相場阿尊 さん プロフィール

  •  
相場阿尊さん: 週末の風鈴火斬
ハンドル名相場阿尊 さん
ブログタイトル週末の風鈴火斬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tomoko915/
サイト紹介文理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
自由文三十代、独身。毎日何とか凌いでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/08/28 23:36

相場阿尊 さんのブログ記事

  • 夕暮れ時の少し前(オールカマー、神戸新聞杯、枕)
  • 今回は乗馬の話。 前々から一度乗ってみたいと何年も、いや何十年も思っていた。競馬好きならみんな興味はあるだろう。だが、イメージとして乗馬の敷居は高い。貴族の遊び、金が掛かる。所謂、贅沢な趣味だ。薄汚いおっさんに成った貧乏な競馬好きには、あまりに似つかわしくない。 だから私も興味がなくはないが、自分には縁のない世界の話だと思っていた。だが、女の友人が、私に強く勧めて来たのだ。「リョウさん、一度乗って [続きを読む]
  • 秋に咲く花、菊とは限らず(神戸新聞杯、展望)
  • 菊花賞のTRに皐月賞馬、ダービー馬を筆頭に量より質の中身濃いメンバーが集まったレースなのだが、今回馬券のポイントになりそうなのは、馬場状態だ。 元々阪神は宝塚記念が終わった後に一年一度の芝貼り替えを行う。例年、宝塚記念がタフな馬力の要る馬場になるのは時期的なものが大きく影響している。そして、ここからがポイントなのだが秋の開幕週は何処の競馬場も良好な芝でスタートする。洋芝を使わず、基本は野芝100%の状 [続きを読む]
  • 大物の始動戦(オールカマー、展望)
  • 秋の主役は本物か? これが、今回のオールカマーの焦点になって来る。人気、期待度、メンバー構成を見れば昨年の最優秀3歳牡馬レイデオロの一本被りは仕方なく、この馬が何着するかの見極め次第で自ずと予想の方向が違ってくる。 実績は申し分なしなので、まずは体調面から見て行こう。まず久々を走る鉄砲実績は1勝3着一度、5着が一度。それぞれが昨秋の神戸新聞杯を快勝、今年の京都記念、昨年の皐月賞という具合だ。 もう少し細 [続きを読む]
  • 肝心な事は行間に在る(セントライト記念、枕)
  • 前々からぼんやり解っていた事。同時に、最近になってようやく解るようになってきた事。それが今回のタイトルである。 よく発言を切り取られて意味を曲解して伝えられるというような編集の悪意を訴える人が居る。その通りだと思う。一連の文脈を要約するならまだしも、切り取られてはまるで違うものになってしまう。 ただ、思うのだが、そこまで読解力がある人ってのも減少しているっていう現実もある。文脈も意味も意図も介さず [続きを読む]
  • 史上初の3冠馬を讃えるレース(セントライト記念、展望)
  • どれだけ我を通せるか。つまりは自分を知っているかが今回のポイントになると踏む。 一番自分の武器を発揮出来た者が勝つ。それは言い方を変えれば最も自由な馬が勝つ機会だという事だ。 それを考えて今回のメンバーを見渡した時に真っ先に浮かぶのは、どれが逃げを主張するかだ。枠と陣営の意気込みからは、普通に出れたら皐月賞3着のジェネラーレウーノ が行きそうだ。 その皐月賞でも狙ったので余計に思うのだが、この馬、ま [続きを読む]
  • 見えない棘と秋の薔薇(ローズS、展望と買い目)
  • このレースは相馬が焦点になる。 メンバーを見渡して当たり前のように思った事だ。言うまでもないが、競馬予想には様々な要素が有る。馬場、展開、枠順、能力に始まり体調、相性、適正と入り組んでくる。例え名前で決めた馬券でも当たれば正解で、どんなに緻密で深い考察も決して当たるとは限らない。 但し、考える事を楽しめなければ醍醐味は味わえない。絞り出し描き出した「予想」と言う名の未来図が現実と重なる瞬間、押し寄 [続きを読む]
  • そして日常(ふね)が行く(新潟記念、他、今日の買い目)
  • 時間がなくなったので今日は買い目だけ。 WIN5は小倉10R「西日本スポーツ杯」から。3歳以上1000万円以下クラスによるダート1700M定量戦。 この施工条件では外枠、先行の馬が強いというデータがある。人気の3歳馬は差し脚質の上に内枠ならかなりゴチャつく危険性がある。また、それ程抜けて強い訳じゃない。 中荒れを前提に先行出来る馬を狙う。即ち10番スズカフリオーソ鮫島駿、11番イシュトヴァーン松山公平、12番グアン武豊の3 [続きを読む]
