ひこーきパパ さん プロフィール

  •  
ひこーきパパさん: ひこーきファミリーのおうち
ハンドル名ひこーきパパ さん
ブログタイトルひこーきファミリーのおうち
ブログURLhttp://specialchildren.seesaa.net/
サイト紹介文二人の自閉症児の親です。 子供達のこと等を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供863回 / 365日(平均16.6回/週) - 参加 2008/09/13 07:13

ひこーきパパ さんのブログ記事

  • 発達障害 困った行動本人目線で捉えて
  • 発達障害 困った行動本人目線で捉えてhttp://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO029712/20171122-OYTAT50006.html発達障害で困ることというと、どんなことを思い浮かべますか。乳幼児期ですと、対人関係が希薄。こだわりが強い。集団参加がうまくできない。大人の指示を聞かない。そういう「困った行動がある」というイメージが浮かぶと思います。 これらの困った行動は、どれも、大人側から見ての困った行動です。つまり、「こ [続きを読む]
  • 知的障害者の自立生活考え 都内で2イベント
  • 知的障害者の自立生活考え 都内で2イベントhttps://mainichi.jp/articles/20171122/org/00m/100/021000d重い知的障害があってもヘルパーを使いながら地域で暮らす方法を考えるイベントが25日と12月16日に東京都内2カ所で開かれる。  重度の知的障害者は施設で暮らすことが多く、国は現在、大規模施設から地域での生活に移す「地域移行」を掲げている。グループホームと並び、ヘルパーを使った自立生活が受け皿になるこ [続きを読む]
  • 発達障害疑い、助言受けた担任ら放置…叱責自殺
  • 発達障害疑い、助言受けた担任ら放置…叱責自殺http://www.yomiuri.co.jp/national/20171119-OYT1T50015.html福井県池田町の町立池田中学校で3月、2年生の男子生徒(当時14歳)が自殺した問題は、担任と副担任の厳しい叱責が原因とする調査委員会の報告書の公表から1か月が過ぎた。 報告書は生徒について「発達障害だった可能性がある」とし、担任も同僚からそう伝えられていた、と指摘した。特別な支援が必要な生徒を巡って [続きを読む]
  • これからが『私』の時間・・
  • これからが『私』の時間・・http://mall.373news.com/felia/?p=119473見る人が笑顔になるのを求めて自宅庭に作った小さな工房で、作陶や絵画を楽しんでいます。3人の子ども達も大きくなり、これからが私の時間だと思い、日々アートに取り組んでいます。自閉症の長男のイラストを、Tシャツやバッグにシルクスクリーンプリントする創作などもしています。夫の影響で、沖縄によくダイビングに行っていたのがきっかけで、シーサー人形 [続きを読む]
  • アイシンシュタインよりIQ高い「自閉症」の天才少年
  • アイシンシュタインよりIQ高い「自閉症」の天才少年、“母の決断”で突然能力が開花!ノーベル賞ホープとなるまでhttp://tocana.jp/2017/11/post_15137_entry.htmlhttp://tocana.jp/2017/11/post_15137_entry_2.html■幼児時代のジェイコブ:自閉症と診断される ジェイコブ・バーネットは2歳のときに自閉症と診断された。母親クリスティン・バーネットは、学校で学ぶことが無理と言われた後、息子を医師に連れて.. [続きを読む]
  • DNA切断の撮影に成功 「ゲノム編集」技術で
  • DNA切断の撮影に成功 「ゲノム編集」技術でhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20171118/k10011227531000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002生命の設計図である遺伝情報を自在に書き換える「ゲノム編集」と呼ばれる技術で、DNAが切断される様子を特殊な顕微鏡を使って撮影することに東京大学などの研究グループが世界で初めて成功しました。ゲノム編集は幅広い分野で応用が進めら.. [続きを読む]
