アンダンテ さん プロフィール

  •  
アンダンテさん: アンダンテのだんだんと日記
ハンドル名アンダンテ さん
ブログタイトルアンダンテのだんだんと日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/andante-dandanto
サイト紹介文ごたごたした生活の中から、だんだんと優雅な生活を目指す日記。
自由文いつでもまったりマイペースの長男、
異星人感覚の持ち主の次男、
女王様タイプの娘。
まだまだ事件多発な子育てライフをかいくぐり、ピアノとバイオリンを楽しみつつ、徐々に優雅な生活を模索中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/09/25 06:57

アンダンテ さんのブログ記事

  • スーッと横移動で弾く
  • 録画してあった「「蜂蜜と雷鳴」若きピアニストたちの18日」を見た。これは、浜コンのドキュメンタリーということだけど、それより牛田くん密着取材という感じの構成で…    ←無駄な動きがない、というイメージだけでも。よくこんなの撮影させてくれたなーコンクールの最中に。ステージ直後の息が上がっているところで何はさておきインタビュー室に来させたり、それどころかステージに上がる直前にもコメントを求めたりという [続きを読む]
  • YouTube関連動画がいけないの
  • 今弾いてる、グラナドスのサルダーナはYouTubeに載っている数も少ないけれど…    ←せいぜい長生きしなきゃいろいろ探して聞いていたら、関連動画ってのが出てくるわけですよ。それで、ついいろいろ聞いちゃうじゃない。Granados: 8 Valses Poéticos (Grosvenor, Fernando Pérez)え!! これいい!! 知らなかった!!この動画、同じ曲をまったく違う(そして両方素敵な)演奏で紹介していて、それがまたそそるのよね。って、ぽちっ [続きを読む]
  • アルペジオはやっぱり苦手
  • 今週末はいよいよセンター試験でもあるし、まぁおとなしくしてようかと思ってたんだけど…日曜日の練習会で、どうも思うように弾けなかったもんだから、なんか弾き直ししたくなって、    ←身体性と音楽性は不可分。今日は午後半休取って練習会いっちゃった(^^;;マイミクさんちでやる、こじんまりした練習会。「こじんまり」のわりには多くて、今日は8名。もっとも、日曜日の練習会だって、参加者10名、雰囲気もゆったりしてる [続きを読む]
  • 入手簡単なレア曲
  • 先日の練習会で、私はグラナドスのスペイン舞曲集より「8. サルダーナ」を弾いたけど、この曲は知らない(聞いたことがない)人が多かったようです。    ←いろいろ探してみよう!! まずは既に持ってる楽譜の中から一方、ショパンエチュードのop.25-1「エオリアンハープ」のほうは、知らないとか聞いたことない人は皆無ですね。むしろ耳タコ曲(この練習会の中でも被っている)。人前で弾いたことある曲を、めっちゃ知られてるのと [続きを読む]
  • ところにより素敵な演奏
  • 年末怒涛の発表会シーズンを終え、お正月すぐのピアノトリオレッスンを終え、昨日は今年初の練習会。    ←全体がただ無難なのよりいいかももちろん人前でまともに弾ける状態のソロ曲があるわけもなく…しかし当然だがピアノを弾いて飲んでしゃべる。そこに意義があるので行く。弾いた曲は:一巡目ショパン エチュード op25-1, 2二巡目宇多田ヒカル=加羽沢美濃 First Love グラナドス スペイン舞曲集 8.サルダーナ (最後ち [続きを読む]
  • 「ショパンさん天才!」って毎日思ってる
  • ヨガ前レッスンきっかけで、エオリアンハープについて「そうだ、左手も大きな音符に注目して弾き直してみよう」(←遅)ってことになって、    ←掘って掘って掘りまくっても終わらない懐の深さやっぱり左手の大きな音符をはっきり聞こえるように弾くのがどうもうまくいかないから「もにょる」んだけど。…つまり、右手の5の指で上の旋律として浮き立つように弾くのと、左手の5の指でバスの音がしっかり響くように弾くのと比べる [続きを読む]
  • 飽きた曲を弾いててもしょうがないよね
  • TEPPENというテレビ番組で、ピアノの対決(芸能人コンペ)があって、まぁたいていこういう番組のピアノ聞いても幸せな気持ちにならないことが多いんだけど、つい気になるから見ちゃいました。でも今回のは、こういう番組の中では一番おもしろかったかな。    ←「飽きない」というのもスキル!?最初の人とかも、丁寧に練習してあって、左手にメロディーが来て右手の細かい音形と合わさってややこしいところ、いい感じで弾けてた。 [続きを読む]
  • 速く弾く前にやることがあった
