ふぁんふぁんぴあの さん プロフィール

  •  
ふぁんふぁんぴあのさん: Fun Fun Piano日記@和歌山
ハンドル名ふぁんふぁんぴあの さん
ブログタイトルFun Fun Piano日記@和歌山
ブログURLhttp://funfunpiano.blog44.fc2.com/
サイト紹介文和歌山市南部のピアノ教室です。レッスンの様子、地元の出来事、自身の日記などを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/08/30 20:30

ふぁんふぁんぴあの さんのブログ記事

  • ブルグミュラーコンクール
  • 昨日、ブルグミュラーコンクール大阪大会 心斎橋地区が行われ、私の教室から1名参加しました。そう、先週バスティンピアノコンクールにも参加した生徒ちゃんです。2週続けてのコンクールになるので、いくら短い数曲とは言え、深く追求することができるのか?と考えましたが本人の「是非やりたい!」との希望でエントリーしました。普段の教本も進めながら(ペースダウンはしましたが)、やはり先週のバスティンの曲が中心になってい [続きを読む]
  • グループレッスン
  • 先月、今月のグループレッスンの様子をUPするのを忘れていました(^^;)10月は6名が参加。まずはいつもの指番号カードゲーム。毎月チェックしていますが、みんな段々早くなってきました。それから楽典のお勉強タイム「お勉強」と言っても楽しくやっていますよ〜今年からリトミックの勉強会に行っているので、リズムゲームなどもやってみました。リズムごとにペアを覚えておいて、リズムが変わったらさあ!誰だったっけ?(笑)みんなワ [続きを読む]
  • バスティンコンクール
  • 昨日バスティンコンクール大阪地区予選が行われ、私の教室からも1人出場されましたので応援に行ってきました。実は要項を教室に置いていたところ、ご覧になられたお母さまから「参加してみたいです!」とお話があったのが締切間際。でもせっかく生徒ちゃんがヤル気になっているのだからこのチャンスにどんどん挑戦しましょう!と早速選曲。バスティンコンクールは課題曲と自由曲をそれぞれ1曲ずつ演奏するそうで、自由曲に少し難し [続きを読む]
  • 弾む音になるように♪
  • 恐らく他のお教室の生徒さんもそうだと思いますが、うちの生徒さんたちはスタッカートの苦手な子が多いです。いや、本人は苦手だとは思ってないんですよ。自分ではちゃんと弾めていると思っているんです。でも力が入っていたり、押し込んでいたり、逆にふにゃふにゃした音だったり。今までは「バッタさんのジャンプにしてみて!」とか「鍵盤の下の止まるところまで指先がつくようにしてみてー」など色々声かけしていました。勿論そ [続きを読む]
  • 愉快な音楽の時間へようこそ♪
  • 先週、3名の体験レッスンを行いました。偶然にも皆さん同じ日を希望され、初めて同日に3名の体験レッスンを行いました。そして3名ともご入会頂きました?お一人は、2年生のサッカー少年くん。はじめに「ピアノ習いたいと思ったの?」と聞くと、「ううん」と首を横に振るサッカー少年?でも体験レッスンは楽しかったらしく、「ピアノやってみる」と言ってくれたそうで、入会が決定しました??今日のレッスンでも脱力もバッチリ。 [続きを読む]
  • 赤松先生のセミナー
  • ステップの翌日、「四期」の知っておくべきこと 〜作曲家とその時代の音楽的語法〜 のテーマで赤松林太郎先生のセミナーが行われました。バロック以前のルネッサンス時代からの歴史と伝統のお話から始まり、バロック期で様式化された各舞曲の違い・テンポ・拍感などを時折りユーモアも交えながら詳しくご説明下さいました??特にテンポ・拍子のお話ではイタリア様式とフランス様式の違いをインヴェンションから数曲取り上げてご [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノステップ
  • 先日、私の所属しているピティナ和歌山支部主催のピアノステップが行われました。検定発表会のような催しで、発表会形式で舞台で演奏します。全国から来られたアドバイザー(審査)の先生から評価とアドバイスがいただけます。評価と言っても、自分のレベルに応じて受けられるのでほとんど合格です。今回私の教室からは5名が参加。途中、アドバイザーの赤松林太郎先生のトークコンサートもあり、生徒さんたちも聴き入っていました。 [続きを読む]
  • ピアノの練習ABCで学べること
