クロノクル=ローマの人 さん プロフィール

  •  
クロノクル=ローマの人さん: アレクサンドリア図書館
ハンドル名クロノクル=ローマの人 さん
ブログタイトルアレクサンドリア図書館
ブログURLhttp://tora1985823.blog105.fc2.com/
サイト紹介文そのとき見たもの、読んだものをこまごまと
自由文『ローマは一日にして奈良漬け』の兄弟ブログ。本・小説を中心に、いろんなメディアの感想を書いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/08/24 00:06

クロノクル=ローマの人 さんのブログ記事

  • 『風神の邪教』 ブライアン・ラムレイ
  • コナン的ヒーロー、登場!風神の邪教 (タイタス・クロウ・サーガ) (創元推理文庫)posted with amazlet at 18.11.14ブライアン・ラムレイ 東京創元社 売り上げランキング: 213,009Amazon.co.jpで詳細を見るクトゥルー神の脅威と戦うウィルマース・ファウンデーションの一員であるハンク・シルバーハットは、その精神感応(テレパス)能力を生かして、極北の邪神イタカの調査隊隊長を務めていた。しかし、邪神に対抗する旧神の道具“ [続きを読む]
  • 『ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅』 マーク・シャッカー
  • ストレスもまずくなる原因だそうで、食肉処理場へ向かうまでにストレスを与えない工夫もされているとか。いやはやステーキ! - 世界一の牛肉を探す旅 (中公文庫)posted with amazlet at 18.11.11マーク・シャツカー 中央公論新社 (2015-01-23)売り上げランキング: 375,920Amazon.co.jpで詳細を見るステーキはなぜ、おいしいのか。世界一のステーキを求めて、アメリカのテキサスからヨーロッパ、日本、アルゼンチンと渡り歩き、人と [続きを読む]
  • 『HUNTER×HUNTER』 第36巻 富樫義博
  • 出てきた念能力のネーミング、百万回生きた猫(ネコノナマエ)、星を継ぐ者(ベンジャミンバトン)、恋のエチュード(サイキンオセン)……サイキンオセンってwHUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)posted with amazlet at 18.11.04冨樫 義博 集英社 (2018-10-04)売り上げランキング: 124Amazon.co.jpで詳細を見る第36巻。第12王子のモモゼが殺されたことで、念の概念を王子達の私兵に教えてようとしていたクラピカは、疑 [続きを読む]
  • 『小説 田中軍団』 大下英治
  • 1週間も記事を上げてなかった。どうしてこうなった小説 田中軍団〈上〉 (角川文庫)posted with amazlet at 18.10.29大下 英治 角川書店 売り上げランキング: 1,279,694Amazon.co.jpで詳細を見る小説 田中軍団〈下〉 (角川文庫)posted with amazlet at 18.10.29大下 英治 角川書店 売り上げランキング: 1,239,780Amazon.co.jpで詳細を見る1985年2月、鉄の団結を誇った自民党内の田中派が割れ、竹下登を中心に新しい派閥「創政 [続きを読む]
  • 【配信】『ザ・パシフィック』 第9話・第10話
  • ついに沖縄戦、そして故郷への帰還シリーズ的には、知られざる激戦地ペリリューを取り上げた点に注目<第9話 沖縄 Okinawa>1945年5月ユージーン・スレッジは、沖縄にいた。熱帯のスコールのような雨に悩まされ、塹壕を掘りだそうとすると日本兵の死体が出てくる。すでに戦闘が始まって一月が経ち、島全体が墓場となっていた非戦闘員を巻き込んだ戦いにスレッジたちの精神も限界に達し、冷徹な兵士だった“スフレ”すら悲 [続きを読む]
  • 『ホムンクルス』 第1巻 山本英夫
  • マンガの記事が続きますが、こっちもいろいろ積んでましてホムンクルス(1) (ビッグコミックス)posted with amazlet at 18.10.17小学館 (2015-05-15)売り上げランキング: 69,866Amazon.co.jpで詳細を見る『のぞき屋』『殺し屋イチ』の作者によるトレパネーション(穿頭)を題材にした不思議な人間ドラマ作者が大麻所持で捕まりそのまま連載中止かと思っていたら、ちゃんと完結していたので読み直すことにした物語は記憶を失った [続きを読む]
  • 『呪術廻戦』 第2巻 芥見下々
  • 命の安い世界呪術廻戦 2 (ジャンプコミックス)posted with amazlet at 18.10.08芥見 下々 集英社 (2018-09-04)売り上げランキング: 3,064Amazon.co.jpで詳細を見る特級の呪霊との闘いに、虎杖悠仁は両面宿儺に体を乗っ取られてしまう。宿儺は特級から呪物の「指」を回収。それを止めようとした伏黒恵はその力に圧倒され、宿儺は虎杖の心臓を抜き取って体を自分の物としてしまう生物的に死体(!)になってしまった虎杖だったが、精 [続きを読む]
