nyan-risu world さん プロフィール

  •  
nyan-risu worldさん: ウチの猫と、サッカーと、アルディージャ好き四方山話
ハンドル名nyan-risu world さん
ブログタイトルウチの猫と、サッカーと、アルディージャ好き四方山話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/takahashiakemi/
サイト紹介文我が家の猫と遊ぶ事、アルディージャの試合を観に行く事を楽しみにしているゆる〜い暮らしぶりをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/09/03 16:14

nyan-risu world さんのブログ記事

  • 感動しました
  • どちらかと言えば岡山さんに押し込まれて劣勢という状況で嶋慎が退場。さらに不利になった状況でもあきらめずに1点をもぎ取って勝ちきった選手たちはすごいです。そして、ヴェルディさんと福岡さんが引き分けてくれた事で、なんとかプレーオフ圏内、しかも5位になる事が出来ました。最終節に勝ってくれればそれでいいと思っていましたが、J1への挑戦権も手にする事が出来たなんて夢のようです。頑張ってくれた選手たちに心から [続きを読む]
  • まだ終わらない
  • 山形さんに勝てて、僅かですがプレーオフの可能性が残りましたね。それはそれとして、しばらく勝てていなかったので勝った事がなによりうれしいです。結局、なんだかんだ言ってもチームが勝つところが見たいんですよね、久しぶりに勝ってつくづく思いました。きのうの点の取り方を見ていて、ふと思ったんですけど、今シーズンは相手を崩して取った点ってありましたっけ?私の印象では、セットプレーとかきのうのように相手のパスミ [続きを読む]
  • 個の力だけのチーム
  • 試合前の監督インタビューで柳下監督が大宮のチームの印象について聞かれて、「個の力のあるチーム」と答えていましたね。一見誉めているようで、実はそれしかないから、そうとしか答えようがなかったんだろうなという気がしています。そして、試合が始まると早速その個の力を無効化されてしまいました。シモビッチやマテウスを人数をかけて自由にやらせない、大前にいいボールが入らないようにする、これだけで今の大宮の攻撃は機 [続きを読む]
  • マテウスと心中
  • きのうの試合、マテウスのパスを出さない加減には本当にイラッとしました。そんなに味方にパスを出したくないのなら、ドリブルでこねてないで早くシュートを打てよと、そしてシュートを打つなら枠に飛ばせよと思いました。河本と渡部がベンチ外なのは負傷なんでしょうか。でも、久しぶりの公式戦先発の菊地はやっぱり頼もしかったです。そして、やはり久しぶり先発の宣福もマテちゃんとの連携が良くて前半は右サイドの攻撃が活性化 [続きを読む]
  • 交代の意図は?
  • 勝ち越し点を取るための交代で下げたのがシモビッチと大前って、どんな意図があったんでしょうね。相手にしてみればこの2人がいた方が恐いんではないかと思うんですが。交代で入った3人も効果的ではないように感じたので、監督の意図が説明してもらえるのであれば聞いてみたいです。予感はしていましたが、やっぱり大一番で勝てませんでしたね。今季のチームはここで勝てばって試合で負けて来ましたからね。これでは勝点を積み上 [続きを読む]
  • マジメにやってよ〜
  • 畑尾の不用意なパスミスからの大黒選手の決定的なループシュート。心臓が止まるかと思いました。笠原がほんのちょっとボールに触れたみたいですね。おかげでコースが変わってクロスバーに救われました。負けたら終わりの立場のチームなのに、せっかくゲットしたPKのチャンスをジャンケンでキッカーを決めたらダメでしょー。マテちゃんが失敗して、そこから試合の流れも変わっちゃたし。なんとか守り切れて勝てたから良かったけど、 [続きを読む]
  • マテちゃん、意地見せる
  • 追いつくまでの前半の手詰まり感には、なんか絶望的な気分になっていました。前節と同じような失点の仕方に、スタジアムに重たい空気が漂い、選手たちもどうしていいか分からないように見えました。正直、思うようにさせてもらえない時間帯の時はマテちゃんがやる気を無くしているように私には見えちゃいました。忍耐力の無い浅はかなサポーターは上手く行かないとすぐそういう風に思っちゃうんですよね。でも、マテちゃんの思いが [続きを読む]
  • 今季のチームを象徴している負け
