近江原人+ さん プロフィール

  •  
近江原人+さん: 滋賀理科大学
ハンドル名近江原人+ さん
ブログタイトル滋賀理科大学
ブログURLhttp://yakitaco.shiga-saku.net/
サイト紹介文滋賀の片隅で世界に誇れるバラを作出できるように研究に励んでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/08/24 23:30

近江原人+ さんのブログ記事

  • 夏を越したクリスマスローズの種
  • 毎日雪がちらつくこの頃ですが、もう少し早くにやりたかった事があります。それは春に採取したクリスマスローズの種蒔きです。夏の猛暑で種がダメになっているか心配だったのですが、土の中で夏を越した種は多くが無事に生き残っていてくれました。茶こし袋に入れておいたのですが、口を開けると黒くつやつやした種があります。根が伸びているものもたくさんありました。見ているだけで生命の息吹きを感じる事が出来ます。芽が出て [続きを読む]
  • メリークリスマス
  • メリークリスマス!!!仕事の関係で本日家族でクリスマスパーティを開催しました。この時期になると気分も盛り上がりますが、気持ちは来年の春に向いています。このクリスマスのウキウキ感のままで年末の作業もこなしていければいいですね。年が明けるとバラの種蒔きなど忙しくなるので、気持ちの切り替えはどこかでしないといけません。今日一日はのんびりさせていただきます。  ↑click [続きを読む]
  • 凍てつく
  • 今朝は冷え込みました〜。研究所も凍てついていました。芽が出たばかりのバラも用土が凍って盛り上がっていました。冬ならではの光景に寒さを忘れて見入っていました。気持ちは上々ですが、風邪をひかないようにしないといけないですわ。今年もあと少しですが、バラの種蒔きをある程度やってしまいたいところです。  ↑click [続きを読む]
  • 初みぞれ
  • それにしても今日は寒かったです。この前の暖かさが嘘のようですわ。かなり身に染みています。外に出ると一瞬みぞれが降ってきました。いよいよ楽しい園芸シーズンですね。寒いけど気合いを入れていきたいです。バラの花もいよいよ終わりです。ティネケが最後に立派に咲いてくれました。春にこういう花を見たかったのですが、春はほとんど咲かなかったので、いい感じの花が見れてホッとしました。皆さんも風邪に気を付けて楽しみま [続きを読む]
  • 春に種を蒔いたバラの発芽
  • いよいよ12月になりました。1年なんてあっという間ですね。今年はあまり手を入れる事が出来なかったので、来年はもっとバラと向き合えればいいなと思います。春に蒔いたバラの種ですが、秋の発芽もそろそろ終わりになりそうです。今年も夏は猛烈な暑さだったので、秋の発芽はあるのか心配していましたが、意外と発芽数は多かったです。特にモッコウバラはいつもながら春よりも秋の方が発芽しやすいようですね。残りは来年の春の [続きを読む]
  • (ナナコバラ×斑入りテリハノイバラ)×白レンゲ
  • 忙しくてしばらくブログを更新する事が出来なかった間に巷ではクリスマスソングが聞こえるようになってきているではありませんか。あまり作業が進んでいないですが、雰囲気に流されずに焦らずにやっていきたいところです。以前交配したナナコバラ×フイリテリハノイバラ)×白レンゲが開花しました。花を見る限りでは、親の性質を受け継いでいるのがよく感じられます。…が、よく見ると、白色の花弁にピンクのストライプが入ってい [続きを読む]
  • シルホサ開花
  • シルホサの一番花が咲きました。夏は葉も無く、沈黙していましたが、少し涼しくなると、勢いよく葉が展開してきました。花の少なくなる冬まで、ポツリ、ポツリでもいいので咲き続けてほしいです。ず〜っと鉢植えで育てているので、そろそろ限界かと思ってはいるのですが、これだけ見事に咲いてくれると、まだもう少し大丈夫な気がします。何とか元気な内に挿し木に挑戦してみたいです。  ↑click [続きを読む]
  • アルシデュク・ジョセフ