  • 『ベルセルク』 第40巻 三浦建太郎
  • キャスカがお目覚めベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)posted with amazlet at 18.10.07三浦建太郎 白泉社 (2018-09-28)売り上げランキング: 65Amazon.co.jpで詳細を見るキャスカの正気を戻すべく、ガッツ一行は妖精の島にたどり着く。妖精の女王?花吹雪く王”の許しを得て、キャスカの精神の中へ夢探検に出かける“蝕”の惨劇に巻き込まれたため、その夢のなかはまさに悪夢の世界。異形の魔物たちが行く手に立ちはだかり [続きを読む]
  • 『帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史』 與那覇潤
  • これが受けなかったから、次の本でああなったのか帝国の残影 ―兵士・小津安二郎の昭和史posted with amazlet at 18.10.06與那覇 潤 エヌティティ出版 売り上げランキング: 155,799Amazon.co.jpで詳細を見る『中国化する日本』の著者が書いた、小津安二郎の人生と映画を通してみる昭和史小津安二郎は内外から日本を代表する映画監督とされ、特に「日本的家族」を題材としたことで知られる。本書はその小津に課せられた仮面を剥が [続きを読む]
  • 【配信】『ザ・パシフィック』 第7話・第8話
  • 「座れるときに立つな 寝転がれるときに座るな 寝られるときに寝ろ」<第7話 ペリリュー 後編 Peleliu Hills>空港は制圧したものの、ペリリューの戦いはまだ終わらない。山にはまだ日本軍が健在であり、出発するスレッジの第5連隊は、ボロボロになった第1連隊とすれ違う。一方、ジョン・バジロンはまだ戦債キャンペーンに捕まっていたが、息抜きのゴルフの間にもガナルカナルの戦いと戦友たちの顔が脳裏をかすめるのだっ [続きを読む]
  • 『邪神伝説 クトゥルフの呼び声』
  • 解説が本編邪神伝説 クトゥルフの呼び声 (クラシックCOMIC)posted with amazlet at 18.09.30PHP研究所 (2015-02-27)売り上げランキング: 147,451Amazon.co.jpで詳細を見るクトゥルー神話の発祥であるラヴクラフトの『クトゥルフの呼び声』の漫画化忠実にストーリーが追われているのだが、漫画家さんと題材があってないせいか、あまりモダンホラーの雰囲気がない(爆)むしろ、読み所はクトゥルフ神話研究家・森瀬繚の解説で、ハワ [続きを読む]
  • 『島津義弘の賭け』 山本博文
  • 想像力で埋めなくていいぐらいの精緻な研究島津義弘の賭け (中公文庫)posted with amazlet at 18.09.24山本 博文 中央公論新社 売り上げランキング: 308,604Amazon.co.jpで詳細を見る豊臣政権の成立から関ケ原まで、激動の時代を島津家はどう切り抜けたのか。希代の勇将・島津義弘を中心にその活躍と苦悩を描く『政治家とリーダーシップ』で紹介されていた本で、国宝級として保護されていた『島津家文書』など膨大な史料をもとに、 [続きを読む]
  • 『多重人格探偵サイコ』 第23巻・第24巻
  • It’s beteer to burn out than to fade away多重人格探偵サイコ (23) (カドカワコミックス・エース)posted with amazlet at 18.09.19田島 昭宇 KADOKAWA/角川書店 (2016-06-02)売り上げランキング: 42,095Amazon.co.jpで詳細を見る多重人格探偵サイコ (24) (カドカワコミックス・エース)posted with amazlet at 18.09.19田島 昭宇 KADOKAWA/角川書店 (2016-06-30)売り上げランキング: 41,158Amazon [続きを読む]
  • 『日本人は思想したか』 吉本隆明 梅原猛 中沢新一
  • ひとつのタイトルに収まらない鼎談日本人は思想したかposted with amazlet at 18.09.15吉本 隆明 梅原 猛 中沢 新一 新潮社 売り上げランキング: 486,957Amazon.co.jpで詳細を見る日本人の根底にある思想とはなんなのか。三人の知識人が突き詰めた古代から現代にまで至る鼎談『共同幻想論』の吉本隆明、『神々の流竄』の梅原猛に、当時気鋭の宗教学者だった中沢新一がホスト役を務めた鼎談で、初出は文芸誌「新潮」の平成六年(1 [続きを読む]
  • 【配信】『ザ・パシフィック』 第5話・第6話
