STKOTN さん プロフィール

  •  
STKOTNさん: タイ観察、ときどき山形
ハンドル名STKOTN さん
ブログタイトルタイ観察、ときどき山形
ブログURLhttps://ameblo.jp/bkkskuro/
サイト紹介文タイ旅行の体験・観察と、2004年からの単身赴任地、山形の観察をつづる日記。
自由文エルビス プレスリーの訃報を読んだのはパタヤの岬の上に建つロイヤルクリフビーチホテル。
総支配人のMR.ファスビンはたしかスイス人のホテリヤー。ベトナム戦争の記憶もまだ新しく、パタヤの海岸にはR&Rで上陸した兵士の匂いが残っていたような気がした。
あれからすでに30年を経て、まだ魅かれるのは何故?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/09/06 20:00

STKOTN さんのブログ記事

  • LK メトロポールホテル@パタヤ 美女たちの差入れ
  • 最近数年は5月と11月の訪タイを繰り返している。年々、パタヤでの滞在が長くなり、バンコクは帰国便の時間調整でも良いかなと、感じている。 前の投稿でも触れたが、LKメトロポールホテルの朝食が魅力で、このホテルをリピートしている。 1Fのレストランは朝7時から午後の3時まで、朝食メニューを提供しており、ディナータイムの営業はしないが、これは正解だと思う。ステイ客の顔ぶれをみても、ここで夕食を摂るとは思えない。 ウ [続きを読む]
  • LKメトロポールホテルの朝食
  • 5月11日から9 泊したパタヤのLKメトロポールホテルでは、朝食付きの最安値の部屋で過ごした。 タイに来はじめた40代前後の頃は、少し気取って、当時のエラワンや川沿いのオリエンタルホテル、今のBTSサイアム駅付近にあったサイアムインターコンチネンタルホテルへ朝食をとりに行った。現在残っているのはオリエンタルホテルだけで、エラワンは建替えてハイアットの運営、インターコンチの跡はすっかり様変わりして、巨大ショッピ [続きを読む]
  • 街宣車@パタヤ
  • パタヤの庶民のあし、ソンテウ(ソンテオ)。タイ語は読めなくても、進行方向が目的地方向であればなんとかなる乗合い自動車。 ある日。ソイ ブッカオをパタヤカンへ向かって乗車していた。昼下がり、歩くことが苦手なタイ人も乗ってくる。 ソンテウがRコン近くへさしかかった時、大音量のタイ語の歌を響かせジープ型の車両が後ろから迫って来た。 日本の街中で見かける街宣車よりも、なぜかお洒落な雰囲気で微笑ましい。 ナ [続きを読む]
  • パタヤ サードロードの成田へ
  • 夕食はT氏も自分も、ガッツリ食べるほうではない。私はアルコールが入ると、食事の量は極端に減る。 この日はパタヤに居合わせたH氏と待ち合わせ、軽く和風の食事をということで、サードロードの成田へ向かった。 パタヤカンのマンゴー屋さんの前で、落ち合う。H氏はオーガストスィーツの奥の、エイプリルスィーツに投宿中。 パタヤカンのサードロードの信号を渡り、左折して北へ。 数回訪問しているが、混雑を見たことがない。 [続きを読む]
  • 豊かな果物(ポラマーイ)@パタヤ
  • 空模様はもう雨期に入ったようだが、今は果物の季節。今は果物の王様ドリアンと、女王といわれるマンゴスチンの盛り。 パタヤの街もいたるところに果物を売る店があるが、パタヤカンのセカンドロードより山側へ少し行った左手にマンゴーの有名な店がある。多分、今は人民ツアーが主な客層かな? マンゴーにも、沢山の種類があるようで、これは色白の美白系? やはり、王様は一番上の段に鎮座している。 殆どの果物は1Kg あた [続きを読む]
