akutsukatuhiko さん プロフィール

  •  
akutsukatuhikoさん: 家庭教師 阿久津勝彦のブログ
ハンドル名akutsukatuhiko さん
ブログタイトル家庭教師 阿久津勝彦のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/akutsu-k/
サイト紹介文群馬で英語を教えている阿久津のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供799回 / 365日(平均15.3回/週) - 参加 2008/09/15 15:51

akutsukatuhiko さんのブログ記事

  • イメージトレーニングにはなる
  • 大学の過去問をよくやります。 てか、ほとんどそれしかしてないかな? 実力がなくてもやっちゃいます。 まず、本人が自分でやってきます。 それで、私が解説着けます。 実力が足りてなくてもそれなりの解説はつけます。 実力がなければ完全にはわかりません。 ただ、イメージはできます。 最終的なゴールが想像できるんです。 これって大切じゃないですか? こういうふうに進めばこういうふうになるって思えるんです。 そう考えれ [続きを読む]
  • そういうところがいいのにね
  • 最近、社会人の生徒さんとこういう話になりました。 生徒さん「早稲田のラグビー部とか、それだけで就職とかよくありません?」 私「そうですね。 運動部の良さってありますよね。 『こんなのやってられねえよ! でも、やるしかねえか』 みたいな。 それって、サラリーマンに通ずるマインドじゃないですか? そういうところが評価が高いところじゃないですかね? ただ、今の子は、運動やっててもそういうのないですね」 理不尽ての [続きを読む]
  • よくある問題
  • 生徒を指導していて、よく言われる問題があります。 それはこれです。 「家で勉強できない」 結構多いです。 それで、いろんなところで勉強しようとします。 まずは図書館です。 それが一番いいんですけどね。 欠点があります。 まず「遅くまで開いてない」ってことです。 次は「席が取れない」です。 それで、自習室付きのところに通いたくなっちゃうんです。 もちろん、料金は高くなります。 よく「お金がなくて○○できない」っ [続きを読む]
  • そうじゃない場合もある
  • 最近、生徒のお母さんに相談されました。 英語の塾の話です。 生徒は小学生です。 その妹がいるんですけどね。 妹が英語の塾に行くってことになったみたいなんです。 それが、地元で評判のいい塾なんです。 私「あ、そこに行ったら私のところに来ることはないと思います」 宗教みたいなんでね。 そこに行ってれば大丈夫みたいな感じなんです。 まあ、それはそれでしょうがないです。 縁なんでね。 ただ、最近、その塾を辞めて自分 [続きを読む]
  • 苦手なものに挑戦
  • 今日の朝、胃カメラを飲んできました。 苦手なんです。 何年か前にピロリ菌の検査をしました。 陰性です。 まあ「ピロリ菌いなきゃガンにもならないだろう」ということで、しばらくは胃カメラをやってなかったんです。 ただ、夏ごろにちょっと胃の入り口の調子が悪いなって思ったんです。 それと、他の検査を受けたときに看護師さんに勧められたんでね。 やりました。 やっぱり大変です。 涙が出ます。 泣かずにいられないんですね [続きを読む]
  • 対岸の彼
  • 昨日、早稲田の文化構想の発表がありました。 残念ながら、誰も受かりませんでした。 まあ、この辺はしょうがないです。 確実なんてのは無理です。 夕方に連絡が来ます。 多少へこみながら、授業に行きます。 毎年のことですけどね。 授業に行くと、生徒のお兄さんがいます。 自分の元生徒です。 早稲田に行ってます。 髪が金髪です。 自分「どうしたん?その髪?」 生徒「3月にアメリカに行くんで」 自分「何人だかわからないよ [続きを読む]
  • 一筋縄では行かないな
  • 最近、授業をしていたら言われました。 生徒「今週は調子が悪いです」 まあ、いつものことですね。 「こういうふうにうまく行くはず」 って、思うじゃないですか? ただ、そんなことはないんです。 いつも紆余曲折です。 そこで、どういうふうに調子が悪いのかを聞きます。 それで、自分の思うところを述べます。 時間かかっちゃうんですけどね。 ただ、それしかできないんでね。 「ま、しょうがないか」とは思います。 ただ、考え [続きを読む]
