近江原人+ さん プロフィール

  •  
近江原人+さん: 滋賀理科大学
ハンドル名近江原人+ さん
ブログタイトル滋賀理科大学
ブログURLhttp://yakitaco.shiga-saku.net/
サイト紹介文滋賀の片隅で世界に誇れるバラを作出できるように研究に励んでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/08/24 23:30

近江原人+ さんのブログ記事

  • (ナナコバラ×斑入りテリハノイバラ)×白レンゲローズ
  • まだまだ暑い日が続いていますが、バラは暑さに慣れてきたようで、葉も徐々に復活してきています。そして、今年発芽したバラが開花しました。白の一重のシンプルな花ですが、こういうのを待っていました。(ナナコバラ×斑入りテリハノイバラ)×白レンゲローズです。親がミニバラですが、ナナコバラ×斑入りテリハノイバラは返り咲きしないので、更に白レンゲローズを交配させて返り咲きの性質を獲得出来ないかなと思っています。 [続きを読む]
  • ざんねんないきもの展
  • このところ暑さで外に出かける気力も失せがちですが、ちょっと遠出して名古屋パルコで開催している「ざんねんないきもの展」に行ってみました。私の好きなカエルアンコウもいました。この風貌を眺めているだけで、今まで仕事でジタバタしていた自分の力が抜けていくような気がします。こういう進化にまつわるテーマは考えれば考えるほどに奥が深くなっていき、とても楽しいですよね。「ざんねんなバラ」なんてものがあるのだろうか [続きを読む]
  • 蕾?
  • ずっと前から育てていたフィカス シャングリラ(蔓ガジュマル)に蕾のようなものが…。けれど、よく見ると花弁のようなものは無さそうです。花を通り越して、いきなり実が成ったとでもいうのかな。観葉植物ってなかなか実を見る機会が無いから、貴重な経験をさせていただいてます。もう少しそのままで様子を見る事にします。  ↑click [続きを読む]
  • 今年もピーマン
  • 今年の夏もピーマンを育てています。ようやく実が成り始めました。今まで色々な野菜にチャレンジして枯らせてばかりですが、ピーマンはいつも元気に育ってくれます。研究所の環境がピーマンにとっては良いのでしょうね。食べたら美味しかったです。(^^♪  ↑click [続きを読む]
  • 8月のバラ
  • 猛烈な暑さの中で、多くのバラが葉を落としていますが、エリザ・ボエルが咲きました。枝ぶりはあまり強そうではありませんが、この暑さの中でも葉が残っていてしっかりとしている方です。改めて良いバラだなと思いました。同じくHPのフラウ・カール・ドルシュキも一斉に花が咲き出しました。暑さのせいで形は整っていませんが、花の数は多いです。HPの仲間は暑さに強いのが多いのかな。この時期にバラの花を見られるのは嬉しい [続きを読む]
  • 乙女ギボウシ
  • 台風による研究所への被害は無かったので、ホッとしていますが、相変わらずの猛暑に体もヘトヘトです。何とか涼しくなってほしいですが、天気予報を見ても、そんな気配は無いですね。ため息が出ますわ〜。暑さの中でも乙女ギボウシが咲きました。ちょっと小ぶりのギボウシですが、毎年、毎年きっちりと咲いてくれます。薄紫の花は研究所に涼を運んでくれます。気持ちもちょこっと涼しくなります。  ↑click [続きを読む]
  • シマトネリコの花
  • これだけの暑さの中でもシマトネリコの花は毎年ちゃんと咲いてくれています。白くて小さな花ですが、蜜が美味しいのか、蜂たちがブンブン飛び回っています。咲き出してからしばらく経つので、台風が来たらこの花も終わりでしょうね。猛烈な暑さが治まったかと思えば、今度は台風…。この夏は自然の力に圧倒されてばかりです。何事も無く台風が通り過ぎてくれるのを祈るばかりです。  ↑click [続きを読む]
  • 暑さの中で咲く
  • 毎日猛烈な暑さが続いて、とろけてしまいそうですが、何とか頑張っています。…が、さすがに外での作業は身の危険を感じるので、簡単な剪定程度にしています。せめて夕立でもと思っていますが、1粒たりとも空からは落ちてきません。いつまでこの暑さが続くのやら…。そんな中でもタンジーはひっそりと咲いています。独特のボール状の花で、豪華さはありませんが、何だか惹かれてしまう花です。こちらもタンジーよりも更にさり気な [続きを読む]