  • パタヤ滞在 大人の遠足2日目以降は、日にちも曜日もなし
  • 半年ぶりのパタヤは、街に変化があっても、在住の日本人に動きがあっても、旅人の我々を包む空気は変わらない。旅人は美味しい酒と食べ物と、ゆったり流れる時間があれば、もうそれだけで十分に幸せだ。 昼前、パタヤカンのあるオフィスへ粗品を届け、さて昼飯は?そこで、T氏の提案で軽いスパゲティでもとなり、セカンドロードの某休憩所へ。 日中なのに、なにやら艶めかしいカラーのインテリアデザイン。こちらはパタヤのよろ [続きを読む]
  • 雨模様のパタヤ
  • 大人の遠足 1日目 その2 到着日は、LK メトロポールホテルの近くにある、YAYAYAさんへご挨拶。シゲさんは元気にしており、タイ人スタッフの美女さん達も相変わらずニコニコとホスピタリティーが溢れるばかりです。 ゲストハウス、オフィス兼食堂の前のレンタルバイク。奇麗に整備されています。どうぞ、ご利用ください。 スタッフさんの郷里、ルーイのマンゴーを振舞われた。あまりの美味しさに写真を忘れてしまったが、これま [続きを読む]
  • 深夜の二本立て興行
  • 大人の遠足 1日目 座席に就いた時、日付は既に5月11日にかわっていた。ANA NH849 は深夜便でもあり、軽食キットを配り、飲み物のサービスが終わると機内も静かになる。赤ワインのロックを飲み、映画をリサーチ。 ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書スティーブン スピルバーグ監督メリル ストリーブトム ハンクス これは見たかった映画だ。1971年 ニクソン政権下で、ベトナム戦争を分析記録した国防省の最高機密文書をめぐ [続きを読む]
  • 重量オーバーの大失態
  • 大人の遠足 0 日目  その3 ANA 手荷物優先カウンターにて いつもより大きめのキャリーバッグを横浜の自宅より山形へ運び、2週間分の荷物などを収めたが、重さが気になっていた。 自己消費分、プレゼント用など飲しろなどを一切合財詰め込んだ。(内緒の話だけどね。この件をFBのパタヤがらみのグループに投稿したら、匿名メンバーに噛みつかれ、私のプロフィール写真まで添付されて、「あなたの勤務先は絶対利用しない!」と、 [続きを読む]
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 大人の遠足 0日目  その2木曜日のラッシュアワーに揉まれながら、東京駅から浜松町駅まで辿り着く。東京での現役から遠のき既に15年、雑踏が怖い。 東京モノレールを都心への通勤の足に使う人も多いようです。 軌道の形状により車内の段差が設けられているのだろうが、大型のバゲージを持ち込むには、何とも不便な造りで、2020年の大量インバウンドには対応が困難なのでは?タイのエアポートレイルリンクの方がまだしも、 [続きを読む]
  • 大人の遠足 スタート
  • 昨年11月の訪タイより六ヶ月が過ぎ、またまた持病の「タイ行きタイ病」の発症する時期になった。 最近はLCCのめざましい業務拡大もあり、日本〜タイのエアフィーもかなり低価格になっている。が、あの懐かしきドンムアン空港からのアクセスを考慮すると、限られた時間を有効に使うためには躊躇してしまう。バンコク滞在ならば構わないが、到着後にパタヤへバスで移動するとなると、スワンナプーム空港の方が便利であろう。ましてや [続きを読む]
  • タイは既に雨期だった。
