多ぁ望@新習慣クリエイター さん プロフィール

  •  
多ぁ望@新習慣クリエイターさん: 新たな習慣へのトライ
ハンドル名多ぁ望@新習慣クリエイター さん
ブログタイトル新たな習慣へのトライ
ブログURLhttp://newhabits.blog33.fc2.com/
サイト紹介文仕事楽術、手帳術などの「有言実行」をレポート!自分を磨くための新たな習慣へのトライを実践します。
自由文ビジネス書等で、影響された言葉などを紹介し、その言葉によって生み出された行動、そしてその結果について、レポートしていきます。
第3者からのアドバイスはときに大きな効果を与えてくれます。そしてそのアドバイスは実践しないと意味がない。行動に結びつけよう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/09/06 00:36

多ぁ望@新習慣クリエイター さんのブログ記事

  • リーダーが倒れた!
  •  「楽描き会」の2回目のレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。ファシリテーションのための楽描き会 今回の楽描き会では「ファシリテーション」をテーマに取りあげました。 ファシリテーションとは会議など、多数の意見をうまくまとめていく手法であり、どんな職場に置いても必要となるスキルです。 今回はそのスキルをゲームを通じて学ぼうというものです。 このイベントではグラフィックレコーデ [続きを読む]
  • プロッキー文字とインスタフレーム
  •  この週末は「楽描き会」というイベントを開催してきました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 そのイベントはこれ。ファシリテーションのための楽描き会 これはグラレコを実践する目的の場です。 「○○のための楽描き会」 というタイトルで今後も様々なテーマを取りあげて継続をしていきます。 初回のテーマは「ファシリテーション」としました。 全3回シリーズでレポートしていきます。1.プロッキー [続きを読む]
  • モデレーター初心者が通る道
  •  先日、仕事でパネルディスカッションを行う機会がありました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 様々な場でファシリテーションの経験はあるものの、パネルディスカッションのモデレーターをつとめるのは初めて。 となると、仕事として失敗したくない。 なんとか会場を盛り上げたい。 と思うのは普通だと思います。 今回はそんな普通の道を歩んだ結果、陥るワナについて紹介していきます。 この画像はこの [続きを読む]
  • 講師がいなくなった(リアル編)
  •  これはFaceBookに投稿した内容なんですが、記録に残しておきたいので改めて記事にします。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 FaceBookに投稿したのは2014年3月21日でした。 書いているのは2017年12月2日です。 「ファシリテーション」についていろいろと考えていたときに思い出した内容です。 とても印象的な出来事だったので、紹介します。 まずは過去のファシリテーションセミナーをうけたときにグループ [続きを読む]
  • ワクワク3.0を創り出せ!
  •  ワクワク3.0ってご存じですか? こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 これは前回紹介したIFラボというワークショップの中で生まれた言葉です。 だから知らなくて当然です。 今回はその意味を深掘りしていこうと思います。1.Scheme667:グラフィックレコーダーの役割は全体像を構造化してアウトプットできるカタチにまとめること。" target="_blank" title="グラフィックレコーダーの役割">グラフィックレコー [続きを読む]
  • プログラムデザインよりも大切なこと
  •  前回に続きIFラボのレポートを続けます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 IFラボとは、イノベーションファシリテーター同士のつながりの場であり、学び合いの場でもあり、協働のきっかけをつくる場でもあります。 今回はメインファシリテーターの浅井さんによる「プログラム・デザイン」がテーマとなっていました。1.Scheme667:グラフィックレコーダーの役割は全体像を構造化してアウトプットできるカタチ [続きを読む]
  • グラフィックレコーダーの役割
  •  今回初めてグラフィックレコーダーをつとめる場をいただきました。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 いままでいろいろとグラレコを実践してきましたが、自分が主催するイベントで描くことがほとんどでした。 今回はIFラボというイベントで事務局を担当し、メインファシリテーターの進行内容を描き残す役割を引き受けることとなりました。 自分が主催するイベントでは、あらかじめ進行内容を把握しているため描 [続きを読む]
  • ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ
  •  さて、グラレコ実践会の今後の動きについて紹介します。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 昨年から活動しているグラフィックレコーディング実践会。 当初は第1章、第2章と章立てのようにグラレコの活用が進んでいくイメージをもって開催してきました。グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章 しかし、今回紹介するグループワークの結果、その活動方針とワークショップのタイトルを変更することとし [続きを読む]
  • なぞのマラソンランナーから見えたこと
  •  今回はグラレコ実践会のグループワーク「なぞのマラソンランナー」を紹介していきます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 この実践会では、「実際に使えるグラレコ」を参加者同士で練習し合う場をめざしています。 そこで今回選んだグループワークが「なぞのマラソンランナー」です。グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章 これは以下の本に紹介されているグループワークです。朝カフェのメンバー [続きを読む]
  • ビジュアル言語でグループ対抗
  •  今回はグラレコ実践会のグループワークを紹介していきます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 ビジュアルファシリテーションフォーラムでは「ビジュアル言語」という言葉が注目されていました。 VFFの記事でこんなことをまとめています。Scheme661:目的に応じた手法を選択できるテキスト言語とビジュアル言語のバイリンガルをめざそう。 そこで、今回の実践会では「ビジュアル言語」とは何なのか実際に体験し [続きを読む]
  • グラレコの7要素から分析する
  •  今回はグラフィックレコーディングの動画を紹介します。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 グラレコ勉強会の中で、難しいけどためになる個人ワークがあります。それが「パフォーマンス・グラレコ」です。 このイベントでやってみました。グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章 これは5分程度の短い動画を見ながら、その内容をグラレコとして記録していくもの。 映像を見ながら、音声を聞きながら [続きを読む]
