再遊 さん プロフィール

  •  
再遊さん: KIMONO文化を世界に広めるブログ。
ハンドル名再遊 さん
ブログタイトルKIMONO文化を世界に広めるブログ。
ブログURLhttps://ameblo.jp/ilovekimono/
サイト紹介文着物(きもの)に触れるたびに感じる日々少しずつお話してみたいなと思ってます。
自由文子育てしながらのびじねすうーまん街道を走ろうと助走中♪気ままに語ってるブログですので話題も様々。
KIMONOの新しいカタチを追求しながら感じたことを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/09/05 20:43

再遊 さんのブログ記事

  • 雨の中の選挙結果はどうなんでしょうか。
  • 今回の選挙は期日前投票さえ順番待ちだったそうですから、かなり盛り上がってくれてるんでしょうね。 この1票が世の中を変えると思えば、行かなくてはもったいない 若い方たちにとっては、自分たちの未来を描くための選挙。 結果次第で、結婚、出産、子育て支援などの状況が変わるかもしれません。 若者の数が減り、高齢者の数が増えている今。 施策が偏ってしまいがちなります。 だって選挙へ行く層の厚さが違いますから。 [続きを読む]
  • 着物の部位名について。(1)
  • 着物の部位の名称って分からないものが多いですよね。 ちょっと説明してみようかと思います。 まずは衿から。 衿の形にもいろいろあるんですよ、実は。 広衿、バチ衿、棒衿など。 広衿は今は一般的な形です。 衿幅を倍にして、半分に折って着るタイプです。 今の着物はほとんどこうなってますね。 衿幅の調節が効きます。 バチ衿はすでに折らずに着られるように折って仕立てている衿のこと。 仕立てた形が三味線のバチのよう [続きを読む]
  • 女性の院卒は嫌われる。。。
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00010000-binsider-bus_all このニュースを読んでて、今もなんだなぁと実感。 私たちの頃も、院卒の女子なんて不要だと言われることが多々ありましたから。 私の場合はたまたま家業に就くことになりましたが、女子の院卒が武器になる職種と言えば、新聞社でしたよ、私たちの頃は。 だからこそ目指してました。 どうしても家業を継がねばならなくなったため途中で諦めましたけれど。 [続きを読む]
  • キモノはこのまま欧米の高級ブランドに利用されていいのか?
  • いつも自分に問いかけていること。 仕事としてキモノは成り立つものなんだろうかと。 未来が明るくできるのか。 いつも必要とされているサービスなんだろうか。 今の私にできることは何なのか。 答えが見付からないままの10年強。 消費者目線で言えば、キモノなどなくても暮らせるし、困らないというところなのでしょう。 そして、今までキモノの生地を作る企業さんが主導で、世界にキモノの世界を発信して来ました。 キモノ [続きを読む]
  • ファッションも戦争だ!
  • お洋服をレンタルするサービス。 日本でも盛んになって来てますね。 アメリカでもかなり盛り上がっているみたいですが・・・ アメリカで有名なレンタルザランウェイの企業理念がすごい。 「女性のクローゼットをクラウド化する」というもの。 そして、若者向けの価格を下げたレンタルサービスを開始なんだそうです。 ファストファッションに1か月にかけている金額、89ドルくらいかけている顧客をターゲットに、そのまま同額 [続きを読む]
  • 柴咲コウさんの着物姿が話題ですね。
  • やっぱり美人は絵になりますね。(笑) けどなぜか関東の女性ってシックな色を選ぶんですねぇ。 確かに大人っぽく見えますが。 もうちょっとお若い色を着られてもと思ったり ちょっとしか見えないので分かりませんが・・・ 柴咲さんは、恐らく衿に柄が入っているところから、訪問着あたりでしょうか。 加賀友禅のように見えますが、違うかな。。。 フォーマルな装いですね。 松雪さんも北川さんも同じ。 30代、40代の女性なら [続きを読む]
  • 和裁も、AIに取って替わられてしまうのか。。。
  • 今や技術革新に突き進む時代。 人手不足を補う方法としてAIも注目されていますね。 どの仕事がAIに取って替わられてしまうのか 色々と名前は上がります。 仕事が無くなってしまうのかと不安にもなります。 しかしこれはずっと繰り返して来た話題だったようにも思うのです。 産業革命のとき、多くの人が仕事を失ったかもしれませんが、代わりに自動車などが生まれ、やはり人が作り上げていきました。 結局人は仕事を生み出す天才 [続きを読む]
  • 繕いの心って言葉は素敵。
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000021-kyt-cul 私が幼い頃、家電なんてどれも修理しながら使うのが普通でした。 いつの間にか人件費の高騰とともに、「繕い」ながら使うっていうことが日本の生活習慣の中から消えてしまいそうです。 だって海外で作った新品の製品のほうが、修繕費より安かったりするわけですから、消費に回りますよね。 まして衣服なんて繕ってまで着るなんてあり得ない時代。 でもそういう [続きを読む]
  • キモノの下着ってどうなってるの?
  • 下着はお好きなものをどうぞ。 キモノ用のこんな下着もあります。 もちろん普通の下着でもOK。 ただなるべくなら、ブラ部分がない下着がおススメです。 キモノの下着ってどこからが下着なのかと疑問をもたれる方も多いかと思います。 昔はショーツもない時代。「おこし」と言われる、腰から下を隠すためのものを一番下の下着として着てました。 そしてその上に長襦袢を着ます。 この長襦袢も下着とされていました。 つまり昔は長 [続きを読む]
  • 今やkimonoは洋服のジャンル?!
