akutsukatuhiko さん プロフィール

  •  
akutsukatuhikoさん: 家庭教師 阿久津勝彦のブログ
ハンドル名akutsukatuhiko さん
ブログタイトル家庭教師 阿久津勝彦のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/akutsu-k/
サイト紹介文群馬で英語を教えている阿久津のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供774回 / 365日(平均14.8回/週) - 参加 2008/09/15 15:51

akutsukatuhiko さんのブログ記事

  • そういうのを望みたい
  • 最近、中3生が駿台模試を受けてきました。 難関私立向けのです。 ここのところ2回連続で受けてるんです。 前回の問題が返ってきたんで、復習します。 まあまあできてます。 長文はずっと河合塾のセンター用の問題集に出ていた長文です。 あとでお母さんに聞いたら、2回連続で受けなくてもいいってのが塾の方針らしんです。 でも、自分で受けたいって言って受けるんです。 そういうのを望みたいです。 こちらから強制するんじゃ [続きを読む]
  • 暗いモードでなければ
  • 大学受験生の生徒がいます。 成績が芳しくないです。 そうすると、いつも揺れちゃうんです。 その揺れに付き合っちゃうと、対策ができないんです。 まあ、付き合うしかないんですけどね。 それで、こういう話になります。 私「最近は、どう?」 生徒「良くはないんですけど。 暗いモードにはなってないです」 私「じゃ、いいんじゃない。 まだ、若いんだからさ」 この程度で勉強したって思われるとね。 一生、勉強するってことがど [続きを読む]
  • 本当の君は
  • 生徒が推薦で高校を受けます。 それで、自己PRってのを書かなければなりません。 それで、本人のいいところを教えます。 自分で、自分のいいところなんてよくわからないじゃないですか? 特に中学生なんでね。 普段、そんなの考えて生きてないです。 大人が外から見ると分かるんですね。 普段から、自分はその生徒に対していいと思っていることがあるんです。 それをここぞとばかりに伝えます。 そうすれば、たとえ落ちたとして [続きを読む]
  • 人生に無駄はある
  • 生徒が昔を振り返り言います。 「あの時、もっとちゃんとやってればよかった」 みたいにです。 今は、やれてるんです。 「今の調子で何でできてないんだろう?」 みたいに思っちゃうんですね。 まあ、無駄な時間を過ごしちゃたということですね。 「人生に無駄はない」 って、よく言うじゃないですか? そんなこともないですかね。 無駄はありますね。 その無駄を挽回したいです。 何としてでもです。 挽回できれば言えます。 「人 [続きを読む]
  • 兄がばらす
  • 生徒が大学が決まってます。 それで、住む場所の契約に行きます。 お父さんお母さんとです。 それで、こういう話になります。 私「弟、行かないの? 受験生だから、行かないか?」 生徒「いかないです」 私「でも、大して勉強してないから、行っても同じだろ。 大して勉強してないだろ」 生徒「してないです」 と、兄がばらしてました。 弟も今勉強を教えています。 どのぐらい勉強してるかは、わかります。 それをただ兄がばらし [続きを読む]
  • 厳しいかな(笑)
  • 中2の生徒を教えています。 極めて優秀です。 それで、かなりの飛び級の勉強をするんですけどね。 まあ、難しいです。 ほぼ全部解説しちゃうんで。 出来てる感じはしないんじゃないかな? それで、こういう話になります。 生徒「僕に足りないものは何ですか? 単語ですか?」 私「それもあるんだけどさ。 常識(笑)」 生徒「常識が欠けてるんですか?」 私「しょうがないじゃん。 中2なんだから」 まあ、中2なんで、そのレベルの [続きを読む]
  • 敗因分析
  • 前の記事に関して書きます。 県立のトップ高校に行ってる生徒が負けちゃうのは理由があります。 武器がないんです。 知識がないんですね。 知識がなければ、どんな試験をやってもできるようにはならないんです。 それをつけさせようとするんです。 ただ、時間がないんです。 課題も多いんでね。 部活もあります。 そうすると、やっぱり時間が買っちゃう感じがするんです。 それと、やっぱり成績が良くないと、モチベーションが上が [続きを読む]
  • 結構な圧勝
