コンサどん さん プロフィール

  •  
コンサどんさん: 拝啓ファイターズ様へ
ハンドル名コンサどん さん
ブログタイトル拝啓ファイターズ様へ
ブログURLhttp://consadon.blog19.fc2.com/
サイト紹介文ファイターズのことを中心に、ほかのスポーツや身の回りの事などゆるゆると書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2008/08/28 01:19

コンサどん さんのブログ記事

  • 首位に3連勝
  • この3連戦は全て終盤を映像で見られていないんですよね。だからどうしても書く気が失せちゃう。なので簡単にかいつまんで。金曜日。近藤がホームランを含む猛打賞。休み前は長打が物足りなかったのですが、それも出るようになってきました。相手にとって厄介な選手が戻ってきたという感じ。先発の高梨は、立ち上がりからフラフラしててドキドキの投球内容に加え、清水の捕球ミスや、三振ゲッツーの場面でセンターとキャッチボール [続きを読む]
  • 雑感
  • 試合の映像が途中で見られなくなってしまったので、今日の試合は書くのやめようかと思ったのですが、とりあえず気になったことだけ書きます。先発の村田はナイスピッチでしたね。今の時点で間違いなく有原よりあてになる先発です。しかし、有原が試合間隔だとか中継ぎの調整ができるとは到底思えないので、村田には便利屋を続けてもらうことになるんでしょうね。この試合は守備で負けましたね。レアードの軽いプレーは一回スタメン [続きを読む]
  • 連続完封
  • 負ける時もあんな感じだけど、勝つときもこんな感じなんですね、最近は。なんか知らないうちに投手防御率がパ・リーグトップとなってしまった上沢が先発。たしかに今のウチの投手では安定感バツグンですが、防御率1点台が上沢と岸だけって時点で、そんなに注目しないで!って叫びたくなる感じがします。上沢にはもっとのびのび投げてほしいんや。この試合の上沢も安定した投球。ストライク先行させ、要所要所はしっかり締めていく [続きを読む]
  • 今日も腰が痛い
  • 今日も腰が痛く、座ってるのがちょっと苦しいので簡単に。マルティネスはさすがですね。淡々と仕事をこなしていきました。援護してあげたかった。チャンスの場面で清宮っていうのは理解できません。これが成長に繋がるとか聞こえはいいですけど、だから我慢してなんて器の小さい私には無理。結果が出りゃ監督凄いとなりますが、結果が出なけりゃボロクソに言われる采配をわかっててやってるんでしょうし。たまにこういう采配やりま [続きを読む]
  • 腰が痛い
  •  土曜日の長距離ドライブが祟ったのか、久々にギックリやってしまいましたわ。なのでパソコン前に長いこと座りたくないので簡単に。加藤は上手くごまかしたなという投球。悪い意味じゃなくて、いい意味で。こういうのが普通にできる投手が計算できる投手と言われるんでしょうね。ナイスピッチでした。岡は良いアピールでしたね。清宮が抜けた場所は俺が入るんだという意思表示のような走者一掃のタイムリーでした。このまま奪って [続きを読む]
  • なんも出来なかった
  • 無抵抗とはこういう試合のことを言うんでしょう。なんにも出来なかったね。前の2試合で褒めた守備にもほころびが出て失点したし。相手が凄すぎて手も足も出ないというのならまだいいんだけど、そういう感じじゃなかったからなぁ。まぁ明日早いんで寝ま〜す。 [続きを読む]
  • 2日続けてファイターズ野球
  • 2日続けて。昨日は守備で勝利を手にした試合でしたから、この流れが続けばいいなと思いながら観戦。すると初回にいきなり好守備が。先頭秋山の打球はセンターへ。これは落ちると思われた当たりだったのですが、西川が猛ダッシュでスライディングしてキャッチ。いきなり先発の上沢を救いました。この守備を見て、流れは切れてないな思いましたね。その先発の上沢ですが、本当によく投げていました。開幕前はまったく先発の働きが見 [続きを読む]
  • やはりこうでなくちゃ
