n_shuhei さん プロフィール

  •  
n_shuheiさん: Studio YAMAKO
ハンドル名n_shuhei さん
ブログタイトルStudio YAMAKO
ブログURLhttp://n-shuhei.net/studio_yamako/
サイト紹介文旅行と蝶の写真集です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/09/22 10:45

n_shuhei さんのブログ記事

  • キシタアゲハ舞う! ベトナム ダナンで撮ったチョウ(1)
  • ダナンではビーチのあるリゾート・ホテルでのんびり過ごすのが目的という今回の旅行は、チョウの撮影に関してはあまり大きな期待を持ってはいなかった。しかし、ソンチャ半島に建つそのリゾート・ホテルに着いてみると、確かにビーチはあるが、その広大な敷地には、背後に緑豊かな山が控えていた。  ホテルに到着して、チェックインをしている間、眼下に広がる海のほうを眺めていると、ルリモンアゲハかなと思うような、大型の瑠 [続きを読む]
  • ベトナム中部の旅(4) ビーチ 海鮮料理 そして帰国 8月8日-9日
  • 8月8日、明日はもう帰国しなくてはならない。朝食は「CITRON」というところに行く。ブッフェ形式で、ヨーロッパ風の食べ物が中心だが、もちろんベトナム料理のフォーもある。人気のある海に開かれたテラスで食べた。景色は良いが料理を撮りに行くのには遠い。遅い時間の朝食だ。  私以外の3人は、この日一日のんびり過ごしたいという。  午後、娘たち夫婦はビーチでビーチ・チェアに寝転がって過ごすという。かみさんは、ショッ [続きを読む]
  • ベトナム中部の旅(3) ホイアン散策 8月7日
  • トゥボン川河畔のカフェで一休みした後、再びホイアンの町を歩く。アンホイ橋を渡って、トゥボン川の左岸へ出て、またメイン・ストリートのチャンプー通りを日本橋の先へと進む。ホイアン市場の中に入ってみたり、福建会館や中華会館など中国出身の人々ゆかりの建物を観たりする。  再び日本橋の近くに戻ってきて、さっきは通り過ぎただけだったフーンフンの家の中に入る。  夕方、5時になった。昼飯を食べていなかったので、そ [続きを読む]
  • ベトナム中部の旅(2) ダナンからホイアンへ 8月7日
  • この日の午後は、ダナンから南東へ約30kmのところにあるホイアンという町を観光することになった。 今回の旅行の目的は、のんびりすること! 昨夜、部屋に入る前に次の日の朝食は9時ごろからということにしていた。しかし、私たちは6時前には目が覚めてしまう。私は、7時から8時ごろまで、リゾートの中をカメラを持って歩いた。もちろん目的はチョウだ。昨日も着いて早々、クジャクアゲハか、ルリモンアゲハかと思うような瑠璃色 [続きを読む]
  • ベトナム中部の旅(1) ホーチミンからダナンへ 8月6日
  • 7月の中頃だったか、突然娘夫婦からベトナムへ一緒に行かないかと誘われた。私たち夫婦の結婚50年と、喜寿を祝ってくれるという。喜んで、連れて行ってもらうことにする。ところが、今年の5月で私のパスポートが失効していた。家内のパスポートもあと数か月で失効するので、2人で新しいパスポートを申請しに山下公園の前のパスポートセンターへ行ってきた。  今回は、ベトナム中部ダナン郊外のリゾート・ホテルに泊まり、のんびり [続きを読む]
  • 湯の丸高原 7月20日ー21日
  • 初日、池の平から地蔵峠に戻ったのはまだ12時過ぎだった。今宵1泊する群馬県側の嬬恋鹿沢休暇村へ入る前に、地蔵峠の広大な駐車場に車を停めて、湯の丸キャンプ場へ行ってみた。キャンプ場への道は昨年来た時に比べるとずいぶんきれいに整備されていた。キャンプ場までは車も入れる。白窪湿原まで行ったが、特に成果はなかった。  翌21日、野草園、「たまだれの滝」で撮った後、地蔵峠へきた。この日は、湯の丸スキー場のリフト [続きを読む]
  • 休暇村嬬恋鹿沢野草園と「たまだれの滝」 7月20日ー21日
  • 休暇村嬬恋鹿沢の駐車場の前に、村上山(1,746m)を背にした傾斜地に野草園がある。散策路があり、いろいろな花も咲いている。高原のチョウも多い。  初日に野草園の前に車を停めたのは午後3時前だった。チェックインする前に野草園で撮影をする。昨年は、近年少なくなってしまったコヒョウモンモドキがいたがよい写真が撮れなかったので、今回は是非と期待していたのだが、現れてくれなかった。しかし、思いもかけず、中学生のこ [続きを読む]
