相場阿尊 さん プロフィール

  •  
相場阿尊さん: 週末の風鈴火斬
ハンドル名相場阿尊 さん
ブログタイトル週末の風鈴火斬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tomoko915/
サイト紹介文理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
自由文三十代、独身。毎日何とか凌いでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/08/28 23:36

相場阿尊 さんのブログ記事

  • 雨上がりの芝に(皐月賞、レース記)
  • 戸「あいつは引き篭もりの内弁慶。強い馬や騎手が集まるレースを避けて勝ち星を稼いでも、リーディングに何の価値もない」 昨年暮れ、3年連続で手にしていた首位騎手=リーディングの座をルメールに奪われ傷心していた彼に、先輩の福永祐一が公共の場で浴びせた言葉だ。どう思ったかって?そりゃ、良くは思わない。チキショウって悔しかったし、男の嫉妬 [続きを読む]
  • 調和の中心(皐月賞、他、今日の買い目)
  • それでは今日のWIN5を。今回は天候悪化に伴い、皐月賞を思い切った穴狙いに切り替えたので外す可能性の高さを考慮していつも以上に買い目は控え目に(今から言い訳用意してんじゃないの?当てる自信ないんじゃないの?って突っ込みは見逃して) 初っ端が阪神10R「難波S」で4歳以上1600万円以下クラスによる芝1800M外回りの定量戦。 馬場の快復度が気になるところだが、ここは思い切って転厩初戦の3番カリビアンゴールド川田将雅を [続きを読む]
  • 調和の中心(皐月賞、枕)
  • 今回はパワハラの話。 まぁ、知っている人も多いと思うが正式名称をパワー・ハラスメント」と言う。言葉の意味を調べてみると職場などで立場が上の人間が業務の適正範囲を越えて精神的、立場的に圧力を掛ける事を指す。 社会やチーム(この場合は会社がほとんどか)を円滑に機能させる為には多少必要な事でもあり、必要悪という側面も持つ。要は程度の問題だと思う。 例えば完全にこれはアウトだろうという事例に、ある広告代理店 [続きを読む]
  • 天候悪化は風雲急の兆し(皐月賞、展望)
  • 強い風が春を運び、桜を散らす。初々しさに塗れた新入感満載の人に頬を綻ばせたかと思えば、気紛れな季節を象徴するように突然の雨が襲う。 そう、この天候の悪化が今回の皐月賞に与える影響は少なくない。おまけに大本命ダノンプレミアムの回避によって混戦模様。 人気を分け合う形になったのはそのDP以外には負けていない二頭。弥生賞2着のワグネリアンとスプリングS馬ステルヴィオ。 ワグネリアンに関して言うと、思ってたより [続きを読む]
  • 例えば違う趣で(アーリントンC &中山GJの買い目)
  • 良い事ばかりじゃない。ってのは頭じゃちゃーんと解っているが、意外に精神面でダメージをしっかり喰らう。あまり積もれば身体が変調を来たす。変化の春でそれらが清算され、気持ちを新たに出来た人も、そうでない人も、金曜日が終わればテーマパークへ逃げ込める。それが競馬ファンの週末だ。それでは、土曜競馬の買い目を。 阪神11Rの「アーリントンC」は3歳OPクラスによる芝1600M外回りの馬齢戦。今年から施行時期が変更にな [続きを読む]
  • 大舞台の景色(桜花賞レース記)
  • 石 聞きたくなくても雑音は聞こえて来る。正直、そっとしておいて欲しい。俺は欲がないとか、あんな二流でも年収6千万円も貰ってるらしいとか、本当に好き勝手言ってくれる。競馬学校に入学する時、応募した人数は600人居た。その中で受かったのは自分も含めた15人だけという狭き門。それが卒業する時には9人になり、16年経った今では現役の騎手として残って [続きを読む]
  • 甘くて苦くて美味しくて(桜花賞、他、今日の買い目)
  • それでは今日のWIN5を。 まずは中山10R「隅田川特別」で4歳以上1000万円以下クラスによる芝1600M外回りのハンデ戦。 少頭数だがこれは難解。この条件で3着しているってのが実績断然でかなりの人気になってしまうような信頼性のなさ。 それなら思い切った狙い方をする。先頭を切って逃げる可能性の高い4番スパープデイ武士沢友治、7ヶ月半振りのこの馬に対し連闘の5番ジャッキー柴田大知。ここはこの2頭で。 続いて阪神10R「大阪ハ [続きを読む]
  • 甘くて苦くて美味しくて(桜花賞、枕)
