ガリュ さん プロフィール

  •  
ガリュさん: ガリュのブログ
ハンドル名ガリュ さん
ブログタイトルガリュのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/garyupotter/
サイト紹介文登り窯専門店 「臥竜焼・のぼり」のブログです。
自由文エコが自然本位から都市本位にすりかえられないようにエコサイトで登録してます。ブームではない文化の原点の話。ごユルリと、どうぞ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/08/25 20:41

ガリュ さんのブログ記事

  • 家の裏の畑を耕した。この広さの7枚分あるが耕作していないので3枚分を近所で家庭農園をしたいという2軒に貸していて、残りは耕作放棄地である。畑の東側が石積みになっていて昔あった白岩城の外縁にあたる。落合家自体は武士だった。江戸時代にこの地区で有名な農民一揆があった。山形県の日本海側には徳川御三家のひとつである酒田藩酒井家があって白岩城主はその弟だった。兄の社交を支援する資金をねん出するのに城下の農 [続きを読む]
  • 読了
  • ここまで来るのに長い道のりが掛かったが、これから現実生活に戻ることにする。でも我ながらようここまできたなと思う。現実に興味が湧いてきた。 ひとまず。読了の独了宣言。これからの話題が個人的になるのでアメンバー限定記事で投稿するかもしれない。工作などが主だと思ってもらいたい。 [続きを読む]
  • ちゃくれ
  • ネットオークションのある古書の入札から意識的に離脱。競争者は1人だが、僕と性格が似ているなら高額入札もありそうだからやめといた。あまりそこにこだわらずまたの機会にでも(出品がないかも)。知りたいのはどういう表現をとっているかなど。 これからマルメラ(マラルメ)の角笛の鳴る方角に向かわなくてはいけない。こまっちゃくれた問題である。 夜勤の時間が近づいたのでこのあたりで。 [続きを読む]
  • 読了
  • ようやく昨日、本を読み終えた。夜勤用の服を洗濯しないままにしていたので今日中に用意を。敷地内の地面はまだやわらかいが雪はすっかり解けている。春になると仕事が目につき始める。 [続きを読む]
  • 0301
  • 最近は頭よりも体を動かしている方が調子がいい。雪はきなどは誰にも見られず体を動かしていられるからいい運動になる。3月の予定。世界美術史システムを使いやすくする。雪消し。以上。 今日も温かくて助かる。 [続きを読む]
  • 読了
  • (要約でもないメモグラム)覇権=グローバルパワーが、人間の間での交渉という裁量を介さず君臨するようになったので、人間が定めた法律の以前からある自然が環境贈与分の清算を新しい形で要求するようになった。自然な生理を通じた事件や事故としてである。「無と悪がなぜ存在するか。」覇権=グローバルパワーの理性善(理性は表象で現実ではない)の許可を必要としなくなった現実の環境悪の方が人間の理性を意に介さず、逆に [続きを読む]
  • 雑談:
  • まがいなりにも世界美術史システムができた。(追加で東洋美術史なんたらを注文したが補足用。) 僕には興味がない面白くないと思える事象に接合点があったりする。スタンダール(たぶんマラルメも)のどこがおもしろいか首を傾げたものだった。 重要なことはフランス革命以降の過程。19世紀末に薔薇十字団が、日本を原始キリスト教国ではないかと錯覚したのは、文化が紹介された時間差が大きいと思われる。仏国での日本ブームより [続きを読む]
  • 読了
  • 数日前からいつでも雪掃きできるようにスタンバっているのですが、寒すぎて屋根の雪が落ちない。待ってても仕方ないのでここはひとつ中国関連本を読んでおきました。これを読んでない時点では京劇と少数民族劇の実情についてわけがわからないままだったかと思います。 [続きを読む]
  • 雪下ろし
  • 朝6時30分に荷台の板をセッティングしてから、9時30分まで寝て10時から自宅屋根北側の雪を捨てる。正午までに大方の目星がついたが、15時くらいまでにはより深く掘って捨てたい。午前中は寝てたと書いたがFFFTPもつながるようにした。いずれにしろ昨夜はカロリーを多めにとったためもっと動かなければである。 [続きを読む]
  • 読了
  • 雪の日のさなかに読了。手に取る機会があれば「中国人の文革観」(第2部 見たあとで考える)の章はぜひ読んでみてほしい。中国人デイトレーダーから癌村まで、この傷まで潜ればみえてくる。ある意味日本とよく似ている。 2008年刊 [続きを読む]
  • さむうござんス ピュルルル〜 元旦
  • 元旦、ロクロに鏡もちとミカンを飾る。ミカンは静岡県の知人からいただいたもの。佐賀県のミカンは早々にたべてしまったから。えべっさぁ(恵比寿様)にすわって頂いた。 二日は実家のベランダを雪囲いするのに資材運搬のために寒河江市からの往復を含めて15時までかかり、吹き抜け階段と室内照明器具の設置が途中になった。三日の本日、照明を取り付けて終わしてくる予定。足場がかなり悪い所で、中二階とニ階から吹き抜け階段の [続きを読む]
  • それとなく
  • 現在を知るのには、中国人民の苦境について調べることに価値があることをみいだした。というか、これは!日本なんじゃないか?と思うふしが、多々ある。日本人(今風に言えばニッポンジン=日犯人(自公以下傘下の群衆。中国では共産党以下同文)が見殺す日本人と書けばわかるだろうか。日犯人も来年からそれを始めるだろう。これは、一般的な日犯人の理解を超えている気がするので、年の暮れにそれとなく書き留めておく。時代催 [続きを読む]
  • 除雪
  • 今日は除雪。では。表からみても作業場らしくなってます。今年は個人的には革命的に変化があった年でしたが。どうでしたか? 前からといえばそうですが、ラジオやTVを見なくなったらことは足りますね。 最近はロシアと中国などを調べてます。 [続きを読む]
  • 削除するかも
  • 国が芸術に予算を出す理由は国家の威信のゆえにである。直接にはこれは美術館が美術品を買う予算の賃上げ要請である。一見、実業者の庶民からの要望に関係あるようで無い。だからオリンピックに当ててもろもろの文化企画を組んでも予算の大訳は産官学マスメでの環流どまりとなるだろう。でもこの提案がスコラ(スクール。大学)機関の生き残り策なのである。カルテルや独占禁止法も意識させられるところ。庶民からの要望は、ま [続きを読む]