ikuco さん プロフィール

  •  
ikucoさん: 赤ずきんDIARY
ハンドル名ikuco さん
ブログタイトル赤ずきんDIARY
ブログURLhttps://akazukin-diary.com/
サイト紹介文シングルマザーの赤ずきんと娘のチビずきんの日常イラストブログ。地域猫の話や父の介護のお話も
自由文現在高校生の娘とシングルマザーのIKUKOとの日常絵日記です。脳梗塞で癌の父との介護のお話や地域猫のお話も。退屈な時のお暇つぶしにどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/09/19 12:06

ikuco さんのブログ記事

  • 災い転じて?
  • 演劇部の発表の日に自転車を盗られちゃった高校二年の娘盗難届は出したけどまだ見つかっていないので代わりに私の自転車で学校に通っています。気に入ってた自転車なので新しいの買わずにもう少し待ってみるって…だけど「自転車の後ろのカゴ、便利だけどちょっと恥ずかしいんですよね」ママチャリ仕様やもんねーってことで、登校する人の多い時間を避けるために少し早めに家を出るようになりました。「行ってきまーす!」小学校か [続きを読む]
  • 父の話 その42
  • リハビリ病院に転院していた父ですが、先日無事に退院しました。あいにくのドシャドシャ雨の日…退院するってことで気持ちが上向きだったせいかこんな言葉が…「また仕事を始めようかと思う!」えっ!?「このままだともっと訳のわからん爺さんになってしまいそうやし。働いてたら、きっと大丈夫と思うねん」うーん…働けるような状況でもないんだけど…「仕事って、どんな仕事しようと思うん?」って、きいてみたら「英語の先生か [続きを読む]
  • 猫の話 その43
  • 休みの日。天気がいいので、玄関のたたきのペンキ塗り…珍しくマダラ模様の花ちゃんが来た…ハケの動きに反応してどうも手元を狙われてる感じ…だけど、いつもの三匹の中で一番の怖がりさんで中には入って来ようとしないで外から見てたので半分塗ったところで一旦片付けようと思ってその場そ離れました。「ペンキ塗ってるからって漫画みたいに足跡つくとか、ないよねー」って、チビずきんに話しててふと、見たら…玄関に花ちゃんが [続きを読む]
  • インスタ映えは…しません
  • チビずきんの部活の発表の日。ホールの隣の公園に移動動物園が来てたのだけど気になりながらも私は見に行けなかったので「隣の公園の動物園、見てきたー?」って、きいてみると「うん!見てきたよー!うさぎとかイグアナとかラマとかも来てた!」一瞬だけでも寄ればよかったかなー「写真も撮ってきたよ!」って、見せてくれたのがこんな写真ヘビの恋人巻きなんで二人とも笑顔なの!!しかも、ヘビが無理やりカメラ目線にさせられて [続きを読む]
  • そんなオチいらんのに
  • オカンは子供のパシリになりがちの続きですチビずきん原作のお芝居ってことで保育園時代のママ友さんが観に来てくれました。図書室舞台のお話女の子が持ってる人形に見覚えが…家に置いてあった紙袋用事してる時につい足を引っ掛けてしまって中から首だけ出てきてぎょっとしたヤツ…ここで、こう使う予定やったんか…選曲したり、衣装を探したり準備してたところを見てたので…余計なとこにばっかり注目してストーリーに集中できな [続きを読む]
  • オカンは子供のパシリになりがち
  • 3連休ですが風邪引いてます…葛根湯が手放せない季節がやってきましたチビずきんは演劇部のコンクールがあるので、昨日も朝からバタバタ…「何か忘れ物してそうーっ」昨日は会場での準備で家から歩いて5分ぐらいのとこなので「忘れ物しててもお昼ご飯に帰ってきた時に持って行ったらー?」って言ってたのです…チビずきんを送り出して、洗濯物を干して…やっと寝れる……と思ったら…スマホの着信音が腕時計持ってきてくれへん?あ [続きを読む]
  • 美容院に行った次の日あるあるだけど
  • ブログではいつも同じ私ですが…こないだ長かかった髪を肩ぐらいまでの長さに切りましたなかなか美容院に行けなくて、かなり毛先が痛んでたので思い切って切ってセットしてもらった時はサラサラ、ふんわりでいい感じなのに次の日、起きたらハネッハネ…同じようにできない「なんで次の日って、いつも、こうなちゃうのかねー!」って娘に言ったら「ままさん、スネイプ先生みたいー!」だって!!「スネイプ先生ってことは、金八先生 [続きを読む]
  • 父の話 その41
