本のソムリエ さん プロフィール

  •  
本のソムリエさん: 本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評
ハンドル名本のソムリエ さん
ブログタイトル本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評
ブログURLhttp://1book.biz/
サイト紹介文本のソムリエが一日一冊、人生を変えるような良書を紹介します。
自由文14年間で書評数が、4500冊になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2008/09/03 21:36

本のソムリエ さんのブログ記事

  • 「若き数学者のアメリカ」藤原 正彦
  • 【私の評価】★★★★★(91点) ■数学者の藤原 正彦さんが若き頃、  米国の大学で教鞭を取ったときの  思い出です。  作家の新田次郎の次男だけあって  自分の感情と失敗談を  面白く描写してくれます。  海外に出ると未知への不安と、  母国を客観的に見れるために  愛国心が刺激されるのは  だれでも同じ。  ハワイでは真珠湾を遊覧船で回り  アメリカ人... [続きを読む]
  • 「アマゾンのすごいルール」佐藤 将之
  • 【私の評価】★★★★☆(85点) ■15年間アマゾンジャパンで  働いてきた著者が教える  アマゾンの仕事のルールです。  ベンチャーらしく現状維持を否定し、  お客様のメリットを追求する  姿勢がすばらしい。  中古品の並行販売、アマゾンプライム、  amazonクラウドサービス、  商品の保管から受注・出荷・配送まで行う  FABサービスなどが生まれた... [続きを読む]
  • 「日経プレミアPLUS VOL.3」日本経済新聞出版社
  • 【私の評価】★★★☆☆(73点) ■「宴会のストラテジー」  「宴会を見れば、会社がわかる」  というタイトルに引かれて  手にした一冊です。  2012年発行ですので  東日本大震災1年後の  小型ビジネス雑誌です。  リーマンショックから  立ち直りかけたタイミングで  東日本大震災が起きた。  2012年9月には中国で  尖閣諸島の国有化による  日... [続きを読む]
  • 「大相撲新世紀 2005-2011」坪内 祐三
  • 【私の評価】★★★★☆(82点) ■大相撲ファンの作家による  大相撲の解説です。  貴乃花親方の問題を考えるため  この本を手にしました。  大相撲はスポーツなのか  興行なのか。  枡席で大相撲を楽しむ著者は、  どちらかといえば、  伝統の大相撲を愛する  ファンなのでしょう。 ・明治の末に相撲を国技と名づけたのは  当時の大衆作家江見水蔭であるが ... [続きを読む]
  • 「物の見方・考え方」松下 幸之助
  • 【私の評価】★★★★★(90点) ■経営の神様と言われる松下幸之助は、  自分の力で成功したとは  思っていなかったようです。  私は学校に行っていない。  だから、人の意見を  聞くことができた。  体も弱かった。  だから、人を使って  人を育てることができた。  自分は大した能力もないのに  成功した。だから私は  運が良かったのだろう。  そう考え... [続きを読む]
  • 「日本一社員が辞めない会社」小池 修
  • 【私の評価】★★★★☆(88点) ■人がどんどん入れ替わる介護業界で  埼玉県に定着率96%の  介護施設があるという。  しかし、創業してから2年間は  従業員の定着率が上がらず  倒産の危機にも瀕しました。  3年目になって3か月の一度  全社員と面談するようになって、  辞める理由がわかってきました。 ・社員が辞める本当の理由・・  1(有給)休暇が... [続きを読む]
  • 「斎藤一人 魂力 一人さんと二人で語った一番長い日」信長
  • 【私の評価】★★★★☆(83点)■当代きっての商人であり大富豪の 斉藤一人さんから、 真面目なホスト経営者である信長さんを 通じてのメッセージです。 斉藤一人さんは、これからは 魂の時代だという。 魂の時代とは、 魂を成長させた人が 成功する時代ということ。 人は生きながら魂を成長させ、 また次の人生を生きる。 輪廻転生しているというのです。・「自分にとってお金をもらいながら 魂が成長する方法は何? [続きを読む]
  • 「不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか」鴻上 尚史
  • 【私の評価】★★★★☆(85点)■演劇の演出家として活躍する 鴻上さんによる太平洋戦争での 特攻隊についての分析です。 鴻上さんは演出家ですから、 役者に「命令する側」にいます。 では特攻隊員に「命令する側」は どうして特攻を命令したのか、 ということを考察しています。 最初の疑問は、 飛行機で体当たりすると 投下した爆弾の半分の速度しか出ないため、 敵の装甲甲板を貫くことが できないことです。 コ [続きを読む]