  • 幸せ売ってます
  • 最近、生徒が大学を受験してきました。 それで、お母さんに生徒からラインが来るらしいんです。 その内容にいたく感動してました。 全力でできた感が、あったんでしょうね。 「お母さん、僕、全力でやったよ!」 みたいなんじゃないんです。 ほんの一言です。 親子だからわかる全力感が感じられたみたいなんです。 「それだけで十分です」 みたいに言われてました。 確かに、今、全力を尽くせる子自体が少なくなってきてます。 そ [続きを読む]
  • そこは期待されてない
  • ホームページなどには合格実績的なものを載せます。 30年程度前のも載せてますからね。 ほぼ詐欺です。 ブログにも英検合格とか大学合格とかの実績を載せます。 ただ、そこのところはあまり期待されてない感じはするんです。 実績なんてのは、生徒が少ししかいない場合は運なんです。 それも依頼される方はわかってるんじゃないかと思います。 「この先生は○○大学に合格させているからうちも」 みたいな単純な思考ではないです。 [続きを読む]
  • 縁を大事に
  • 最近、家庭教師の問い合わせをいただきました。 ありがとうございます。 多少遠方なんです。 ただ、そういうのは何とも思わないです。 行っちゃいますね。 躊躇がないといえばウソですけどね。 今までに何度もそういう経験はしてます。 「そのぐらいの距離は大丈夫かな?」 と思っていくんです。 ただ、帰りはへこみます。 「こんなに遠いのか?」ってですね。 今は慣れました。 そんなのよりも縁が大切です。 「一期一会」を大切 [続きを読む]
  • 俺が教えているものは
  • 自分が教えているものは勉強です。 まあ、当たり前です。 他に教えているものもあります。 それは「カッコよさ」です。 「あっちゃん、カッコいい」的な奴です。 まあ、アホですね。 こんなことを書いている経営者の方がいるのでしょうか? まあ、いないですね。 「うちの塾で教えているのはカッコよさです」 みたいなのはね。 どこの宣伝でも見たことないでしょう? しかも「そんなの教えられるのか?」ってのもあります。 生徒の [続きを読む]
  • うれしい報告
  • 前の生徒が就職が決まったという報告をもらいました。 私立高校の教員です。 元生徒は母校の野球部の後輩です。 大学でも野球をしてたんですけどね。 今は大学院生です。 就職が決まったんで一安心です。 今までは苦労の連続だったんでね。 それがある程度は報われた感じがして、ほっとしました。 頑張れば、苦労はしちゃいますね。 苦労しない方法はあります。 それは高望みはしないということです。 老後のおじいちゃんおばあち [続きを読む]
  • そういうことになるんですけどね
  • 最近、生徒のお母さんに提案しました。 「面談どうですか?」 ってです。 面談というと大げさなんですけどね。 話す時間がないんでね。 「たぶん、この話したいんだろうな」 ってのがあるんでね。 「それは後でも大丈夫です」 ということになるんですが、遠慮されてるんでしょうね。 その後、やはりラインでその話になります。 それを直接会って話したいところだったんですけどね。 まあ、どちらでも構わないです。 話が通じればで [続きを読む]
  • それだけが大事か?
  • 最近、生徒と生徒のお父さんと食事に行きました。 そこで言われました。 お父さん「先生、本かけるんじゃないですか?」 私「ビリギャルぐらいなのは何冊も書けます。 ただ、思うのは『大切なのはビリギャルだけか?』ってことです」 今まで何人もの生徒を見てきました。 何通りものストーリーがあるんです。 万人受けしないストーリーもあるじゃないですか? それはそれで一人一人のストーリーなんです。 その中で、どのストーリ [続きを読む]
  • 成長ってのは誰にも予測できない
  • 生徒が大学を受験してます。 何人もです。 毎日何人もと連絡を取ります。 さすがに仕事もあるんで、ラインになっちゃいます。 一人の生徒とこういいうやり取りになりました。 生徒「(その日に受けた試験は)今までの中で一番いいかも?」 私「毎日成長する。 成長って誰にも想像つかないんだよね」 どれだけ実力が伸びていくかってのは誰にも分らないんです。 自分も「大体これくらいじゃないか?」みたいに思って指導はしてるん [続きを読む]
  • 生徒が桐生高校の前期選抜に合格しました!