  • 忙しくてあまりバラに触れている時間が無い間に11月に突入していました。研究所ではアルシデュク・ジョセフが咲いています。このバラの秋の返り咲き性能は抜群に良いですね。育てていて、本当に優秀なバラだと思います。今年の秋は手入れが行き届かず、研究所全体的に花が少ないのでアルシデュク・ジョセフの存在はありがたいです。なかなか前に進むのが難しいですが、地道にコツコツやって行こうと思います。ERのウィンチェス [続きを読む]
  • フジバカマ
  • このところ、朝はかなり冷えるようになってきました。パジャマもようやく長袖にチェンジしました。少し前は台風が次々やって来て大変な思いをしましたが、いつの間にか穏やかな秋空が続くようになっていて、暴風でぐちゃぐちゃになった研究所が嘘のようです。フジバカマの花がひっそりと咲いていました。繊細な感じの花が和の雰囲気によく合います。ノコンギクもまだ元気に咲いているので、研究所全体が和風な感じになっています。 [続きを読む]
  • 秋明菊
  • 気温も下がって、いよいよ秋らしい気候になってきました。秋の花が元気に咲いてきています。中でも、秋明菊は花が増えてきています。随分前に植えたのですが、毎年綺麗に咲いてくれているので、とても重宝します。…とは言っても、これだけ急に冷え込むと体が付いてこれないですね。早速今日から長袖で寝ます。  ↑click [続きを読む]
  • 金木犀と銀木犀
  • このところ天気が悪い日が多かったので、これだけ綺麗に晴れ渡たった青空は久しぶりな気がします。更に、いい香りがするので、ふと見ると、金木犀が咲いていました。一年に一度のお楽しみですね。なかなか仕事が忙しくて花と向き合っている時間がなかったので、この素晴らしい香りに気が付きませんでした。「人間、余裕が無いとダメだな〜」とつくづく思いました。週末にはまた台風が来そうなので、このいい香りも終わってしまうの [続きを読む]
  • ファイヤーワークス
  • ようやく涼しくなってきました。夜になると虫の声の大合唱が聞こえるようになり、秋を感じる事が出来るようになりました。体も少し楽になったような気がします。ただ、天気が良くないので、作業はあまりできません。綺麗に晴れ渡った日が来てほしいです。今年初めて挑戦した千日紅のファイヤーワークスがいい感じで風に揺れています。花数が多いわけではありませんが、ナチュラルな感じが気に入っています。今まで夏場はあまり花を [続きを読む]
  • 台風一家
  • 昨日は仕事で帰りが遅かったので、今朝、研究所の様子を見るとかなり惨い状況になっていました。ニュースで屋根が飛んだり、車が転がる映像を見ると、これ位で済んだのが奇跡と言えるかもしれませんが…。前回の20号の時にダメージを受けて復旧したばかりの花を置く屋根付き棚も21号でまたやられてしまいました。こう連続でやられると、台風一過ならぬ台風一家です。今年の台風は何人家族か知りませんがね。もう来てほしくない [続きを読む]
  • いよいよ台風が…
  • いよいよ台風21号が接近してきました。今回は勢力が強いようで、かなり心配です。風が強くなり、雨も降り出したので、バラも鉢植えは避難させました。ただ、地植えの方は無事を祈るばかりです。どうかローズヒップが落ちないでほしいです。  ↑click [続きを読む]
  • びわ湖バレイ
  • 長かった夏休みもいよいよ終わりですね。夏休みの最後の思い出にびわ湖バレイに行ってきました。今まで何度か行った事がありますが、びわ湖テラスが出来てから行くのは初めてです。綺麗に整備されたテラスはなかなかいい感じになってました。びわ湖は少し霞んでいたのが残念ですが、事前に調べた時は霧が濃くて景色が見えないような状態だったので、これだけ見えれば満足です。山の上はトンボの天国みたいな感じで、秋を感じさせて [続きを読む]
  • マーメイド開花
  • 猛暑がまだまだ続いています。毎日水やりに精を出しておられる方、ご苦労様です。9月に入れば涼しくなる事を信じてあと少し頑張りましょう。バラの花も暑さに慣れたのか、少しずつ増えてきました。マーメイドも久しぶりに咲きました。暑さに強いバラなので、葉を落とす事も無く、元気一杯です。ただ、一つ残念なのは、この前の台風でせっかく大きくなってきたローズヒップが落ちてしまった事です。今年、マーメイドを使った交配で [続きを読む]
  • ノコンギクが咲いた