  • 「観る者全てが恋に堕ちる」極上の大衆娯楽ミュージカル映画。 昨年のアカデミー賞を席巻し7部門で賞レースに推奨された「LA LA LAND」の事を先週書こうと思って書けず、そのまま埋没させても良かったのだが、今週書く事にした。 別にネタがない訳じゃないんだけどね。春になって新しい環境、新しい出逢い、同じように見えても変化が生じる中で、時折昔のダビデ先輩の言った事を思い出す事がある。「難しい事、意味のある事を表 [続きを読む]
  • 春が来ました(桜花賞、展望)
  • 春の嵐と言うけれど、ここ3年の桜花賞は断然の一番人気がぶっ飛んで荒れ模様。にも関わらず今年も断然人気馬が登場するという現象。思えば4年前には“綺羅星”ハープスターが居た。人が夢を見易い性質と若駒への期待は相性が良いのかもしれない。丁度、米国じゃ史上初とも言える本格的な二刀流に挑戦している大谷翔平が3試合連続本塁打の快進撃を始めたばかり。 その断然の主役が4戦無敗の2歳女王ラッキーライラック。新種牡馬に [続きを読む]
  • 新たな王者に桜咲く(大阪杯レース記)
  • M 僕の馬が一番強い。760本もの桜木が満開の花を咲かせて周囲をぐるっと取り囲む中で彼はその思いを強くしていた。オッティマ・ビスタ=絶景。それ以外の言葉が浮かばないような息吹に満ちた春の場所。桃色の花びらが風に乗って舞っている日本ならではの春。彼にとって四度目の春。 だが、出は良くなかった。ダッシュがつかずに後方からの競馬になる。おま [続きを読む]
  • 昨日の自分を超えて行け(大阪杯、他、今日の買い目)
  • 時間の関係から今週も枕の話はなしで。 WIN5は阪神9R「明石特別」から。4歳以上1000万円以下クラスによる芝2000M内回りの定量戦。 メインの大阪杯と同じ舞台。但しこちらは少頭数。先行して味のある馬が居るなら狙いたいところだが、皆無。そうなると安定した末脚を武器にする馬の中からここでは力が一枚上の4番スティルウォーター福永祐一。前走休み明けで取りこぼした時のような事態になった時の保険に1番マルカブリスク秋山真 [続きを読む]
  • 想像以上に望まれてた舞台(大阪杯、展望)
  • どれを軸にするか。 基本と言えば基本の事柄なのだが、今回のレースはそれがかなり大きな比重を占める。それ位、頭から狙える馬、勝算が成り立つ馬が多い。 実績でいけば昨年のJC馬シュバルグラン(6歳)と一昨年の最優秀3歳牡馬サトノダイヤモンド(5歳)が抜けている。だが、それぞれに不安点がある。 シュバルの方は長距離、或いは2400M級の中長距離に良績のある馬で中距離の2000Mという距離でそのスピードが通用するか、更に [続きを読む]
  • 通づる事は美しき(スプリングS、他、今日の買い目)
  • それでは本日のWIN5を。まずは阪神10R「但馬S」が4歳以上1600万円以下クラスによる芝2000M内回りのハンデ戦。 ここは他のレースとの兼ね合いもありグッと絞って一点で。そう狙いたくなる馬が8番アドマイヤロブソン川田将雅。素直に勝負。 続いて中山10R「千葉S」が4歳以上OPクラスによるダート1200Mハンデ戦。 意外とこの施工条件にしては差し馬が揃った印象で、徹底的に前々で勝負する馬を狙いたくなる状況。 1番ナンチンノン三 [続きを読む]
  • クラシック戦線快晴(スプリングS、展望)
  • 今年は大本命が登場したクラシック路線。最も注目を集めた弥生賞を回避してそこに到達したい馬達が選ぶレースとしてはこのスプリングSこそ打って付けなのだが、13頭立てとフルゲートに満たない。ただ、今回も含めて4年連続でそのくらいの頭数。何が何でもクラシックの風潮が薄まってきたからなのか、それともクラブ法人の馬、つまり一口馬主の馬が増えた傾向なのか。 実はキタサンブラックが勝った2015年以外のレースは走破タイム [続きを読む]
  • 方や頂点、方や底辺(金鯱賞、等、レース後の話)
  • 店に入ると結構な破裂音で出迎えられた。咄嗟にガードした両腕の向こうではシンがシャンパンを空けていた。上機嫌な顔でワイングラスに琥珀色の液体を注いでいる。「ハハ、当てたのが嬉しくなっちゃってシャンパン買いに行っちゃいましたよ。リョウさんも飲んで下さいよ」と、上機嫌だ。「へえー、今週は荒れたし難しかったのに大したもんじゃねーか。どっち取ったんだ?」「フィリーズレビュー。得意のリョウさんの抜け目馬券です [続きを読む]
  • いつかその時が来るまで(金鯱賞、他、今日の買い目)
  • では本日のWIN5を。 まずは阪神10R「甲南S」が4歳以上1600万円以下クラスによるダート2000Mハンデ戦。 前走で連勝がストップした3番モズアトラクション岩田康誠だが、極悪馬場と敗因がはっきり。ならば当然ここで狙うはもう一丁。 但し差し脚質だけに取りこぼし注意報。他の候補は前に行く馬をピックアップし、中でも12番ビックアイランド高倉稜を評価する。ここは二頭で。 続いて中山10R「東風S」が4歳以上OPクラスによる芝1600 [続きを読む]
