aoba4725 さん プロフィール

  •  
aoba4725さん: 青葉考古学倶楽部@
ハンドル名aoba4725 さん
ブログタイトル青葉考古学倶楽部@
ブログURLhttp://aobadai4725.blogspot.com/
サイト紹介文茨城県在住のサラリーマンです。 古代史を勉強しています。
自由文日本の古代史を中心に、日々感じた事なども書いて
行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/09/20 21:52

aoba4725 さんのブログ記事

  • 再度確認
  • 常陸太田市の浅川と山田川に挟まれたこの地の南側斜面に、横穴墓群の可能性がある地点がある。この地点は茨城県遺跡地図には載っていないが、一部の人達には知られた存在の様だ。2段目画像の斜面にあり3基確認しているがもっとあると思う。南側は眺望が開け、大里地区が良く見える。 [続きを読む]
  • 復習と予習
  • 前回、常陸太田市の遺跡分布調査を行ったさい、画像右側の丘陵斜面で複数の横穴墓を発見している。そして、丘陵頂部では複数の古墳の可能性があるマウンドを発見している。ちなみに道路の先が南側方向である。画像左側はまだ調査していない。 近くには親水公園が整備され、その西側には、以前私家版として一部の方に公表した「特異地点」がある。東側の民家の裏には鳥居があり、個人で祀る何かがありそう。 画像右側には、遺跡地 [続きを読む]
  • 日立市 大久保鹿島神社
  • 日立市大久保町にある「大久保鹿島神社」 私の小中学校の同窓生だったU君の実家が、この神社だったと記憶しているが、さて、なん十年ぶりの訪問になるのか。県北では珍しい流鏑馬神事がこの神社で行われているが、まだ見たことがない。来年は見てみたいと思っている。 [続きを読む]
  • 中野冨士山古墳  集中曝涼のお手伝い
  • 昨日は、恒例になっている常陸太田市指定文化財集中曝涼のお手伝いに行ってきた。事前準備の雑草伐採作業や新たな駐車場の整地整備作業を、すべて中野冨士山古墳保存会の皆さんのボランティアで行っているという、全国でも稀有な活動のおかげで滞りなく行えた。今回も茨城大学の学生さん3名も協力してくださり、見学者も100名ほどが来場されたようで、めでたしめでたしでした。皆様ご苦労様でした。 [続きを読む]
  • VAPORFLY 4%
  • 45歳まで、市民ランナーのつもりでマラソンを走っていた私にとって、7日に行われたシカゴマラソンは少々驚きだった。スポーツニュースで見たそれは、先頭グループの選手達が履いているシューズが、ことごとく、ナイキ社の今話題になっているヴェイパーフライ4パーセントで占められていたからだ。従来のマラソンシューズの概念は、薄底軽量に対しナイキのは厚底軽量ということと、内部に仕掛けられたカーボンプレートに秘密があ [続きを読む]
  • 居酒屋
  • 退職して3年ほどになろうか。今では外で酒を飲むこともなくなってしまったが、ひさしぶりに元の同僚と居酒屋での飲み会となった。差しで飲むのは初めてだったが、お互いの近況や家族のことなど四方山話が楽しかった。 [続きを読む]
  • ?萩市 八幡宮
  • ?萩市安良川にある高萩小学校の北西に「八幡宮」がある。光圀の八幡潰しを潜り抜けた神社で、祭神は当然、息長帯比売命、誉田別命となっている。この神社の付近には安良川城跡、八幡台遺跡、鳥居前遺跡などがあり、かつては古墳もあったのかもしれない。 [続きを読む]
  • ?萩市 官舎神社
  • ?萩市へ行く用事があり、せっかくなので二か所ほどお邪魔してきた。?萩市の風光明媚な高戸小浜の北側にある「官舎神社」。域内には高戸横穴群があり、高戸の浜も含めて興味深い地点です。 [続きを読む]
  • 常陸太田市谷河原町 天白羽神社
  • 常陸太田市谷河原町にある「天白羽神社」。祭神は長白羽命。白羽町にある天志良波神社との関係を考えましたが、常陸太田市史民俗編を参考にすると、光圀の時代に小目町の鷹房神社や下河合町の岩船神社、町谷町の吉田神社などともに、所謂八幡神社潰しのためにこれらの神社が祭神及び社名の変更を行ったための様です。ただ、現在の名称をえらんだ理由は分かりません。神社内には、仙台からお札を受けてきて祀っているとされる、青麻 [続きを読む]