  •  こういう試合が見たかった。前回不安定な投球をしたマルティネスが先発。まぁこれまでの投球を見ていれば、そう崩れることはないとわかっていてもやはり不安なもの。立ち上がりはどうなのかとドキドキして見ていたら、いきなりトップバッターの秋山が高いバウンドの打球を打つ。これに中島がすばやく反応し、前に走りながら打球の跳ね上がり直後に合わせてキャッチしてスロー。アウトにしてマルティネスを助けました。この好プレ [続きを読む]
  • 驚きが喜びを凌駕する
  • 金曜日の試合は途中で晩御飯も兼ねて飲みに行ってしまい、夜中に帰ってきて酔っぱらった状態でビデオを見てたんですけど、BSで録画してたから、11回の中田が凡退した打席で切れており、その後のレアードのホームランが見られないというグッダグダな状況だったので評価は出来ません。なので今日の試合のみ。先発は有原。いきなり2本のソロホームランを食らう。まぁ立ち上がりの有原はこんなもんだろうとムリに納得をしてる自分が寂 [続きを読む]
  • 1号と1000本
  • いろいろ記録づくしの試合でしたね。2回表。先頭バッターは清宮。アウトハイに入ってきた初球のスライダーを振り抜くと、打った瞬間それとわかるプロ入り第1号ホームラン。角度、打球速度、いずれも並の選手じゃないと証明してました。中田のホームランが破壊的なら大谷のホームランは驚異的と言えるでしょう。清宮のホームランはと言われれば、芸術的と例えるのがいいのかなと。自分のタイミングでスイングし、バットに長くボー [続きを読む]
  • 登板間隔
  • 好投を続けていたマルティネスでしたが、やはり登板間隔が空きすぎました。しかし、それは言い訳にならず、やはりしっかり投げてくれなければ困ります。次はこうならないようにしっかり準備してほしいですね。緊急登板した玉井ですが、好投とは言いませんがよく投げていました。それにしても玉井はかなりいい経験をしていますね。ただ投げてるのとは違い、緊張感が伴う場面や、緊急性のある場面ばかり。これを糧にして成長したら、 [続きを読む]
  • 初回の攻撃
  • 初回に大勢が決しましたね。ファイターズ先発は加藤。いきなり荻野に2ベースを打たれ苦しい展開。しかしこれをなんとか無失点で切り抜けるとその裏でした。マリーンズの先発はオルモス。これが荒れまくってた。いきなり西川に4球を出すと、牽制悪送球で西川は3塁まで。すると今度はワイルドピッチで西川生還。ノーヒットでの先制に笑いが止まりませんでしたが、ここからが凄かった。大田4球、牽制悪送球、アルシア三振、中田犠 [続きを読む]
  • こどもの日の試合
  •  先発の有原は初回からストレートで押していくピッチング。球が少し高いと思われましたが三者凡退に抑えます。1回裏の攻撃でアルシアが右中間に特大ホームラン。高めの真ん中やや外寄りのストレート。そんなとこ投げちゃダメというホームランでした。2回に逆転されますが、またすぐその裏に今度は相手の送球ミスでランナーの石井が一気に生還し同点。流れは渡さないぞと喜んだのもつかの間、直後の3回表に今度は井上に勝ち越し [続きを読む]
  • まさかとは思うけど
  • 5回の途中から、観戦する集中力が切れたので試合は振り返りません。気になったことだけ。村田は残念でしたが、村田の起用法を考えるとしょうがないのかなと。先発で好投したかと思ったら中継ぎやらされて、また下で先発の準備してハイ投げてでは安定したパフォーマンスを期待するほうがムリというもの。まぁ若手が多いからムリをしてもらってるというのは理解できますが、ちょっとかわいそうだなと思うノックアウトでしたね。あと [続きを読む]
  • うれしさより驚きが大きいグラスラ
  • 昨日は用事があって試合をちゃんと見られませんでした。まぁちょこちょことは見ていたのでそれなりに流れはつかめましたが、全体の評価は控えます。清宮は変化球にやられたという感じですね。ただ、岸のストレートをしっかり捉えたのは評価できるかなと。ストレートとわかってて当たらない手が出ないのが岸のストレートですからね。変化球はこれからの課題でしょう。さて今日の試合。この試合も清宮はスタメン。しかも5番。まぁ近 [続きを読む]
  • あまり変わらず
