相模 稔 さん プロフィール

  •  
相模 稔さん: おーがにっくな家ブログ
ハンドル名相模 稔 さん
ブログタイトルおーがにっくな家ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/organi9-sta/
サイト紹介文新潟市でおーがにっくな家をつくる。小さな工務店社長の奮闘記です。
自由文おーがにっくな家とは?

可能なだけ
?窯業系サイディング
?塩化ビニールクロス
?複層合板フローリング
?塩ビシート貼り既製品建具 という現代住宅を
非人間的空間にしている安直な素材をいかに追放できるか。 本質的な居心地のよさ、愛着を住宅に実現することです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/09/05 21:00

相模 稔 さんのブログ記事

  • 冷暖房エネルギーの試算値と実燃費の違い
  • 冷暖房エネルギーの試算値と実燃費の違いについて本当に試算通りの結果になるのかとよく聞かれますが、冷暖房負荷計算は、一定のルールで計算する車の燃費性能のようなものです。カタログでリッター40kmと書いてあって、実際のその距離を走ると思っている人はあまりいないと思います。 私の乗っていた先代のプリウスのカタログ数値はリッター32kmで、実燃費24kmほどなので、÷0.75くらいの結果なのでしょうか。  「中野山 [続きを読む]
  • グランドピアノのある家「中野山の家」・・・内部空間
  • 日本エコハウス大賞とは、「意匠(デザイン)と性能の両面で優れた住宅を表彰する、設計実例コンテスト」グランドピアノのある家「中野山の家」が、2018年度の大賞候補の4作品に選ばれましたので、シリーズでご説明していきたいと思います。今回は、内部空間のデザインの特徴をまとめます。 玄関に入ると特注のマットブラックの内装になっている。 ここで強い存在であるグランドピアノの「黒」に目をなじませておくという、心憎い [続きを読む]
  • グランドピアノのある家・・・ 外観の特徴
  • 日本エコハウス大賞とは、「意匠(デザイン)と性能の両面で優れた住宅を表彰する、設計実例コンテスト」グランドピアノのある家「中野山の家」が、2018年度の大賞候補の4作品に選ばれましたので、シリーズでご説明していきたいと思います。 まずは 外観のデザイン面の特徴をまとめてみます。飯塚さんのプランニングの特徴は「間取りよりも、ボリューム(外観)から考える」ということです。外観とは建物の輪郭のこと。特に屋根 [続きを読む]
  • 東大 前准教授がやってきた!
  • ビルダーズの木藤さんから 大賞候補おめでとうの電話がある。それはともかく、 東大の前准教授が新潟駅にいらっしゃっていると言う。1泊二日のお仕事に新潟入りしているけど、夜が特に予定が無いようだ。ラッキーなので 取り次いでもらい お会いしました。 APWフォーラムで 札幌で一緒に講演をしたし、会うのは5回目?? 前さんは、日本エコハウス大賞の審査員をなさっていて、「中野山の家」が大賞候補作品に選ばれた前後な [続きを読む]
  • 日本エコハウス大賞2018 大賞候補へ
  • 今年で第4回となる日本エコハウス大賞。年々作品水準が上がっていて工務店の間でもかなり認識が広がっております。今回は68作品が応募され、大賞候補の4作品に、グランドピアノのある家「中野山の家」も選ばれました。 今回で4回目の開催になりますが、我々としては3度目のエントリーになります。ちょっと過去の作品を振り返ってみましょう。 第1回 2015年庭屋一如「金衛町の家」・・・建築ボリュームとしては豪邸といえる住宅で [続きを読む]
  • 日経ホームビルダーの12月号取材
  • グランドピアノのある家「中野山の家」に関して、立て続けに3つの出来事がありました。 一回で書ききれないので、分けて記事にしていきたいと思います。1つ目は日経ホームビルダーから取材がありました。 (これは今月号。 中野山の家は次号にて掲載です)「意匠デザインと温熱性能をディテールで読み解く」という特集で、堀部さんの最新作。初めての付加断熱の物件と並んでの掲載だと聞いております。堀部さんは我々にとっての [続きを読む]