  • 夏の終わりのサマー2000(新潟記念、展望)
  • タイミング。 様々な事柄で重要だが、始動するタイミングもまた然り。そういう点で今年の菊花賞の有力候補に数えられる3歳馬が登場するというのは画期的な事だ。 デビューから無傷の3連勝で重賞制覇。その勝ち鞍である毎日杯は07年から現行の芝1800M戦になったのだが11年間で1分46秒台をマークしたのは5回だけ。そのうち3頭がG1ウィナーとなっている。 そこに今年名を連ねたのが今回登場のブラストワンピース。昨年の皐月賞馬アル [続きを読む]
  • その日、その時、その場所で(北九州記念、札幌記念の買い目)
  • 今日はWIN5をなしにして二つの重賞に。 時系列では小倉11R「北九州記念」の方から。3歳以上OPクラスによる芝1200Mハンデ戦はサマースプリントシリーズ第4戦となるG3。 ここの馬券は変則一点。11番ダイメイプリンセス秋山真一郎と14番アサクサゲンキ松若風馬の11ー14で馬単表裏とワイドを。 続いて札幌11R「札幌記念」が3歳以上OPクラスによる芝2000M定量戦。サマー2000シリーズ第4戦にして夏競馬のハイライトとも言えるG2重賞。 [続きを読む]
  • その日、その時、その場所で(北九州記念、枕)
  • 私は物書きだから偶に嫉妬してしまう作品に出会う事がある。大抵、素晴らしい作品だ。 と、いう訳で邦画「君の膵臓をたべたい」を今回は紹介したい。何故かというと、今晩TVで放映されるからだ。良い機会だから観てみた方が良いですよってお話だ。 実は私もこの夏にDVDで観たばかりなので、今、原作本を読もうと思っている最中だ。多分、近いうちに読む事になる。そうして比較をしてしまいたいくらいに映画が素晴らしかった。 テ [続きを読む]
  • グレード1.5のレース(札幌記念、展望)
  • 北海道の爽快感は別格だ。何処までも続く地平線の中、何処までも走って行ける気にさせる。ちょっと上り下りのアクセントがついた後の下りなど、眼下に広がるのは果てしない地平線。左に草原、右に大海原、遮るもののない道は果てまで続いているようだ。「大地の果てまで伸びて行く」と、91年の年度代表馬トウカイテイオーを称えたのは“名人“岡部幸雄だが、どんなオンボロの車で走ってたって、北海道ではそんな気分になる事があ [続きを読む]
  • 目覚めに届け、絶品の味(関屋記念、他、今日の買い目)
  • それでは今日のWIN5を。手始めに小倉10R「西部日刊スポーツ杯」で3歳以上1000万円以下クラスによるダート1000M定量戦。 小倉のダート千Mは絶対的に内、前有利の条件。なのに内からこれといって出足の良い馬が居ない。こうなってくるとラッキーパンチで出ちゃった者勝ちの可能性すらある。今回はその一点に拘る。 狙いは6番ハトマークレディ藤懸、7番メイショウボノム幸英明、11番クリノシャンボール鮫島駿の3頭でエントリー。 続 [続きを読む]
  • 目覚めに届け絶品の味(関屋記念、枕)
  • 突然、目の前で人が倒れる。そういう状況に遭遇した時どういう行動を取るか。それは、頭の中だけでも一度イメージングしておいた方が良いかもしれない。と、いうのも今週、私の身に降り掛かった現実だからだ。正直、みんな他人事じゃないかもしれない。何しろ毎日のように熱中症による危険が叫ばれている季節なのだから。 と、いう事で熱中症のお話です。私が今働いている工場は、部署によっては滅茶苦茶に暑い。私のところはその [続きを読む]
  • 真夏の高速マイル戦(関屋記念、展望)
  • 真夏のマイル戦って言われれば真っ先に名前が浮かぶのがこの関屋記念。水はけ排水性が良くて高速馬場になる新潟で、おまけに平坦コース。直線が日本一長いっていう条件も加わり、かなり速い時計での決着が予想される。 サマー・マイルってシリーズ化が始まって中京記念との関わりも増してきたレース。確かにここ4年連続でそこから転戦してきた馬が馬券に絡んでいる状況を考えれば、まず考えるのはその組か。 出走メンバーで最先着 [続きを読む]
  • 「『存在』を超えて行け」(レパードS、他、今日の買い目)
  • それでは今日の買い目を。WIN5の初っ端は小倉10R「天草特別」で3歳以上1000万円以下クラスによるダート1700M定量戦。 人気の3歳馬が大外枠ってのが嫌で、外す。更に最内枠の人気馬も外す。10頭立ての少頭数、そうなってくると残るのが7番レッドディオーサ浜中俊、9番ドルチェリア岡田となる。ここは二頭でエントリー。 続いて新潟10R「驀進特別」が3歳以上1000万円以下クラスによる芝千M直線コースの定量戦。 ここは人気でもアイ [続きを読む]
