agrikin さん プロフィール

  •  
agrikinさん: かもしてパッパラなーるなる
ハンドル名agrikin さん
ブログタイトルかもしてパッパラなーるなる
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/agrikin/
サイト紹介文土と植物と菌の相性を地球生命の視点から探求してゆきます。 土耕菌が畑を耕し植物を作ります。
自由文偶然か、必然か、私に授かった菌は驚異的な植物育成能力を秘めていました。

 私にはこの菌を広める使命がある。
その思いで戦いながら今日まで研究開発を行ってきました。
 その結果をご紹介します。

土耕菌ナルナルのホーム
http://www.narunaru.info/

余っているモミガラを醸して使う方法を伝授しております。誰でも簡単に醸せます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/09/10 20:13

agrikin さんのブログ記事

  • 自然の摂理に従うと農業が楽になるよ
  •  自然界の森では、枯れた枝や葉っぱが堆積して、やがて腐熟して土の肥やしになります。みな、天から降ってきます。 枯れた大木は地上に横たわり、苔が生えて、キノコが生えて、小さな虫が穴を穿ち、朽ちてゆきます。自然の世界では栄養分となる有機物は天から降ってくるのです。これが、  自然の摂理です。 ところが、人間様は大きな勘違いをしています。 根本的な間違いは、根っこは深く地中に潜ってゆくという幻想に支配さ [続きを読む]
  • 猛暑に耐える野菜たちの仕組みと、
  • 写真は落花生です。落花生は土の中で実が育ちます。でも、お芋みたいに、根っこからできるのではないのです。面白い植物です。今回も目からウロコの記事です。ここは、お客様の畑です。千葉市稲毛区になります。この春に借りた農地に微生物のエサとして大量のチップを投入しています。一気に耕作は出来ないので、部分的にナルナル式の雑草の生えない畑を実行してくださいました。①色々と気づくことがありますが、トマトがあまり元 [続きを読む]
  • ナルナル式防災用トイレのお答え
  • ナルナル式のトイレについてご質問が来ましたので、返答です。ナルナルはぼっとん式のトイレでも活躍中なのです。トイレについてのブログ記事です。メッセージありがとうございます。 最近は、家庭用トイレにビニール袋をかけて使用するタイプがいろいろと発売されています。 参考 https://store.shopping.yahoo.co.jp/diystyle/ai-kw30-b.html 使用後は燃えるゴミとして排出するようです。 ナルナル使用でベランダで醗酵分解処 [続きを読む]
  • 腸内細菌叢ががん免疫療法の効果
  • ネットで見つけた記事です。腸内細菌叢ががん免疫療法の効果に関連か【石井の要約】腸内細菌叢が豊かなほど、健康になる。多種多様な腸内微生物がいるように、おなかのバランスをとりたいものですね。ナルナルでは、人間用として、食物繊維粉末 スキットナチュール。の販売もしています。http://www.narunaru.info/syokumotuseni.pdf購入サイトhttp://narunaru.shop-pro.jp/人間も植物も健康のメカニズムは一緒です。以下、本文で [続きを読む]
  • 酷暑対策 気温30度の畑の中
  • 徒長枝の勢は良い。日照り気味だかせ、この畑では、草が園地の乾燥を防いでいる。(市原市廿五里石橋梨園)ここ、千葉でも35度の日が連日続いています。山間地の当地でも、クーラーなしに寝るのは不可能です。つけないと寝ながら汗だく、とても寝ていられません。とにかく、体の健康が第一です。無理せずに休息をとりましょう。暑さに負けず頑張ろうなとどいう精神論では命を落としますからね。当社の居住地では、梅雨らしい梅雨も [続きを読む]
  • キャベツの芯の蘇生からエンドファイトの利用
  • ナルナルを使うことによって、植物の蘇生力が発現することがわかってきました。普通なら腐ってしまうキャベツの芯が腐らずに蘇生し、新しいキャベツの球にまで成長します。そのキャベツの芯を蘇生させれば、また球を作ります。これは、クローン技術と同じことで、交配はしていないので、遺伝子の劣化も進化もありません。あくまで、そっくりのキャベツが出来るという事です。画期的なことですね。新しく種をまく必要がありませんか [続きを読む]
  • 超ビビビビ、、ナルナル菌の蘇生力
  • ナルナル菌の蘇生力のお話です。とっても不思議な話がナルナルにはたくさんあります。 このあいだも、家庭菜園といってもマンションですからベランダ菜園でコンポストをやってて 食べかすを堆肥にしてプランターの肥料にしているという奥様とお会いいたしました。 その方はしばらく前からナルナルを使っていただいてるんですけども、その結果についてもうめちゃくちゃびっくりした話がありました。 よく、コンポストに野菜のくずを [続きを読む]
