この指 さん プロフィール

  •  
この指さん: この指とまれ!
ハンドル名この指 さん
ブログタイトルこの指とまれ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/atugesyou60/
サイト紹介文還暦おばさんの 愛と感動の物語
自由文今から思えば 子育ても怒涛のごとく過ぎ去り
体力維持にジムでクロール
ボケ防止に油絵を描く
愛と感動を求めて 
?今日はどこまで行ったやら?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2008/09/20 20:37

この指 さんのブログ記事

  • 金毘羅さん
  • ?? 金毘羅舟(こんぴらふねふね) 追風(おいて)に 帆かけてしゅらしゅしゅしゅ・・・・ ??金毘羅さん本宮まで 石段は785段 だそうだ365段まで 門前町で 階段の両側はお店足に自信のない人は ここまでは お籠があるあちこちのお店で杖貸します 100円 粋がって「まだ 杖などいるかい!」365段のところの大門を過ぎると 神域になり 商売はできない お店がなくなり 貸杖もない・・・・そんなぁ いつでも借りる [続きを読む]
  • 65番 三角寺
  • 山道は 横峯持だけかと思ったら・・・ここもかなり ハンドルを持つ手に汗さらに 胸突き八丁これを 登れとや?自然石をつみあげて 階段山門が 鐘楼と仁王門遠慮なく“ごめんください!” の一打小林一茶も 参詣していてこれでこそ 登りがいあり 山桜       小林一茶この老木が その山桜 らしいいつかまた咲いた姿を 見て  “是でこそ・・・ ” と 私も言いたい次は雲辺寺 だけれど 雲が低いしっかり晴 [続きを読む]
  • お寺 それぞれ
  • 63番 吉祥寺本堂の前にある 成就石本堂前から 目隠しして金剛杖でこの穴をめがけて進み貫くことを得たらば願い事が かなう・・・そうだ絶対無理〜 かなり離れている納経所の横まぁ がたくた?(失礼) 集めたりあつめたり写っていないけれど柴犬 うめ (玄関の横に 貼り紙)がひとなつっこく 尻尾を振っていたなんとなく この指の育った田舎の家の勝手口? 納屋?を思い出す庶民的なお寺さんの風情?64番 前神寺札 [続きを読む]
  • 第61番 香園寺(こおおんじ)
  • 横峯寺を無事おりて平地のお寺がしばらく続く61番 香園寺ここは 美術館? びっくりするような 本堂(大聖堂)中に入ると 立派な祭壇と 劇場にあるような固定式の椅子が827席“偉い子はいぬが どの子も親思い”   森 紫苑荘我が家も そうだそうそう それが一番の幸せだ紫苑荘は 川柳作家だそうで栗飯の栗 母さんの 箸がくれ という川柳もあるそして 父さん 事件です!20年前 父さんと廻った時にはあった 62番 [続きを読む]
  • 第60番 横峯寺
  • ここは 忘れられない途中の峠道(黒瀬峠)こんな狭いところを 車が行く?運よくというべきか 前を熊本ナンバーのプリウスが念には念をの安全運転だそして 途中から関所があって冬季は通行止めの有料林道「はい 往復と上の駐車場代こめて1850円です」高速道路より 割高な感じ(往復12キロ)今までは歩かなければならない唯一の寺だったとあるからまぁ ありがたいことかな登って来た駐車場では うれしいことがてのひらに ひ [続きを読む]
  • 秋遍路 1
  •  第五十九番 国分寺秋晴れのしまなみ海道を わたってどこに行っても 金木犀のいい香りが漂う今回は 愛媛県59番の寺からいつものことだけれど 「忘れるわけがない」 と思っていても同じような山門 本堂 太子堂 を二つほどめぐるともう 写真をみても「ここは 何番目のお寺だったっけ?」握手修行太子“お大師様と握手をして 願いを一つだけあれもこれもは いけませんお大師様も忙しいですから”握手してもらったら子供 [続きを読む]
  • 秋遍路
  • 遍路 は一年中 見かけるが俳句では 春の季語だだから 秋に遍路に行くことを 秋遍路 というそうだ明日から 秋遍路へ 行こうとおもう前回は 58番 仙遊寺まで終わっている瀬戸内沿岸 愛媛県(菩提の道場)40番から〜65番まで60番寺 横峯寺 は西日本最高峰の石鎚山の中腹 にある今までは歩かねばならない 唯一の寺だった今では 冬季は通行止めだけれど有料道路で行ける来島の 渦にも遊び 秋遍路   深川正一郎し [続きを読む]
  • 私は 何だ?
