issey さん プロフィール

  •  
isseyさん: Kazuaki Koseki Photo Blog
ハンドル名issey さん
ブログタイトルKazuaki Koseki Photo Blog
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/isseycraft
サイト紹介文写真家/WPC2018日本代表/山形/ネイチャーフォト/ポートレート
自由文PhotoStudio KOSEKI/普段ポートレート撮影をしながら、今を生きる山形で四季を「五感」で感じ風景を写し撮っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 233日(平均0.7回/週) - 参加 2008/09/12 20:27

issey さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 闇夜の森の妖精たち。
  • 僕は、そこにある森の闇に畏怖の念を抱く・・・どこまでも続くような美しい森の中を、光射し込む日中に歩き続け・・・次第に太陽が傾き夜の闇が忍びよれば表情は一変する・・・生態系が作り出す森への尊敬だけでなく・・・夜の森への不安や恐怖は和らぐ事はあれ、どれだけ森を知っても、完全に消える事はない・・・けれど、鳥の声・・・虫の声・・・風で揺れる木々や葉の擦れる音・・・不安と同時に夜の森の声が聴こえるようになっ [続きを読む]
  • PX3 Silver, Bronze同時受賞《PX3 2018 Professional Nature Category》
  • 『 PX3 』Prix de la Phtographie Paris(パリ写真賞)において、山形県内で撮影し応募した三作品全てが同時入賞する事ができました。PX3には世界85カ国以上の国から、プロフェッショナル部門とノン・プロフェッショナル部門合わせて数千の写真が応募され多くの一流編集者、ギャラリスト、キュレーターなどにより審査されるヨーロッパで最も権威あるフォトコンペティションの一つとされているフォトコンテストになります。もちろ [続きを読む]
  • ワールドフォトグラフィックカップWPC2018日本代表認定書授与式へ
  • 横浜で毎年行われる、業界一の規模を誇る写真フェアPHOTONEXT会場にてWPC2018日本代表認定書授与式へと行ってきました。素晴らしい写真家の方々とご一緒させていただき、まことに嬉しい時間でした〜〜!私のWPCの作品と認定書ともに、メタルプリントでプリントされており、半世紀を超えて変色なしの美しい形で残ります。作品展示などでは、美しさともにうってつけのプリントですね〜〜!もちろん、写真フェア会場を隅から隅までみ [続きを読む]
  • 世界の『National Geographic』に掲載されました!
  • 『National Geographic』は「未知の地球をわかりやすく伝える」との編集方針のもとに、自然・動物から人々の暮らし、科学など、地球で起きているすべてのことを伝える雑誌で、世界180ヵ国で計840万部が毎月発行されています。世界遺産マチュピチュを世界で初めて紹介したり・・・映画でも有名なタイタイニック号の発見・・・発行から120年あまりの中で素晴らしい功績を世界へ発信しています。ナショジオといえば、やはり素晴らしい [続きを読む]
  • キャンバスプリントのネーム入れとホームページリニューアル
  • ご注文いただいていたプリントが仕上がりましたので、ネーム入れをして発送準備完了!今回は、ご自宅の壁にナチュラルに飾りたい!と、キャンバスプリントで仕上げて欲しいというご要望もあり、信頼の置けるラボ様にてプリント、木枠加工、そして表面コーティングまで全てやっていただいての仕上がりです。表面はセミグロスで、色味も私自身のオリジナルプリントと同等の仕上がりとなり、さすが信頼のおけるラボ様、感謝感謝でござ [続きを読む]
  • ナショジオ YourShor Editors' favorit と樹氷
  • 世界の写真へ常に大きな影響を与えてきた、世界190ヶ国へ発行部数800万部を毎月発行し続けているNational Geographic誌・・・「世界ネコ歩き」で有名な写真家、岩合光昭プロが一躍世界的な写真家となったのも、このナショナルジオグラフィック誌、通称「ナショジオ」で表紙を飾ったから・・・しかも2度も!本当にすごいことですよね・・・世界では大きな出来事だったはずなのですが、どうやら日本ではイマイチ反応が薄かったよう [続きを読む]
  • 白川湖の水没林
  • これまで多くの山形県民が知る事のなかった、白川湖の水没林・・・今年は、僕の知っているだけでも新聞社3社、地方テレビ3社で大きく取り上げられ(国有放送の取材班とは私もでくわしましたが。)この記事を読んでくださっている方々でも見に行った方がいらっしゃるんじゃないかと思います。白川湖の水没林は、地元飯豊町や一部の写真愛好家の間では有名な場所でしたが(私の居る時間はほぼ全員がカメラを持っていますね)ここ数 [続きを読む]
  • WPC決勝とナショジオASSIGNMENTS&STORY
  • 先日、2018年5月6日オーストラリアで行われたワールドフォトグラフィック決勝・・・私も代表となっておりますチームジャパンは、世界第8位になりました!そして、個人ではポートレート部門でハセオさんが日本人初となる世界第3位の銅メダル!ルポタージュ部門で霜田さんが世界第7位!ウェディング部門で松岡さんが世界第6位!素晴らしい!誠におめでとうございます!そして、応援いただいた皆様、関係者のみなさまや関わった多 [続きを読む]
  • 桜満開とNHKテレビ出演