  • かずさDNA研究所の講演会があります
  • とても興味深い講演会が開催されます。全国から参加されてもよい内容です。ぜひ、ご参加ください。以下、メールの転載です。日頃より、かずさDNA研究所へのご支援・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。 毎年ご好評の について、お陰様で今年度も開催させていただくこととなりました。 ついては、以下の通りご案内申し上げます。 ■開所記念講演会 【日 時】平成30年10月20日(土)13:45〜16:00(開場・受付 13:15〜) [続きを読む]
  • 微生物を使って効率的に園芸をしたい方へ
  • プロの農家の方も、お庭で家庭菜園をされる方も、植物を愛好したり、生産して糧にしたりすることは、人類が植物とかかわるようになってからですから、とても古い歴史があります。最近、植物を栽培する時に微生物たちの活躍がないと、植物は育たないという事が常識になってきました。生物は、人間も含めて機械的、化学反応的に生命を維持することができます。人間の場合を見てみましょう。私の年代になると、両親が健在でい生活で来 [続きを読む]
  • 被災地特別価格にてナルナルをご提供いたします
  •  未曾有の大雨による被害に胸が痛みます。多くの犠牲者も出ました。今なお被害が拡大しております。 田畑の被害も甚大でありましょう。 かつて、 東日本大震災の時 千年に一度という津波の大災害になす術を知りませんでした。  しかしながらその後の研究によって大雨による洪水の被害に対して、ナルナル菌が非常に有効であることを確認しております。 この度の災害の状況を鑑み、被災地の方に限り特別に提供したいと考えてお [続きを読む]
  • 木更津のブルーベリー園に行って来ました。
  • http://yumenojyo.com/オープンしたばかりの、木更津市のブルーベリー園、夢街道さんに行って来ました。こちらの園でもナルナル菌が活躍しています。品種によって味が様々です。お好みの味を探すのも楽しみです。同じ木でも、南側と北側、上のほうと、下の方、味が異なりますよ。天然力は多様な味を産み出して、同じということは何一つありません。時間制限なし?食べ放題?鈴木一さんの蜂蜜も置いてました。◇土耕菌ナルナルの詳 [続きを読む]
  • 地震に備える
  • ビックサイトの展示会に行った帰り、国際展示場駅に行くより有明の駅に行く方が近いかも?ということで、有明の駅前にこんな場所がありました。どうやら、国立の施設で、大規模地震の時の政府の指揮所になるようです。地震の体験コーナーに参加してみました。地震後、72時間を自力で生き延びるためには何が必要なのかを教えてくれます。直下型地震の時に起きる火災だけで数十万件。消防車はまず来ません。サバイバルが始まるので [続きを読む]
  • 植物レコンキスタ 宣言
  • 植物レコンキスタ 宣言それは、悲しみの叫びであり、喜びへの凱歌でもある。 我々の同士は過酷な環境の中で、その価値を充分に発揮できぬまま見捨てられている。 我らの本来の能力を発揮できぬまま、為政者の都合の好いように劣化改造され、古代の能力を封印されし我らが子らは、人造植物とでも呼ぶべき姿に変貌した。 我らこそが、人類に利益をもたらすものであり、古より人類と共に栄えてきた生命体である。地球に生きる生き [続きを読む]
  • ナルナルの天然力
  • てんねん【天然】① 人の力が加えられていないこと。自然のままであること。 ⇔ 人工 「 −の美」 「 −ウラン」② 本来の姿であること。生まれながらにして持っているもの。天性。 「 −の色白/にごりえ 一葉」③ 意図しないでそうなること。副詞的にも用いる。 「そこではなしには、−として、いひちがへんが、書くといふと書き違うて/言文一致 高見」 → 自然(補説欄)出典 三省堂大辞林 第三版長らくの疑問があって、自 [続きを読む]
  • ナルナルはお花も元気にします
  • 当社の近く、東国吉の交差点の周囲の荒れてた空き地を近所の方がボランティアでお花を植えています。リーダーの佐藤さんの楽しみは、元気なお花を眺めること。手塩にかけて育てたお花がきれいに咲いてくれるのが何よりです。佐藤さんからナルナルを使ったらすごいことになってると前から言われていたので、梅雨の合間の今朝、写真を撮りに行ってきました。まもなく佐藤さんもやってきて、このバラの成長が楽しみだ、3回目の開花だ [続きを読む]
  • セル頑張ってるね
  • 人体は1キロ1兆個のセル60キロなら60兆100キロデブなら、100兆個のセルセルは1秒1セック1000個のパーツを作り出す。毎秒1000個で1兆かけるといくつになるすごいぜセルすごい数のパーツを作るかっこいいぜセルすごすぎるぜセルセルセルセルセルセルセルはおいらのスーパースター2個のセルが合体して1個のセルがうまれたよとおちゃん かあちゃんから1つづつうまれた時には1兆個1キロベイビー1兆個のセル毎秒1000個でパーツを作って [続きを読む]