  • 1株だけ
  • 今年もこぼれ種のインパチェンスがあちらこちらで咲き出しました。濃いピンクの花が毎年顔を出してくれるのですが、その中で1株だけ淡いピンクの花が出現していました。何だかラッキーな気分になります。…とは言っても、この猛烈な暑さではゆっくり楽しんでいる余裕もありません。早く猛暑が治まってほしいです。  ↑click [続きを読む]
  • 美女なでしこ
  • 大雨が治まったと思ったら、今度は猛暑です。たまりません〜(=_=)ビオラが終わり、夏の花が動き出しました。今は美女なでしこが咲いています。もうかれこれ小さな鉢で3年目になりますが、結構旺盛に茎を伸ばしています。見た目以上に強健なところが良いですね。それにしても水やりが大変ですわ。夕立でも来ないかなぁ。  ↑click [続きを読む]
  • 大雨
  • 7月7日…、七夕、天野川…なんて言ってる場合じゃないような雨の降り方です。各地で土砂崩れなどの災害が発生していますが、我が研究所は今のところ無事です。しかし、油断なんてしていられません。この記事を書き込んでいる時も大粒の雨が降りしきっています。とにかく災害が起こらない事を祈るのみです。せっかく花が増えてきて見頃になったバーベナの花手毬も雨に打たれて何だか寂しそうな感じです。本来なら梅雨の雨に濡れる [続きを読む]
  • 交配ラストチャンス
  • 暑い日が続いていて、体も暑さに慣れていないので、バテ気味になっています。梅雨の晴れ間にジャクリーヌ・デュ・プレが1輪だけポツンと咲いていました。おそらくこれがラストチャンスだろうと、イーパンフェンと交配をしました。せっかく交配したの雨は降って欲しくないのですが、果たしてそんなにうまくいくでしょうか?今は夢を信じて進むだけですけどね。  ↑click [続きを読む]
  • モッコウバラ×ジャクリーヌ・デュ・プレ
  • 昨年発芽したモッコウバラ(一重・白)×ジャクリーヌ・デュ・プレが開花しました。私の予想では一重で両親の中間程の大きさの花が咲くのでしたが、いざ咲いてみると、両親よりも花弁数が多いし、花の大きさもジャクリーヌ・デュ・プレと同じ位でした。見事に予想が外れた感じです。この後、株が大きくなった時にどの程度房咲きになるのかが楽しみです。この咲き方だとジャクリーヌ・デュ・プレに近い感じになるのでしょうかね。更 [続きを読む]
  • 子房が膨らんでキタ━(゚∀゚)━!
  • 爽やかな天気が続いたと思ったら、一転梅雨空に逆戻りです。こういう時は外での作業を諦めて、屋内で道具のメンテナンスとかに時間を使っています。それでも、チャンスがあれば交配をしています。早い段階で交配したバラは子房が膨らんできています。この光景を見るとホッとしますね。写真はモッコウバラと交配したナニワイバラです。かなり膨らんできましたが、独特のトゲトゲした感じのローズヒップが出来そうです。ナニワイバラ [続きを読む]
  • ティネケ
  • このところ雨が降らなくて爽やかな天気が続いていたので、過ごしやすくて喜んでいましたが、今朝の地震でそんな気分もどこかへ吹っ飛んでしまいました。幸いにも研究所には被害が出ていないようなので、ホッとしています。…しかし、余震はいつくるか分からないので、備えておかないといけませんね。研究所ではティネケがようやく咲きました。ティネケの鉢は大きいので、鉢が倒れているのではないかと心配していましたが、大丈夫な [続きを読む]
  • マーメイド開花
  • 梅雨の中休みと言ったところでしょうか。好天が続いてくれているので、交配作業も少しは進みそうです。何と言っても交配の柱とも言うべきマーメイドが開花したからです。このバラを使った交配が一番の楽しみですが、まだ開花する株が出るまでには至っていません。それでもコツコツと今年も交配をしていきたいと思います。今年は開花が遅かったですが、ようやくリトルバッカローも開花しました。自分の中ではNo.1の赤系ミニバラ [続きを読む]
  • 梅雨空の下に咲く
  • パッとしない空模様が多いですが、そんな梅雨空の下でベルガモットが開花しました。いかにもシソ科って感じの花ですが、タイムやセージよりもボリュームがあって豪華です。昨年は地植えで育てていましたが、スペースの関係で鉢に植え替えをしました。あまり大きくはなりませんが、それでも十分な大きさです。バラが終盤に差し掛かって、花も少な目になっているので、よく目立ちます。花が傷むから、あまり雨は降って欲しくはないん [続きを読む]