  •  あまり変わらず。久々にロドリゲスが先発。ランナーが出るとパニクる投球がどうなるか注目でした。ストライクゾーンが広い審判。バックネット側から吹き付ける風。ロドリゲスには好材料が揃いまくったマウンドと思われたのですが・・・ま、あんまり変わらなかったですね。クイックはましになってたけど、クイックできてもランナーだしたらコントロールつかなくなるようじゃどうにもならない。失点しながらも、審判の可変式ストラ [続きを読む]
  • 土日の試合
  •  昨日は夜に飲みに行ったので更新できず。なので2試合分。土曜日の試合。大田がいきなり逆風を突き破るホームランをレフトスタンドにかまし先制。しかし、先発の有原が連打であっという間に同点に追いつかれてしまう。2回には4球と死球でピンチを広げて失点する有原。復活の時の、格別に良かった投球を求めてるわけではないのだけど、そこに近いものを初回から見せてほしいんですよね。それができなければエースにはなれないと [続きを読む]
  • 安定感と緊張感を与える男
  • ミスター安定感。同一カード3連勝をマルティネスの右腕に託したこの試合。いきなり先頭バッターにでかい当たりを打たれるものの、ライト大田がフェンスに激突しながらのファインプレー。ガッツポーズで喜んだマルティネスは、このワンプレーで乗っていけたのかもしれませんね。関係ない話ですけど、マルティネスのガッツポーズって、力こぶを作るような形から、前腕を前に倒す感じなんですよね。興奮するとその前腕がもっと前に出 [続きを読む]
  • 高梨の冷静さ、中田の熱さ
  •  前回のウソみたいな逆転負けの影響はありませんでした。高梨が初勝利を賭けて登板。前回は勝利が手からこぼれ落ちるというのではなく、勝利を奪い取られた感じの高梨だったので、変に気負わなければいいなと思って見ていたのですが杞憂でした。開幕の頃にあったような、ただ力で抑えるという投球ではなく、しっかり要所を抑える投球を見せる高梨。ヒットを打たれても、冷静に対処してスコアボードに0を並べていく。しかし、相手 [続きを読む]
  • 守備をしっかり
  • 危ない試合でした。上沢と金子という、なかなか得点が見込めない両投手が先発。しかし、この2人がピリッとしない。けっきょくどちらのチームが先に先発を攻略するかという展開に。しかし、一気に攻略できそうな相手なのにもかかわらず、どちらのチームもイマイチな攻撃内容。投手が粘ってると言えなくもないですが、やはりあとひと押しが出来ない攻撃と言ったほうがいいでしょう。調子が上がらない両チームを象徴してますね。そん [続きを読む]
  • 加藤が初勝利
  • 昨日の試合はあまりにもアレだったんで、書く気が起きず。なので今日の試合だけ。勝てない加藤が先発。これまでは打線がなかなか早い回で援護できず、緊張感が続く投球をさせてしまっていました。しかし、この試合は珍しく初回から点が。相手初先発高橋の立ち上がりの不安定さを突き、中田の犠牲フライ、アルシアのタイムリーで2点を先制しました。3回には中田のセンターフェン直のタイムリーで3対0に。これでかなり加藤を楽に [続きを読む]
  • もしかして
  • もしかして。嫌な負けの次の試合。本拠地初勝利で吹っ切りたいところ。その大役を担ったのは安定感のあるマルティネス。1回表、横尾の守備の危うさもあってピンチを作りますが、なんとか無失点で切り抜けます。その裏の攻撃。当たり前のように近藤がヒットを打って、バッターは中田。いい感じでカーブを捉えたのですが、センターフライに終わります。そのあとマルティネスが持ち前の安定感を発揮し、大田がソロホームランを叩き込 [続きを読む]
  • 今はこんなもの
  •  昨日は居酒屋に行ってまして、そこのテレビでファイターズ戦をやってたんですよね。いい形で点を取り、高梨が粘ってるなというのをちょこちょこ見て感じてました。んで、その後飲みに行って帰ってきてネットで結果を確認したらこんなことになってましてん。なんだかね。ただまぁこんな感じの試合は今年は起きてもしょうがないと思いますよ。投手ががんばっても打線が繋がらない。打線が繋がっても投手が踏んばれない。普通のチー [続きを読む]