよう [続きを読む]
  • オーストリアの秋の味
  • オーストリアで『秋だなぁ〜』と感じさせられるものの1つが葡萄ジュース以上ワイン未満のシュトゥルム Sturm だそうで、ホイリゲから始まり街のバーやスタンドスーパーなどでも期間限定でこの”濁り酒”を楽しむことが出来ます。発酵途中の飲み物なのでアルコール度数が明記されていなのが興味深くて(私の)感覚的に5%前後くらいかな。酵母が元気な飲み物なので市販のものは軽く栓をしているだけ。ちょっと動かすと容器のなか [続きを読む]
  • 収穫感謝祭 Dankfest 2018
  • オーストリアの陶器で有名なアウガルテン Augarten収穫感謝祭 Dankfestが行われた週末に皆で出かけてみました。感覚的にですが海のある西側のヨーロッパに比べて1か月くらい季節の移り変わりが早いような気がします。8月下旬から薄ら寒くなり朝晩は冷え込みます。なので9月に入ると完全に秋。多少、残暑は残っているものの、木々の色合いが変わり秋の食材が出現して、葡萄の収穫が行われ始めるようです。この時期に葡萄を採っ [続きを読む]
  • 秋かな!?世田谷公園
  • 秋の世田谷公園 を期待して出かけたのですが少し早かったみたいで。全体が紅葉に染まるのはまだ先のようですが、一部もみじの紅葉が始まっていたので少し嬉しかったです。むすこと持参したおにぎりを食べて公園ピクニックをしましたとさ。池には蓮の花が綺麗に咲いています。本当に絵に描いたようなどこかで見たような蓮の花。******さて週末は、収穫感謝祭(Dankfest)に行きました。つづく。 [続きを読む]
  • こころの成長
  • 朝、眼鏡をかけていなくて、むすこが脱いだパジャマの山かと思いもぉ! と溜息混じりに掴みあげようとしたら、俺様ちゃんでした。びっくりした〜!(朝晩は冷え込み、寒そうに)丸くなっている姿を見て脱いだパジャマをお布団変わりにかけてあげたそうです。車の中でTAROがおならをして私とむすことくさいくさいと笑っていたら、TAROのおならは向日葵の枯れた匂いがしてくさいよねー♪と最後に言うむすこ。とりあえず、そ [続きを読む]
  • 郷愁 nostalgy
  • むすこを小学校へ送った後、学校周辺をくるっと散歩することが日課です。隣の山の上にある学校なので、森の中を歩くこともあれば住宅地を歩くこともありそれは俺様ちゃんの気分次第。電線のある景色だからか日本の何処かの町に紛れ込んだかのような郷愁に近い錯覚に毎度毎度新鮮な気持ちで陥ります。私達の住む町ともまたウィーン市街地とも気温も天気も少し異なり此処は一気に秋、そして冬へと季節が移り替わっていうのが毎日肌で [続きを読む]
  • ウィーンの珈琲文化
  • ウィーンで ”アイスコーヒー” と言えばノーマルな珈琲にバニラアイスが入りその上にホイップクリームがのっかったものを言います。氷ではなくアイスで珈琲を冷たくする感じかな。ここで、キンキンに冷えた珈琲を期待してはいけません。普通の珈琲をアイスで冷やすということなので、まぁ、生温い感じ!? ^^そしてこんなビジュアル、甘さ、ボリュームなので食事とともに飲むことはないかな。私が好きなのはエスプレッソもし [続きを読む]
  • キューバライス
  • キューバにはないキューバライスナポリにはないナポリタンと同義ですね。がーリックの効いたトマトソースとろっと焼いた完熟バナナちりちりに焼いた目玉焼き白いご飯子供達が大好きな家族みんなが大好きなレストランの賄いだったりもする栄養たっぷり早くて美味しいキューバライス。スペイン家庭料理。全部細かくしてまぜてまぜてわしわし食べます。トマトの酸味とバナナの甘みとろっとした玉子が繋ぎになってこれは美味しい。そし [続きを読む]
  • きつね Fox tail
  • 庭に大きくて立派なキツネが現れました。俺様ちゃんは激怒!むすこはおおはしゃぎ!人間と共存ぎりぎりラインに住む過酷な環境下のキツネは小柄でやせていて尻尾の毛が抜けてることが多いような気がしますが、庭に現れたキツネは尻尾がふさふさで先端が真っ白。貫録の美しさでした。イギリスの海の町にあるチャリティーショップで見つけた銅板画のキツネこんな感じの仔でした。俺様ちゃんにとってキツネは因縁の敵。小さな時からキ [続きを読む]
  • 新学期 back to school
  • 9月1日新学期スタートむすこの通う学校は既にスタートしているし、日本の学校も9月1日より前にスタートしている昨今と聞いていますが、そこはやはり9月1日新学期スタートな気分です。(そして、きっと、来週から朝夕、道路が混むと思います。)長い休みの後、学校に行きたくない気持ちはよーくわかります。大人だって、出勤前の晩は杞憂なものだもん。学校に行きたくない。通えない。そんな気持ちが引き起こす痛ましい事件を [続きを読む]
  • お肉の国
  • 海を持たないということはすなわち”お肉の国”ということ。山に囲まれた”お肉の国”ということはすなわち燻製、塩漬け加工を得意とするということ。目をまん丸にして大きな口をあけてお肉!な俺様ちゃん塩漬けにした厚切りハムを茹でて千切りのホースラディッシュとあわせるとてもシンプルな一品すごく美味しいです。むすこの指までぱくり♪(もちろん甘噛みだから指を傷つけることはありません^^)このハム料理はホイリゲでも [続きを読む]
  • たまご12個
  • たまごを12個使って作ったトルティージャ・デ・パタタ(ジャガイモのオムレツ)ひとつづつ丁寧にむすこがたまごを割りました。軽く揚げたジャガイモとたっぷりのたまご。ゆるふわの美味しさ。むすこが一番好きなスペイン家庭料理です。*****彼の三角巾は『銀魂』のイラストのハンカチです。10年以上連載が続いた大作漫画もあと数回で最終回を迎えるとのこと。ひとつの”時代”が終わるようで寂しいものです。うちの”わん [続きを読む]