  • 台風は過ぎ去りましたが、鉢が倒れたりして復旧が大変でした。更に猛暑の復活で汗はダラダラ…。こんな過酷な夏は今まであっただろうかと思います。…とは言っても、秋は確実に近づいてます。それは、ノコンギクの開花です。この淡い紫の花が風に揺れるのを見ると、毎年秋の始まりを感じる事が出来ます。もう少し台風で散らかった研究所の片付けをしたいと思いましたが、暑いので退散します。無理せずに気温が下がるまでは少しづつ [続きを読む]
  • 大雨と虹
  • 猛暑がず〜っと続いていて、我が研究所には雨が全然降っていませんでした。汗を流しながら毎日水やりに精を出す日々でした。…が、遂に雨が降りました。これでようやく水やりからは解放されるので、喜びたいところですが、…台風の接近による土砂降りの雨です。風も強くて、外に出ると一瞬でびしょ濡れになってしまいます。台風だけは勘弁してほしいです。とは言え、急いで鉢植えを安全な所に避難させました。しばらくすると、晴れ [続きを読む]
  • バラが一重に
  • ほんのちょっと空気に冷たさを感じられるようになってきましたが、まだまだ暑い日は続きそうですね。研究所のバラも夏バテ気味が続いています。せっかく咲いた葡萄紅もいつもはコロンとした咲き方ですが、一重になってしまいました。全く別のバラですね。それでも花色はいい感じに出ているのでホッとしました。マーガレット・メリルも次々に咲いていますが、本来の実力ではありませんね。ただ、春よりも花数が多いのはどういう事な [続きを読む]
  • (ナナコバラ×斑入りテリハノイバラ)×白レンゲローズ
  • まだまだ暑い日が続いていますが、バラは暑さに慣れてきたようで、葉も徐々に復活してきています。そして、今年発芽したバラが開花しました。白の一重のシンプルな花ですが、こういうのを待っていました。(ナナコバラ×斑入りテリハノイバラ)×白レンゲローズです。親がミニバラですが、ナナコバラ×斑入りテリハノイバラは返り咲きしないので、更に白レンゲローズを交配させて返り咲きの性質を獲得出来ないかなと思っています。 [続きを読む]
  • ざんねんないきもの展
  • このところ暑さで外に出かける気力も失せがちですが、ちょっと遠出して名古屋パルコで開催している「ざんねんないきもの展」に行ってみました。私の好きなカエルアンコウもいました。この風貌を眺めているだけで、今まで仕事でジタバタしていた自分の力が抜けていくような気がします。こういう進化にまつわるテーマは考えれば考えるほどに奥が深くなっていき、とても楽しいですよね。「ざんねんなバラ」なんてものがあるのだろうか [続きを読む]
  • 蕾?
  • ずっと前から育てていたフィカス シャングリラ(蔓ガジュマル)に蕾のようなものが…。けれど、よく見ると花弁のようなものは無さそうです。花を通り越して、いきなり実が成ったとでもいうのかな。観葉植物ってなかなか実を見る機会が無いから、貴重な経験をさせていただいてます。もう少しそのままで様子を見る事にします。  ↑click [続きを読む]
  • 今年もピーマン
  • 今年の夏もピーマンを育てています。ようやく実が成り始めました。今まで色々な野菜にチャレンジして枯らせてばかりですが、ピーマンはいつも元気に育ってくれます。研究所の環境がピーマンにとっては良いのでしょうね。食べたら美味しかったです。(^^♪  ↑click [続きを読む]
  • 8月のバラ
  • 猛烈な暑さの中で、多くのバラが葉を落としていますが、エリザ・ボエルが咲きました。枝ぶりはあまり強そうではありませんが、この暑さの中でも葉が残っていてしっかりとしている方です。改めて良いバラだなと思いました。同じくHPのフラウ・カール・ドルシュキも一斉に花が咲き出しました。暑さのせいで形は整っていませんが、花の数は多いです。HPの仲間は暑さに強いのが多いのかな。この時期にバラの花を見られるのは嬉しい [続きを読む]
  • 乙女ギボウシ
  • 台風による研究所への被害は無かったので、ホッとしていますが、相変わらずの猛暑に体もヘトヘトです。何とか涼しくなってほしいですが、天気予報を見ても、そんな気配は無いですね。ため息が出ますわ〜。暑さの中でも乙女ギボウシが咲きました。ちょっと小ぶりのギボウシですが、毎年、毎年きっちりと咲いてくれます。薄紫の花は研究所に涼を運んでくれます。気持ちもちょこっと涼しくなります。  ↑click [続きを読む]