進藤龍也牧師のヤクザな日記 さん プロフィール

  •  
進藤龍也牧師のヤクザな日記さん: 進藤龍也牧師のヤクザな日記
ハンドル名進藤龍也牧師のヤクザな日記 さん
ブログタイトル進藤龍也牧師のヤクザな日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/1st-geocities-churchl/
サイト紹介文元ヤクザ!今、牧師!現役おじさん定時制高校生のブログです。
自由文「罪人の友」主イエス・キリスト教会の開拓伝道と、刑務所伝道ミニストリーを主催。VIP加盟、ホープチャレンジ代表として薬物依存からの解放の祈り、依存者家族の相談をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2008/09/12 22:19

進藤龍也牧師のヤクザな日記 さんのブログ記事

  • 「私の存在は主の恵みによる」 哀歌3:22-24
  • 「私の存在は主の恵みによる」哀歌3:22-24私たちが滅び失せなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。主こそ、私の受ける分です」私の魂はいう。それゆえ、私は主を待ち望む。観察預言者エレミヤの哀歌エルサレム陥落、ユダ王国の罪と咎、偶像礼拝とその悪しき風習、邪心の故にバビロンを通して滅ぼされた時の哀歌。適用神の契約に基づく愛は変わることがない [続きを読む]
  • 「陰口をやめるだけで神に愛され用いられる」 箴言24:17-18
  • 「陰口をやめるだけで神に愛され用いられる」箴言24:17-18あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。彼がつまづくとき、あなたは心から楽しんではならない。主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。観察今日の聖書通読箇所はエゼキエル25-28章で、アモン人、モアブ人、エドム、ペリシテ人、ツロ王国の裁きの預言がなられる。彼らが裁かれる理由は、エルサレムが神によって裁かれたことを、喜んだか [続きを読む]
  • 「高ぶると聞く耳を持てなくなる」エレミヤ書? ?43:1-2? ?
  • 「高ぶると聞く耳を持てなくなる」「彼らの神である主がエレミヤを遣わして伝えさせたすべての言葉を、彼が民の全員に語り終えたとき、 ホシャヤの子アザルヤ、カレアの子ヨハナンおよび高慢な人々はエレミヤに向かって言った。「あなたの言っていることは偽りだ。我々の神である主はあなたを遣わしていない。主は、『エジプトへ行って寄留してはならない』と言ってはおられない。」??エレミヤ書 ?43:1-2 ?新共同訳観察残りの [続きを読む]
  • 「キリストによって変えられた証拠」エゼキエ23:48-49
  • 「キリストによって変えられた証拠」人は他人の心は見えないが、その人の中に、確かにキリストがおられるという証拠は、その人の生き方が変わったことを通してである。今日のみことば エゼキエ23:48-49新改訳三版あなた方の淫らな行いの報いはあなた方の上に下り、あなた方の偶像の罪の罰を負わなければならない。このとき、あなた方は、わたしが神、主であることを知ろう>観察偶像礼拝と、その偶像礼拝からくる悪魔的な習慣、貪 [続きを読む]
  • 「報われることを信じるのが信仰」 詩篇111:9
  • 「報われることを信じるのが信仰」詩篇111:9主は御民に贖いを送り、ご自分の契約をとこしえに定められた。主の御名は聖であり、畏れ多い。(新改訳三版)昨日の礼拝では「必ず報われることを信じなければならない」と何度も話した。それが信仰だからだ。罪による刈り取りだとしても、訓練のための試練だとしても、苦しみを通って研がれていく。苦しみの中で、諦めたり、神を疑ったり、神を責めて、ホーキンス博士や進化論のダーウ [続きを読む]
