YUKA さん プロフィール

  •  
YUKAさん: 私とクマのおぼえがき帖
ハンドル名YUKA さん
ブログタイトル私とクマのおぼえがき帖
ブログURLhttp://yukamemory02.blog.fc2.com/
サイト紹介文多趣味で鉄ちゃんな夫にわりとついて行く真面目な妻の毎日。
自由文おでかけと、おいしいごはんが大好き。
行動的で多趣味な夫と結婚しました。
鉄道旅、海外旅行、温泉旅、夫婦であちこち行ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2008/08/31 06:52

YUKA さんのブログ記事

  • 四国岡山旅13・道後でスタバ
  • 四国岡山旅2日目のつづき。道後温泉をブラ歩き中。『魚武』で夜ごはんを食べたところから。4月10日。19時30分。伊予鉄道の道後温泉駅へ。明治洋風建築の駅舎が一棟そのままスタバになっている。昨年末にオープンしたばかりのこのスタバ・・・2階が洋館風になっていて、なかなか素敵。そしてこの洋館スタバに宿の浴衣姿でそのまま入った私たち・・・私たち以外、浴衣の人はいなかった。浮かれているのは私たちだけか。でもまぁそも [続きを読む]
  • 四国岡山旅12・道後の夜ごはん
  • 四国岡山旅2日目のつづき。松山に到着後、道後温泉の宿にチェックインしたところから。4月10日。18時半。部屋で浴衣に着替え、夜のおでかけ開始。まずは共同浴場・道後温泉本館へ。夕方は温泉は混んでるかもしれないので(去年はものすごく混んでいて芋洗い状態だった)入るのはもっと遅い時間にして、今は建物をしみじみ眺めるだけにしておく。なんというか・・・建物からプライドを感じる・・・ひしひしと。重要文化財なのに現役 [続きを読む]
  • 四国岡山旅11・お宿『道後やや』
  • 四国岡山旅2日目のつづき。松山に到着後、路面電車で道後温泉に向かっているところから。4月10日。17時45分。道後温泉駅に到着。明治洋風建築のシックな駅舎。昨年末、この駅舎にスタバがオープンしたというのを聞いて気になっていた。また後でお茶しに来よう、と話す。道後ハイカラ通りを抜けて、まずは本日の宿へ向かう。みかんスイーツと坊っちゃん団子の誘惑に負けそうになりながらも、なんとか進む。商店街に住んでいる猫さん [続きを読む]
  • 四国岡山旅10・松山に到着
  • 四国岡山旅2日目のつづき。岡山からサロンカー伊予路に乗り、松山を目指しているところから。4月10日。15時。引き続きサロンカー伊予路の車中・・・。最後尾の展望室に私たちが入れる時間になったので、さっそく行く。バーカウンターがあってムーディー。なにやらカラオケでデュエットを歌いたい気分になってくる・・・♪もしも〜きらいで〜なかったら〜何か一杯のんでくれ〜(『居酒屋』より)展望室はかなり広く、ゆったりとして [続きを読む]
  • 四国岡山旅9・伊予西条で休憩
  • 四国岡山旅2日目のつづき。岡山からサロンカー伊予路に乗り、松山を目指しているところから。4月10日。13時23分。伊予西条駅に到着。ここで乗客は一旦みんな降りて、駅前の鉄道文化館の見学をする。発車は1時間半後なので、結構ゆっくりできる。位置関係はこんな感じ。伊予西条で降りることなんてなかなかないので、この貴重な時間を存分に楽しむぞ。サロンカー伊予路にしばし別れを告げる。1時間半後に戻ってくるからね駅を出て散 [続きを読む]
  • 四国岡山旅8・瀬戸大橋を渡って四国へ