  • 俳句を応募するときは たいてい 無職とする先日の 読売新聞 ティータイムへ応募した時は主婦 とした男性は 定年退職をすると 職業欄は “無職”20代 30代・・・の無職と 違うのでは?と 抵抗もあったようだ女性の場合 若くても 退職後でもたいてい 職業欄 は “主婦” だイメージとしては 主婦 っていうと夫 あっての 妻 のような気がするが“主婦” 辞書を引くと①一家の主人の妻②一家をきりもりしてい [続きを読む]
  • 読売新聞 “ティータイム”
  • 読売新聞 くらし面に ティータイム というコラム欄がある先日のギター発表会のわくわく どきどき 達成感を書いて送った(  してね)今朝の 読売新聞(多分 大阪版) に載った 採用されたんだ!嬉しい気持ちが 伝わったんだ!ますますぐわんばろう! [続きを読む]
  • 瀬戸の海
  • 広島県尾道市向島尾道から四国の今治市まで橋でむすぶ・・・しまなみ海道尾道から2番目の橋因島大橋しまなみ海道をはしるサイクリストがいっぱい秋風をうけ最高のサイクリング日和橋の真下は 上を走る車の音が ごぉ〜ちょっと迫力釣りをする人も あちこちにいる・・・そう 釣り日和でもあるサイクリストの休憩所で スタイリッシュな サイクリストが来た!「自転車と後姿の写真 撮ってもいいですか?」って聞いたら 前向き [続きを読む]
  • 台風一過
  • 広島県福山市この頃は 早くから 避難勧告とか用事のない人は 外出を控えなさいとか早め 早めに指示される昨日は一日 家の中時々 空の遠くの方から ごぉーっと音がして・・・ うわぁ〜おにぎりを作ってお茶を入れてフルーツも少々 用意しておいた今朝の庭 ・・・ 昨日の風雨にもめげず 咲いている!庭の隅では 金木犀の香り 約束通り 10月を知らせる台風一過の空駆けてゆく 仔馬のやうな 秋の雲      幸代 [続きを読む]
  • 千羽鶴
  • 父さんが 最初の癌(大腸がん)をした時この指の母が 回復を願って 一生懸命折ってくれた 千羽鶴 阪神大震災の時だから もう20年以上も前コツコツ こつこつ 一生懸命に折ってくれたいろいろ 色もそろえて 束ねて まぁ〜 千羽とはいうけれど よく折ったこと有難いことに 大腸がんは 全快したが20年後に見つかった 肺がんには 勝てなかった ず〜っと 大事に 持っていたが去年 その母が98才で 逝ってしまった  [続きを読む]
  • 今日は ミシン
  • 「またまた 母さんのおもちゃ 買ってきて・・・・」と 父さんに 言われた シンガーミシン安いながら電動なので足でペダルを踏むと カタカタカタカタ・・・・「おいおい 手を縫うなよ!」懐かしい 会話だ今を さかりの 玄関の花父さんの予言?どおり雑巾くらいしか実用のものは できなかったそのミシンが あるとき動かなくなった一万円くらいのものを 修理するかなぁそうだ まず ネット検索よくある質問の何問めか [続きを読む]
  • 僕らのカープ 優勝
  • 地元広島スタジアムで 優勝  10:0 ピッチャー九里 妹はモデルとかどおりで 彼もかっこいいトロフィー授与 緒方監督監督が 九回 宙に舞った次は 荒井さんちょっと重くて? 監督ほど高くは上がらなかったけれども みんなで 記念撮影選手みんな スターだけれどテレビから 写真にとれた 広島のスター紹介荒井さん 素敵お公家さんのような雰囲気の 丸ちゃん神ってる?誠也  カープが育てた バティスタなんと [続きを読む]
  • 彼岸花
  • 切なきは その律儀なり 曼珠沙華     幸代曼珠沙華 約束の人 来ましたか?かならず 彼岸に咲く切ないくらい 必ず田の畦 とか 土手とかの 緑のなかに燃えるような赤が 出てくるとなんだか 急に 「あ〜 日本の秋だ」 曼珠沙華 電車ごっこの 縄匂ひ      幸代読売新聞の よみうり文芸に 載った句だ [続きを読む]
  • 秋のご馳走
  • クウィーンエリザベス号の船長さん?この指の弟だ「船の登録をするのに名前って言われたのでクウィーンエリザベス にした」豪華客船のクイーンエリザベスⅡではないどんな船だ・・・?瀬戸内の釣りが目的の プレジャーボートだ私達は海のない山国育ちだから船に乗っても 「〜 まぁ ここで沈没しても 泳げばあの浜につくよね」 くらいしか 沖に出ることができない という船の船長さんが 秋のご馳走をしてくれた雪の結晶 [続きを読む]
  • ”地震から1週間” 笑ってお休みさんのブログより