  • 先日、千里ヤマハさんで行われた石嶺尚江先生のセミナー、「「ピアノの練習ABC ―ブルクミュラー25番やソナチネアルバムにすんなり入るために―」を受講してきました。私自身が子どもの頃はツェルニーを使っていました。バイエルを終わってツェルニー100番、そして30番、40番、50番・・・とひたすらツェルニーですが、ABCのメロディの美しさと今後の教本に役立つテクニックがたくさん学べると感じ、数年前から使っています。しか [続きを読む]
  • コンクールを通して成長できること。
  • 先日のコンクール。全員が入賞というありがたい結果で予選を終わりましたが、生徒さん個々の気持ちの中では悲喜交々だったようです(^^;)念願の舞台での表彰を受けた子、目指していた賞ではなくて残念だった子、最高位まであと1点だった子、などなどコンクールでは色んなドラマがありました。しかし私はあくまでもそれまでの道のりが大事だと思っています。だってたまたま金賞だった、たまたま賞状だけだった、だけかもしれなくて、 [続きを読む]
  • グレンツェンピアノコンクール和歌山予選
  • 昨日、グレンツェンピアノコンクールの和歌山予選がありました。毎年うちの教室からも何人か参加してくれます通過率が高いことと、課題曲がそれほど難しくないので幼児さんや低学年の生徒さんは習い始めてそれほど経っていない方でも参加できます。でもいつも書いていますが、課題曲が易しい分皆さんかなり弾きこんで来られます。特に和歌山予選はグレンツェンの全予選の最終日なので前の会場で入選を逃し、練習を重ねて再受験され [続きを読む]
  • ipadで楽しく調号理解♪
  • 先月の中嶋宏美先生のセミナーで学んでから私のレッスンでも30分・40分の毎回のレッスン内で読譜・音感・リズム・奏法・楽典など、演奏に必要な項目をテンポよく取り入れるようにしています。(まだ3倍速にはいきませんが、1.5倍位にはなったかな・・・(^^;))そしてもちろん調性も。小5のMちゃん。バスティンで全調の調号の見つけ方はやっていますが、人間、しばらく経つと忘れちゃうんですよね〜。そんな訳で、ipadのバスティン調 [続きを読む]
  • PTAの合唱指導
  • 先日、地元の小学校のPTA役員さんから連絡があり、今年もPTA合唱祭の指導をさせて頂くことになりました。去年も市内で一番オモシロかったしかし今年はピアノを弾ける方がいないらしく、「指揮はPTA会長さんがするのでピアノを弾いていただけませんか?」とのことうーん、ウチの小学校は毎年子供の参加もにしているので「高学年のお子さんか、中高生のお姉ちゃんとかで弾ける子いませんかねぇ?」と聞くもいないらしい・・・という [続きを読む]
  • 続・生徒さんの音が変わる時
  • 昨日の劇的に音色の変わった生徒ちゃんのお話を書きましたが、今日も♪今日追加レッスンに来られたĪちゃんはバスティンベイシックスレベル2の最後の曲、エンターテイナーを練習中。ここにも左手のスタッカートが沢山出てきます。ちょっと重たいスタッカートだったIちゃん。弾みのあるスタッカートにするために、昨日二本柳先生のセミナーで教えて頂いた方法を試してみました。は〜い、先生の手の位置まで弾んでみて〜あ〜ら不思議 [続きを読む]
  • 生徒さんの音色が変わる喜び
  • いつも指導法の勉強をさせて頂いている、二本柳先生のスタジオセミナーに豊中市まで行って来ました今回は「バスティン名曲集」。バロックから近現代までの名曲がバランスよく収められた教本です。有名な「メヌエット」をはじめ、ベートーベンやシューマンなど、ピアノを習い始めたらみんないつか弾きたいな〜と憧れる曲?でも「ただ弾く」だけでなく、素敵な音色で弾けた方がいいですよね。それをバスティンベイシックスの指導段階 [続きを読む]
  • コンクールへの意欲
  • 昨晩、生徒ちゃんのお母さまから「バスティンコンクールに挑戦させてみたい!」というご連絡を頂きました。バスティンコンクールは「生涯にわたって音楽を愛し楽しみ続けることができるように」というバスティン先生の理念に基づいたコンクールで、導入期の生徒さんから参加できます。今回は1年生の生徒ちゃんなので、ピアノパーティーC・Dやベイシックスプリマーから課題曲が出されています。本当に習い始めの子から参加できるレ [続きを読む]
  • バスティン研究会
  • 今日、私の所属している和歌山バスティン研究会の会議がありました。森代表のご自宅で。素敵なティータイム?バスティンをきちんと学び、講座の修了証書を授与されている先生や、研究会に所属して数年間指導法の勉強をされている先生に対してピティナの教室紹介ページにおいてバスティンマークを付与されるということでした。私たち研究会員はほとんど付与されるとのことで一安心?去年入会されたお若い先生も今セミナーに通われて [続きを読む]
  • グレンツェンピアノコンクール奈良予選