  • 土偶
  • テレビで土偶が取り上げられたり、トーハクでは展示開催中ですが、縄文時代の豊饒な生活様式が再々評価されているようです。画像は、ハンガリーのブダペシュトにある国立博物館と展示物の一部。この博物館は、石器時代から近世のものまで見ることが出来ます。ヨーロッパの土偶です。時代は多分縄文時代に被ってくると思います。 [続きを読む]
  • 北茨城市 台畑古墳群
  • 北茨城市磯原町大塚にある長福寺の境内及びその付近にある台畑古墳群。北茨城市教育委員会が、1976年に発刊した北茨城市文化財調査報告Ⅱによれば、「台畑古墳群、5基、痕跡は10基以上」となっているが、現状は国土地理院の傾斜量図も参考にすると、3基が確認できる。これらの古墳は、他の古墳群が海岸線の砂丘上に位置するのとは違い、海岸線から3〜4kmほど入った内陸の高所に位置している。この古墳群の埴輪は確認さ [続きを読む]
  • 北茨城市散策
  • 堤防だけではなく、新たな観光施設なども造られているようです。北茨城市の海岸線を南北につらぬく6号国道を起点に、西側 所謂内陸の様相なども眺めてみれば、北茨城市の古墳の大部分は、南から塩田川、大北川、里根川流域の海岸線に築造されており、主要な古墳は海岸線の、海上から認識されやすい位置に立地する。近年提唱されている海浜型古墳の範疇に入る可能性があるのではないのかなと思う。 [続きを読む]
  • 北茨城市踏査
  • 地図を確認すると、丘陵先端部の等高線が円形になっている地点が北茨城市関南町にあり、訪れてみた。古墳ではなさそうですが、東側斜面は凝灰岩のように見え、付近には横穴墓がもあるようで、寒くなってから再度確認してみようと思う。天妃山がある大北川河口部の堤防工事が進行していた。 [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間の
  • 快晴とまではいかない天気だったが、数か所を巡る散歩をしてきた。隠れた名所なのかもしれない、常陸太田市岩手町にある親沢池親水公園のハスの花。まだ花が咲くのには早すぎたが、気持ちが清々とする公園だ。途中、花房町、松栄町を下見し、星神社古墳へご挨拶をしてきた。 [続きを読む]
  • 総会
  • 23日は、歴史館にて開催された茨城県考古学協会の研究会に参加してきた。受付にいた早川氏と北茨城市の古墳について少々会話をし、私が以前採集した矢指塚古墳群の埴輪を、参考になればと手渡した。 [続きを読む]
  • 国土地理院の機能
  • 国土地理院の多くの情報の中に地理空間情報ライブラリーがあり、そこに「傾斜量図」と云うものがあることに気が付きました。赤色立体地図は画期的なものですが、それと同様地形を読むのには有効に活用できそうです。画像は、常陸太田市島町、小島町、中野町にまたがる古墳群。右側に梵天山古墳と阿弥陀塚古墳、大きな円墳は高山塚古墳。真ん中の前方部が不鮮明なのが星神社古墳。その左側にかすかに見えるのが中野冨士山古墳。 [続きを読む]
  • 下大賀遺跡現地説明会
  • 那珂市の下大賀遺跡で古墳が検出されたということで、今日の現地説明会に参加してきた。撮影した画像はネットその他への公表不可ということで、その時頂いたパンフレットの画像のみ。古墳の石室の切石の状況から見ると、近世の道路拡張工事に伴う削平のように見えるが、もったいない。 [続きを読む]
  • 読了の跡
  • ウイーンにあるシェーンブル宮殿(Schloss Schönbrunn)と背後に広がる市街地。?「トルコを知るための53章」 大村幸弘、永田雄三、内藤正典編著                          明石書店?古代の東国3「覚醒する関東」平安時代               荒井秀規著      吉川弘文館?「使える地政学」日本の大問題を読み解く               佐藤優著       朝日新聞 [続きを読む]
  • 里美 塩の道
  • 常陸太田市、旧里美村小妻地区にある「塩の道」の一部を巡ってみた。地元の方達が整備され、歩きやすくなっているとの報道を参考にしてお邪魔した。途中から地元の方の生活道路となる部分もあり、今も活用されている歴史ある古道のようです。 [続きを読む]