  • Light and enveloping kimono for an exotic allure #zarawoman #zaraeditorial ZARA Officialさん(@zara)がシェアした投稿 - 2017 5月 11 6:54午前 PDT 実は前にZARAのオンラインショップ見て、気になってたんですが。 「KIMONO」っていうジャンルがあるんですよね。 開けてみると、キモノスリーブだったり、ガウンだったりするものが並んでて。 この仕事している私にはすごい違和感だったわけですが。(笑) そしたらこ [続きを読む]
  • 縫製技術は芸術ではないのか?
  • かなりのやっかみが入ってます https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000009-kyt-l26.view-000 こんな風にできないですもんねぇ・・・和裁じゃ。 そこは辛いところ。 縫製そのものが芸術の一部だってことを知っていただきたいなぁ。 ヨーロッパじゃクチュリエとかちゃんと職業として名前あるんですよね。 でも和裁って和裁士か仕立屋くらいしかないですからね。 これも実はあんまり認知されていない呼び名だったり。 [続きを読む]
  • おはしょり部分は女性に必要か?
  • 男性におはしょりがないのが不思議に思われませんか 男性はお金持ちでもそうじゃなくても、対丈(おはしょり部分がない)の着物と決まっていました。 なぜか。 ここからはあくまでの私見です。 恐らく男性は自由に外に出て、仕事をしたり遊んだりしていた名残だと思いますね。 逆に女性はお金持ちや身分の高い奥様やお嬢さんは容易に外に出ることはできないようになっていたように思います。 彼女たちはたっぷりの量を使った着物 [続きを読む]
  • お金持ちがお金を使うのは悪いことなのか?
  • 最近新聞に載ってたコラムを読んで、考えさせられたこと。 リーマンショック以来、アメリカの大金持ちもお金を使うことに罪悪感を感じているとのアンケート結果があるんだそうです。 それも成金ではなく、代々お金持ちな家系の方に顕著なんだとか。 アメリカの成金趣味的な生活を見せびらかすという雰囲気は19世紀後半からのものようです。 トランプさんは正当な後継者という感じでしょうか でも彼の政策がラストベルトや農民か [続きを読む]
  • 中原淳一さんの絵って素敵ですよね。
  • 個人的にはあのしっとりとくりっとした目の少女や女性たちの絵は大好きだなぁ。 そんな中原さんのデザインと類似した商品販売でちょっとした問題が起きているんだそうです。。。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000000-jct-soci&p=2 浴衣の図柄って正直、目新しいものってもうなかなか無い気がしますねぇ。 芸能人の方やファッションデザイナーがデザインしたブランドを立ち上げたりしてますが・・・ デザインそ [続きを読む]
  • 今はご高齢の方が一番元気。
  • セブンの決算が順調だと新聞に載っていました。 やっぱりなぁと。 近所のセブンイレブンさんを見ても納得。 とにかくご高齢の方のお買い物客が多い 買いやすいディスプレイとお惣菜のラインナップの絶妙さ。 今やご高齢の方も洋食化してますので、あえてご高齢の方用のお惣菜というよりも、若い人と同じものを並べています。 そこはさすがのマーケティング力です。 多分セブンイレブンさんのやっているお惣菜類は作るのに手間と [続きを読む]
  • グッチが毛皮を廃止らしい。
  • たぶん日本ではそれほど大きなニュースではないのかもしれないですが・・・ 欧米での毛皮に対する愛着って、強いものがあるんですねぇ。 日本は伝統的に誰でも毛皮を着るという生活ではなかったので、それほどこだわりはないように思うのですが。 寒冷地では毛皮は昔は必需品だったのでしょうね。 日本の気候との違いもあるかなとも思います。 ただ毛皮を使わないファッションは今や当たり前。 身体を温める効果のある素材も、 [続きを読む]
  • 「努力や工夫」に逃げてはいけない。
  • そろそろオリンピックに関するイベントも始まりましたね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011170321000.html 車いすの方でも着物を着ておもてなしができるということのようです。 着物に関する様々なお仕事をされている方が集まってイベントのようです。 記事によると裾にスリット入れて、車いすの方でも着やすい工夫をされているんだそうで。 こういう動きが一時的ではなく、永続的に続けられていくことを切に [続きを読む]
  • 時代はオーダーメイドだ!
  • どうやら時代がやっとキモノ さよりすに追いついて来た(笑) いよいよ大手のアパレル企業が本格的にオーダーメイドに乗り出したようです。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000003-netshop-sci 自宅訪問で採寸というサービスも選べるんだそうですよ。 もちろんサイズを専用サイトに登録して、オーダーメイドで作ることもできるみたいです。 あ、ちなみに男性のスーツです。 これ、キモノと同じで採寸箇所が少 [続きを読む]
  • キモノ さよりすがお安くできない理由。
  • 数年前から車の安全性の偽装が話題になっていたところ、エアバッグの安全性も偽装があったりしましたが、今回はさらに基本である資材の強度の偽装まで起こってしまいましたねぇ。 日本の大企業がいかに利益優先になってしまっているかを露呈し続けていますね。 少しでも利益を上げなければ、やっていけないということは分かるんですが、人件費を削って、その利益を留保するだけなら、意味が分かんない体質だなぁと。 何のために [続きを読む]