  • 「ソドムの滅びた理由」エゼキエル16:49
  • 「ソドムの滅びた理由」ソドムとゴモラの滅びた理由は、ソドミーという英語の語源とそれて、不自然な性的関係が理由とされているが、そればかりでなく、ソドムとゴモラは、〔高慢〕で〔安逸を貪り〕、〔貧しい者の世話をしなかった〕からであるという。不自然な性的関係や偶像礼拝をしていたとしても、勤勉に生きて、貧しい者たちの世話をするような人々であったなら、滅びは免れていたのかもしれない。罪人の友 主イエス・キリ [続きを読む]
  • 「悪い道から立ち帰らせる働き」 エゼキエル13:22
  • 「悪い道から立ち帰らせる働き」エゼキエル13:22あなた方はわたしが悲しませなかったのに、正しい人の心を偽りで悲しませ悪者を力づけ、彼が悪の道から立ち返って生きるようにしなかった。観察エゼキエルが預言した裁きの理由の1つ。エゼキエルの預言の特徴として、神がエゼキエルを通して語るものに、悪者を立ち帰らせるというものがある。悪者に、警告を与えないなら罪であることを示す。適用罪友教会にはわかりやすい罪人がや [続きを読む]
  • 「誰のために泣くのですか」??エゼキエル書? ?8:14
  • 「誰のために泣くのですか」「彼はわたしを、主の神殿の北に面した門の入り口に連れて行った。そこには、女たちがタンムズ神のために泣きながら座っているではないか。」??エゼキエル書 ?8:14 ?新共同訳観察エゼキエルが神によって見せられた幻であり、当時の現実。それは、なんと神殿の中で偶像礼拝で満ちていた。聖書では、ここでしか出てこないタンムズというアシュタロテの兄という偶像のために(飢饉)のために泣いてい [続きを読む]
  • 「糞の祈りにならぬよう」エゼキエル6:9
  • 「糞の祈りにならぬよう」ーあなたがたのうちで逃れた者たちは、捕虜になって行った国々で、わたしから離れた彼らの姦淫の心と偶像を慕う彼らの姦淫の目に、わたしがどんなに傷ついたかを思い起こす。自分たちのした悪や、あらゆる忌み嫌うべきことを彼らが自らが嫌うようになるとき、ー(エゼキエル6:9 新改訳4版)観察残りの民(レムナント)の1人となり、生き残ったエゼキエルの預言活動の初期。神の裁きがバビロン帝国(イラ [続きを読む]
  • 「イエス様がしてくださったこと」 エレミヤ書52:31-34
  • 「イエス様がしてくださったこと」エレミヤ書52:31-34「ユダの王ヨヤキンが捕囚となって三十七年目の十二月二十五日に、バビロンの王エビル・メロダクは、その即位の年にユダの王ヨヤキンに情けをかけ、彼を出獄させた。 バビロンの王は彼を手厚くもてなし、バビロンで共にいた王たちの中で彼に最も高い位を与えた。 ヨヤキンは獄中の衣を脱ぎ、生きている間、毎日欠かさず王と食事を共にすることとなった。 彼は生きている間、死 [続きを読む]
  • 「愛するという最高の力」 1ヨハネ3:23
  • 「愛するという最高の力」1ヨハネ3:23彼の戒めとは、私たちが彼の御子イエス キリストの御名を信じ、そして彼が私たちに戒めを与えられたように、互いに愛し合うことです。(回復訳)黙想先日の北海道北広島チャペルで行われたJTJスクーリングで、霊的な人とは、他の人格を尊重し愛することができる人を霊的な人であると教えた。また、キリスト者の人格とは、キリストに似たものになってゆくことであり、それを聖化ということを語 [続きを読む]
  • 正しいものが謝るということは
  • 夫婦喧嘩をすれば、妻を変えてくださいと祈るが、結局いつも、それが間違いだと気がつき、自分を変えてくださいと祈る。 喧嘩の相手は夫婦だけではなく、誰でもそうなのだが、相手の罪ばかりがフォーカスされてしまう。 そこで相手を責め、裁けば自分が神の代わりとなるという恐ろしい結果となる。 正しいものが謝るとは、謙遜になり、自分の正しさを主張するよりも、自分の過ちを認めて行く作業のことである。 [続きを読む]