  • 障害者就労施設計画がピンチ
  • 障害者就労施設計画がピンチhttps://mainichi.jp/articles/20171117/k00/00m/040/047000c障害を持つ子どもの就労施設を作ろうと、群馬県藤岡市の事業所が、インターネット上で事業費を募る「クラウドファンディング」という手法で進めているプロジェクトがピンチを迎えている。現在、目標額の85%にとどまり、期限の12月22日までに目標額(30万円)に達しなければ出資金は返還しなければいけない。関係者は「すでに出資し [続きを読む]
  • 発達障害対応学ぶ 教育関係者らフォーラム 宮崎
  • 発達障害対応学ぶ 教育関係者らフォーラム 宮崎http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_29246.html さまざまな障害がある人への理解を深める特別支援教育フォーラム(県教委主催)は16日、新富町文化会館であった。今回のテーマは発達障害。県内の教育、福祉関係者に加え発達障害がある子どもの保護者らが参加し、障害がある児童らへの対応などを学んだ。(全文は17日付朝刊または携帯サイトで) [続きを読む]
  • 食生活切り口に発達障害児の二次障害予防
  • 食生活切り口に発達障害児の二次障害予防http://www.saga-s.co.jp/articles/-/149288 西九州大学短期大学部(佐賀市)は、発達障害児への理解不足や不適切な対応によって、情緒の不安定さや反抗的な行動を招く二次障害を予防する研究を始める。食に関する調査研究で、安定した生活環境づくりを支援し、保護者のストレス軽減も目指す。5年をかけて支援モデルを確立し、成果を自治体に還元する。 福元裕二学長らが発表した。発達 [続きを読む]
  • 子どものいじめや自殺の相談 SNS活用で大幅増
  • 子どものいじめや自殺の相談 SNS活用で大幅増http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171116/k10011225821000.html?utm_int=news_contents_news-main_004&nnw_opt=news-main_b子どものいじめや自殺などの相談にSNSのLINEを使ったところ、電話よりも大幅に相談件数が増えたことがわかりました。専門家は「SNSは若者にとっていちばん身近なので、相談に活用できるよう対応することが.. [続きを読む]
  • 「発達障害治るが勝ち!」講演会
  • 「発達障害治るが勝ち!」講演会日  12月3日(日) 12:30〜16:30会場 鹿児島県婦人会館 ホール参加費 2000円第一部 浅見 淳子さん (花風社代表取締役社長) 「凸凹キッズの未来に希望を持っていい理由」  第二部 藤家 寛子さん 「自閉っ子的明るい未来の切り開き方」 1 幼少期の身体感覚   ・生まれてくる力の弱い子   ・パジャマでおじゃま   ・能力の凸凹・年ごとの発育状況   ・身体がなくなると [続きを読む]
  • 桜島南岳で爆発的噴火 広い範囲で空振
  • 桜島南岳で爆発的噴火 広い範囲で空振http://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=201711140002657713日夜、10時すぎ桜島の南岳山頂火口で爆発的噴火があり、鹿児島県内の広い範囲で爆発に伴うとみられる空振=空気の振動が確認されました。気象台によりますと、13日夜、10時7分、桜島の南岳山頂火口で爆発的噴火がありました。この爆発で、鹿児島市東郡元の鹿児島地方気象台では、誰にでも感じる程度の「中程度の空 [続きを読む]
  • 関東学院大で14日に 毎日新聞・野沢論説委員
  • 関東学院大で14日に 毎日新聞・野沢論説委員https://mainichi.jp/articles/20171111/ddl/k14/040/083000c東学院大学人間環境教養学会が14日、横浜・金沢八景キャンパスで「障害のある人もない人も共に育ち、暮らす街〜社会的インクルージョンの道のり」と題し、毎日新聞の野沢和弘論説委員の講演会を開く。  障害のある人の社会進出が進む一方で、障害に対する無理解や偏見から障害者が困難に直面する事件が起きていること [続きを読む]