  • 父の話 その40からの続きですリハビリ病院に転院してほぼ一ヶ月経ち、退院の相談に行ってきました。気まずいシャトルバスはやめて路線バスでブーンっと担当の先生、病院の相談員さん、ケアマネージャさん、施設のスタッフさん2名、理学療法士さん3名と父と私…まるで仕事の会議みたい…全員描ききれなかったけど、父ひとりにたくさんの人のサポートが…以前と同じように歩くのは無理だけど歩行器があれば自力で移動できるので施設 [続きを読む]
  • 台風一過
  • 土日の台風…今の家に引っ越してきて一番強かったように思いました。風で家が倒れそう…娘は着る毛布を来てほぼ1日寝てました。毎回台風が来ると思い出すのが、三匹のこぶたの話真ん中のこぶたちゃんと同じ木の家だし(しかも古い)すぐ吹き飛ばされそうあと、こんなに風が強いのに無事でいるかと猫たちが心配黒猫(お母ちゃん)がやってきた時近くのお寺の境内で子猫を産んだってきいたのでお寺のどこか、安全な場所に居たらいい [続きを読む]
  • 留守番中の私
  • チビずきんが留守なので朝のお弁当も作らなくていいし、夜だって気兼ねなく外出できるのにこんなときに限ってなんだかんだ追われてて自由を満喫できず初日は気弱なLINEがきてたけど次の日は連絡なし。ってことは、元気にしてるのかなーと思ってたら、3日目ディズニー楽しー!おみやげ何がいいー?だって。何でもいいよー!チビずきんが、これ!って思うもので!修学旅行を満喫してるみたいでよかった。その後、なんだかんだ慌ただ [続きを読む]
  • 修学旅行
  • ウチの娘さん昨日から修学旅行に行ってます。母も居ないので、私はちょっとの間一人暮らし前日の夜、学校のプリント見ながら持ち物の準備中…パジャマって、日数分、いるんかなぁー?「なるべく荷物は少ないほうがいいんと違うー?」「みんなどうするんかLINEできいてみるわー!」「みんな1着しか持っていかんってー。パジャマじゃなくてジャージの人もおるー。」学校のグループLINE。質問したら見てる誰かが返事してくれるの、ほ [続きを読む]
  • 猫の話 その42
  • 最近猫たちのこと、あまり描いていませんが地域猫親子、元気にしています。お姉ちゃんと呼んでた子は姿を見せなくなったまま..近所の猫好きさんにきいてみたけどどこに行ったかわからず…。子猫と一緒にどこかで保護されてるといいのだけど…父のこともありますが、母のことも、いろいろ重なってたことがあり…めずらしくちょっと凹んでたら黒猫(母)がやってきたチビずきんは病院に行ってて留守だったので私がご飯をあげたのだけ [続きを読む]
  • 父の話 その40
  • 父の話 その39の続きです。転院してからもうだいぶ時間が経ってしまったけど父、リハビリ病院に移りしました。転院先のスタッフさんが迎えに来てくれてお世話になった看護師さんたちに見送られ…移動は介護用のリフトカーですいっと…病院に着いたら、一通り検査…待ってる間、私はまた書類を書く書く…入院した時と転院の時伯母にも連絡したけれど…叔父さん、認知症がかなり進んでしまって自分に兄が居たことも覚えてない様子だ [続きを読む]
  • 鮭か゛好きなのは知ってるけと゛も
  • 散らかし屋の高校二年生女子。学校から帰ってきたらドサッそのまま放置…これが積み重なって増えてくので…「おぉーい!使わないもの、片付けてよー!」って、言ったところで反応が薄い。(あ、これチビずきんが家庭科の授業で作ったエプロン)「それ、もう使わへんから使っていいよー!」だって…「え!そうなん!じゃー使わせてもらおうかなー」あれ?ポケットのとこに刺繍がしてある…先生が何でも好きな刺繍していいって言った [続きを読む]
  • カマキリの話
  • 朝、水やりしてたら葉っぱの上に乗ってたカマキリが手の上にが移動してきたので玄関横の葉っぱの上に乗せておきました。その後、出かけて帰ってきたらまだそのまま同じ場所にいるその姿がなんだか可愛かったので軽くトントンって背中を触ったらビョーーーンって、飛び上がってガクガクブルブル…漫画みたいにブルブル震えながら逃げていきました…(こんなん初めて見た。)そんなに驚かせるつもりはなかったんやけど…カマキリから [続きを読む]
  • 父の話 その39
  • 父の話 その38の続きです転院先のリハビリ病院は今の病院と同じ系列の病院にしたので担当の先生とリハビリ病院の相談員さんとの面談に行ってきました。今の病院からシャトルバスが出てるってことで、利用することにしたのだけどマイクロバスかと思ってたら普通の車だったなんだか気まずい気分…姑さんとお嫁さんかな?って二人の間に挟まって、車に乗ること20分…(お姑さんが足が悪いからドア側がいいってことで、こんなことに… [続きを読む]