  • 四国岡山旅2日目のつづき。岡山駅からサロンカー伊予路に乗り込んだところから。4月10日。10時11分に岡山駅を発車したサロンカー伊予路。今回走るコースはこんな感じ。瀬戸大橋を渡り四国へ。途中、伊予西条で1時間半ほど休憩を挟んで、松山まで向かう。このサロンカー、先頭車両と最後尾車両が展望室になっていて、最後尾の方は時間指定制で入ることになっているけど(混雑しないように1人30分制で、時間はチケットに同封された紙 [続きを読む]
  • 四国岡山旅7・サロンカー伊予路に乗る
  • 四国岡山旅2日目。岡山駅改札内のうどん屋さんで朝ごはんを食べたところから。4月10日。9時50分。岡山駅5番線ホームへ。トワイライト色の電気機関車・・・でももちろんこれはトワイライトエクスプレスではない。これからこの機関車が牽引する客車「サロンカーなにわ」に乗って、岡山から松山へ向かう。「なにわ」というだけあって、この客車は普段は大阪にいるらしい。今回は瀬戸大橋線開業30周年記念ということで、このサロンカー [続きを読む]
  • 四国岡山旅6・岡山出発前の朝ごはん
  • 四国岡山旅2日目の朝。岡山駅前のホテルに宿泊中。4月10日。朝7時半、起床。部屋で朝ごはんタイム。高知駅前のウィリーウィンキーで買っておいた帽子パンと、ご当地牛乳。ウィリーウィンキーの帽子パンは、帽子パンの中では味は一番好きなんだけど、難点を言うとすれば、それは、表面のかたさが足りないこと・・・。こう、パリッとしていないというか。時間が経つと、洗濯に失敗した帽子のような感じになってしまう。ま、それはそ [続きを読む]
  • 四国岡山旅5・岡山に到着
  • 四国岡山旅1日目のつづき。高知から高松へ移動し、高松でうどんを食べた後、今度は岡山を目指して瀬戸大橋を渡ったところから。4月9日。18時32分。岡山駅に到着。今日の移動はここまで!旅の1日目はこんな感じの移動になりました。こうやって見ると、高松への寄り道に強い意志を感じる。コースからわざわざニョロっと出てるし・・・(ニョロっと出た結果、まるちゃんに出会えたからよかった)まずはホテルへ。駅からすぐのところに [続きを読む]
  • 四国岡山旅4・ちょっとだけ高松
  • 四国岡山旅1日目のつづき。高知のひろめ市場でお昼ごはんをたらふく食べたところから。4月9日。13時13分、高知駅から岡山行きの特急「南風」に乗車。岡山行きだけど、岡山までは乗らない。途中の丸亀で降りて、丸亀から今度は高松行きに乗り換えるという行程・・・(しかし夜は岡山に泊まるので、結局後で岡山行きに乗ることになるんだけど)乗ってすぐ、高知駅内の売店で買ってきたジュースとアイスを堪能する。文旦シャーベット [続きを読む]
  • 四国岡山旅3・高知で食べ過ぎフィーバー
  • 四国岡山旅1日目のつづき。高知のひろめ市場にお昼ごはんを食べにきたところから。4月9日。11時。ひろめ市場でお昼の宴、スタート。まずはやっぱりカツオのたたきだよね・・・というわけで、明神丸へ。たたきは塩とタレの2種類あるけど、頼むのはもちろん塩たたき。高知に来たらカツオのたたきは「塩&ニンニク」で食べると決めている。ニンニク臭が口の中に残るけど、別にデートじゃないので問題ない。 店頭ではカツオを絶賛燻し [続きを読む]
  • 四国岡山旅2・高知ひろめ市場へ
  • 四国岡山旅1日目のつづき。高知空港に到着したところから。4月9日。9時半に高知空港到着後、すぐに高知駅行きのバスに乗車。10時10分、高知駅に到着。土佐の国は青空ですまずは駅構内のパン屋さん『ウィリーウィンキー』へ。JR四国の主要駅には必ずと言っていいほど入っているJR系列のパン屋さん。昨年四国に来た時に高知のあちこちのパン屋さんの帽子パンを食べ比べてみたけど、結局このウィリーウィンキーのが一番私の好きな味だ [続きを読む]
