ひこーきパパ さん プロフィール

  •  
ひこーきパパさん: ひこーきファミリーのおうち
ハンドル名ひこーきパパ さん
ブログタイトルひこーきファミリーのおうち
ブログURLhttp://specialchildren.seesaa.net/
サイト紹介文二人の自閉症児の親です。 子供達のこと等を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供842回 / 365日(平均16.1回/週) - 参加 2008/09/13 07:13

ひこーきパパ さんのブログ記事

  • 哺乳類の脳育つ仕組み、都医学総研など解明
  • 哺乳類の脳育つ仕組み、都医学総研など解明https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29587930Z10C18A4CR8000/ 東京都医学総合研究所と名古屋大は、胎児期に哺乳類の大脳が発達する仕組みを解明した。妊娠初期にできる特殊な神経細胞(ニューロン)が、他の神経細胞の成熟を促していた。脳の発達と関係する自閉症や統合失調症の原因解明につながるという。 成果は20日、米科学誌サイエンス(電子版)に掲載される。 大脳の表面付近 [続きを読む]
  • 介護報酬改定で月収1万3660円増 新設の加算で
  • 介護報酬改定で月収1万3660円増 新設の加算でhttp://www.fukushishimbun.co.jp/topics/18787 2017年4月の介護報酬改定で新設された介護職員処遇改善加算Iを取得した事業所では、常勤介護職員の平均月給が1万3660円増え、29万7450円(手当・一時金含む)になったことが4日、厚生労働省の調査で分かった。加算1.で月給約1万円の増加を見込んでいた厚労省は「加算だけで増えたとは思わないが、総体的にみれば [続きを読む]
  • 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病?
  • 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病?http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/miyaoka/201804/555698.html地域の中核病院で紹介患者の診療に当たっていると、近隣の内科医から「うつ病ではないか」と診療を依頼される症例の中に、実はうつ病とはいえない例や、抗うつ薬による治療は必要ないと考えられる例が多いことが以前から気になっていた。一方で最近は、精神科医や企業の産業医から「このこだわりの強さ [続きを読む]
  • 「精神障害者」と"当たり前に働く"時代の現実
  • 「精神障害者」と"当たり前に働く"時代の現実障害者雇用促進法の改正で職場はどうなるhttps://toyokeizai.net/articles/-/215946なぜ人は働くのだろうか。理由はいくつもある。「収入のため」「自己実現のため」、そして「社会に役立つため」などさまざまだ。それは、障害のある人もない人も変わらない。障害者雇用促進法が改正され、4月から法定雇用率が2.2%に上がった。また、これまで法定雇用率の算定基礎に入っていなかった「精 [続きを読む]
  • 自閉症の男性を演じた俳優リン・マンロン
  • 「香港版アカデミー賞」第37回金像奨、ルイス・クーとテレサ・モウが初めての最優秀賞―香港http://www.recordchina.co.jp/b592299-s0-c70.html2018年4月15日、「香港版アカデミー賞」香港電影金像奨の授賞式が行われ、俳優ルイス・クー(古天楽)と女優テレサ・モウ(毛舜●、●=竹かんむりに「均」)がそれぞれ最高賞に輝いた。新浪が伝えた。 今年で37回目を迎えた香港電影金像奨の授賞式が15日、香港文化センターで行われた。 [続きを読む]
  • 社長を動かした障害者からの手紙
  • 社長を動かした障害者からの手紙http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/318046「毎日『調子はどう?』ってきいてほしいです」。障害者の社員からの手紙には、なかなか言い出せなかった悩みがつづられていた。受け取った岩井保之社長(54)は「コミュニケーション不足を教えられた」。 オフィス用品など販売のイワイ(本社福井県福井市)は、社員30人のうち3人が障害者だ。初めて発達障害の男性を雇ったのは8年前。積極 [続きを読む]
  • “尿を調べてがん発見” 世界初の実証実験へ
  • “尿を調べてがん発見” 世界初の実証実験へhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180416/k10011405771000.html尿を調べてがんを見つけるという、世界で初めての実証実験が始まることになりました。現在、研究が進められている、血液による検査に比べて、体への負担をかけずにがんの早期発見につながることが期待されています。尿を調べてがんを見つける検査方法は、日立製作所が3年前に研究を始め、今月から名古屋大学医学部附属 [続きを読む]
  • 1歳3カ月、お座りできず
