金田@人生戦略ノート! さん プロフィール

  •  
金田@人生戦略ノート!さん: 30代の人生戦略ノートと成長日記
ハンドル名金田@人生戦略ノート! さん
ブログタイトル30代の人生戦略ノートと成長日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/dolphin55/
サイト紹介文週刊ダイヤモンドで人気ブログとして紹介されました。私の戦略ノートをご紹介いたします。
自由文まず自分の夢をはっきりと持つ。そしてその夢を戦略ノートに書き綴りながら、ただまっすぐに突き進む。そんな私の戦略ノートと一日一日の成長をつづった実践日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/09/12 22:42

金田@人生戦略ノート! さんのブログ記事

  • 第37号:遊んでいるだけで連休中に成長できる方法
  • 前回は、「嫌な仕事」とのつきあい方についてお話しました。「やりたくない仕事」は自分が成長して扱う仕事が大きくなるほど、それに比例して多くなるという事実です。そんな日々をプラスに変える方法は2つ。 1つは、 マインドの切り替え です。仕事そのものの負担を減らす工夫に加え、やりたくない仕事があるという気持ちを否定しないこと。自分の気持ちを否定するとモチベーションも低下してしまいます。本当に自分がやりたい [続きを読む]
  • 第36号: 「嫌な仕事」とのつきあい方
  • 前回は、日本の『デキる』人が海外で潰れてしまう理由についてお話しました。よりハイレベルのパフォーマンスを求められる海外では、60点や80点を取れる日本のサラリーマンは実質「0点」になってしまうこともあるというお話です。その理由は、主に2つ。その1つが「+αがないと相手にされない」ということ。競争も激しいグローバルな仕事の場ではソツなくこなせる人というだけではダメ。自分にしかない武器を持っていないと相手に [続きを読む]
  • 第35号:日本の『デキる』人が海外で潰れてしまう理由
  • 前回は、成長する人は常に「できない」状態にあるということをお伝えしました。なぜなら、「成長」を意識して仕事に取組んでいる人は常に、能力以上の仕事を預かっている状態 だからです。「できない」は苦しみでもありますが同時に、成長への「伸びしろ」 でもあります。あくまで100点を目指しつつ、最低限80点は取れるようにトライ。結果、60点になっても仕方ない。という精神で仕事の「平均点」を捉えるということです。地味で [続きを読む]
  • 第34号:仕事における平均点の考え方
  • 前回は、私が入社以来ずっと続けている 「相手の期待以上に応える」というポリシーを例に、成長によるメリットをお伝えしました。どんな人にとっても「成長」することは絶対に、メリットがある。成長とは大きな仕事を任され、ステップアップできるだけでなく同じ量の仕事がラクにこなせるようになるということ。今回は、「成長」を具体的にイメージするために必要な「仕事における平均点」について考えていきましょう。━━━━━ [続きを読む]
  • 第33号:仕事で常に『成長』することの意味
  • 前回は、残業をやめない部下の話を例に私が部下に「指示が出せない」状態を克服した事例を お話しました。1.「目標合意」2.「根拠の明確化」3.「原因の特定」というステップを踏むことが3つのポイントでした。詳細はぜひ前回を振り返ってみてください。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━今回は、私が入社以来ずっと続けている 「相手の期待以上に応える」ということの意味について、「成長」 という観点からお話します。一 [続きを読む]