  • 「『存在』を超えて行け」
  • ロックスター27歳死亡説ってのがある。ざっと有名なところだけを上げてもローリングストーンズの結成初期のリーダーだったブライアン・ジョーンズ。今でも天才ギタリストと言えば真っ先に名前の上がるジミ・ヘンドリクス。 オリバー・ストーン監督が詩人の話にしてしまった映画が有名な「ドアーズ」のジム・モリソン。今の日本じゃスーパーフライのボーカルが憧れて影響を感じさせるジョニス・ジャプリン。90年代を代表する米国シ [続きを読む]
  • 初代のように(レパードS、展望)
  • 同世代同士で戦うってのは、人間にしてもある一定期間の話なのだが(その後は偶々そういう機会が有るってだけで、相手には他の世代も含まれる)割と燃える。多分、勝敗や結果が将来という名のその後を大きく左右するからだ。 そんな中にあって3歳ダート界ってのは、このレパードSが事実上最後の同世代対決になる。何故そういう番組編成にしたのかは知らないが、00年頃に企画された3歳ダート3冠構想(中央のユニコーンS、南関東は [続きを読む]
  • そして新たな道を行く(アイビスSD、他、今日の買い目)
  • 心配された小倉開催も行われているようで本日のWIN5を。 初っ端がその小倉10R「不知火特別」で3歳以上1000万円以下クラスによる芝1800Mハンデ戦。 これは正直難しい。思い切って枠順と脚質だけで選んでみる。つまりは内枠先行の2番ミトノグラス鮫島駿、5番ミヤジユウダイ和田竜二。外枠中団差しの10番トレジャートローヴ富田、11番インビジブルレイズ浜中俊の4頭エントリー。 続いて新潟10R「苗場特別」で3歳以上1000万円以下クラ [続きを読む]
  • 新たなる道を行く(アイビスSD、他、今日の買い目)
  • 心配された小倉開催も行われているようで本日のWIN5を。 初っ端がその小倉10R「不知火特別」で3歳以上1000万円以下クラスによる芝1800Mハンデ戦。 これは正直難しい。思い切って枠順と脚質だけで選んでみる。つまりは内枠先行の2番ミトノグラス鮫島駿、5番ミヤジユウダイ和田竜二。外枠中団差しの10番トレジャートローヴ富田、11番インビジブルレイズ浜中俊の4頭エントリー。 続いて新潟10R「苗場特別」で3歳以上1000万円以下クラ [続きを読む]
  • そして新たな道を行く(アイビスSD、枕)
  • 今回は「BEASTARES」(ビースターズ)という漫画の話。 本当ねぇ、これだけ沢山の漫画作品が日々出版発表されているから、一年に一作くらいは紹介出来るものを探したい、見付けたいと常に思っているのだけれど意外と見付からないってのが現状なのだ。 この一年に一作ってのが少ないと思うか、多いと思うかの尺度も人によって違うと思う。言わせて貰えば表紙を新たに描き下ろしたとか、区切りの良いところで一巻が終わるように編集 [続きを読む]
  • 花火のように鮮やかに、踊り子のように艶やかに(アイビスSD展望)
  • 「勝ちに不思議有り、負けに不思議なし」って言ったのは元プロ野球の名監督である野村克也さんだ。本人が言いたい、語りたくて仕方ないって部分もあるが、一時著書が宮本武蔵の「五輪書」や孫子の兵法書と並んでビジネスマンの必読書になっていた時期もある。 何故こんな書き出しになったのかと言えば、直線千Mのドラッグレースがタフなスピード能力を要求される舞台だって事を、未だに解っていない関係者が多いからだ。 幾ら新潟 [続きを読む]
  • 見慣れた景色の魔法(中京記念、他、今日の買い目)
  • ではWIN5の買い目を。初っ端が中京10R「尾頭橋特別」で3歳以上1000万円以下クラスによるダート1200M定量戦。 久々が気掛かりだが状態は良さそうなので2番ストロベリームーン&Mデムーロの一点でここは突破する。 続いて福島10R「横手特別」が3歳以上1000万円以下クラスによるダート1700M定量戦。 ここは割と難解。困った時はセオリーに従おうか。福島ダートのこのコースは砂を被らないからか外枠の先行馬有利というデータが弾き出 [続きを読む]
  • 見慣れた景色の魔法(中京記念、枕)
  • 雨上がりでなきゃ見れない虹は、見慣れた景色の魔法。 ふと、そんな事を思う事がある(言っとくが、私は自覚症状のあるロマンチストだ) 実際には科学的で説明のつく現象なのだが、そんな事をいちいち言うのは野暮ってものだ。 で、頻度的には特別な魔法じゃない。割と有る。良くは見ないが偶に出会(くわ)すって類のものだろう。個人的には、頻度としてこのくらいだと思っているものがある。 今回の話のテーマ「男と女の友情」 [続きを読む]