  • 「神を恐れない罪」エレミヤ36:21-25
  • 「神を恐れない罪」涙の預言者と呼ばれるエレミヤは、ユダ王国滅亡を預言し、その目で滅亡を見た預言者である。繰り返し、繰り返し悔い改めを説くが受け入れられず滅亡して行くのを現実として、見て体験する。預言者ホセアのように、神の痛みを体感した預言者である。人には大きく分けて三つの罪がある。1、犯罪の罪2、道徳的な罪3、神を恐れない罪このエレミヤの時代の王と側近、下々の民は神を恐れない罪で蔓延して、滅亡なんか [続きを読む]
  • ヨハネ19:15b デボーション
  • ヨハネ19:15b祭司長たちは答えた。「カイザルのほかには、私たちの王はありません。」観察主イエスの裁判。つい一週間前は、ホサナ!と叫んで歓迎したはずの同胞は祭司長たちの扇動により、十字架につけろ!とユダヤの総督ピラトに訴える。黙想同胞ユダヤの王は誰か?創造主なる神である。彼らは妬みにかられ、敵意にかられ、1,000年前と同じ過ちを犯してしまう。 1サムエル記8章の出来事である。最後のさばきつかさサムエルの息 [続きを読む]
  • 「神を知る生き方」エレミヤ22:15b-16
  • 「神を知る生き方」エレミヤ22:15b-16あなたの父は飲み食いしたが、公義と正義を行ったではないか。その時、彼は幸福だった。彼はしいたげられた人、貧しい人の訴えをさばき、その時、彼は幸福だった。それが、わたしを知ることではなかったか。ー主の御告げー観察神の裁きにより、とうとうバビロン帝国(イラク)に踏みつけられるエルサレム。バビロン捕囚のエレミヤの預言22章。☆22章に出てくるユダの王エコヌヤとはエホヤキン [続きを読む]
  • 札幌ICF教会2018
  • 今年も行かせていただきましたICF教会恒例となってきました。かれこれ6年になりましょうか。この教会から学びに行っているのです。もちろん、伝道します。 支教会のベテルには3年連続で、午後行かせてもらっています。支教会は刑務所伝道(文通)をしています。支教会での写真を忘れていましましたが、説教動画をユーチューブにアップします。 [続きを読む]
  • 母教会の支教会ススキノ平成の駆け込み寺
  • 平成の駆け込み寺 シロアムキリスト教会ネーミングが素晴らしい。キリスト教会なのに、駆け込み寺!どっちやねん!笑 ここは私の霊的な実家。この教会の本部、千葉の柏市(私は東船橋当時)に洗礼を受けました。 ここに来ると自然と涙が出る。原点に帰れる。感謝です。 元ヤクザ牧師のパイオニア!鈴木啓之牧師と忠実な聖徒キキさん。 [続きを読む]
  • 元右翼牧師と元ヤクザ牧
  • 元右翼牧師と元ヤクザ牧師これもまた毎年こうれになってますが、北広島チャペルで、JTJ宣教神学校のスクーリングをしてきました。 ここの牧師が木村恵一牧師といい、元右翼なのです。空手の師範でもありまして、硬派なのですが、、、 甘いものが大好きなのです。そして私を毎年、美味しいデザートの旅に連れて行ってくれるのです。 そこで、強面をイメチェンするべくスイーティー木村&ファンシー進藤というネーミングをつけまし [続きを読む]
  • 三角市場武田商店〜今年も
  • グアムの傷心旅行のときに知り合った武田商店の武田さん。小樽ベテル教会(札幌ICF教会の支教会)はJTJ宣教神学校の後輩になりますが、ここの牧師も武田商店に行ってくださっています。 そしてチラシを! お土産だけではなく、絶品の海の幸を武田商店でご堪能ください!! [続きを読む]
  • 小樽アンティーク・雑貨「七福」との出会い
  • 小樽駅前 三角市場の武田商店での買い物を終え、観光スポットである小樽の街を歩いていると、お洒落なアンティーックショップに立ち寄りました。 そこには妻が好きなハンコが置いてあったのです。店主から「見たことがある」と言われて、お土産をたくさんいただきました。 サインをしてお店のインスタグラムにおさまりました!もちろん、帰ってきて著書を送りました! [続きを読む]