  • 業界の評判のいいところは間違いない
  • 口コミは業界人に聞くこと友達や知り合いで、どこかで新築したばかりの人からの家を建ててどうだったかの口コミは気になるところかもしれませんが、普通の人からの1つの口コミ情報は、その方のバイアスがかかっているので、鵜呑みにするのは注意がいります。 同じ口コミでも、実際に建てて住んでいる人からでなく、知人に建築関係者がいるなら、お勧めを聞いてみるといいかもしれません。業界のプロからの評判が高い会社は、良い [続きを読む]
  • 「アトリエ・セントー『鬼火』の世界」展 開催中
  • フランス人のアートユニット、アトリエ・セントーのセシルとオリヴィエさんにお会いしてきました。アトリエ・セントーは昨年の第11回国際漫画賞受賞の作家さん。外務省からの招待来日のようで、我々と会う直前には新潟県副知事を表敬訪問していたようだ。 オガスタ事務所に飾ってある絵はアトリエ銭湯の絵です。詳しくは過去の記事までどうぞ。 お会いした経緯が摩訶不思議なのでちょい紹介。山下さんのお友達に、チリ人のイラス [続きを読む]
  • 新住協 の全国総会2018に出席しました。
  • 新住協 の全国総会2018に出席しました。2018年の会場は大阪梅田のスカイタワーです。今までの新住協のメンバーは、断熱の技術を研究するのが好きな、田舎の工務店のお父さんで、悪く言えば、センスのあまりない住宅だけど暖かいのを細々と建てている。そんなイメージでしたが、去年あたりから様子が違う。 横浜の北村建築工房の北村さんや、ベガハウスの大迫さんといった顔が見えたのはみんな驚いていた。(この二人を誘ったの [続きを読む]
  • 売れないモデルハウスの投資はハイリスク
  • 投資判断を失敗するのは経営責任これから急速に縮んでいく住宅市場において、投資したのにリターンが見合わないことをするのは、会社に致命的なダメージを与えかねない。結果が悪ければ、すべては経営者側の投資判断が悪いということになる。スタッフがいくら頑張ろうと、投資の失敗責任は経営者側にある。一発逆転を狙ったり、根拠のない能天気で判断していると、見栄っ張りの経営者は 過剰投資の誘惑に負けてしまう。売れ筋で [続きを読む]
  • 大手量産メーカーの真似をする住宅会社・・・・つぶれる住宅会社の見分け方②
  • 大手量産メーカーの真似をする住宅会社大手量産メーカーは量産メリットを生かして、ともかく販売主体で会社を回している。建築会社というよりも販売会社といったほうがいいくらいだ。より多く売れるために、個性的でいくよりも、無難無難にまとめあげた住宅になっている。外壁の色も、ライトグレーやベージュという無難を選び、室内もクレームを回避するために、汚れにくいという理由でツルツルのシート張り建材で仕上げている。 [続きを読む]
  • 工務店は赤字会社が多い;;
  • 工務店は零細企業が多い業態です帝国データバンク調べによると、新潟県で工務店は約2200社存在していて、その上位200社が売り上げが約2億円以上の規模であります。逆に言えば、10社に9社が売り上げ2億円未満の零細企業です。(家族経営の会社も多いのが特徴です) こうした会社は大手の下請けか、小規模リフォームで食いつないでいるかであって、戸建て住宅を新築で請け負うことがめったにない会社が多いので一般の方はあまり目 [続きを読む]
  • 新潟ワインコーストフェスタ2018
  • 新潟ワインコーストフェスタ2018 秋のちょうど良い気候のころの 9月30日(日)カーブドッチと 周辺の5つのワイナリーを、定額料金でワインテイスティングができるイベントがあります。フランスのボルドー地方に行かなくても、こんな優雅なツアーができるなんて。新潟市は住めば都で、自然も豊かで食も豊かです。ですが、県外からのお客様をお連れしようとすると、良い観光スポットがなかなかありません。数少ない、間違いのない [続きを読む]
  • 窓の外の景色を大胆に取り込むか?それとも絞り込むのか?