  • 四国岡山旅1・キャプテン、高知へ飛ぶ
  • 今日から四国&岡山旅スタート。2泊3日の短い旅だけど、四国と岡山を行ったり来たりするという謎の行程が待っている・・・。とりあえず高知へ飛ぶべく、朝7時に羽田空港へ。「高知へはわたくしがごあんないします」先月、広島からANAで帰った時に機内販売でお迎えしたキャプテンくんとスッチーちゃん(私の知らない間になおやんがいつの間にかお迎えしていた・・・)。さっそくANA機に里帰りだ。荷物検査通過後、ラウンジでベーグ [続きを読む]
  • ぬいぐるみ愛
  • タレントの江口ともみさんのところの「もぐたろうくん」が2月に行方不明になり、それ以来、私たちもずっとずっともぐたろうくんのことが気になっていたんだけど、なんと先月末におうちに帰ってきたと!!本当に本当によかった・・・ちょっと泣きそうになった。ちなみにもぐたろうくんというのは、江口さん夫妻が子供のように可愛がっているぬいぐるみのこと。お出かけにもよく一緒に連れて行ってあげているあたり、なんだかうちと [続きを読む]
  • 「強さ」について
  • 友人や同僚といろいろ話していて思ったんだけど、一見弱そうに見える人がある意味では強いってこと、あるよなーと。(その逆も然り)例えば、ある人が恋愛に悩んでいて、「好きな人に自分から気持ちを告げるなんて絶対無理・・・私、そんなに強くないから・・・傷つくのも怖いし・・・」と話していたんだけど、私からすると「ずっと気持ちを押し殺して、悩み続けられるって、ある意味では強いのでは・・・」と思うわけで。「悩み続 [続きを読む]
  • 八雲立つ
  • 山陰旅から帰ってきた直後から、樹なつみ先生の名作『八雲立つ』を夜な夜な読んでいた私・・・(だからブログの更新が止まっていたという説も)。ずいぶん昔に一度読んだことがあったんだけど、山陰旅で立ち寄った浜原駅の駅舎内に設置されていた本棚に、「山陰ゆかりの漫画」がズラッと並んでいて、その中にこの『八雲立つ』があったので、久々に読みたくなっちゃって。古代出雲族の怨念を昇華させるべく、巫覡(シャーマン)の少 [続きを読む]
  • 夜のお花見
  • (※今回から画像にサムネイルを使うことにしました。画像を すると大きな画像で見ることができます)3月最終週の月曜日、仕事帰りになおやんと待ち合わせて千鳥ヶ淵の桜を見に行った。人は多いけど、ガチャガチャしていないので歩きやすい。本当は、ボートに乗ってみたかったんだけど・・・私たちが着いたのは20時10分。ボートの受付はもう終了していた。千鳥ヶ淵は皇居の西側にあるお堀だけど、靖国神社や戦没者墓苑が近 [続きを読む]
  • 山陰旅9・そして宮島へ
  • 山陰うろうろ旅4日目。最終日。島根県の江津から三江線に乗り、広島県の三次駅までやってきたところから。3月21日。9時21分に三次駅に無事到着し、今回の旅の目的=「三江線を乗り通す!」は達成できたので、なんか一気に脱力した我々。あとはもう、勝手知ったる広島へ行き、宮島と、なおやんの実家に寄って帰るかね、と決める。そうと決まればまず広島へ。三次駅から10時30分発のみよしライナー広島行きに乗車。11時59分、広島駅 [続きを読む]
  • 山陰旅8・江津から三次へ