  • 第32号: メールでの依頼は、電話に切り替えて返答
  • 前回は、「自分との約束を守る」「定時後のスケジュールも仕事と同じように守る」「人に時間を奪われないために」「依頼を受けるときは『腹八分』で」 ということをお伝えしました。実際世界各国の人と仕事をしていて何度も見て実感しているのですが、グローバルな仕事の場ではとかく、日本人は雑用を頼まれやすい(笑)それだけに、予期せぬことを頼まれてもある程度対応できるバッファをとっておくことは国外で仕事をする日本人 [続きを読む]
  • 第31号: 残業ゼロは「自分との約束」と 「腹八分」の仕事で果たす
  • 前回は、「V字形のスケジュール」管理 で長いスパンで仕事のパフォーマンスを維持する考え方についてお話しました。まずは活動の全体量を把握すること。そして、「V字形のスケジュール」 を組むこと。それは全体のスケジュールの最初と最後を重点的にペース配分をする ということ。具体的には、1、最後だけでなく最初にスタートダッシュ2、全体の真ん中に、ゆったりペースの期間を設ける(ラストスパートの集中力と体力を温存す [続きを読む]
  • 第30号: 長期スパンの仕事は 「V字形のスケジュール」管理で
  • 今回は、みなさんからよくご質問をいただく「時間管理」について取りあげます。 時間管理と一口に言っても大きく分けると、2つの観点があります。 1つは、いかにムダな残業をせず、早く仕事を片付けるか ということ。 そしてもう1つは、残業続き、休みの取れない毎日でもいかにパフォーマンスを維持するかということです。 よく、時間管理の書籍等では1を前提に言われることがありますよね。 でも、難しいプロジェクトを抱えて [続きを読む]
  • 第29号:失敗は「言い換え」で成功に変わる
  • 先日、読者の方からいただいたメールの中にこんなご質問がありました(一部改)。 「1日を振り返り成長日記を書く際に、成功体験よりも、人から注意されたことや、内省する部分 (○○がうまくできなかった)がクローズアップされ、なかなか筆が進まないことがあります。ちょっとした成功体験を1行にまとめ、矢印を入れて理由を記載することはできるようになってきましたが、上記のような場合はどのように日記を書けばよろしいで [続きを読む]
  • 第28号:レストラントーク必勝法も「一点突破」で
  • 前回、 レストラントークに関してはまだまだ私も勉強中!ということをお伝えしました。仕事では、会話も、メールも、プレゼンも会議も自信を持って英語で臨める。でも、海外のパートナーたちとレストランで交わす英会話においては、いまだに自分のダメさを痛感する毎日です。 なぜなら、あまりにも守備範囲が広いから。 海外への出張の際、仕事を終え、現地のパートナーたちとディナーを囲むひとときは楽しくもありますが、より高 [続きを読む]
  • 第27号:語彙をノートに蓄積する【単語帳スペース】
  • 英語に限らず 何度勉強してもなぜか覚えられない言葉ってありませんか? 私も、学生時代世界史の教科書に出てきた「マグナ・カルタ」という言葉や「environment」(環境)という英単語の綴りがどうしても覚えられずノートに何十回も書いた覚えがあります(笑)。今までノート術を続けてきたみなさんにもなぜか覚えにくい単語があるのではないでしょうか。 そこで、今回取りあげるのが新しく学んだ単語を、どうやって蓄積していくか [続きを読む]
  • 第26号:「一点突破」で単語は派生する!