  • 相手の攻撃のエースの不在。相手は中2日で体力的に不利。相手は前節ショックな敗戦をしている。なんとなく予感していました。一見有利なように見える時に負けるのが今年の大宮なんだよねって。予感はしていても、それが現実になるとやっぱり辛いです。今年のチームはここで勝てば自動昇格を狙える位置につけられるという節目節目の試合で負けるという事をくり返して来ましたね。認めるのは悲しいですけど、これが今年のチームの実 [続きを読む]
  • 最低限の勝利
  • もっと圧倒して勝ってほしかった、と言うのが正直な気持ちです。けど、連敗したら甲府さんに負けて終戦ムードの気分が絶望に変わっていたと思うので、とにかく勝たなければいけない所でなんとか勝てて、少し気持ちが救われました。引かれてパスの出し所が無かったせいなのか、なかなか前に進まない渋滞しているような試合でしたね。それでも決定機は何度かあったので、それを決めないと。慎太郎、最後にバブちゃんのおかげで決めら [続きを読む]
  • もどかしいですね
  • 今節勝てば自動昇格まで勝点3だったのに・・・。そう思うと、なんでこういう肝心な時に勝てないかなーと、もどかしい気持ちで悶々としていました。実況によると甲府さんは6人入れ替えてターンオーバーしていたそうですね。大山以外4日前に町田戦でタフな試合を戦った大宮のメンバーと、フレッシュな選手が6人もいた甲府さんとのコンディションの差が出てしまった感じですね。ただ、大幅に選手を入れ替えて今先発組がやっている [続きを読む]
  • 勝てて良かった、本当に勝てて良かった
  • GK福井選手からゴールを奪うのは不可能に思えました。それだけに、最後の最後でゴールネットが揺れた瞬間にスタジアム中が解き放たれたように喜びにあふれました。貴重な点を決めてくれた河本を囲む歓喜の輪の中に、両手を上げながら飛び込んで行く石井監督を見て、この1戦にかける選手、監督、スタッフ全員の思いを感じました。本当に本当に勝てて良かった。前半は相馬監督のサッカーが浸透している町田さんに苦しめられましたね [続きを読む]
  • 世界的ストライカー、オ・ウンゴル選手の活躍により勝利
  • 苦しんでいる岐阜さんに勝たせてもらって申し訳ない気持ちですけど、運の力を借りてでも勝点を稼ぐしかないんですよね、今の大宮は。ポンポン点が入った前節の試合と打って変わって、どちらのチームもなかなかシュートまで行けない、見ていてストレスの溜まる試合でしたね。前節のあまりにも簡単に失点してしまった事を反省して守備に神経を使ったのかなと、ひいき目で見てあげたいですけど、実際はどうなんでしょう。強いていい所 [続きを読む]
  • 馬鹿試合
  • 大宮でノーガードで打ち合う試合を見たのは初めてかもしれません。当該サポには心臓に悪い試合でしたけど、他サポさんには面白い試合だったんではないでしょうか?笠原のミスでの失点は仕方ないにしても、他の失点もなんかあっさり決められた感じでしたよね。きのうの守備はいったい何が悪かったんでしょう?良くなったと思っても新たな課題が出て来る、守備の修正には終わりがありませんね。笠原はきのうの痛恨のミスでメンタルを [続きを読む]
  • 石井監督、今節は名将?
  • 暫定ですけど、やっとプレーオフ圏内に入れましたね。まだまだ厳しいですけど、なんとかやっとここまでたどり着けた事が今はうれしいです。それにしても、たまたまだとは思いますけど、交代で入ったばかりの選手のアシストでいきなり得点が決まるなんて、監督の采配がバッチリでしたね。今節は石井監督は名将という事で(笑)。前節は気がつかなかったんですけど、チームは3バックに取り組んでいるみたいですね。上手く行き始めた [続きを読む]
  • 結局マテちゃん
  • 前半のあの出来を見ていたら、5点取って逆転出来るなんてとても思えませんでした。サッカーは90分の間に何が起きるか分からないのだから、最後まで見届けるべきという典型的な試合でしたね。組織が機能しなくて打つ手が無ければ、個人技でゴリゴリ行ってゴールをこじ開ける。それもサッカーの正解の1つ。大宮にはそれが出来る選手がいるという事。困ったら、結局最後はマテちゃんなんですよね。愛媛さんの川井監督は若いけれど、 [続きを読む]
  • 祝三門初ゴール
  • 三門のハードワークがやっとむくわれましたね。ゴール前で三門にボールが転がって来てもブロックされるか、大きく外すかが、なんかお約束のようになっていたので、ゴールが決まったのが本当にうれしいです。システムの事はよく分からないのですが、442の大宮のシステムが徳島戦、松本戦、熊本戦と3バックのチームに対策されている感じですね。熊本戦だって、勝ちはしましたけどトミーの対応に慌てて追いつかれるまでは渋谷監督もプ [続きを読む]
  • 今節も前半と後半で別のチームに