  • シンガポールへたつ日の未明博多のホテルのテレビで北海道地震のニュースはっきり様子がわからないまま福岡空港から シンガポールへシンガポールで タクシーに乗る「from Japan」 っていう度に「〜oh quake・・・」地震の話だ シンガポールのタクシーの運転手さんやデパートの店員さんレストランの ウェイター ボーイさんみんな 「ジャパン  クウェイク ・・・」「大丈夫ですか 日本のどこですか?」前日には 台風 [続きを読む]
  • 赤米(古代米)
  • 岡山県総社市 備中国分寺赤米が穂を出した赤々と艶々と ・・・ 野性味たっぷり白い 点々のようなものが 稲の花だ俳句をはじめて 稲をはじめてじっくりと見た稲の花がある?はじめて知ったこの虫のように小さい白い花が風にぱらぱら〜っと 上から散って 受粉するのだとか赤米のたくましい姿艶々として 実がはいっても なかなか頭を下げないぞ!意志がある如く ツンツン ギクシャク実るほど 頭を垂れる 稲穂かな隣の [続きを読む]
  • 日本は 秋
  • シンガポール チャンギ国際空港を 深夜 1:20 発日本 福岡国際空港 朝 8時20分 着時差が 一時間あるから飛行機に乗っていたのは 6時間6時間のフライトが 古稀の足腰には限度かも?前の座席のゆったりとした ビジネスクラス 横目で見ながら ・・・ いいなぁ岡山県総社市 備中国分寺 さやさやと 稲穂が風に揺れて 絹の音降り立った母国は 4日の間にすっかり秋になっていた 夜間飛行 母国 色なき 秋の風 [続きを読む]
  • シンガポール リトルインディア
  • るるぶ 〜 リトルインディア って 面白そう ・・・ヒンドゥーの寺院 屋根になにやらいっぱいぎっしりと連なったお店の中で特に印象に残ったのは お花屋さん多分 ヒンドゥー教の供華にするのだと思うが花の屋台が いっぱいあるぎっしりと 生の花を編みこんであるこれは全部 生の花 だ茎はなくて 花だけを あつめて 編み込むらしい?折からの南国のスコールに 花の香りは 湿度を帯びて あたりにただようむんむん [続きを読む]
  • シンガポールの食べ物
  • ホテルの 高級月餅 9月は中国のお祭りのある月で・・・月餅が飛ぶように売れている(たぶん 9月9日 重陽の節句9はおめでたい数字で それが重なる9月9日は おめでたいおめでたい)俳句でも 重陽 とか 菊の節句 で秋の季語だ ホテルのウェルカムフルーツ「どうやって食べるん?」 「日本へは 持ちこんではいけません」 ってある・・・ み〜ちゃんがネットで調べる「じゃぁ ここで食べよう」ぶどう 桃 オレンジ す [続きを読む]
  • シンガポール おいしかったもの
  • マリナベイサンズ のショッピングモール庶民のフードコートは香りがきつくて 口に合わなかったりスリルいっぱいだったので今日は ちゃんとしたところで食べるぞTWGの ティールーム運よく 一組待っただけで 座ることができたTWGの紅茶と ビーフバーガー&フライドポテト&?うしろには 煌めくカルティエのロゴとか グッチのお店とか・・・・世界のお金持ちの中で 写真をいっぱい取りながら 世界の涯のおのぼりさんだも [続きを読む]
  • シンガポール お金持ちだなぁ
  • シンガポールのシンボルともなったマリナベイサンズ ホテルきらめくホテルの中のモールは三層にわたっていて一番上は 見るだけ? のブランド私 知ってる シャネルでしょばあやは 知ってる ベルサーチ わかんない?グッチだよね「うわぁ〜 こんな運動靴 履いてみたいなぁ」「痛そうな?」「ルブタン」 ? とか 言ってたなぁつま先で蹴られたら いたいよごふじんなんか3階は眺めるだけの お店ばかりトランプ大統領 [続きを読む]
  • シンガポール 1
  • 大人のおもちゃ箱のような シンガポールマリナ・ベイ・サンズ ホテルひょいと ひとつまみマーライオンの水も一飲みばあやの方が 思いっきり うまいマリーナベイを一周する 水陸両用バス水に入るときは 客席まで水をかぶる夜は ガーデンズ バイ ザ ベイ中国のお祭りとか何とか で 中国風デコレーションがいっぱい大きな木々に電気がともり ショーが始まる音楽に合わせ 色とりどりの光が 走る木々を渡してある吊り橋 [続きを読む]
  • シンガポール 行ってきます
  • 昨日の台風・・・このあたりはやんわり 過ぎてくれた関空が冠水した映像被害が広がりませんように 前回行った時の 様子4〜5回 にわけて 書いた記事とりあえず 二つほどhttps://ameblo.jp/atugesyou60/entry-12103345288.html?frm=themehttps://ameblo.jp/atugesyou60/entry-12103831390.html前回は 孫の一人の はーちゃんのママと行った今回は 大学生の孫 みーちゃんと行くみーちゃんのママに「彼女について行ったら  [続きを読む]