  • 山陰うろうろ旅4日目の朝。最終日。島根県の江津に宿泊中。3月21日。朝4時半、起床。なぜこんなに早起きなのかと言うと、三江線の始発に乗るから・・・。ラストラン間近で乗客も多い時期だし、始発でも座れるかどうか微妙なので、なおやんは早めに駅へ行ってホームに並んでおく!と早朝からやる気まんまん。なんで朝からこんなに元気なんだこの人・・・というわけで、なおやんは5時過ぎにホテルを出発。私はダラダラ準備して、5時 [続きを読む]
  • 山陰旅7・江津で夜ごはん
  • 山陰うろうろ旅3日目。米子から浜田へ移動し、そこから三江線直通列車(三次行き)に乗り、「天空の駅」宇都井まで行ったところで江津へ折り返したところから。3月20日。19時10分、江津駅に到着。今日の移動はここまでだよちなみに江津はココ。モロに山陰。・・・今までなかなか山陰側とは御縁が繋がらなかったけど、今年に入って一気に山陰と仲良くなった感じ。心の距離も縮まり、なんかもう、近所みたいな気分になって来た。さっ [続きを読む]
  • 山陰旅6・三江線沿線を堪能
  • 山陰うろうろ旅3日目。米子から浜田へ移動し、そこから三江線直通列車(三次行き)に乗り込んだところから。3月20日。浜田駅から11時53分発三江線直通の山陰本線に乗車した私たち。車内は混んでいて、立っている人も多数いたけど、噂に聞いていたような「都内のラッシュ時並み」ほどのギュウギュウさではなかったので良かった。私たちはなんとか4人掛けのボックス席に横並びで座れたけど、4人中3人(つまり私以外)は三江線ラブな [続きを読む]
  • 山陰旅5・いよいよ三江線に乗る
  • 山陰うろうろ旅3日目の朝。米子駅前の東横インに宿泊中。ちなみに2日目は京都→浜坂(兵庫)→鳥取→米子と移動。3月20日。朝7時過ぎ、起床。すぐにチェックアウトできるように荷物整理をした後、ササッと朝ごはんを食べに行く。東横インの無料朝食。安定の茶色。8時過ぎ、ホテルをチェックアウト。米子駅へ向かい、青春18切符で改札を通り、さっそくホームへ。8時30分発のアクアライナー益田行きに乗車。(黄色い国鉄型の電車と並 [続きを読む]
  • 山陰旅4・米子で回転寿司
  • 山陰うろうろ旅2日目のつづき。京都→浜坂(兵庫)→鳥取…と移動を続け、本日のゴール地=米子に向かっているところから。青春18切符を利用。3月19日。17時34分。米子駅(鳥取県)に到着。今日はここに泊まるんだー米子に来るのはお正月以来。意外と米子づいている私たちである。しかし風と雨がすごいよ・・・風に煽られ、折り畳み傘を何度もひっくり返しながら、駅前の東横インにチェックイン。ふー・・・やっと雨風をしのげる・ [続きを読む]
  • 山陰旅3・鳥取でお昼ごはん
  • 山陰うろうろ旅2日目のつづき。京都から兵庫県の浜坂駅へ移動し、浜坂駅から今度は鳥取駅に向かっているところから。青春18切符を利用。3月19日。12時46分。鳥取駅に到着。砂丘に行きたいよー鳥取砂丘には私は昔一度だけ行ったことがあるけど、思っていた以上に一面砂で、すごく感動した記憶があるので、ぜひなおやんにも味わってもらいたいと思ったんだけど・・・あいにくの雨。「雨の鳥取砂丘・・・足がズボズボ埋まりそう」「濡 [続きを読む]
  • 山陰旅2・京都から浜坂まで
  • 山陰うろうろ旅2日目の朝。京都駅直結の近鉄ホテルに宿泊中。3月19日。朝5時15分、起床。・・・実は昨日寝たのは1時過ぎなので、かなり眠い。なぜ1時まで起きていたのかというと、せっかくのトレインビューのお部屋なので、上りのサンライズ出雲が京都駅を通過するのを見たくて・・・(なおやんは最初寝てたけど、私が窓際でゴソゴソとサンライズを待っていたら起きてきた。で、一緒に見た。サンライズは1時過ぎに通過していった) [続きを読む]