ひこーきパパ さん プロフィール

  •  
ひこーきパパさん: ひこーきファミリーのおうち
ハンドル名ひこーきパパ さん
ブログタイトルひこーきファミリーのおうち
ブログURLhttp://specialchildren.seesaa.net/
サイト紹介文二人の自閉症児の親です。 子供達のこと等を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供769回 / 365日(平均14.7回/週) - 参加 2008/09/13 07:13

ひこーきパパ さんのブログ記事

  • 脳神経疾患の治療に弾み 神経束の役割解明
  • 脳神経疾患の治療に弾み 神経束の役割解明 金大研究グループhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00678029-hokkoku-l17 大脳に2本ある神経線維の束「神経束(そく)」の役割と進化のプロセスを世界で初めて明らかにしたと、金大医学系の河崎洋志教授(53)=脳神経医学=と同大大学院医薬保健学総合研究科の齋藤健吾さん(24)らの研究グループが12日発表した。脳の進化の研究に加え、自閉症や統合失調症などさ [続きを読む]
  • がん新医療、来春保険適用 遺伝子100種超解析
  • がん新医療、来春保険適用 遺伝子100種超解析→患者に合う薬選択 厚労省承認へhttps://digital.asahi.com/articles/DA3S13810947.html?_requesturl=articles%2FDA3S13810947.html&rm=150患者のがん細胞の遺伝子を網羅的に調べ、患者ごとに最適な治療法を探る「ゲノム医療」の遺伝子検査システムについて、厚生労働省の部会は13日、製造販売を了承した。近く承認され、対象者は限られるが、来春に公的医.. [続きを読む]
  • ツイッター発「見慣れぬマーク」正体は?
  • ツイッター発「見慣れぬマーク」正体は? 外見からわからない障害にhttps://withnews.jp/article/f0181212002qq000000000000000W07n10101qq000018469A***写真いろいろあります。昨年秋以降、街中ではあまり見慣れないシンボルマークがネット上で拡散しています。投稿されているのは標識などの製作会社が作ったうさぎのマーク。見た目では理解されにくい「ある障害」を持つ少年が、周りから心無い言葉を受けたのがきっかけでし [続きを読む]
  • 『僕らは奇跡でできている』が放つメッセージ
  • “ちょっとだけ普通じゃない”高橋一生が教える生き方 『僕らは奇跡でできている』が放つメッセージhttps://realsound.jp/movie/2018/12/post-291041.html 正直に言おう。最初は半信半疑だった。けれども、そこに何かがあるような気がして、毎週観続けていたら次第にハマってしまい、いまや毎回不意打ち的に訪れるカタルシスにハッと胸を締め付けられ、こともあろうか少し涙したりしているのだ。そう、高橋一生主演のドラマ『僕 [続きを読む]
  • うろうろする訳は? 「理解しやすい」障害啓発ポスター
  • うろうろする訳は? 「理解しやすい」障害啓発ポスターhttp://www.kanaloco.jp/article/3765653〜9日は障害者週間。横浜市港南区が製作した発達障害や知的障害のある人が繰り返すことの多い行動を“ヘタウマ”なイラストで描いた啓発ポスターが会員制交流サイト(SNS)で話題となり、共感が全国にじわりと広がっている。予想外の反響に戸惑いつつも、ポスター作りに携わったメンバーが伝えたい思いはただ一つ。「障害の特性 [続きを読む]
  • 夜間中学に「学びの原点」 東京で全国研究大会
  • 夜間中学に「学びの原点」 東京で全国研究大会https://www.sankei.com/life/news/181208/lif1812080008-n1.html戦争や貧困などで義務教育を受けられなかった人たちのために設けられた夜間中学の関係者が集う「全国夜間中学校研究大会」が東京都内で開かれ、生徒の体験発表や教員の研究発表などのほか、夜間中学に詳しい岡田敏之・京都教育大教授が「学びの多様性とこれからの夜間中学」をテーマに記念講演を行った。 岡田教授は [続きを読む]
  • 元NHKアナ、50代で福祉施設に転身
  • 元NHKアナ、50代で福祉施設に転身 内多勝康さんの奮闘記「『医療的ケア』の必要な子どもたち」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010000-bookasahi-life50歳すぎて厳しく怒られるのって、しんどい  NHKのアナウンサーという華やかな職を50代で離れ、医療的なケアを必要とする子供達とその家族をサポートする職へと転身した内多勝康さん(55)。新天地での奮闘と問題提起を著書「『医療的ケア』の必要な.. [続きを読む]
  • 介護の処遇改善 現行の加算Ⅰ〜Ⅲ取得が要件
  • 介護の処遇改善 現行の加算Ⅰ〜Ⅲ取得が要件〈厚労省案〉http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/20990 厚生労働省は11月22日、介護人材のさらなる処遇改善に向けて2019年10月に新設する加算について、現行の加算Ⅰ〜Ⅲを取得している施設・事業所を対象とする案を社会保障審議会介護給付費分科会に示した。サービスごとに設定する加算率と事業所内での配分方法についての案も提示した。 さらなる処遇改善は消費税率 [続きを読む]