  • 池の平 7月20日
  • 昨年に続き、今年も7月20日ー21日に池の平、湯の丸高原へ行ってきた。さいわい好天に恵まれ、多くの高原のチョウに会うことができた。  早朝5時半にマイカーで自宅を出発した。途中2回ほど小休止をして、9時前に湯の丸高原の地蔵峠に着く。この日はまず、池の平に行くことにした。湯の丸高峰林道を20分ほど走って、池の平の駐車場に着いた。混雑を心配したがそれほどではなかった。ここは標高2,000mある。  昨年はKさんのご主人 [続きを読む]
  • 2泊3日 青森県の旅(5) 田んぼアート 八甲田山 三沢 7月7日
  • とうとう最後まで雨模様だった。この日は、八甲田山でロープウェイに乗るか、あるいは、十和田湖、奥入瀬を歩こうかと予定していたが、この雨では何も見えないだろう。  帰りは三沢空港から19:00発のJAL0158便に乗るので、八甲田、酸ヶ湯か、あるいは十和田湖、奥入瀬を回るしかない。相談の結果、八甲田へ行って八甲田ホテルで一休みして、三沢で寿司屋でも探して、ゆっくりしようということになった。  Kさんのご主人から、弘 [続きを読む]
  • 2泊3日 青森県の旅(4) 立佞武多 鶴の舞橋 弘前昇天教会 7月6日
  • 五所川原でレンタカーを借りて、鶴の舞橋へ行く前に 「立佞武多の館」 へ行く。見る前はそれほど期待していたわけではなかったが、ここに展示されている五所川原立佞武多は感動を与えてくれた。立佞武多(たちねぷた)の館はJR五所川原駅をまっすぐ進んだところにある。徒歩5分の距離だ。五所川原の町は高い建物がないが、この「立佞武多の館」は高さ38m、地上6階の偉容である。  五所川原のねぷたは明治時代にその高さの隆盛 [続きを読む]
  • 2泊3日 青森県の旅(2) 十二湖散策 7月5日
  • 宿で借りたレンタカーはトヨタのコンパクトカーだった。この日の運転はわたくしが担当する。十二湖へは国道101号線を五能線を戻るように走り、十二湖駅の近くから入っていく、約12kmだった。  十二湖のそれぞれのところに設けられている駐車場に車を置き、時々小雨の降る中、Kさんに用意していただいていたビニールのレインコートを着て、王池、越口の池、落口の池、鶏頭場の池などを見ていく。十二湖ビジターセンターや、イトウ [続きを読む]
  • 2泊3日 青森県の旅(1) 五能線 秋田から「不老ふ死温泉」へ 7月5日
  • 年に一二度ご一緒に旅行をしている友人のKさん御夫妻と、前々から計画をしていた五能線乗車、白神山地などを訪れる旅行をしてきた。日程は7月の5日から2泊3日と決めていたが、もちろん梅雨の雨は心配だった。青森県はあまり梅雨前線の影響を受けないだろうという考えが甘かった。友人のご主人が「晴れ男」というので、期待もしていたのだが、奥様によると、最近ちょっと神通力が衰えているという。関東甲信越地方は6月末に梅雨明け [続きを読む]
  • 富士見高原「花の里」 6月29日
  • 小淵沢から清里方面にに向かって走り、途中から左に、いわゆる八ヶ岳鉢巻道路をしばらく行くと、以前に何回かラウンドした富士見高原ゴルフ場などがあり、「富士見高原リゾート」となっていた。その一画にスキー場のゲレンデを利用して、花を植えた「花の里」というところがある。この日は、オオムラサキセンターへ行った後、そこへ寄ってみようと思っていた。 「花の里」のオープンは7月7日で、この日はまだプレ・オープンという [続きを読む]
  • 北杜市オオムラサキセンター 6月29日
  • 西多摩郡日の出町にある谷戸沢廃棄物広域処分場跡で、飼育ケージの中で羽化したオオムラサキの見学会があることを知って、 6月23日に初めて 見に行ってきた。ケージの中では50頭を超えるオオムラサキが羽化していたが、ここではすでに破損している個体も多かった。  北杜市のオオムラサキセンターへは、例年7月第1週に行くことが多かったが、今年は1週間早め、6月29日に行った。すでに♂の羽化はピークのようで、擦れた個体もいた [続きを読む]
  • 鹿野大仏と日の出山荘 6月23日
