明野立佳 さん プロフィール

  •  
明野立佳さん: クリノクロワ
ハンドル名明野立佳 さん
ブログタイトルクリノクロワ
ブログURLhttp://nanamarou.blog31.fc2.com/
サイト紹介文出来事 読んだもの 見た物 いろいろ いきあたりばったりに参ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/08/30 21:33

明野立佳 さんのブログ記事

  • 面目ない
  • 海外出張土産に機内販売のジル・スチュワートのフェイスパウダーをいただく。 お歳を召したセンセーのチョイスなんだけど!?とビックリしてみたけど、行間を読んで「お前いつも顔色悪いから血色良くしろ」との指令だと認識。誕生日前日、面目無いやら有難いやら…。 [続きを読む]
  • 読書を。
  • 新入社員が入った。7月から一緒に仕事をしている、というか、仕事をするための準備をしている。色々説明をするのだが、ところどころ使う単語がわかっていないようだ。仕事の用語はわからなくてもいいのだけれど。その子に「本は読む?」と聞いてみた読書は嫌いでは無いようだ。どんな本を読むんだろ。で、あしながおじさん を貸してみた。読んだことはあるというが、あらためて読んでみたいというので。何冊か本棚に収めてある、 [続きを読む]
  • 読書が。
  • 自慢でも、嫌みでも無く。本を読まないということがよくわからないのだ、私。記憶にある時分から、本を読めと言われたことが無く、本を読むなと言われたこともない。漫画を読むなとはいわれたけれど・・・。自分がどうやって本を選んで本を読んできたか記憶がない。母親は養護教諭で、読書をする人で。父親は国語教師だった。そんな家庭環境は、実は自身の子より他人の子の面倒を見ることを生業にしている人の家庭なわけで、自分の [続きを読む]
  • そういう考え方
  • 私の部署には私を含めて3人の女性がいます。先日、ちょっと話があると3人が呼ばれました。我が社では、熱中症対策として、昼に食堂でペットボトルのドリンクを配布する時期があるのですが・・・。男性からドリンクを貰うより、女性からドリンクを貰う方が嬉しいから、部署の当番の日に配布に行ってほしいとのことで。・・・もっと他の理由を思いつけないものか。どんな低レベルのセクハラなの、とあきれました。別に配布に動員され [続きを読む]
  • めまぐるしい日々が・・・
  • どうしてこうなった? という慌てぶりで日々が過ぎてゆきます。兼業しているサブの仕事の方が私を慌てさせている。ボスのタイトルが変わったことで、今までさらりと過ぎていったことが、一手間、二手間を求めてくるので。この、メール、携帯ですべてがまかなえる時代においても、ステイタスを演出するために、別の人の手をかけることを要求する事柄が。秘書どうして話をして決める。なんて助長なの?不幸中の幸いとして、ボスは私 [続きを読む]
  • 物をいわせる
  • 発注しました。プリンタを。モバイルプリンターというやつですね。鞄に入れて持ち運び・・・などどうたっている小型のもの。用途は長形4型の封筒に印字したいので。予算はあるんです。ちょっとした物を買うくらいの予算は。出張に持って行く、とか理由とつければ買えないことはない。というわけで、これ。★CANON キヤノン PIXUS iP110 A4対応 モバイルインクジェットプリンター 新品 スマホ/タブレット対応 無線LAN 9596B001 PIX [続きを読む]
  • テンプレが無い
  • テンプレートが無いのです。雛形が無いのです。いろんな人がアップグレードするこの時期、会社として通知を出しているらしい。アップグレードのお知らせも、会社として個人名で用意はしてくれるらしい。そのようなことを、風の噂で知ってはいますが、ボスの用事をする私には何の説明もない。・・・いつものことですが。申し合わせのできる間柄同士では、お祝いは金品を伴わないことを取り決めておりますが、関係が対等でない間柄の [続きを読む]
  • 日々わたわたと
  • ボスがアップグレードします。なんだか理解できないタイミングで、理解できないグレードに。めでたいことなんでしょうか、ね?ボスがアップグレードすることが喜ばしいことであると思ってはいるのですが、割り切れないことが発生中。望まない結果として、このままボスにつくことになりました。ある程度のランクからは、総務的な部署に引き継ぐという暗黙のルールがあり、そのように運営して来たはすなのに。「人が足りない」という [続きを読む]
  • シナン
  • 着々と読んでいます。シナン(上) (中公文庫) [ 夢枕獏 ]価格:740円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)オスマントルコ帝国の偉大な建築家の話。戦争と政治と文化と信仰・・・かな?・・・むかしむかし、キマイラシリーズとか読んでいた。上弦の月を食べる獅子なんて、ハードカバーで買った。そんなイメージで、おそるおそる読み始めた。ネットで「世界史を扱う小説ランキング」なんてものを見て、読んでみようかと思ったんだ。 [続きを読む]
  • 定番になりつつあるよ