  • 1歳3カ月、お座りできずhttps://mainichi.jp/articles/20180415/ddm/016/040/040000cQ 1歳3カ月 お座りできず  1歳3カ月の孫がお座りできず、前のめりになってしまいます。言葉はまだ発せず、おもちゃにも興味がないようです。成長を待つのみでしょうか。(埼玉県、女性、65歳) A まず医学検査受けて  お座りできるようになる時期の標準は生後7カ月、遅くても約10カ月なので、運動発達が遅れているようです。 [続きを読む]
  • 知的障害者が地域で暮らすとは 「のぞみの園」の今
  • 知的障害者が地域で暮らすとは 「のぞみの園」の今https://www.asahi.com/articles/ASL4F53Q5L4FUBQU00P.html「国立のぞみの園」前理事長 遠藤浩さんインタビュー 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園(群馬県高崎市)のあり方をめぐり、厚生労働省の検討会が先月公表した報告書は「国として実施すべき事業に重点を絞って役割を担うべき」だとする一方、民営化も含めた検討も求めました。国立のぞみの園の前理事 [続きを読む]
  • 妊娠中の炎症が脳に及ぼす影響を探る
  • 妊娠中の炎症が脳に及ぼす影響を探るhttps://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20180414-00083935/母体の炎症の胎児脳への影響風邪やインフルエンザなど様々な原因で妊婦さんに炎症が起こってしまうと、胎児の脳の発達に影響して自閉症などの発症率が上がることは、多くの妊婦さんとその子供を追跡する調査(疫学的調査)により確かめられています。そのため、できるだけ妊婦さんは炎症の原因を遠ざける必要があり、感染 [続きを読む]
  • 耶馬溪の崩落
  • 耶馬溪の崩落先ずはお亡くなりました方々のお悔やみを申し上げます。今朝、NHKのニュースで4Kカメラで崩落上部の映像が流れました。溶結凝灰岩の柱状節理がかなりもろく明確に見えていました。先日「ぶらタモリ」の鹿児島の島津家別邸、でのロケでhttp://service-news.tokyo/buratamori-kagoshima-16366たんたど石が紹介されました。このたんたど石の風化が進むと、今回の様な明確な柱状節理が出て来ます。安山岩は太古の岩石で安 [続きを読む]
  • 障害者の特性、共に働くヒント DWLがワークブック
  • 障害者の特性、共に働くヒント DWLがワークブックhttps://mainichi.jp/articles/20180413/ddn/013/100/023000c 今月、企業に一定割合以上の障害者を雇うよう義務づける法定雇用率が引き上げられた。採用側の取り組みがますます求められる中、NPO法人ディーセントワーク・ラボ(DWL、東京都)が、障害者が働きやすい職場づくりを学べるワークブック「障がい者の特性に着目した仕事と組織をつくる」を作成した。中尾文香 [続きを読む]
  • 5年で3倍…増える発達障害学生 就活で直面する厳しい現実
  • 5年で3倍…増える発達障害学生 就活で直面する厳しい現実https://dot.asahi.com/aera/2018041100057.html?page=1 発達障害を抱える学生は、この5年で約3倍になった。修学支援が整うなか、就活・就職後に初めてつまずくケースも少なくない。社会に出る前に特性を受容し、対処法を身につける。そんなきめ細かな就活支援が広がりつつある。 たった1枚の履歴書に、丸1日。朝から書き始めて、徹夜しても仕上がらなかった。 ボールペ [続きを読む]
  • 科学が共感力を生み出す遺伝子に迫る
  • 科学が共感力を生み出す遺伝子に迫るhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00010002-biz_lifeh-sci私たちは「共感力」のことを、筋肉やパズルゲームのスコアのように、努力次第で鍛えたり高めたりできるものであるかのように語ります。しかし、Natureに掲載されている最近の研究によると、個人の共感力は(少なくとも部分的には)遺伝子で決定されているという理論を支持する証拠が見つかりました。共感力は大きく2つ [続きを読む]
  • 医院と介護事業所で実験 高まる期待
  • 医院と介護事業所で実験 高まる期待https://mainichi.jp/articles/20180411/k00/00e/040/261000c 徳島県石井町藍畑の須見医院と同町で介護事業所を運営するNPO法人「あかねの和」が、IT機器開発などを手掛ける楽研(東京)と連携し、タブレット端末による遠隔診療の実証実験に乗り出した。遠隔診療で民間同士の連携は県内で初めて。高齢化で医療や介護ニーズが増える一方、支え手の人手不足が深刻化しており、双方の負担軽 [続きを読む]
  • 発達障害理由に不合格は「差別」…県に賠償命令
  • 発達障害理由に不合格は「差別」…県に賠償命令http://www.yomiuri.co.jp/national/20180411-OYT1T50004.html職業訓練を受けるための選考試験で、発達障害だったために不合格とされ、精神的苦痛を受けたとして、高知市の男性(61)が、試験を実施した高知県に165万円の損害賠償などを求めた訴訟で、高知地裁は10日、不合格は発達障害が理由と認めて「差別にあたる」とし、33万円の支払いを県に命じる判決を言い渡した。 [続きを読む]