  • 障害者の「引き抜き」が起きる?
  • 障害者の「引き抜き」が起きる? 福祉と企業の現場で聞いた「本音」 法定雇用率を守ろうとすると……https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000001-withnews-soci障害者を雇用するってどういうことなのか? 障害者雇用の現場では、今後、「引き抜き」や「青田買い」が起こるのではないかと心配する声があるそうです。いったいどういうこと? 雇う側の気持ちが知りたくて、障害者雇用の改善に取り組む就労支援者や企業 [続きを読む]
  • 注意欠陥多動性障害は脳に特徴 福井大チームがAIで解析
  • 注意欠陥多動性障害は脳に特徴 福井大チームがAIで解析http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20181204/CK2018120402000008.html 福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(57)とジョン・ミンヨン特命助教(37)らの研究チームは三日、人工知能(AI)による脳構造の解析で、注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもには、特定の脳部位に特徴があることを明らかにしたと発表した。将来的に医師による問 [続きを読む]
  • ブラックホール周辺の謎 ガスのドーナツ構造解明
  • ブラックホール周辺の謎 ガスのドーナツ構造解明 鹿児島大学・和田教授らhttps://373news.com/_news/?storyid=99297鹿児島大学大学院の和田桂一教授(53)や国立天文台ハワイ観測所の泉拓磨特任助教らでつくる研究チームは、「超巨大ブラックホール」を取り巻いているドーナツ状のガスの分布や動きについて、初めて解明した。10月末に発行された米国天文学会誌に掲載され、12月3日までに鹿大が発表した。  従来、ブラッ [続きを読む]
  • 発達障害児の支援とは、親への支援だ
  • 発達障害児の支援とは、親への支援だ通常クラスで約15人に1人、気軽に相談できる場に専門職をhttps://webronza.asahi.com/science/articles/2018112700006.htmlNHKが11月から「発達障害って何だろう」というキャンペーンを始め、さまざまな番組で発達障害のことを取り上げている。それ以前からマスメディアでは大人の発達障害が報じられることが多くなってきており、このところ発達障害に対する認識は急速に広まっている。発達障害 [続きを読む]
  • スティグマとは何か?  健康さえ脅かすネガティブなレッテル
  • スティグマとは何か?  健康さえ脅かすネガティブなレッテルhttps://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/stigma-2政治家の「生産性がない」発言に対抗しようと、様々なマイノリティが一堂に会した対話集会。熊谷さんは、障害者やLGBTなどある特定の属性に刻まれる負の烙印、「スティグマ」について説明します。講演詳報第2弾社会的マイノリティと呼ばれる人々が分野を超えて集った院内対話集会で、基調講演をした東京大学先端科学 [続きを読む]
  • 発達障害の子「初診まで数カ月待ち」短縮へ 厚労省
  • 発達障害の子「初診まで数カ月待ち」短縮へ 厚労省https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3844611002122018CR8000/厚生労働省は発達障害が疑われる子供の診断体制の見直しに乗り出す。現在は特定の医療機関に受診希望者が集中し、初診まで数カ月かかる事例が各地で相次いでいる。同省は診断に必要な情報を集める事前調査を児童福祉施設などが実施し、医療機関の負担を減らす仕組みを導入する。初診の待機時間を短縮し、発達障害児 [続きを読む]
  • 発達障害診断、視線の動きで数値化 大阪大など治験へ
  • 発達障害診断、視線の動きで数値化 大阪大など治験へhttps://www.sankei.com/life/news/181201/lif1812010007-n1.html発達障害の診断の迅速・的確化に向け、対象者の視線の動きから障害の可能性を数値化する診断補助機器の開発を、大阪大などの研究チームが企業と共同で進めている。発達障害は早期発見が重要とされながら専門医が少ないため、診断には時間がかかっているのが現状。補助機器で測定すれば短時間で客観的な指標が得 [続きを読む]
  • 世界のはしか患者数30%増、ワクチン非難も一因 国連
  • 世界のはしか患者数30%増、ワクチン非難も一因 国連http://www.afpbb.com/articles/-/3199848国連(UN)は29日、2017年の世界の麻疹(はしか)患者数が前年比で30%を上回る急増を示したと発表した。予防接種率が従来高かったドイツなど欧州の富裕国で患者の増加が記録されたという。 世界保健機関(WHO)によると、はしか患者が再び増加に転じたこの憂慮すべき傾向はほぼ世界規模の現象だが、原因は地域によって異なるという。 [続きを読む]