  • この数年、5月の訪タイを続けている。パタヤで7〜9泊、バンコク2〜4泊で、あまり雨に合うことがなかった。 昨年11月下旬の訪タイから、雨に遭遇するケースが増えた。世界的な天候異変の影響なのか、雨期のズレなのか、あるいは、同行者に雨男か雨女が・・・・・・? 今回は5月11日(金)から、5月25日(金)までの14泊15日の日程でパタヤ9泊、バンコク5泊の「大人の遠足」を楽しんで来た。 メークロン駅の傘折り畳み線路市場など [続きを読む]
  • 横浜 関内で焼き鳥
  • 5月2日、横浜地区の訪タイ会議。前夜に続いて、訪タイのミーティング。 今夜のメンバーはマッチョなD氏とひ弱な私。連休の狭間、4連休前日の2日、水曜日。 待合わせ場所の横浜市役所近辺は人影がやや少なめ。折からの強風に、時折小雨が混じる。ミーティング会場は関内の、焼き鳥「さいとう」 多分、一見では見つけられない店構え。 午後5時40分に入店。D氏はきっちりと、席を予約してくれていました。ありがたい。店内はカウ [続きを読む]
  • 訪タイまで、あと少し
  • ゴールデンウィークに休暇を取るのは本当に珍しい。商売柄、年末年始、お盆期間、ゴールデンウィークに休むことはあり得なかった。サービス業の宿命だった。 山形での仕事も、4年前からアドバイザー職になってからこの期間を休めるようになった。 4月末、訪タイ前の家庭サービスに横浜へ帰る。5月1日夕刻、高円寺に集合。いつも同行しているT氏とそのお仲間のミーティングに参加させて頂いた。ミーティング会場は高円寺の「かき [続きを読む]
  • 5月の訪タイ準備
  • 15日後に迫った訪タイの準備を少しずつ始める。 タイ専用の衣類は赴任先の部屋に置いてあり、そのままキャリーバッグに詰め込むだけですむ。 2週間の滞在になる予定で、最大の楽しみは食事だ。最初の9泊はパタヤ。残りの5白はバンコク。同行するというよりも、それぞれ現地で合流する方々の日程はまちまちになる。 羽田空港からのANAの夜便で一人旅。復路は、前回アテンドした熟女さんを再びエスコートの予定。 先ずは、現地の食生 [続きを読む]
  • 東京でタイ飯 
  • 昨年の秋に、大枚をはたき泣く泣く新調した義歯が壊れた。20年で壊れ、新調したら7ケ月で壊れ、_| ̄|○!! しかし、5月の訪タイを控え何とかせねば。23日(月)、山形〜東京の日帰りを決行した。ドクターも恐縮し、全額無料で修復をしていただけることになる。内心、ホッとした。保険適用外の義歯だが、製品保証書のようなものはなかったので、ドクターの言葉に安心した。 昨年9月も、歯科医院の帰りに立ち寄った神田駅前のタイ [続きを読む]
  • 「バンコク楽宮ホテル」著 谷 恒生 徳間文庫版
  • 先週、休暇を横浜で過ごした。バブル期に建てた家も経年劣化が激しく、リホームも儘ならない。いずれ、単身赴任の仕事を卒業した後は自宅で生活するしかない。カミさんと二人の生活には、もう二階は必要なく、出来ることなら減築して平屋にしたい。万一の場合には娘に迷惑をかけたくないので、二階にある不要なガラクタを片付け無ければいけない。 かって、還暦に退職(辞職?辞任?放逐?)のおりにも、書斎兼用の納戸を整理した [続きを読む]
  • D氏のリポート 花金の夜桜見物
  • 3月30日、金曜日、年度末。 リーマンにとっては極めて繁多なこの日に、極上の時間を楽しんだD氏。山形で指を咥えて、送られてくる写真を眺めるだけの自分。 首都圏と地方の違いがはっきり分かる消費動向。今年は例年になく早い桜前線の北上に、舞い散る桜吹雪を肴に夜桜を楽しんだD氏のリポートを記録します。 夕闇迫る みなとみらい 河口に近い屋形船の乗船場。 エリートサラリーマンが続々集合です。 30〜40人は乗れる最新型 [続きを読む]
  • 雪と桜 @ 横浜