  • 前の二つの記事に関して書きます。県立のトップ高校に行ってない生徒の成績がいい話です。まあ、これはあるあるです。結構、そういう生徒を持ってます。同じように持つのが県立のトップ高校にいて成績不振の生徒です。前回の進研模試を参照します。そすると、トップ校に行ってない生徒が偏差値20程度の差をつけて圧勝です。まあ、だからトップ校を避けろというわけではないんですけどね。トップ校に行ってる生徒はみんな部活をやっ [続きを読む]
  • 高いレベルを見せる
  • 高1の生徒を教えています。この前の進研模試で英語は学年で2番でした。英検も2級は取得しました。それで、準1級の練習をします。流石に苦労します。学校は県立のトップ高校ではないんです。それでも、模試の偏差値は県立のトップでも上位には入れます。ただ、全国的に見ての自分の位置がよくわからないんです。もともと優等生ではないんで。ただ、自分と勉強してたらできるようになっただけなんです。それで、高い目標を持たせるた [続きを読む]
  • 引っ掛ける感じで
  • 高2の生徒を教えています。私立高校に通っています。最近の進研模試の英語が学年で3番でした。偏差値も今までで一番いいです。ただ、他の科目が全く普通なんです。でも、英語だけをきっかけに他の科目も頑張って欲しいんです。英語がフックのような感じででね。高いところに引っ掛ける感じです。それを手繰り寄せる感じで、他の科目も頑張って欲しいです。頑張って欲しいとは、人ごとのようですけどね。みんな意外とそうやってでき [続きを読む]
  • いい解釈
  • 生徒の河合塾の東大オープンの成績が帰ってきました。判定はまずまずです。ただ、英作文の採点が厳しいです。ちょっとおかしいんですね。それで、こういう話になります。私「作文がこんなにいじわるされてても、判定はいいじゃん。そうするとさ。本番でも、ある程度失敗しても挽回できるってことなんだ。満遍なく取ればいいってことだからさ。そう考えれば、今回作文に変な点をつけられたのは意味がある」自分で失敗したと思っても [続きを読む]
  • そんなことはないっす
  • 中3を指導してます。入試問題をやります。ただ、ちょっと難しいんですね。それで、こういう話になります。私「これ、難しいけどきちんとやって。高校入って、できないとまずいから」生徒は頷いて聞いてます。私「でも、どうせ高校で部活が大変で寝ちゃって。授業なんて聞いてないんだろうけどさ」必死で、頷くのを我慢してます。「そんなことはないっす。頑張ります!」みたいにです。その顔がおかしくて、大爆笑しちゃいました。 [続きを読む]
  • さらによく知ってます
  • 前の記事の続きを書きます。若いOBの彼は現役との木にピッチャーだったんです。アンダースローのですね。よく投げてるのを見るんです。それで、生徒を通じてちょっと言いたくなっちゃうんですよね。「YouTube見ろ」って。アンダースローって昭和の投げ方なんです。今はあまりいなんでね。昭和のアンダースロー見ろって言っちゃうんです。自分も見ますけどね。それで、その話になります。私「YouTube見た?」OB「見ましたけど、な [続きを読む]
  • よく知ってます
  • 今年、母校の県立前橋高校の野球部のOB会に行きました。 ひときわ若いOBがいるんです。 それで、話に行きます。 自分の生徒と同期だったんでね。生徒の話によく出てきますしね。実際のプレーも知ってます。最初は「なんでこの人あいさつしてくるんだろ」みたいな感じなんですけどね。それで、詳しい話をします。自分の生徒は現役の時に結構大変だったんでね。チームで助けてくれる人がいるんです。そのうちの一人が彼なんです。そ [続きを読む]
  • 常識という言葉で
  • 前の記事に関して書きます。中堅校に行ってる生徒が地元の国公立に進学します。結構、います。なんとなく常識的な判断な感じがするんですね。高校もそこそこ、大学もそこそこ。みたいにです。親に迷惑かけてませんね。常識的な判断な感じはします。ただ、そういう合理的な判断を実現するためには結構頑張ってるんです。常識って言葉に逃げてないんです。実際、頑張ってそこに入ってます。結果的に常識的な大学に収まっちゃうのも別 [続きを読む]
  • 同じ悩み
  • 昨日は朝起きると、生徒のお母さんからラインがあります。 時間変更のお願いです。 それは、難しいんで授業がキャンセルになります。 そうすると、他のお母さんから悩み相談が来ます。 キャンセルの授業枠があいてるので、その時間に面談を入れます。 その面談をしている間に、他のお母さんからラインが来ます。 面談をしてるんですけど、失礼して内容を確認します。 緊急の時もありますのでね。 やはり悩み相談です。 同じ内容の [続きを読む]
  • してこいや!