  • 第一海兵師団が唯一、壊滅認定を受けた戦い<第5話 ペリリュー 前編 Peleliu Landing>戦債キャンペーンのために帰国したジョン・バジロン軍曹は、女優ヴァージニア・グレイと親しくなり、有名人の階段を上り始める。そのホテルに出征する弟が姿を現すと、「いいところを見せようとするな」と忠告する。そのころ、迫撃砲の訓練を終えたユージーン・スレッジはようやくソロモン諸島のパヴヴに到着。1944年9月に、ロバート [続きを読む]
  • 【PS配信】『バイキング 誇り高き戦士たち』
  • 大ロシア志向VIKING バイキング 誇り高き戦士たち [DVD]posted with amazlet at 18.09.09アメイジングD.C. (2018-04-04)売り上げランキング: 80,317Amazon.co.jpで詳細を見るノルマン人のリューリクは、スラヴ人を征服しその土地を「ルーシ」と名付けた。その子孫であるスヴャトスラフ1世は三人の兄弟に領土を継がせたが、兄弟同士の紛争は絶えず長男のヤロポロクは、次男のオーレグを殺してしまう。オーレグの従者だったスヴェネ [続きを読む]
  • 台風一過
  • 当方のアパートは、地上波が見れないぐらいで済んだのだが実家が停電したと聞いて、様子を見に行く道中に通行止めに出くわした。脇道から抜けていくとこのとおり、電柱が傾いていた地域的にはそれほど被害は聞いていないのだけど、局地的には酷いことが起きていたのだで、実家の近くではなんと、マンションの屋根が飛んで、駐車場を覆っていた!!事前に身内からメールで画像を送られて知ってはいたのだけど、実物を観ても信じられ [続きを読む]
  • 『島津奔る』 池宮彰一郎
  • 無双ではハンマーを振り回す島津奔る〈上〉 (新潮文庫)posted with amazlet at 18.09.02池宮 彰一郎 新潮社 売り上げランキング: 192,661Amazon.co.jpで詳細を見る島津奔る〈下〉 (新潮文庫)posted with amazlet at 18.09.02池宮 彰一郎 新潮社 売り上げランキング: 272,993Amazon.co.jpで詳細を見る慶長二年(1598年)。朝鮮出兵に動員されていた島津義弘は、泗川の守備に就いていた。そこへ太閤秀吉の死が知らされ諸大名が帰 [続きを読む]
  • 【配信】『ザ・パシフィック』 第3話・第4話
  • ( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!<第3話 メルボルン Melbourne>1943年1月。ロバート・レッキーとジョン・バジロンが所属する第1海兵師団は、オーストラリアのメルボルンで休養することとなった。日本軍の侵攻を食い止めたとして市民から大歓迎を受け、外出しては酒を食らい現地の女性にもモテモテ。レッキーは列車で出会ったギリシア系移民のステラを口説き、その実家へ行くが…オーストラリアは移民の国であり、ギリシ [続きを読む]
  • 『多重人格探偵サイコ』 第21巻・第22巻
  • 戦いはついに精神世界へ多重人格探偵サイコ (21) (カドカワコミックス・エース)posted with amazlet at 18.08.25田島 昭宇 KADOKAWA/角川書店 (2014-12-26)売り上げランキング: 99,600Amazon.co.jpで詳細を見る多重人格探偵サイコ (22) (カドカワコミックス・エース)posted with amazlet at 18.08.25田島 昭宇 KADOKAWA/角川書店 (2015-07-04)売り上げランキング: 90,489Amazon.co.jpで詳細を見る第21巻。西園弖虎はガクソの防衛 [続きを読む]
  • 【PS配信】『おじいちゃんはデブゴン』
  • 長い盆休みを頂きながら、一本の本の記事は上げていない件読んでないわけじゃないけれどおじいちゃんはデブゴン [Blu-ray]posted with amazlet at 18.08.20株式会社ツイン (2017-10-04)売り上げランキング: 35,022Amazon.co.jpで詳細を見るかつて軍で要人警護を担当していたディン(=サモ・ハン)は、孫娘が行方不明になったことをきっかけに、故郷の綏鎮市(黒竜江省、中露国境の街)で隠棲していた。隣家に住むチュンファ(=ジ [続きを読む]
  • 『濃爆おたく大統領』 徳光康之
  • 多くの漫画を読むために速読になる、いろんなアニメを見るためにながらになる、ゲームを積みゲーするとか、笑えると同時に身につまされる場面が多い(苦笑)濃爆おたく大統領1posted with amazlet at 18.08.19 (2016-06-28)Amazon.co.jpで詳細を見る濃爆おたく大統領2posted with amazlet at 18.08.19 (2016-07-07)Amazon.co.jpで詳細を見る『濃爆おたく先生』に続くシリーズ第二弾である月刊誌『マガジンZ』に2002年〜20 [続きを読む]