MAX さん プロフィール

  •  
MAXさん: Fantastic Bangkok !
ハンドル名MAX さん
ブログタイトルFantastic Bangkok !
ブログURLhttp://sting1968jp.blog117.fc2.com/
サイト紹介文徒然なるままにタイの魅力を紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2008/09/23 01:29

MAX さんのブログ記事

  • カオジャオ
  • トンロー・ソイ17を奥に進んだところにあるタイレストランの「カオジャオ」です。詳しくはコミュニティーモールの「ザ・コモンズ」を少し過ぎたあたりですね。さて、この「カオジャオ」ですが、メインとなる料理は南部タイ料理!ホント、最近は南部タイ料理が流行っているのか?トンロー?そんな感じです。ただ、ここにはイサーン料理や一般のタイ料理もあって南部タイ料理オンリーというわけでもないですが・・・また、写真から分 [続きを読む]
  • ロースカツカレー280バーツ@青りんご
  • シーロムで長いこと愛されているカレー屋の「青りんご」がトンロー・ソイ13に2号店を出して早5ヶ月。詳しくは日本村2Fにあって、おそらく価格はタニヤ店と同じ。そして味もまったく同じだと思いますが、お店の雰囲気はトンロー店のほうがはるかに上回っていますね。というのは、タニヤ店は昔ながらの喫茶店ですが、トンロー店はお洒落なカフェといった感じ。さて、写真は「青りんご」で人気NO.1のロースカツカレー!価格は280バー [続きを読む]
  • 42 Tee-Off Driving Range
  • 今年の初めでしょうか?バンコク市内で一番有名だったRCAドライビングレンジが閉鎖された今、わりと人気を集めているのが、写真の「42 Tee-Off Driving Range」。いわゆるゴルフ練習場、打ちっぱなしのことですね。場所はスクンビット・ソイ42/1。入り口には札幌ラーメンの「毘沙門」があるので、すぐに分かると思いますよ。またBTSエカマイ駅からの距離は徒歩10分程ですが、ゴルフバックを抱えて徒歩で来る人はまずいません。基本 [続きを読む]
  • CINNABON
  • 1985年にシアトルで誕生したシナモンロールのお店の「CINNABON」です。ネーミングのシナボンとはシナモンとボン(仏語でGOODの意味)を掛け合わせた造語。けっしてスペル間違いではないですよ。さて、この「CINNABON」、一時、日本から撤退しましたが、現在では再上陸を果たしているとのこと。といっても、日本では一度も見かけたことも食べたこともないですけど・・・その理由は、ドーナツもそうですが、砂糖の塊のような高カロリ [続きを読む]
  • BIT STYLEのメイちゃん
  • スクンビット・ソイ22にあるお手軽風俗の「BIT STYLE」、最近はこのお店ばかりのような気がします。というわけで、写真の女の子はメイちゃん、24歳ですね。さて、こうしたお店にありがちなのが当たり前の時短!まぁ、基本はマッサージ店ではないので、1発抜いたらそこで終了なんですが、何とこのメイちゃん!時間目一杯マッサージをしてくれたりとかサービス抜群!でもね、すぐ横の部屋で快感の声を上げるファラン、何とかならない [続きを読む]
  • 但馬屋タイランド
  • 伊勢丹6Fの「ごちそう通り」に新しく出来た牛しゃぶ・牛すき焼き食べ放題の「但馬屋タイランド」です。但馬屋というネーミングはバンコクではよく聞くのですが、他の但馬屋とはあまり関係はないみたいですね。さて、ここの食べ放題コースは分かりやすく4種類!値段の高い順番に、特選黒毛和牛コース1880バーツ、黒毛和牛コース1480バーツ、特選豪州産但馬ビーフコース780バーツ、豪州産但馬ビーフコース530バーツ!時間はすべて90 [続きを読む]
  • BANGKOK BUNNIES
  • 「ようこそ 100% REAL LADIES」の看板でお馴染みのナナ・プラザにある「BANGKOK BUNNIES」です。もはや余程のことがなければ、ゴーゴーバーに遊びに行こうとは思わなくなったMAXですが、これって初心者にとってはとても有難いことなんですよね。というのは、ナナ・プラザのほとんどのお店にLBが潜んでいるこのご時世。おそらくは多くの人が勇気をもってペイバーするかどうかの選択を迫られるはずなので、これなら安心して遊べます [続きを読む]
  • サラダバー20バーツ@フードランド
  • 365日、24時間営業のフードランド!いくらコンビニが便利になってきたとはいえ、まだまだ日本のそれとは雲泥の差があるバンコクにおいて非常に重宝する存在ですよね。マックスバリューもそうなんですが、店内調理の総菜や弁当がいつでも買えるのは有難いかぎり。でもね、深夜(勝手に深夜限定)に揚げ物や肉料理ばかりでは完全なる栄養の偏りであることは間違いありません。そんなときにお薦めなのがサラダバー!いろいろな種類の [続きを読む]