  • 一瞬で流れが変わる事ってあるんですね。トミーが入った途端に、選手たちが流動的に動くようになって驚きました。熊本さんは前半からずっと大宮のボールホルダーにプレスをかけ続けていましたからね、トミーが入った頃はかなり消耗していたと思います。なので、トミーの前からのプレス、ボールを引き出す裏抜け、体を張ったポストプレーは熊本さんの選手たちには相当きつかったのでは。そういうプランだったのかは分かりませんが、 [続きを読む]
  • 試練は続く
  • 8戦負けなしで夢見てました、大宮強くなってる?って。なので、相手が1人少ないというハンデをもらっての逆転負けには凹みますね。先制点も取れて、人数的にも有利な状況での試合運びが選手も監督も下手だったという感じですね。試合は正解が無い試験みたいな物ですからね、出された課題の答えを試合中に自分たちで導き出せなければ負けてしまう。選手たちで何が正解だったのかを良く話し合って次に生かしてもらいたいなと思いま [続きを読む]
  • 四国のチームに弱いなあ
  • 久しぶりの負けでなんか気分がモヤッとしています。なんなんでしょうね、この四国との相性の悪さは。徳島さんにはダブルで負けちゃいましたけど、残りのチームにはなんとかリベンジしてほしいなあ。徳島さんがすぐに追いつかれて動揺していた時がたたみかけて勝ち越すチャンスだったんですよね。ただ、そういう時ほどイケイケになっていてミスが起きやすいのかもしれません。まあ、終わってしまった事はもう忘れて、大前が得点ラン [続きを読む]
  • 省エネ?
  • 私には早い時間にPKでしたが点を取れたので、無理に追加点を取りに行かず守り切るという感じの試合に見えましたが、どうだったんでしょう。なにしろきのうは暑かったですからね。ヘタレの私は陽が照りつける席に座っていられなくて、陽が落ちるまで風通しのいい所で休んでいましたよ。どんなに鍛えられた選手だって、あの暑さの中でさすがに90分間ずっと全力で戦うのは無理だろうなと思います。前半の大分さんの攻め込んで来ない [続きを読む]
  • 今年の天皇杯は終了
  • 週末にはすぐリーグ戦があるのでターンオーバーのメンバーで仙台さんにどこまでやれるのかなあと思っていましたが、まあ、きのうのメンバーが先発で使われない理由がなんとなく分かる試合だった気がします。なんと言うか良くなかった頃の各駅停車のサッカーに戻っていた感じでしたね。出ていた選手の能力は高いと思うんですよね。ただ、それそれの動きがチグハグで連動していないというか、噛み合っていない感じ。連動してボールを [続きを読む]
  • フクアリの思い出
  • 2015年の対戦は千葉さんに何もさせてもらえず負けて、昇格に向けて絶望した時以外はフクアリでは快勝している思い出が多い気がします。で、きのうまたその思い出が増えてなんか幸せです。先制された時の宣福と山越の対応が軽かったですよね。失点する時って、なんかそういう一瞬の隙にやられちゃう感じ。で、そこから千葉さんのペースになっちゃって防戦一方で、このまま負けちゃうのかなあと心配になりました。でも、実際は様子を [続きを読む]
  • 三門フォワード?
  • 後半、なんかEエリアに向かって攻めて来る時に三門が中盤ではなくてなぜか最前線でフォワードみたいな動きをしていたのが不思議でした。で、愛媛さんの最終ラインが5バックになっているのを見て、もしかしたらそうする事で押し込めている?とか思ったりしていました。試合後の選手コメントによると、やはりそういう意図だったのかと。三門がFWの位置に上がって、大山をアンカーにする事で攻撃に厚みを持たせた。で、それが当た [続きを読む]
  • コロンビアフリーキック!
  • 「コロンビアみたいに下を通したりして」と旦那が言ったら、大前が本当に下を通しちゃいました。旦那の予言が当たった!というか、きっときのうの試合を見ていたほとんどの大宮サポがそう思いましたよね(笑)。順位的に絶対勝たなければいけない試合に負けたり引き分けたりする癖があるので心配でした。京都さんは引いて守っているせいか、鬼プレスがあまり無くて助かりましたね。そして引いている分、攻撃との距離が開いてしまう [続きを読む]
  • 三門こける
  • 八面六臂で守備に頑張ってくれているのですから、そういう事もありますよね。2点目が取れていて本当に良かったです。きのうは寒かったですねー、周りの水戸サポさんがひざ掛けなど防寒バッチリなのを見て、さすが地元用意がいいなと感心しました。2015年の苦い記憶があるので、前半水戸さんのプレスに苦しんでミスを連発するのを見ていて心配になりました。でも、デビュー鹿島戦のスーパーミドルを彷彿するトミーの見事なゴー [続きを読む]