  • 父の話 その38
  • 父の話 その37の続きです手術は2時間ぐらいで終わる予定がなかなか終わらなく…だんだん心細くなってきた頃にようやく終了。無事に終わったので明日からリハビリ開始、とのことそんなすぐにリハビリ出来るのかーって思ってましたが術後、熱がなかなか下がらず…一瞬目を開けて私を認識は出来るけど何か言おうとしてるけど言葉は聞き取れないし何もない方向を指差してたりで…どうなるのかな…って思ってましたがゆっくり状態も良く [続きを読む]
  • 父の話 その37
  • 父の話 その36の続きです翌日の朝、9時に先生からのお話があるので病院へ家から5分ぐらい。近いってありがたい執刀医の先生から怪我の状態と手術の内容を聞きました。骨の状態はタブレットで確認。3Dデータになってていろんな角度から確認できる。すごいね…骨の折れてるとこ、人工骨を入れるんだって…説明を受けたあとまた書類にサインして…手術は午後からなので一旦家に帰ってちょっと仕事しててまた病院に戻るこの日、合計3往 [続きを読む]
  • 父の話 その36
  • 父の話 その35の続きです仕事終わりで保険証を持って近くの総合病院へ…腰の骨を折ってるので入院して手術することになりました…いっぱい書類を書く…もろもろの検査が終わってストレッチャーで運ばれてきました…「あー、忙しいのに悪いねー」痛がってるかと思ったけどそうでもない感じ思ってたよりは元気そう次の日に手術するのでそのまま病室に移動…入院の説明や次の日の段取りをきいて後は施設に行っていつも飲んでるお薬を [続きを読む]
  • 父の話 その35
  • ゆるく父の話 その34の続きです娘が大きくなったら、気がついたら介護問題が身近になってた感じなんですが友達も親の介護問題が浮上している人も多くて「施設入所しても、具合が悪くなったり怪我したりして呼び出されるよー」…と、聞いてたのでどこか覚悟はしてたのです。でも、5月に入所したばっかりだしまだしばらくは大丈夫かなーとか思ってたのですがまさかの「最近卓球やってるねん」の卓球ですよ…デイサービス先で…相手さ [続きを読む]
  • 父の話 その34
  • 父の話 その33からの続きです。新しいことは忘れがちな父だけど昔のことはよく覚えていて祖母の話から祖父の方の兄弟の話になり…会社を経営していた曽祖母の長男のおじさん長男だけど曽祖母の会社を継がずに農家をやってたらしいです。会社は継いでないけどお給料だけはもらっていて家にも外にも女の人がいて相当めちゃくちゃな人だったらしい…なんだか、遠い親戚がいっぱいいそうな気がしてきた…笑おばさん達の旦那さんはみん [続きを読む]
  • 父の話 その33
  • 9月に入ってから少し暑さもマシになって父の施設までの20分の自転車も苦にならなくなってきました。私の場合は施設の方で父のこと、一式みてもらえてるけれど父は働きながら入院していた祖母をひとりで看てたので当時、どうしてたのかなーと思ってたのですが…こないだ、本人にきいてみたら…「あの頃は仕事の出来るアシスタントをつけてもらえてたから休ませてもらったりしてたなー」…そうやったん…「それに、そもそもそんなに [続きを読む]
  • 3人のこども
  • 珍しく2匹揃ってウチでくつろぐ黒猫たち黒猫のお母さんと息子その側で寝落ちてる高二の娘ここではずっと赤い服だけどほんとは黒づくめだったから黒い子三人がまったりしてるみたいだった平和な風景だ…。 [続きを読む]
  • うっかりミスと名前の話
  • 郵便が2通来てたので開封…どっちもカード会社からでひとつはただのDMでもうひとつは明細書…「あれ、もう紙で送らないように手続きしたはずなのに」と思った「に」あたりで、ビリっと開封したら…あれ!これウチのじゃない!!あーもう、なんで数秒前に名前を確認しないかね!!やっちゃったよ…私の住んでるところは、昔はすごく大きな家が建ってたのを潰して小さい建売をギュギュッと建てた場所でウチとお隣さんは番地が同じ。 [続きを読む]
  • 猫の話 その41
  • 前記事に出てきたラティス…夏休みに留守する間庭側の鉢植えの日よけに使おうと思って…仮置きでエアコンの室外機の前に立てかけてました。しばらくそのまま放置してて…他の用事を済ませて戻ってきて陽のあたらない場所に移動した鉢植えに水をたっぷりあげたあとラティスを移動しようと思ったら中に黒い物体が…隙間に黒猫(母)が入って風に吹かれてた室外機の風、そこそこ熱いと思うんだけど…それでも猫的には風があるだけマシ [続きを読む]