気ままな旅人 さん プロフィール

  •  
気ままな旅人さん: 気ままな旅人
ハンドル名気ままな旅人 さん
ブログタイトル気ままな旅人
ブログURLhttp://4travel.jp/traveler/isazi/
サイト紹介文いろいろ旅しての写真
自由文四季を通じての
旅しながら.古い町並み.祭り.花を追いかけて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/09/06 07:22

気ままな旅人 さんのブログ記事

  • 2018初夏に向かって咲く華・花/その5【 あじさいの・四季の森】
  • 美山の三光寺から、犬山市超えて明治村を過ぎると愛知県の北部にある小牧市へ、四季折々の季節の花を楽しめとても静かで空気の綺麗な所で手入れが行き届く。ここは、小牧市総合公園 市民四季の森 です。四季の森とい名のとおり周囲のこんもりと生い茂った木々が見渡せ初夏の中で心が癒されます。バラ・アジサイまつり(開催日 : 2018年06月02日 〜 2018年06月17日)東海のお出かけス… [続きを読む]
  • 県内最大の切りバラ産地 2018「バラ祭りinごうど」
  • 岐阜県安八郡神戸町・町の活性化「ばらの町 ごうど」町おこしとイメージアップのためにごうどふれあいフェスティバル「おひさま祭り」と「ごうどバラ祭り」“ばら公園いこいの広場”にてバラ祭りinごうどのまつりへ県内最大の切りバラ産地・安八郡神戸町へただ広い池と橋と噴水の殺風景な以前の公園は、数年前、「イングリッシュ・ローズガーデン」の閉鎖に伴い、バラ公園施設として2009年に「ばら公園… [続きを読む]
  • 第53回 洋らん展&花フェスタ記念公園の花達
  • モッコウバラが見かけらまた、 ハンカチノキやヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)、オオデマリといった、木に咲く白い花と新緑、小鳥のさえずり、澄みきった紺碧の空春から初夏へ花フェスタ記念公園を散策には絶好の季節です5月12日(土)〜6月17日(日)の「春のバラまつり」大変賑います。また、5月8日(火)〜11日(金)は「春のバラまつり」の準備のため休園そのため、ゴールデンウィーク最後のの… [続きを読む]
  • 第50回「草津宿場まつり」始まる前にあちらこちら
  • 日本最大級の宿場・第50回「草津宿場まつり」市役所で着替えて整列するのですが時間が有るのであちらこちらと散策に今年も場所の変更で下見へ。まずは、◆◆薄紫のカーテン、初夏の風情 滋賀・三大神社でフジ見頃で  境内と拝殿から本殿へ  房状に咲いた薄紫のフジの花が、  シャワーのように棚から降り注いでいます。  何時もは、境内に早朝なので誰もいませんが、  今年は、咲き始めが一… [続きを読む]
  • 2018 京都平安神宮の例祭翌日祭・神賑行事・・作成中
  • 4月16日 翌日祭の神賑行事は、大極殿前の特設舞台で、神楽舞、舞楽、花街の舞踊などが華やかに上演される。額殿では献花展も開かれている。例祭奉祝神賑行事として、時   間 正 午〜午後3時頃場   所 大極殿下特設舞台(参観自由) 例祭を奉祝して花街による歌舞や御神楽、 箏曲などが賑々しく奉納されます。 包丁式  古式四條流包丁道家元 歌 舞  宮川町歌舞会・祇園甲部歌舞会… [続きを読む]
  • 第21回あいの土山斎王群行
  • 平安時代の絵物語り、遥かなる千年の悠久の時代を再現。あいの土山斎王群行、大野小学校から国史跡である垂水斎王頓宮跡までの道のりを雅やかな衣装に身を包み、約80名の行列が「垂水斎王頓宮跡」までの平安衣装を身にまとい平安絵巻を再現します。お天気にも恵まれ盛大に「第21回あいの土山斎王群行」が25日、滋賀県甲賀市土山町の旧東海道沿いであった。今回の私の特徴として。■約80名の行列の… [続きを読む]
  • 春を告げる妖精とも呼ばれる可憐な花・雪割草/福寿草
  • 花フェスタ記念公園大温室 花の地球館へ向かって進むと、途中にトンネルがあります。そのトンネルをぬけてすぐ左手に広がるのが「そよぎの谷」です。前回のロウバイに続いて、今回は雪割草を観に来ました。雪割草 (そよぎの谷)落ち葉の間から顔出してる、見つけるのも楽しい、花径1〜3cm程度の小さく可憐な花「雪割草」が今年も観る人を楽しませるかの様に迎えてくれます。漸く開花し始めたようです♪… [続きを読む]
  • 中山道46番目の宿場 大井宿と着物で歩く御嵩宿(5)
  • きっかけは、ふっと御嵩宿に立ち寄り休憩事から始まりました。真夏の御嵩町・正願寺&花フェスタ公園へhttps://4travel.jp/travelogue/10801941その間に御嵩宿に立ち寄り休憩の時に地元の方の話を、横でコーヒー飲みながら聞いてましたが何時しか、話の中に入り御嵩宿の置かれてる状況とか着物の撮影会の話を聞き・・・と御嵩宿をテーマにして中山道美濃路を散策し始めました… [続きを読む]
  • Hanafesta Winter Fair 2018(世界のパンジー・ビオラ展)
  • 秋から春の長〜い間を楽しませてくれるパンジー・ビオラ。期間中は中部地区最大級の規模を誇る「世界のパンジー・ビオラ展」が花トピアの温室にて始まりました。今回で4回目を迎える冬の企画。人気育種家の希少品種や、古い品種から最新の品種まで、「約400品種」と告知していましたが最終的に503品種が勢ぞろい!冬の花の少ない時期に約200年前に誕生したといわれるパンジー・ビオラを、育種家たちが… [続きを読む]
  • 天下の奇祭「節分会・はだか祭(宝光院)」2018
  • 大垣市 宝光院 平成30年2月3日(土)節分会はだか祭 裸男が杭瀬川に飛び込む奇祭宝光院(鈴木孝慈住職)節分の日に行われる祭り左目を伏せ、右目を見開いた姿から「ひだりめ不動」として知られる宝光院の伝統行事。家内安全や商売繁盛を祈る読経や豆まきに続き、白足袋、鉢巻と下帯姿の男衆約130人不動尊の御布札を身にまとった”心男”を中心に、境内で「ワッショイ、ワッショ… [続きを読む]
  • 花フェスタ記念公園へ「蝋梅」ロウバイを探して〃 
  • 早春の寒い冬空に美しい小粒の黄色い花を咲かせている。花の少ない季節に咲く、うれしい花です。 ろうそく細工のような花、梅に似た花から とっても香りの良い花木です。 「蝋梅」の名になったらしい。日本には17世紀頃に導入されたと。学名のキモナンサスはギリシア語で「冬の花」を意味。2時間近く、孫達が朝のコーピータイムなどの時間を今年初めての、花フェスタ記念公園へ「蝋梅」ロウバイを探… [続きを読む]
  • 第12回名古屋中国春節祭
  • 名古屋中国春節祭は、中国で1年の始まりとされ、在名古屋中国総領事館と日本の中部地区華僑、中国人が共同で主催する、中国の人々が最も重視する伝統的な祭日を「春節」を名古屋で祝う「名古屋中国春節祭」が、1月6日(土)〜8日(月)の3日間にわたって第12回 名古屋中国春節祭が開催されました。今年は、中日和平友好条約締結40周年記念 河南省文化代表団特別来日物販や飲食など七十八ブースが出… [続きを読む]