  • メインファシリテーションとグラレコの両立
  •  この週末はグラレコ実践会を開催してきました。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。 前回までビジュアルファシリテーションフォーラムのレポートを紹介し、5回目には今回の「グラレコ実践会」の告知をしていました。 こちらのイベントです。グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章 この企画は「実践会」という名前のとおり、グラレコの経験者を対象に、自ら描く機会を提供しようという場です。 グラ [続きを読む]
  • グラレコからビジュアルファシリテーションへ
  •  さてビジュアルファシリテーションフォーラムの最終レポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜 5回目は、グラレコに対する今後の取り組みについて紹介していきます。1.ビジュアルファシリテーションフォーラムのインパクト2.グラフィックレコーダーのアウトプット3.感情を道具化するエモグラフィ4.グラレコとは?ファシグ [続きを読む]
  • グラレコとは?ファシグラとは?
  •  前回はVFFのワークショップについて紹介しました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜 今回はテーマセッションのひとつをレポートしたいと思います。1.ビジュアルファシリテーションフォーラムのインパクト2.グラフィックレコーダーのアウトプット3.感情を道具化するエモグラフィ4.グラレコとは?ファシグラとは?(本日の記事) [続きを読む]
  • 感情を道具化するエモグラフィ
  •  ビジュアルファシリテーションフォーラムではテーマセッションとワークショップで構成されていました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜 ワークショップには人数制限があったため、参加者は抽選で決まりました。 私は運良く、ひとつのワークショップに当選できたので今回はそれをレポートしたいと思います。1.ビジュアルファシリテー [続きを読む]
  • グラフィックレコーダーのアウトプット
  •  前回からビジュアルファシリテーションフォーラムのレポートを書いています。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜 このイベントにはグラレコを日々活用しているグラフィックレコーダーが全国から集まってきました。 例えば、なんらかのセミナーを受けたときに、その講義録をマインドマップをつかって取っている方を見かけたことがあるかも [続きを読む]
  • 7つの習慣をゲームから読み解く
  •  こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 先日、7つの習慣ボードゲーム会を開催してきました。 宇都宮で開催するのはこれが7回目です。 記念すべき第7回の7つの習慣ボードゲーム会。 記念すべきというのは”7”を2回言いたかっただけですが。 前回は2テーブルで初めて行ったことをこちらで紹介しました。Scheme651:まず理解に徹し、そして理解される。ここで大切なことは想いを伝えること。 今回は逆に人数が [続きを読む]
  • そして続けられるグラレコへ
  •  さてグラレコ勉強会のレポートが5回目となりました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾 第3回目のグラレコ勉強会のテーマはこちらでした。「まずは始める。そして続けられるグラレコへ。」1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい2.リアルタイムグラレコのジレンマ3.グラレコでチームワークを加速しよう!4.ペンが滑るようになった瞬間5.そし [続きを読む]
  • ペンが滑るようになった瞬間
  •  今回はグラレコ勉強会のもうひとつの特徴に注目したいと思います。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾 第1回目のレポートではグラレコ勉強会の特徴に触れました。 それはノートを取らないこと。 その代わり、A3の紙をガンガンつかって、描きまくるのです。 でもやっぱり、勉強会で学んだことって振り返りたくなりますよね。私もセミナーに参加したときは、 [続きを読む]
  • グラレコでチームワークを加速しよう!
  •  3回目のグラレコ勉強会のレポートはグループワークを取りあげます。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾 グラレコ勉強会第3弾となる今回は「チャレンジ編!」としました。 第1弾、第2弾と参加しても、なかなか使えてないという声が多く、実際にグラレコの効果を体験できるようなワークを希望していました。 今回、グラレコ講師陣が用意してくれたグループワ [続きを読む]
  • リアルタイムグラレコのジレンマ
  •  今回よりグラレコ勉強会のワークを紹介していきます。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾 以前、グラフィックレコーディング実践会を企画したときにこんなレポートを紹介しました。Scheme620:グラレコとはSimple+Speed+Smileを備え、最小限の時間で、情報を伝えられる視覚言語である。 この記事の中で、リアルタイムにグラレコで記録することを「パフォー [続きを読む]
  • グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい
  •  この2017年の大きな目標をひとつ達成しました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 その目標とはこちらのイベントです。グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾 第3弾は「チャレンジ編!」としました。 5回シリーズでレポートしていきます。ご期待ください。1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい(本日の記事)2.リアルタイムグラレコのジレンマ3.グラレコでチームワークを加速しよ [続きを読む]
  • チームワークのアプローチ
  •  NikkoアイデアCamp2017の最終レポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 前回は「アイディエーション・グラフィック」というコンセプトについて紹介しました。 アイデアを生みだすことにも、 アイデアをまとめることにも、 チームワークって大切です。 5回目のレポートは「チームワーク」を取りあげます。iDEA CAMP 2017 Creative Week 0→1を創るぼくらのSUMMER CAMP1.NikkoアイデアCAMP2017の7 [続きを読む]
  • アイデアはシナリオによって伝わるもの
  •  アイデアが思いついても、それをどうアウトプットするか腕の見せ所になります。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。 前回はEarthan'sというお店に提案したアイデアを紹介しました。 今回はそのアイデアにどうやってたどり着いたのか、分析してみたいと思います。 私達のチームFutureStepは3名でNikkolyワークをスタートしました。 いろんなアイデアがあふれていたときに、ひとつ目に止まったのが前回のレポー [続きを読む]