  • 今回は、 「一点突破」で単語は派生する!ということについて、お伝えします。 私が最初に英語を勉強し始めたのは、30歳のとき。いきなり、翌週に英語を話さなきゃいけない状態になったんです。その頃は、ついこの間まで平社員だった私が副社長補佐に抜擢されたときのこと。ドラマに出てくるような大きなガラス窓のある副社長室を、想像してみてください。そんな場所で仕事するわけです。初日からとても緊張しました。 そんなある [続きを読む]
  • 第25号:目標設定において一番大切なこと
  • 今回は私のお恥ずかしい実体験を交え、目標設定において私が考える一番大切なことについて お話しします。少々長いですが、気持ちを込めて書いたのでじっくり読んでください。 元旦の号外で、2018年は、私にとって変化の年とお伝えしました。みなさんも、今年は今までやりたくてもできなかったこと、なにかのせいにして目を背けてきたことに目を向けてみませんか。 答えは、今までの人生の中 にあります。 今回は、 英語×ノート術 [続きを読む]
  • 第24号:「1行」で書くことによって 仕事時間を生み出せる理由
  • 今回は「1行」で書くことによって仕事時間を生み出せる理由を、お話します。 1行日記を実践しているみなさんに、ちょっとやっていただきたいことがあります。 普段の成長日記の一文を、声に出して読み上げてみてください。 英語でも、日本語でもかまいません。 例えば、To visit company A for an interview next time(次回A社に訪問し、ヒアリングを実施)という1行を、実際の会話のようなペースで読み上げてみると… いかがでし [続きを読む]
  • 第23号:英語×ノート術で 失敗をプラスに変える!(後編)
  • 今日は、前回の続き(後半)です。 前号と続けて読んでください。 【何度も遭遇する場面こそ学習のチャンス】 こうして、成長日記に日々新たな1行が加わっていくわけですが書き加えていったことは必ずしも、次回実行できるとは限りません。例えば2週間後、上司から同じことで怒られたとしましょうか。 「先週も同じことを言ったのに、今週も次回のアクションが言えないのか?」 普通なら、「しまった、またやってしまった・・・ [続きを読む]
  • 第22号:英語×ノート術で 失敗をプラスに変える!(前編)
  • 今年の7月から始めた私のメルマガも、おかげさまで半年目を迎えました。そこで、今回からはみなさんの日常で遭遇する場面を想定してより実践的な内容をお伝えしていきます。 今までお伝えしたポイントを振り返りながらノートを開くタイミングなど、細かい点にも迫っていきますのでお楽しみに!【小さな成功体験の積み重ねが最短距離に】 今まで繰り返し「パーフェクトな英語じゃなくていい」とお伝えしていますが、 こんな方法で、 [続きを読む]
  • 第20号: 振り返りの工夫は「シーン」認識にあり
  • 今日は成長日記に書きこむもう一つの「1行」 について説明します。とてもベタな話なんですが、ここにもこだわりがあります。それは日付とシーンを記入するです。私は日付を6桁で記入するようにしています。例えば、2017年3月27日であれば、「170327」と書きます。(ちなみに3月27日は私の誕生日です 笑)そしてその時どんなシーンだったか、例えば何の会議なのか、何の打ち合わせなのかといった内容を書きます。例えば、2017年3月27 [続きを読む]
  • 第19号: ノートにはごちゃごちゃあれもこれも書かない!
  • 成長日記を書くうえでの大切なポイント。それは繰り返し言いますが1行で書く です。あれもこれもと色々書かないでください。よくノートにごちゃごちゃと色々書く人がいますよね?私自身がこのタイプだったのですが、ノートに色々と書いていた当時、あまりにも情報量が多いので、読み返すことができませんでした 。たいていの人は、ノートに書いてもそのまま 。書きっぱなしの状態になっているかと思います。あなたはどうですか?せ [続きを読む]
  • 第17号: 成長日記で「ロジカルシンキング」が鍛えられる!?
  • 私がおススメするノート術(成長日記)を続けて行くと あなたが「ロジカルシンキング」ができるようになる、 ということをお話しします。ロジカルシンキングのポイントって 細かい技術はいろいろありますが、要は「 3つのポイントで論点を整理できればOK 」です。何かの結論を伝えて、「ポイントは3つのあります」ってうまく話しをする人がいますよね。あの要領です。前回、「なぜなら?」を3つにまとめることをお話ししました。前回 [続きを読む]
  • 第16号: 「矢印」を使って「3つの成功ノウハウ」を蓄積する
  • 前回、 前々回で、成長日記にミニサクセスストーリーを1行書いたら「その理由を1行」付け足して書くことをお伝えしました。こんな例でした。・プレゼンで時間通りに話すことができた ← あらかじめ時間配分を決めておいた← 1スライド2分のペースが自分にベスト※ 前号はこの内容の英語そこで登場するのが 矢印 。成長日記を上手にまとめるうえで欠かせないのが 矢印の使い方 です。それは・左矢印(←)・ 右矢印(→)があります。 [続きを読む]