  • 山形から、横浜の自宅へ帰る。仏壇へお彼岸のお供えなど、日ごろの不徳を詫びるために、タンブンのつもり。 3月21日 春分の日、天気予報が悪い方にあたり、横浜では朝からの曇天から、雪まじりの雨が落ちはじめ、アッという間に、雪景色に変化。 庭のムスカリの花も雪で覆われた。 そして、三日後の土曜日。3月24日。家の近所の京急「弘明寺(ぐみょうじ)」駅まえの商店街を抜け、大岡川の桜を眺めに行く。 「ジンダイアケ [続きを読む]
  • 悪巧みの夜
  • 3日20日、山形から横浜へ帰った日の夜、関内の駅前に、D氏、T氏と待ち合わせ、またまた、悪巧み。 中身は、誤記によくある「悪 企み」たしかに、企む(たくらむ)感じです。 横浜の関内駅前は周辺のサラリーマンたちの社用、私用の飲み屋が多い。 ビル一棟が飲み屋さん。 その中で、今回はD氏お勧めの「あずま」さん。2時間飲み放題のコース。 ウイスキー、焼酎ともに銘柄品を飲み放題に使っている。T氏はもっぱら知多。D氏と [続きを読む]
  • 雪まつり準備中のサッポロ
  • 2月3日、旭川から札幌へ移動する。 駅前の一角は全国チェーンの宿泊特化型ホテル。旭川駅周辺はホテルが多い。 旭川から、札幌へ列車で移動。 美唄辺りも雪深い。炭鉱で栄えたようだ。 札幌へ到着し、ホテルにバッグを預けて大通り公園へ向かう。 制作中の雪像。 自衛隊員が大勢で巨大雪像の仕上げ。 スケールの大きな雪像よりも、足元の雪に興味津々の孫たち。早々にホテルヘ戻り、休憩。夕刻、ここだけは外せないと家内 [続きを読む]
  • 厳寒の旭川へ
  • 2月2日から2泊3日の、北海道旅行へ行ってきた。折から、その前日の2月1日より翌朝へかけて、関東地方には生憎南岸的にの接近による降雪の予報もあり、気がかりであった。ジジ、ババが孫を二人連れての旅行のため、万全の備えとして、前日の1日は羽田空港に近い蒲田のビジネスホテルに宿泊。 心配していた雪も降らず、2日朝、JR蒲田駅前からシャトルバスで空港へ行く。空港で食事を済ませ、定刻に出発。 子供連れということで、後 [続きを読む]
  • 帰国 2017年11月23日
  • 2017年11月23日(木)日本は勤労感謝の日。早朝、例の時間厳守のドライバーさんがホテルの玄関で待っていた。いつものことながら、早い。 3人で車に乗り込み空港へ。チェックインにはまだ時間が早く、1Fで朝食タイム。 T氏と、熟女さんはラーッナー。あんかけ焼きそば。 私は、海老入りカオトム。雑炊。 メイジのマンゴーヨーグルトはヴィラマーケットで買い置きして冷蔵庫へ入れておいたものを、持ってきた。 チェックインを済 [続きを読む]
  • 食欲復活⁈最終日夜の熟女さん
  • このイサーン料理レストランはsoi 33 にも支店を出したことがあったと聞くが、すぐに閉鎖した模様。さて、こちらはどうなりますか。 渡されたメニューはタイ語、英語、日本語の表記があり、日本人にはうれしい。価格がsoi 31と同一かどうかは不明。「Kinnaree」より安いことは確かだが、初訪タイの女性はきっと、プーパッポンカリーとか、トムヤンクン、パッタイなどを旅行書で見て食べたかったのではないだろうか。 体調不良も [続きを読む]
  • イサーンレストランとの遭遇
  • お土産を仕入れた後、ホテルへ戻ります。 最終日の午後はスアン・パッカード宮殿、ジムトンプソンの家などを廻り、アジアンティック・ザ・リバーフロントでニューハーフショーでもと、考えていたが、熟女さんは暑さに弱くお疲れの様子。明日の朝は早いので安全優先で、お昼寝タイム。 T氏と屋上のプールで日光浴をしながら、時間をつぶす。バンコク滞在中、初めてのプールタイムになった。 夕刻、彼女のルームに電話をするも応答な [続きを読む]