  • いつかその時が来るまで(金鯱賞、枕)
  • 本日は3月11日。つまり、あの東日本大震災から7年の月日が経過した事になる。 人は忘れ易い生き物で、ちょいと生活に追われれば日々にあっと言う間に流されて思い出しもしなくなる。それは決して悪い事ばかりではない。 それでも、あの日恐怖に戦(おのの)く大多数と同じように、私も放心して現実を受け止めきれなかった。都心の交通は完全に麻痺し、電車に乗れない人々は難民のようになって家路を歩き、それでも帰れない者は冬 [続きを読む]
  • 春の嵐か夕凪か(フィリーズ・レビュー展望)
  • 昨年が1、2番人気で決着したが例年荒れるこのレース。牝馬クラシックへの王道がチューリップ賞だが先週のそのレースは僅か10頭立て。本番でも最有力候補になるラッキーライラックを筆頭に人気処が順当に上位を独占したのに比して、それを避けて本番、桜花賞への出走権利を取りに来たフルゲート18頭立て。 どんな道筋だろうとクラシック出走の名誉は関係者の鼻を高くし、胸を張らせる。そこに至るこここそが本当の意味の大一番。 [続きを読む]
  • 夜に木霊するスパニッシュ・ソング(弥生賞、等、レース後の話)
  • 「お見事って言った方が良いんですか?ガチガチの馬連300円を一点でって」「お前先週ワイド290円一点で取ったって大威張りしてたろ?」「あれは言っても多頭数。馬連だったら600円以上付いてる馬券ですからね。それなりに難解だったんですよ」「俺の馬券の抜け目を買っただけだろ?馬連で決着してたらその馬券、俺は馬単で仕留めてた」 言うとシンが嫌〜な顔して口を噤む。多分、負けると悔しいってのが積もってきた頃だ。勝負出来 [続きを読む]
  • 運命の初対決、強者故の初遭遇(弥生賞、他、今日の買い目)
  • それでは今日のWIN5を。まずは阪神10R「武庫川S」で4歳以上1600万円以下クラスによる芝1600M外回りのハンデ戦。 ここは実力的には4番クリアザトラック&Mデムーロ、1番ヒーズインラブ浜中俊の一騎打ち。割って入るとしたら先行策と戦ってきた相手から5番ヤマカツグレース池添謙一。 素直にこの3頭をエントリー。そのままここは馬券も購入。この3頭の3連複一点。 続いて中山10R「総武S」が4歳以上OPクラスによるダート1800M別定戦。 [続きを読む]
  • マリリンとコマネチ(阪急杯、等、レース後の話)
  • 「惜しかったっスね」シンが言う。「そだねー」間髪いれずにママが言う。4年に一度のカー娘旋風。昨日銅メダルを獲得した事で、その風は今までで一番大きくなるかもしれない。今週くらいは今回の代表作とも言うべきこの北海道弁が至る所で使われるだろう。「なまらムカつくよ」私は知っている北海道弁を繰り出し席に着いた。多分、他の二人は意味が解っていないだろうが、ムカつくと言っているのは理解しただろう。表情を崩し、マ [続きを読む]
  • その音に心の琴線は共鳴する(中山記念、他、今日の買い目)
  • それでは今日のWIN5を。まずは阪神10R「伊丹S」で4歳以上1600万円以下クラスによるダート1800M定量戦。 ここはどう考えても外せないのが2番クリノリトミシュル&Cルメール。但し、脚質的に取りこぼす可能性がある。面白いのはデビューから4戦3勝で大器と評判の10番フォギーナイト川田将雅。ここは2頭で。続いて中山10R「ブラッドストーンS」が4歳以上1600万円以下クラスによるダート1200M定量戦。 中山ダート1200は徹底して先行型 [続きを読む]
  • その音に心の琴線は共鳴する(中山記念、枕)
  • その音ってのは、己の存在証明や存在価値を打ち鳴らした音だ。言い方を変えたら、俺はここに居るぞ!いきてるぞ、どうしよもなく!っていう叫びだ。 その溢れ出る想いを、身に付けた技術に注いで昇華させ、己を超える者が居る。その姿に私達の心の琴線は揺れる。胸を打たれるってやつだ。揺れて共鳴し、その音で心は震える。多分それを、感動って言うんだ さて、本日を持って韓国は平昌で行われていた冬季五輪が閉幕します。予想 [続きを読む]
  • 旅立ちに一日(ひとひ)らの花を(中山記念、展望)
  • ドバイ遠征の壮行会的な意味合いが最も強くなったレース。実際にここから彼の地で戦果を上げた馬が過去10年で4頭も居る。 昨年5着からドバイ・ターフを勝利して国際G1馬の勲章を勝ち取ったヴィブロスもその一頭。但し、ここで負けてその勲章を得たのがこの馬だけという珍しさも併せ持つ。つまり逆に考えれば中山コースを得意としていない可能性がある。 追い込み一手だったカンパニーが横山典弘の騎乗であっと驚く先行策を敢行し [続きを読む]