  • 今日は来月のグレンツェンピアノコンクール和歌山予選のホール練習会をしましたが、一足お先に奈良予選に出場したHちゃん。朝一番でホール練習をして車で向かいました??。私は他の生徒さんたちのレッスンがあったので同行できませんでした??今朝の感じではかなり弾んでしっかり弾けるようになりました。結果は、準優秀賞でした?お母さんの話によると、後半で少しミスがあったそう。舞台では時々ミスもあります。でもそれでも [続きを読む]
  • ホール弾きあい会
  • 今日の午前中、グレンツェンピアノコンクールのホール弾きあい会をしました和歌山予選は来月ですが、みんな今週末・来週末と運動会が分かれて実施されるのでなかなか予定が組めず、少し早いですが今日やることにちょうど今日奈良予選に出場するHちゃんは朝一でホールに来てもらって音の響かせ方を確認して出発できました弾きあい会には仲良しのH先生も来てくれて、生徒さんたちに的確なアドバイスをして下さいました「第三者の目」 [続きを読む]
  • 3倍速レッスンを目指して
  • 先日の中嶋先生のセミナーで3倍速レッスンの秘訣を学んだので、早速自分なりにレッスンに取り入れています30分・40分のレッスンを無駄なく、効率的に進めることを目指してレッスンの入れ替わり時に「線の音・間の音」を言いながら音名カードフラッシュ。レッスンの中で楽典から表現につなげる。勿論テクニックと奏法も。そして、レッスンの終わりに音感Timeとリズム打ち。今日は警報が出ていたのでレッスンできるかとハラハラして [続きを読む]
  • 生徒募集を再開します♪
  • 永らくお休みしていた新規生徒募集ですが、先日からお引っ越しで辞められた生徒ちゃんがいるのと、少ーしですがレッスン時間の枠を増やすことにしたので再開したいと思いますまぁ、募集停止していた時でも「是非先生のところに通いたい」と仰って下さり、入会したくれた「楽しい仲間」ちゃんが数人いますが現在の空き状況は下記となります。(不定期レッスンの生徒さんもいますので、全ての空き枠を募集するわけではありません)お問 [続きを読む]
  • ツムツム
  • 小5のHちゃん。ABCを音楽的に弾けるようになるべく、目下励んでいます でもHちゃんのお家には電子ピアノしかなく、どうしてもペタペタした音色になりがち速いパッセージも増えてきて苦労しています今日は左手の和音がどうしてもきれいに響かない・・・・・そこで思い出した、大サイズのツムツム。この間の中嶋先生のセミナーで教えて頂いたのはもう一回り小さいもの。うちのはかなりのビッグサイズなのですが(娘がクレーンゲーム [続きを読む]
  • グループレッスン
  • 今日は月一回のグループレッスンをしました。バスティンレベル2以上の生徒さん8名が参加してくれました。読譜・リズム・聴音・楽典などを毎回オモシロおかしくやっています3音カードをメトロノームに合わせて2枚弾きます。1拍おいて次の人が前の人の2枚目のカードと新しいカードの音を続けて弾きますみんな次の音が何なのかドキドキしながらつないでくれました。はじめは?=60からはじめて、最後は100でできましたリズムたたき。 [続きを読む]
  • 3倍速レッスンセミナー
  • 昨日、大阪まで中嶋宏美先生のセミナーにお勉強に行ってきました。噂の「愛の3倍速レッスン」。聞いただけでも魅力的なテーマ冒頭から先生の楽しい(いえ、のっけから大爆笑)お話に始まり、レベル毎に対応したレッスンの展開のお話。本当に目から鱗の連続でした30分でも読譜・リズム・音感・楽典・テクニックなど効率良いレッスンの進行。しかも毎回必ず全部の項目をやって生徒さんに定着させていく。そして生徒さんが分からなくて [続きを読む]
  • スケール検定でメダルGet♪
  • 先日私が所属している和歌山バスティン研究会のスケール検定が行われました。3か月に一度の検定、今回からはプレ検定も実施され、ピアノパーティーA終了程度の方から受検できるようになりました。私の生徒さんも4名受検、うちNちゃんが銅メダルをGetしました↓当日の様子です。http://ameblo.jp/wakayamabasuken/entry-12196020875.html次回は12月にあります。みんなまた頑張って練習してね [続きを読む]
  • グレンツェンピアノコンクール
  • 私の教室でも毎年何人も参加してくれるグレンツェンピアノコンクール。和歌山予選は10月とまだまだ先ですが、一足先にMちゃんが出場しました。本当は和歌山での予選を受ける予定だったのですが、要項の日程をみてお母さまが「私の実家の近くでもあります」と。しかもちょうど夏休み中!それじゃあ是非そちらで受けて普段会えないおじいちゃんおばあちゃんにも演奏を聴かせてあげては?とお勧めしました。でも発表会もあったのでな [続きを読む]