  • 谷戸沢処分場の谷戸沢記念館で「日の出トマト」を買ったときに薦められて鹿野大仏へと向かう。  谷戸沢処分場からはすぐ近くで、教えられた通り、日の出町役場に出て、圏央道の日の出ICの方へ行くと寶光寺の入り口があった。駐車料500円を支払って車を止め、鹿野山の麓にある寶光寺から十分ほど山道を登る。拝観料は無料だった。JR五日市線武蔵増戸駅から歩くと約25分、武蔵五日市駅、青梅線福生駅からバスを利用して「塩沢秋川霊 [続きを読む]
  • 谷戸沢処分場 オオムラサキ見学会 6月23日
  • 小学校のクラスメートから、6月23日に日の出町の谷戸沢処分場で、オオムラサキの見学会があるとの知らせのメールが届いた。  谷戸沢処分場というのは何なのか、何処にあるのか、分からなかったのでさっそくネットで検索してみた。  そこは谷戸沢廃棄物広域処分場といい、東京都西多摩郡の日の出町にあることが分かった。 当日はあいにくの小雨模様だったが、 日の出町なら圏央道で行きやすそうなので、行ってみることにした。 [続きを読む]
  • 舞岡公園の6月 6月4日、6月13日、6月19日
  • 6月4日は平地産ゼフィルスを狙って行くが収穫なし。ムラサキシジミを撮る。  6月13日はミドリシジミの♀を狙って舞岡公園へ行った。11日がほぼ一日中雨が降り、12日は、晴れるとの予報だったが、午前中、気温も低くいまいち晴れないので行きそびれてしまった。13日も同様の天気予報だったが、早朝ゴルフ練習へ行った足で、舞岡公園まで行ってみた。期待していたのはミドリシジミの♀だったが、現れない。 舞岡公園の自然2 とい [続きを読む]
  • 輝くオオミドリシジミ 6月1日
  • 同好の方に教えていただいたオオミドリシジミの適地へ行く。私の家から、高速道路を使えば1時間くらいで行けるところだ。街の駐車場に車を止めて、通学の小学生とすれ違いながら、 約20分ほど歩く。ポイントに着くと先に来られていた方がひとりおられた。 「おはようございます」と挨拶をしたところ、さっそく「そこにいますよ」と教えてくださった。陽の光を受けて美しい淡緑色の金属光沢を輝かせて開翅していた。坂を上がってき [続きを読む]
  • 舞岡公園 5月29日
  • 翌30日にゴルフの予定があったので、この日は早朝7時から練習場へ出かけて1時間ほど球を打った。そして、その足で舞岡公園へ行ってきた。今シーズンは、まだ、アカシジミ、ウラナミアカシジミも撮れていない。  前回25日に行ったポイントとは別のポイントに行ってみた。このポイントは平地産ゼフィルス4種はいるところだが、やっとアカシジミに会えた。しかし、ほかの種は出てこない。やはり、今年も少ないようだ。  ミドリシジ [続きを読む]
  • 舞岡公園 5月25日
  • 平地産のゼフィルス狙いで舞岡公園へ行く。  ミドリシジミの最初のポイントでさっそくカメラマンに会う。少し話をしたが、この日はまだ目撃していないとのこと。今年はいつもの年より発生が1週間から10日早いというが、それにしても少ない。  次のポイントへ移動する。ハンノキがあるところに2人の愛好家カメラマンがおられ、じっと下草に目をやられている。傍まで行ったら、「そこにいますよ」と教えてくださった。翅を閉じてじ [続きを読む]
  • RALLY YOKOHAMA 2018 (2) スタート風景 5月19日
  • セレモニーが終了すると、各車はゼッケン番号順に列を作り、10時30分のスタートを待つ。ゼッケンは80番まであったが、そのうち、4番、9番、42番は欠番で、2番に予定されていたAUSTIN SEVENと、65番ポルシェ911Sはどうやら出走を取り止めたようだ。  先導車に続き、正確に10時半に、今回出場した車の中では最も古い、ゼッケン1番の1927年式、BUGATTI T-35Bが山下ふ頭をスタートして行く。山下公園通りを走り抜け、山中湖へ向かっ [続きを読む]
  • RALLY YOKOHAMA 2018 (1) スタート前 5月19日
  • 5月19日(土)〜20日(日)に「横浜開港200年に向けて」と銘打って、クラシック・カーのラリー RALLY YOKOHAMA 2018 が開催されることを知った。今年で6年目だそうだ。   RALLY YOKOHAMA 2018 のHPでその概要をみると、参加するクラシック・カーは、1974年12月31日までに製造された車両で、約80台だそうだ。5月19日 10時半に横浜山下ふ頭をスタートし、相模原の愛川町にある服部牧場で昼食をして、その日の午後に山中湖のホテル [続きを読む]