  • 先日、身二つになった後輩を訪なったのだが。もう10年以上も前から、友人・知人への出産祝いには定番の品がある。最初に送った友人が「良い物だ」と言ってくれたので。「自分も買ったし、人にも送った」と言ってくれたので。安心して贈り物に選んでいるわけだ。定番はこれ。【出産祝】に喜ばれる!無添加コットン 5重ガーゼケット【Nuddy Cotton】(R)オフホワイト ベビー★ ナチュラルなオリジナルギフト箱セットなめても安心★ア [続きを読む]
  • どこの国の話・・・?
  • 紅茶スタンドが増えているのだとか?ネットの経済ニュースにそんな記事が。いったいどこの国の話デスカー?いや、日本の話ですよね、わかってます。でも都会の話なわけで。こじゃれたフルーツティーとか、薫り高いフレーバーティーとか、そんな物が売れるんでしょうかね?でも私は、熱いお湯でいれて少々蒸らしたティーバッグの紅茶が出てこればそれで我慢できるし、ミルクティー用のミルクが牛乳なら喜べる。キラキラした紅茶の前 [続きを読む]
  • エスニック愛
  • タイ料理が食べたいとか、ベトナム料理が食べたいとか、時々切実に思うのだ。ちょいと行ける場所に無いのだね、そんな店が。それでもって、カフェにだどりつく。近くにくることがあると、必ず店の前を通ってみるのだが大概閉まっていて、振られ続けていた。でも、ようやっと営業中の灯り。灯りがついているので営業中。駐車場に空きが、席にも空きが、というわけで欲望の赴くままに、ヤムウンセンとガパオライス。・・・お腹いっぱ [続きを読む]
  • 身二つになった後輩を訪う
  • 後輩に子供が生まれた。めでたいことである職場の後輩であるから、部署を代表して義理を果たしに行かねばならぬ、と女性の先輩と病院へ出かけた。おめでとうを言い、顔をみて、様子を訪ねて、お疲れ様と言い、お祝いを渡した。義理は果たしたのだ。任務完了、一安心。そのあとしばらく話をして、別腹のお祝いの品を渡した。0歳児対象の絵本のセットを。職場一同、で連名のお祝いは包んだが、ちょっと味気ないので、私の気持ちをプ [続きを読む]
  • 珈琲店は喫茶店なのか
  • 高倉町珈琲店再び。パンケーキのセットなり。ときめく。パンケーキはリコッタというだけあって、チーズのかほり。お手軽にいただくにはおいしいと思われる。ロイヤルミルクティーは・・・意気込みは買おう。もうちょっとミルクの甘みがあれば良いのだけれど。硬くて少々味気ない。甘みをプラスしたら良いのかな?でもミルクティーだし!そして、結果wifiは繋がらなかった。店員さんに確認したけど、「(自分のスマホは)繋がってい [続きを読む]
  • 珈琲店に来てみた
  • 高倉町珈琲店平日朝は比較的空いている模様。Wifiがあるとのことだけど、接続に必要な情報はないな。あとで聞いてみよう。で、オーダーをするわけだが。確認すると、ブレンドティーをたのむと、ミルクティーにするためには、コーヒーと同じミルクを使わねばならないらしい。ミルクティーを飲むためにはロイヤルミルクティー一択。レジあたりで、ブレンドティーの茶葉が切れているという会話があったので、ロイヤルミルクティーかス [続きを読む]
  • それも・・・?
  • ちょいとばかり、本気でびビジネスマナーだのなんだのをお浚いしないといけなくなった。実のところお浚いできるほどの知識が身についていないので、なんとなーく勘で、自分に都合良くやってきたことを矯正せねばならないような気がする。ま、それはこの先のブログに愚痴をのべることにして。そんなこんなでマナーに関する記事や本に目を通し始めたのだが。どこぞの記事に「ミルクティーは紅茶を先に注ぐ」というのを見つけた。紅茶 [続きを読む]
  • ロゼワインを巡ろうと思ったら
  • ロゼワインがマイブームである。もとい、マイブームにしようと思っている。とある会合で、リッチなお客様と寿司屋に行った。リッチなお客様は、高価なら良いと判断する方ではないが念のため。奥様が一緒にいらっしゃったので、ちょっとそこら辺にあった(実は秘蔵の)ロゼワインを持って行った。お洒落な飲み物がある寿司屋じゃないしな・・・。・・・結果好評だったのだが。たしかに美味しかったし、濃厚な魚貝に、主に貝にもなん [続きを読む]
  • 酒の渚
  • さだ まさしのファンである。大ファンではないが、細々とファンで。しかし、とりあえず敬称略で書かせていただく。しかし、さだ まさし は さださん なのであまり さん が取れることがない。なんだか さ がおおいとは思うけれど。酒の渚 [ さだまさし ]価格:1188円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)酒に纏わるエッセイで、24本。時々、特集が気になるときに買っていた雑誌に連載されていた記憶がある。そもそも、さださんは美少年 [続きを読む]
  • 本をすすめる
  • 知人に本を勧めた。控えめに、遠慮した表現で知人という人に。本当は「お友達」と言いたいのだが、まだそう言えるほど会ったことがないので。もとい、本をオススメしたのだ。平松 洋子 著 「おもたせ暦」おもたせ暦 [ 平松洋子 ]価格:1728円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)初めて平松さんの本を読んだのがこれで、パワフルなエッセイに参ってしまった。そして、参ってしまってから、この本を(わたしが好きになろうと思った)人 [続きを読む]