  • あっという間に桜が咲き始めた山形・・・気温が低下して少し開花がゆっくりと進みましたが、山形市は花満開で美しい風景が広がり春を感じながら、気持ちの良い日々が続く・・・さまざまな場所で桜や春の風景を見ておりましたが、少し散歩をしながら見ていると色んなインスピレーションを貰い気持ちがスッーと晴れていく様です・・・桜関係の撮影も無事進み休日もとれそうなので、今度は春と初夏を同時に探しながらの時間となりそう [続きを読む]
  • 近年のビジュアルトレンド
  • いよいよ四月の始まり♪予想以上に春の足あとが早く、駆け足のように初夏まで進んでしましそうです・・・桜も大分早そうで、桜を入れた集合写真やロケやら少々日程調整が大変になりそうなこの頃です・・・風景写真の方は、少々撮りたいものがまた増えたりと写欲は尽きることがなさそう(笑)ここ数年なんですが、インスタ映えという言葉にもあるように、ビジュアルトレンドも大分変わりつつあるようで・・・ちなみにビジュアルトレ [続きを読む]
  • 思い出の鳥海山
  • 山形県の渓流解禁日が3月1日だった数年前までの、3月初めの休日の恒例行事は遊佐町の月光川での渓流解禁儀式に毎年通っていた・・・出羽富士とも呼ばれる美しき鳥海山を眺めながら、そこから流れ出る豊かな月光川・・・大好きなその場所が、その年の渓流歩きの始まりだった・・・山形県の渓流解禁が4月1日となった今は、入学卒業シーズンの真っ最中になり、休日すらなかなか取れない日も多く足が遠のいているのと4月になると、雪代 [続きを読む]
  • Black&White
  • 欧米のアート写真界では今でも根強い人気のあるモノクロ写真・・・monoは「単一」モノクローム「単一の色」って意味になる・・・白黒写真もその中の一部になるけれど、印画紙やメーカーによって温黒調から純黒調、冷黒調までさまざま・・・需要と供給のバランスにより、生産メーカーも暗室作業する人も絶滅危惧種になっているのだろうけれど・・・たまに、昔の白黒写真を残しておきたいと複写の依頼が来ると、やっぱりいいものだな [続きを読む]
  • 大寒波ふたたび・・・
  • 10日ほど前の大寒波は1月の山形とは思えないほどの、空気のキーンと澄んだ晴れわたる寒波が続いた・・・・今度の寒波は、山々は白い雲と霧が立ちこめる様な、山形らしい視界が遮られるほどのホワイトアウトが続く・・・さすがに、山手に出かけるのは様々な危険が伴うので、しばし雪かきに追われる日々・・・... [続きを読む]
  • 大寒波の早朝に・・・
  • 連日、道路も窓ガラスもキンキンに冷える日が続きます・・・この時期、僕の行きたい場所の山手には厚い雲が停滞して、日中晴れ間が広がる日でも、雲が晴れるのは9時前後からとなることが多いのですが、朝から晴れ間が広がる絶好の日和が続いたので、重装備をしてと・・・朝日が比較的綺麗に見れることが多い太平洋側と違って、湿度が高く、山に囲まれ朝日をクッキリ見れること少ない山形では、凍りつく様なすっきりした空気の景色 [続きを読む]
  • スーパーの屋上から。
  • 明けましておめでとうございます。今年も無事仕事がパタパタと始まり・・・夕暮れ、買い物ついでにスーパーの屋上から見る夕日を浴びる山並みが美しく・・・・少しの間カメラを向け、一人眺めていると・・・僕の姿を見かけた少年が「山、綺麗だね〜〜!」と、大声で嬉しそうに家族に話しかけていた・・・今日は良い日だ・・・ どんな場所にいても、綺麗なものは綺麗だと・・・そう気付いて感じられる感受性を持ちながら・・・... [続きを読む]
  • 世界に一つだけのPortfolio Bookを作ろう。
  • Merry X'mas♪WPC2018日本代表になった自分へのご褒美として、世界に一つだけのプレゼン用のポートフォリオブック(通称ブック)を作ろうかと計画中♪本音を言うと、数種類のサイズを作りたいのだけれど、重量や持ち運び易さも考えて今回ハンドメイドで作るのは、手軽に持ち運びしやすいサイズにしましょうか(^^「山と森と川の形」をテーマにする僕にとっては外せない素材で作成するつもりなのだけれど、僕の作品と木材の杢との [続きを読む]
  • 50mm単焦点レンズ
  • お気に入りのレンズは??と、聞かれれば50mmと答える人も多いかと思いますが、僕も50mmの画角は好きで、たまに50mm一本だけカメラにつけて出かけたりもします。よく、50mmは人間の見た画角に近いからなんて理由で使っている人も多いかなと。でも、実は少し違っていて、これも、人間の目が優秀だなっていう話に繋がるんですが、数メートルから10メートルくらいの中景をとる時には確かに人の見た目に近いんだけれど、遠景の風景を撮 [続きを読む]
  • 「鱒の誌上写真展」
  • 明日は定休日なので、今日は作業を切り上げ・・・少し前に、渓流の鱒の写真で、誌上写真展という形でと掲載依頼が来たので・・・写真の組み合わせと流れにストーリーを持たせるように、これから少々写真セレクト・・・僕の好みの表紙デザインの季刊誌なので、少々テンションは上がる♪僕も過度のフライフィッシング愛好家なので、読み手の心をくすぐるツボは痛いほど分かる・・・というよりも、僕自身の心がくすぐられる写真を撮っ [続きを読む]
  • 見たままを映し出すこと。
  • 夕暮れ・・・・心奪われるほどの光景に出会い、急ぎ車を停めてシャッターを切っていた・・・このブログを始めたころから、僕が見た感動するほどの光景を伝えようと写真を作ってきた・・・そのころは、ほとんどがコンデジで撮ってきたものを、出来うる限り見たままの光景に近づけようと作業してきた。人の目は、本当に優秀だ・・・・暗いものは明るく、色彩においても素晴らしい恒常性機能を備え持つ・・・そんな人の目には、どんな [続きを読む]
  • 過去の記事 …