  • バカにするなよ夏ミカンかよ??
  • 食べた瞬間、カルフォルニアの青い空が目の前に広がりサンタモニカの爽やかな風が体を吹き抜けた。とっても新鮮な夏ミカンだ。ジューシーな香味が体中に染みて行く。千葉の田舎の庭に沢山成っている夏ミカンだけど、八朔とか、甘いミカンが人気の今、夏ミカンを食べようという人はあまりいなくて、たくさん実をつけるのだけれど、見捨てられている。とにかく、今の味覚からみたら酸っぱいのだ。フルーツの乏しかった昔には、夏ミカ [続きを読む]
  • ナルナルの使い方ビデオのページを新設しました。
  • お知らせです。ホームページにナルナルの使い方ビデオのページを新設しました。とっても簡単な使い方です。穴を掘ったり、耕したりしなくても、簡単に、ご飯にフリカケをかけるくらい簡単です。こんなに簡単なのに効果がないのではと疑う人もいる位です。しかし、これがナルナル菌としう微生物資材の使い方の究極の姿なのです。自然はとってもシンプル、かつ合理的に出来ていて、しかも美しい。そんなスタイルを微生物たちが教えて [続きを読む]
  • 土壌微生物や植物の事をより理解するためのビデオのご紹介です。
  • ナルナル菌の世界を理解するには、地球生命の歴史を知ると、より深く理解できます。そんなビデオのご紹介です。初心者向け5分のビデオです。微生物はすごい! (1)微生物は森を育てる 微生物はすごい! (4)水田や畑をつくる微生物 このビデオでは、土の中の物質の循環をとても簡略して表現していました。実際はもっと複雑で素晴らしい物なのです。ここから下が本番です。40分ものかになりますので、お時間のある時にじっ [続きを読む]
  • ナルナルのおいしさの謎とは?
  • ややぼけて文字がつぶれている画像で申し訳ありません。最近、放送大学で放送されてる生物の講座を撮ったものです。放送大学の生物や植物の授業はとても大切な最新情報を伝えてくれます。是非、連続視聴してください。ここに描かれているのは、45億年前の、地球の誕生から、40億年前の、生命の誕生と、古細菌、真正細菌の誕生「地球上で最初に誕生した生命(コモノート)」の姿に一歩迫る発見わかりやすく言うと、DNAのコピー能力 [続きを読む]
  • 長柄町に、はとバスツアーがやって来た
  • 5月16日、なんと私は人生初の、はとバスツアーに乗車しました。しかも、行き先は、わが故郷の隣町の長柄町。ツアーのタイトルは、古墳大好き♪まりこふんと行く!はじめての古墳 〜千葉県編〜朝、東京は浜松町のバスターミナルを出発して、海ぼたるでトイレ休憩。割と暑めの日でしたが、海ほたるは、東京湾のど真ん中なのでとっても涼しくてさわやか。沖をみれば、我が自衛隊の護衛艦?が品川沖方面に航行中ではありませんか。バス [続きを読む]
  • 粘菌の観察が微生物への理解を深めます。
  • もりの ほうせき ねんきん (ふしぎいっぱい写真絵本 33) [大型本]ねんきん 粘菌 の絵本が発行されました。変形菌の通称が粘菌です。粘菌関係の本は醗酵が相次いでいます。幼児向けの本が出たことはとても喜ばしい事です。当社では、粘菌博物館を併設しています。住所 千葉県市原市東国吉495問い合わせ 0436-52-0014※来館者はご予約をお願いいたします。毎日午後より粘菌の住まいの食餌と清掃のため先生が来ています。先生がこ [続きを読む]
  • 素晴らしい畑が増えています。その目でお確かめください。
  • 千葉県山武市のブルーベリー園HANAさんです。ブルーベリーの本を何冊も書いている先生もよくいらして感心しているそうです。農園の中にはチップが敷き詰められていて、そこはまるでお花畑のようです。そして、色着き初めたブルーベリーですけど、まるでまるで、ブドウのように鈴なりになっています。信じられないかもしれませんが、このブルーベリーを鳥は食べません。農薬も一切使ってません。不思議ですね。href="http://livedoo [続きを読む]
  • 大根おろしの奥は深いよ
  • 落花生で有名な八街の畑で作られた佐々木君の大根。無農薬栽培で営農している若き農業青年です。紹介されている記事へのリンク彼は、四季折々、いろんな野菜を作っていますが、この春の自信作が大根です。先月、我が家に大根が届いたときに大根おろしで食べました。とても甘くて大根の汁も美味しかったのでみんなに紹介しようと思い、東国吉の日曜朝市で試食してもらいました。ところが・・・・・・辛い!!!!のです。その時使ったの [続きを読む]
  • 農家の裏庭ミカン
  • 千葉あたりの民家の庭にむかしからある夏ミカンは今や非常食並みに扱われていて、誰も獲ろうとしません。小さい頃は、果物は貴重品だったので、酸っぱい夏ミカンに砂糖をかけて食べたものでした。懐かしい果物になってしまったんですね。ハクビシンさうも食べない位酸っぱいのです。そんな、夏ミカンにナルナルをあげています。毎年のようにあげている夏ミカンはさわやかな酸味と甘みで大好評。お砂糖なしの爽やかフルーツという評 [続きを読む]