  • たまに、生徒が自慢をしたりします。 まあ、めったにないんですけどね。 本当に自信があるときだけです。 ただ、その時に思うんですけどね。 「もっと、してこいや!」 っていうふうにです。 まあ、私に自慢ができれば大したものです。 大体はできないんです。 まあ、こっちがそれを見越してほめちゃうからかな? たまに自慢を越えて抜かそうとするやつがいます。 なんとなくそれはわかるんです。 態度でですね。 そのまま言うやつ [続きを読む]
  • ちょうどいいか?
  • ちょっと前に、お母さんと生徒を一緒に説教しちゃいました。結構、強い調子で。そうでもしないと、現状が改善しないんです。それまでは、お母さんからよく相談のラインがきてたんです。ぱったり来なくなっちゃいました。申し訳ないです。怖がられているのかな?それとも、他に考えがあるのかもしれません。ただ、生徒とは話す機会が増えました。生徒に「こういうふうに考えなければいけない」っての話すんです。まあ、それは生徒と [続きを読む]
  • やんちゃしてます
  • 昨日は本来、朝から7件授業が入っていたんです。 6件目がキャンセルになったんですね。 それで、6件目に面接を入れます。 4件目に移動している最中に連絡が来ます。 「生徒が学校で問題を起こして、帰れない」 ということなんです。 それで、とりあえずは待ちます。 ヤオコーのイートインコーナーでパンを食べてです。 そうすると、生徒から連絡があります。 「今から、授業できますか?」 ということなんですけどね。 まあ、 [続きを読む]
  • 常識的な判断
  • 最近、高校で大学受験の進路指導が厳しいです。 受かるところ受けなさい。 って感じなんです。 高望みさせないっていうかね。 それの指令には従っちゃう子が多いです。 やっぱり、高望みは大変です。 高望みした分やることが増えるじゃないですか? リスクも増えますしね。 お金も出ちゃいます。 そうすると、高望みしないのが常識的な判断ということになります。 高望みは厳しいんですよ。 だから、できないやつはやらない方がい [続きを読む]
  • その時はわからない
  • 前の記事について書きます。勉強に苦労している生徒を教えます。勉強に苦労しているっていうか、難しい環境なんですね。「どうなっちゃうのかな?」って思うんですけどね。それでも、やります。そうすると、なんとかなるんです。やっぱり、一人じゃどうにもならないんです。特に困った状況にいる人は。助けが必要なんですね。その助けは初めから100%完璧じゃなくてもいいんです。やりながら、「こっちの方がマシだろ」みたいにだ [続きを読む]
  • 苦労人
  • 成績不振の生徒がいます。 いますってか、結構います。 そうすると、今まで苦労して頑張っていた生徒の話をします。 まあ、苦労が尋常じゃないです。 詳しくは書けないぐらいです。 話が売れないんです。 売ってる自分の人格が疑われるからです。 ただ、一対一の時は話します。 「ほら、それに比べれば君の苦労なんて大したことないよ」 ってですね。 自分の場合は前提が大学入試です。 大学入試で苦労している人の話です。 そうじ [続きを読む]
  • 珍しく積極的に出る自分
  • 最近、生徒のお母さんとこういう話になりました。 お母さん「○○さんは息子さんが△高の3年生で。 医学部を狙っているんですけど。 難しそうなんで、もう予備校を検討してます」 私「その方に、私の事を伝えていただけませんか?」 と、珍しく積極的に営業に出ました。 売り込みが下手なんですよね。 いい先生は売り込まないの。 待つの。 って感じで待っちゃうんでね。 積極的に売り込んでみました。 現役の枠はいつもいっぱい [続きを読む]
  • 傲慢すぎます
  • 最近、「ダウンタウンデラックス」を見てました。 そこで、ハナコが出演してるんです。 キングオブコントのチャンピオンですね。 そこで、ハナコからダウンタウンに質問があります。 ハナコ「ダウンタウンさんは、どうやってネタを書いてたんですか?」 松本「俺はネタ書かへんよ。 浜田に口で伝えるだけ。 それでもう、大爆笑」 この辺がダウンタウンのいいところです。 最近、忘れているところです。 天才と言われていた所以です [続きを読む]