  • フラワーホーム藤田社長の自邸の訪問記その2です。藤田社長は「吉村山荘」好きですねと 伝えた。それがイメージの源泉となり家づくりが進められた。 とのこと確かに内装や外装はそのまま吉村山荘そのものですが、何か大きな点が異なると思ってました。改めて吉村山荘を確認すると、2階リビングがあり、2間間口の引き込みの掃き出し窓と、1間の掃き出し窓と隅切りで合わさってまるで、まるで森の中に身を置いているような感覚 [続きを読む]
  • 北見市のエボホーム  マイクロ工務店という生きざま
  • 今年も北海道石油連盟のお招きで、講演会を行いに、カーリング娘で有名な北見市まできました。北見市にはあくの強い工務店社長がいるのをFacebookで見つけました。 伊礼さんの首絞めたり、シンケンの迫社長の顔にいたずら書きしたり、傍若無人な  やりたい放題の暴れん坊。見た目もちょっとジャイアンぽいし、変な社長がいるものだと気になっていた。他にも東京の田中工務店、西方設計とも仲が良いようです。日本においてはか [続きを読む]
  • 8/5(日)「グランドピアノのある家」完成内覧会
  • オーガニックスタジオの2018年、最大の目玉プロジェクト。飯塚豊さん(i+i設計事務所)設計コラボの「グランドピアノのある家」が間もなくお披露目です。詳しい内容は飯塚さんのブログを一部転載いたします。庭がある程度広く、メインフロアにグランドピアノを配置することが決まっているので、1階リビングが自然です。そこで、坂倉さんの飯箸邸のような非対称な切妻のボリューム構成を採用しました。(中略) 西側中央一階のリビ [続きを読む]
  • 7.13水害の状況報告 
  • 西日本豪雨被害に遭われた方々と、復興に向けてこの猛暑の中でボランティアなどで奮闘されている方々のご苦労を思うと心が痛みます。お体に十分 お気を付けくださいますようお願い申し上げます。 H16年7月13日、新潟の県央エリアを襲った7・13水害の際、当時、私が勤務していたエリアが大水害に見舞われ、8件のお客様家屋が床上浸水の被害に遭いました。その際に、災害の1週間後に、オーナー様向けに送った報告のお手紙が、 [続きを読む]
  • これから開催 2018年講演活動の一覧
  • 7月のこれからほぼ毎週、県外で講演活動の予定が入ってきます。すべてプロの工務店や設計事務所の方を対象とした、実践的な経営セミナーです。7月11日 東京品川工務店による工務店のための勉強会(KKB) (本日開催:募集終了) 品川駅直結の、YKK AP最大のショールームを午前中貸し切って、仲間の工務店たちに27社が集い、私、相模が講師となり、温熱計算から冷暖房計画の立案の勉強会を行います。 APWフォーラム各都市開催樹 [続きを読む]
  • 奥様30日DIY! 和レトロモダンな家
  • 奥様30日DIY! 和レトロモダンな家 次回の完成内覧会が、久しぶりに個性派住宅のお披露目です。 和のレトロテイストの住宅です。 新しい居酒屋インテリアでは、食へのこだわりを演出できるからでしょうか定番なテイスト。 住宅では5〜7年くらい前に、ややムーブメントが起こりましたが今でも根強い人気です。 今回の住宅は、建築士でもある奥様の世界観がさく裂です。詳しい説明は阿部君がしつくしているので、そちらもごらん [続きを読む]
  • 9期決算短信
  • 2018年6月30日でオーガニックスタジオ新潟の第9期の活動が終わりました。 具体的な決算数値の公開はここでは控えますが、 第4期より決算短信で動向はお伝えしておりますのでご興味のある方はご覧ください。  決算短信 創業来初の減収という結果でした前期と同じく 20棟の完工がありましたが、前期との比で94%という結果になりました。もうこれ以上成長しないよ、しないよと言い続けてきましたが、ようやく創業以来の増収がスト [続きを読む]
  • 老いる家 崩れる街
  • 紘大君が男の育休に入っていて、マンパワー不足です。なので久しぶりに営業設計っぽい仕事をしてます。今日は購入候補土地を 5件見て アドバイスレポートをお客様向けに書きました。なんだか、営業マン時代にやっていた、久しぶりな作業は面白かったです。(暑かったけど)半日ぐるぐる新潟市の中央区を回ったのですが、古い住宅街の高齢化と、さらに進んで空き地が増加し、貸し駐車場だらけのスポンジ化した区域があることが顕 [続きを読む]
  • 24時間緊急対応サービス開始!
  • かつてこんなことがありました。夜の8時過ぎに 事務所からの帰路に、お客様からの携帯電話のベルが鳴る。 「行楽から帰って、家の玄関ドアの開錠をしようとしたら、びくともしない。家族が家に入れなくて困っている。」 とのこと。 それは大事と、お客様のところまで車を走らせ、私も何とかしてみようとしたけど、やはりだめだ。 最寄りの鍵サービス会社に来てもらってさらに1時間近く悪戦苦闘。ようやく開錠できたのが夜の10 [続きを読む]