  • ナナコバラ×マーガレットメリル
  • 今年も咲きましたナナコバラ×マーガレットメリル。発芽して3年になりますが、強健でしっかり生き延びてくれています。ただ、マーガレットメリルの血を受け継いでいるので、花数は少ないです。それでも、カップ調に咲いていく様子はなかなか見応えあります。後は、花数が増えるような交配をしたいところです。クレマチスのフォン・ド・メモリーが開花しました。昨年はあまり咲かなかったですが、今年は蕾がたくさんあります。   [続きを読む]
  • 種が到着
  • 夏に育てる花を何にしようかと迷っていましたが、結局ひまわりのパチノゴールドと千日紅のファイヤーワークスを注文しました。そう言えば、ひまわりなんて子供の頃以来育てた事がありません。どちらかと言うと、小さな花が好きなのですが、何故かタキイさんのカタログを見て育ててみたくなりました。果たして上手くいくでしょうか…。研究所ではロココとデュセス・ドゥ・ブラバンが梅雨入り前の最後の雄姿を見せてくれています。今 [続きを読む]
  • バラの交配もラストチャンス
  • いよいよ梅雨入りが迫って来た感じですね。週間予報に雨マークが並ぶようになりました。バラの交配を出来るのも今がラストチャンスでしょうか。天気のいい内にやれるだけの交配をやってしまいたいです。あと少し頑張ります!研究所の片隅ではシモツケ「ゴールドフレーム」が見頃になりました。地植えですが、大きくならずに毎年、毎年同じ大きさで咲いてくれるところも嬉しいです。この花は蜜が甘いのかな、虫たちがやたらやって来 [続きを読む]
  • エリザ・ボエル、ブラッシュノアゼット
  • 雨の日が多くなってきて、いよいよ梅雨入りが迫ってきているのかな〜って感じですね。バラの開花もピークを過ぎてきて一息つきたいところですが、バラ以外の夏の花を育てないといけないので、落ち着く暇もありません。今年の梅雨は雨が少なくて、作業が進んでくれるのを祈るばかりです。いい感じで咲いてくれているのはエリザ・ボエルです。シルキーピンクの花色がとても良く出てくれました。このバラも交配に使っていますが、なか [続きを読む]
  • ブラッシュノアゼット×淡雪はこんな花
  • このところ、かなり暑い日が多いので、早くも夏バテ気味です。とりあえずは水分を十分に補給する事を心掛けていこうと思います。まだ5月なので、もう少し涼しくないとバラの花弁が開く速度が速くて困るんですけどねぇ…。文句言っても仕方ないので、出来る事をコツコツとするだけです。バラの開花はどんどん進んでいます。交配したバラも開花していますよ。こちらはブラッシュノアゼット×淡雪です。白色の花弁がひらひらした感じ [続きを読む]
  • レーヴ・ドール×ベビーフォーラック
  • 昨年発芽したレーヴ・ドール×ベビーフォーラックが開花しました。株が小さいせいか、花も小さいです。ミニバラかと思えるほどです。親のレーヴ・ドールは大きめの花なので、成長すればもう少し大きくなるのかな…。気になるのは、花にピンクの細かな斑点がある事です。なかなか面白いです。果たして、これは本来の色なのか、何らかの原因によって出来たシミなのか考えるだけでもワクワクしてきます。今、少し株が弱り気味なので、 [続きを読む]
  • 種蒔きをしたバラの発芽
  • 気温が高くなって、一気に夏が来たような感じで、少しバテ気味です。バラの花も開花スピードが上がってきてます。交配がなかなか追い付かないのが辛いところです…。そんな中、冬に種を蒔いたバラはどんどん発芽しています。蒔くのが遅れたので、発芽するかどうか心配でしたが、とりあえずはホッと出来る位の数は発芽しています。中でもイエスタデイを親に使った種の発芽率が高いです。交配したバラも遺伝子によって発芽するタイミ [続きを読む]
  • 花フェスタ記念公園
  • 今まで「行きたい、行きたい」と言っておきながら、一度も行かずに終わっていた花フェスタ記念公園に遂に行ってきました。5月12日に行ってきたので、バラまつり初日で天気もとても良くラッキーでした。さすがに世界規模のバラ園だけあって、品種の数に圧倒されました。1株1株名前を確認しながら歩いたら1日ではとても周り切れませんね。パッと見ただけで品種名が分かるバラ、初めて見る名前のバラ、とにかく頭の中が整理出来ません [続きを読む]