  • BAR・B・Q PLAZA
  • タイ全土の大抵のショッピングモールには必ずと言っていいほど入っていると思われる焼き肉&鍋の「BAR・B・Q PLAZA」です。言ってみれば、室内型のムーカタですね。店舗数も多く、土日の夕方には家族連れでどこも超満員!順番待ちの列まで出来ますよ。ただし、味は日本人には・・・???という感じです。まぁ、ジンギスカン鍋のようなもので、焼き肉と鍋が同時に楽しめるという発想は画期的ですが、やはり焼き肉と鍋は別々に食べ [続きを読む]
  • SRIRACHA TIGER ZOO
  • バンコクとパタヤの間にある「シーラチャー・タイガー・ズー」!バンコクからは高速道路利用で約1時間30分、パタヤからは約30分程でしょうか?そのためパタヤ経由でやってくる中国人の多いこと。ここにも中国人か!という感じですね。またタイガー・ズーといっても、虎だけではなくクロコダイルや象なども見ることが出来ますが、やはり基本は虎!これを見なければ、ここに来る価値はなしといっても過言ではありません。人気のタイ [続きを読む]
  • Anotherhound cafe
  • アパレルメーカーのGreyhoundが手掛けるお店として「Greyhound cafe」が有名ですが、「Anotherhound cafe」という姉妹店があるのをご存知ですか?パッと見は「a no ther hound cafe」?anotherhoundとはまず読めませんが・・・さて、この「Anotherhound cafe」、どちらかと言うと、「Greyhound cafe」よりも食事メニューに力を入れていて、イタリアンをベースにタイ料理を組み入れたフュージョン系が中心。店内は黒塗りの内装に豪 [続きを読む]
  • パッポン・バービアのキップちゃん
  • 数少ないパッポン通りのバービア!お店の名前があるのかどうかは分かりませんが、写真はそこで働くキップちゃんです。年齢は24歳、ちょっとポッチャリしていますが、とても気が利く女の子ですよ。というのは、夕方の早い時間からMAX一人で飲んでいると、おつまみどうですか?と持ってきたのが、チーズ鱈!日本であれば、ビールのつまみにチーズ鱈というのは分かりますが、ここはバンコク!バービアでチーズ鱈が出るとは思ってもい [続きを読む]
  • べっぴんや
  • スクンビット・ソイ55に新しく出来た居酒屋の「べっぴんや」です。何でも奈良県では手作り豆腐で有名なお店とのこと。詳しくは天理スタミナラーメンの少し先ですが、そういえば天理スタミナラーメンも発祥は奈良県でしたよね。何かの関係があるのでしょうか?さて、話は戻って、その手作り豆腐ですが、豆腐のみで食べてもOK!しかしテーブルの上にはカレー塩や抹茶塩、ポン酢に醤油などが・・・そうです!少しずつお好みの味付けに [続きを読む]
  • EVEANDBOY
  • 今回は女性向け記事です。韓国もそうですが、タイにおいてもサイアム・スクエアを歩けば至るところにコスメショップが目につきます。そして、その大型版と言えるのが、写真の「EVEANDBOY」!サイアム・スクエア・ワン地下1Fにあるのですが、巨大さ故に入店してくるお客さんの数も半端ではないです。その最たるものが入り口近くに設置されたクローク!ここで大きな鞄やスーツケースを預けて、ゆっくり買い物が出来るというわけです [続きを読む]
  • MIXフライセット@天ぷらや
  • 何となくネーミングが違うような気がします。というのは、スクンビット・ソイ49にある「素屋」改め「天ぷらや」のランチメニュー!写真がそのランチなんですが、名前が「MIXフライセット」?油で揚げていれば、確かにフライというのでしょうけど、日本人の感覚では海老フライ、とんかつ、コロッケなどがフライですよね。なので、しっくりくる名前はやはり「MIX天ぷらセット」でしょうか?まぁ、そんなことはさておいて、この「MIX [続きを読む]
  • Kashikiri49 Soda Onsen & Spa
  • 皆さんはバンコクに貸し切り温泉があるのはご存知ですか?場所はスクンビット・ソイ49の奥、フジスーパー4号店の少し手前にある曲がり角の正面に「Ka・Shi・Ki・Ri」の文字がどーんと見えてくるので、すぐに分かると思います。ただし温泉といっても、れっきとした温泉水ではなく、単なる温水だと思いますが・・・タイの場合、湯船にお湯を張った状態を平気で温泉と呼びますからね。まぁ、こればかりは文化の違いなので、マイペンラ [続きを読む]
  • Sai-aiのジジちゃん