  • 生徒が桐生高校の前期選抜に合格しました! おめでとうございます。 高校的には安全圏の高校をあえて狙いました。 ただ、前期選抜なんで倍率が高いんですよね。 合格してよかったです。 大学入試を視野に入れて、そこでやりたいって言われたんでね。 あとはいろんな事情があります。 大学入試頑張りましょう。 入学後ではないです。 今からです。 [続きを読む]
  • 勉強になるねえ
  • 最近、小5の生徒が英検3級の一次試験に受かりました。 それで、2次試験の練習をします。 私が面接官になってです。 例えば「外国に行ったことがありますか?」みたいな問いをやります。 生徒「I went to Guam(私はグアムに行きました)」 私「あ、そこでやめておいた方が・・・」 生徒「えーっと、last night(昨晩)」 私「だからやめておきなって言ったでしょ? last nightって昨日じゃん。 昨日グアムにいて、今日面接できな [続きを読む]
  • ドラフト候補基準
  • 最近、生徒の友達をスカウトしました。 ドラフト1位でです。 スカウトはめったにないんです。 スカウトの基準てのがあるんですけどね。 勉強ができるとかじゃないんです。 まずは縁ですね。 縁がありそうな子です。 あとは相性が合いそうな子です。 それと最後までやってくれそうな子です。 最後までやるってのは大事です。 最後までやってもらってきちんと送り出したいんです。 生徒に、こちらから勉強以外で要求することはほと [続きを読む]
  • 女子高生扱い
  • 最近、社会人の生徒さんとこういう話になりました。 生徒さん「なかなか仕事が大変で」 と、そ子で今の大変さを話されます。 生徒さん「すいません。 愚痴聞いてもらっちゃって」 私「大丈夫ですよ。 女子高生なら泣いてるところです(笑)」 社会人なんでね。 簡単には泣けないです。 社会人なんでね。 学生ほど勉強する時間がないんです。 学生ならば、もっと頑張れるんじゃないかな? 泣かずにね。 って、社会人の生徒さんは思 [続きを読む]
  • お世話になります
  • 前の記事の続きを書きます。 生徒の大学進学後の話をします。 私「成績をよくするために、俺を十分使えばいい。 俺だけじゃなくて、そばにいる人とかみんな。 そうやらないと、できることが限られてくるから。 そうやって、みんないろんな人にお世話になっているわけじゃん。 それはしょうがないから。 自分もほかの機会に、人をお世話すればいい」 この話の前にも、お父さんが息子におっしゃってました。 「ここまで来られたのは [続きを読む]
  • 思い出せないぐらい
  • 昨日、高3の生徒と最後の授業をしました。 そのあとで、お父さんと3人で食事に行きました。 お父さん「本当に早かったですね」 私「早いですね。 教え始めたころはまた小っちゃかったんですけど。 その時、どんなだったか忘れちゃうぐらい早かったです」 中1から教えています。 あっという間でしたね。 他にも中1から教えている生徒が何人もいます。 皆、当時は幼かったはずなんです。 でも、ずっと一緒にいるじゃないですか? [続きを読む]
  • バブルまではいかないが
  • 前の記事に関して書きます。 古い赤本をやらせます。 90年代ぐらいのですかね? 早稲田とかです。 そうすると前のほうに現役大学生と座談会とかが載ってます。 早稲田の場合はガーディアンがやってます。 「早稲田魂」を発行しているサークルです。 バブル期まではさかのぼってないんですけどね。 当時がしのばれます。 服装とか髪型とかね。 タバコ吸いながら座談会している人もいます。 今はないなって思います。 ただ、言って [続きを読む]
  • 上には上が
  • さらに前の記事に関連して書きます。 大学の周りには古本屋が多いんです。 あるってると一つの古本屋が目に留まりました。 赤本をたくさん売ってるんです。 昔の赤本です。 それで、思わず入っちゃうんですけどね。 昭和の明治の赤本とかが売ってます。 それで、思わず手に取っちゃうんです。 「そういやこういうデザインだったな」 みたいに思ってです。 さすがにさすがに自分が受けていたころの赤本は保存してないんです。 まさ [続きを読む]
  • こっちは会えず
  • 前の記事の続きを書きます。 その後、高田馬場に移動します。 大学に行きます。 たまには行きたいんですね。 まあ、別に何をするというわけではないんですが。 ただ行くんです。 それで満足して戻ってくるんです。 飲み会で話します。 私「俺、ここに来る前に大学に行った」 同期「あ、俺も行った」 私「いつ頃?」 同期「ここに来るすぐ前」 私「じゃ、同じぐらいに行ってんじゃん。 会ってもおかしくなかったな」 発想が同じよう [続きを読む]
  • 無駄足回避
  • 土曜日に大学の先輩と同期と高田馬場で飲み会をしました。 その日に生徒が学習院を受験してたんです。 それで、時間があったんで受験が終わったころに、生徒の出待ちをしました。 激励のためにです。 サプライズ的にやりたいんです。 ただ、何時に試験が終わるかわからないんです。 ネットで調べてもよくわかりません。 ですので、カンで行ってみることにしました。 目白の駅に着くとちょうど試験が終わったばかりだったようです。 [続きを読む]