  • タニヤのカラオケ店、「Sai-ai」からご紹介する女の子!写真のジジちゃんです。お店の下、エレベーター前に待機する女の子を見るかぎり、かなり置屋色の強いお店だと思っていたんですが、意外と飲むだけの女の子も多く、前回のプンちゃんに引き続き、このジジちゃんもそのひとり。そして、飲むだけの女の子の共通点は一様に若くて可愛い!というわけで、ジジちゃんの年齢は22歳!まぁ、22歳が若いかどうかはさておいて立ち並ぶ女の [続きを読む]
  • HOUSE of BEERS
  • トンロー・ソイ16にあるパブ&ビストロの「HOUSE of BEERS」詳しくはトンロー通りを挟んでJアベニューの向かい側くらい。あ、そうそうレインヒルにも支店がありますね。そして、ここで飲めるビールはベルギービールを基本に世界各国のビール!といっても、ビールの銘柄などメジャーなところしか分からないので、注文するのはテーブル上にプロモーションとして紹介されているビールがほとんど。ビール好きなMAXですが、味に関しては [続きを読む]
  • I AM THAI PASTA
  • サイアム・スクエア・ワンにあるタイ風パスタ専門店の「I AM THAI PASTA」です。う〜ん、そのまんまですね。何でもオーナーが以前、日本に住んでいたことがあり、そのとき食べた和風パスタにインスパイヤされて始めたのがこの「I AM THAI PASTA」とのこと。でもね、タイ料理とパスタの組み合わせ、すごく合うんです!例えば、ガパオパスタやグリーンカレーパスタ、ラープパスタなど・・・特にガパオパスタは目玉焼きの代わりに温玉 [続きを読む]
  • 和食処 みずこし
  • オープンしてから約1年半ほどでしょうか?スクンビット通りにあるレインヒル2Fにある「和食処みずこし」です。和食ということで、天ぷらや焼き魚など様々なメニューが並びますが、ここの基本は寿司!江戸前寿司歴40年のオーナーが週3回、築地から魚介類を仕入れているそうですよ。といっても、やはり寿司は新鮮なまま築地市場近くで食べたほうが美味しいわけで・・・バンコクに住んでいて築地直送と言われてもあまりピンと来ないの [続きを読む]
  • HERA'S MASSAGE
  • スクンビット・ソイ33にあった「アメジストマッサージ」がいつの間にやら閉店。その跡地に出来た同じくH系マッサージの「HERA'S MASSAGE」です。しかし、本当にこの界隈もころころとお店が変わりますよね。実際に10年以上続くマッサージ店は「エンジェルマッサージ」くらいではないでしょうか?さて、この「HERA'S MASSAGE」も昨今の値上がり傾向に沿っていてオイルマッサージ1時間が2100バーツ、1時間30分が2300バーツ、ジャグジ [続きを読む]
  • とんかつ 和幸
  • 「新宿さぼてん」や「まい泉」に引き続きバンコクにやってきた有名とんかつ店の「とんかつ和幸」おそらくバンコクには3店舗があるかと思いますが、目下のところMAXの中では人気No.1ですね。というのは、一度、入店してみれば分かりますが、一人前ずつ釜炊きするご飯がとても美味しいんです。メインのとんかつよりも釜炊きご飯の目当てにお客さんが来ると言っても過言ではないかも?まぁ、そこまでは言い過ぎかも知れませんが、確実 [続きを読む]
  • タイのカラムーチョ
  • 一昔前に「タイのカラムーチョ」として日本に逆輸入され話題となったタイ版カラムーチョ!日本で食べたオリジナルな味はどんな味だったのか?すでにすっかり忘れてしまったのですが、たしかにこんな味だったような・・・まぁ、辛いことだけは事実です。価格はSサイズのパッケージで20バーツ!若干だけタイオリジナルのポテトチップスに比べて高めですね。また写真右と写真左に写っているカラムーチョのパッケージの違いに気が付き [続きを読む]
  • PANCAKE HOUSE
  • サイアム・スクエア・ワンでお洒落なお店発見!ですが、よく見ると、どこかで見かけたことがあるようなネーミングに雰囲気。そうです。タイの人気女優スザンナさんがオーナーを務める「pancake cafe」とそっくりそのまま。というのは、実はこの「PANCAKE HOUSE」と「pancake cafe」は姉妹店とのこと。それならば、いっそ同じ名前でも良かったのではないのかな?オーダーの方法やメニューもMAXの知るかぎり、同じような気もしますし [続きを読む]
  • アイラック・クラブのファーちゃん
  • 先日、ご紹介しましたタニヤのカラオケ店「アイラック・クラブ」で働くファーちゃんです。年齢は22歳、いまは現役の大学生とのことで、日本語はもちろんのこと英語すら話せません。それでも以前であれば、「指差し会話帳」などを持って何とかお客さんと意思疎通しようとしたものですが、これも時代の流れなのか?最近、タニヤデビューする女の子にこうした覚悟を持っている子は少ないですね。まぁ、タニヤ全体が接客メインのお店か [続きを読む]