  • 昨日は今年初のヨガ前レッスン。「今年もよろしくお願いします♪ 早速ですがショパンエチュードop25-1を」    ←細かいこと気にしないで弾いててもきれいな曲だけどな先生「これ、どこかで弾くんですか〜?」私「とりあえず練習会で弾くほかは決まってないですけど」先生「その練習会はいつですか?」私「今週末です」先生、やや苦笑しているがさらっと流す。だいぶ慣れてくれたかな私のペースにwピアノがいまいちなので危険だか [続きを読む]
  • ショパンエチュード、自筆譜から
  • 先日、「長さの違う四分音符」という記事を書きましたところ、Mixiのほうでいくつかコメントいただきまして    ←あんまり調べてたら弾く時間のほうがなくなっちゃうまず、影法師くんから。コルトーさんが「4/4で弾かずに6拍子で弾く奴はこの曲弾くな」と書いてたとかwやっぱり、長さ合ってりゃええやろ的な態度はまずいらしいです。それで、shigさんから「位相で考えるのだよ。」とかいう謎なコメント、ぜひコメントは日本語 [続きを読む]
  • 連弾は別腹!?
  • 昨日の記事に、「連弾は別腹」と書いたらさっそくおゆき先生から「マ・メール・ロワ、別腹にしては大変なんですからね〜(汗)」とツッコミ入りました(^^;;    ←昔弾いた曲ならコスパよく楽しめますいやそうですね…ハイデザートは別腹といってもケーキバイキングで盛ってたらごはんのカロリー超えた! みたいな簡単な曲ではないですが、何度か八ヶ岳でスケルツオさん(2nd)と合わせてもらったところ、私にとってはわりと取り組 [続きを読む]
  • 曲を絞ろうとは思ったのですが
  • 先日の記事「速く弾けないのは指が回らないからじゃない!?」へのコメントで、おゆき先生が「取り組むなら一時的で良いので、曲数を絞る方が良いです。整理する動きが多いと混乱します。」と書かれています。    ←気が多いものでせいぜいこのくらいここでの趣旨は、速く弾けるようになるための練習方法、あと弾き直し癖の改善といったことにもからむわけですが、曲を絞ってじっくり取り組むとよいってことについてはおゆき先生 [続きを読む]
  • 長さの違う四分音符
  • 前にショパンエチュードop25-2の話をおゆき先生から聞いたときに、冒頭について「この最初の四分音符を正しい長さで弾いてる人かなかなかいない」とかいってた(もちろんアマチュアの場合)。    ←算数まではなんとか確かに、冒頭(右手)の四分音符と、左手の四分音符(に見えるもの)では実際の長さが違っていてややこしい。左手のほうはよく見ると「3」って書いてあって、音符三個で二拍分。まぁでもわかってしまえば、算数的な [続きを読む]
  • おふとんから離れがたいあなたに贈る曲
  • ピアノトリオレッスンに出かける直前、マイミクさんの「お腹が空いてきたけど、おふとぅんから出たくない。」というたいへんもっともなつぶやきを拝見して、    ←フリースの肩掛けを味方につけてふとんから出る!!そういえば、そういう人に捧げたい曲があったな、と…夏に合唱祭に出た際、「推しが尊い」「はたらきたくない」とかいろんな変な曲があった中に、おふとぅん愛を歌っているものがあったはず。YouTubeでちょっと検 [続きを読む]
  • 無伴奏からのオブリガード眼鏡つきデュオ
  • ピアノトリオレッスンが五枠あったあと、夜はヴィオラ・チェロのコンサートでした。    ←仲が良くなくてもアンサンブルはできるが良いに越したことはない、かな前半はそれぞれが無伴奏、後半はデュオ。無伴奏といえばなんといってもバッハの無伴奏チェロ組曲ですよね。というわけでプログラムの最初はバッハ無伴奏チェロ組曲No.6でした。チェロの響きはいいよねぇ〜♪ぐっときます。続いてヴィオラでも無伴奏…チェロ組曲をヴ [続きを読む]
  • 室内楽ワークショップで音楽する
  • というわけで今日はメンデルスゾーンのピアノ三重奏第一番第二楽章のレッスンに行ってきました。    ←メントリチャンスを活かしました!!プロ側はバイオリン・チェロではなくてヴィオラ・チェロとなっています(*)。 二人ともロンドン在住で言語は英語。状況がよくわかってなくて勢いで申し込んじゃったけどレッスンは英語だった(o_o) 私以外の生徒さんたちは何事もなかったかのように英語で会話していた…気を取り直して弾き始 [続きを読む]
  • 速く弾けないのは指が回らないからじゃない!?
  • この年末年始、ショパンのエチュードop.25-1(エオリアンハープ)を私はのったりのったり弾いてるわけですが…    ←速い曲も弾くようになったら新生アンダンテ!?ゆーっくりでも、新生めるちゃんできれいに響かせて弾くととても幸せな気持ちにはなります(^^)とはいえ、このテンポが(演奏として)ベストと思っているわけではないんです。私が、2016年に初めてこの曲を人前で弾いたとき、弾くのにナント5分かかってます。現在は慣れ [続きを読む]
  • 街なかピアノ(空港の場合)
  • 昨日、テレビをつけていてたまたま目に入った「空港ピアノ(マルタ島)」という番組を途中から見ました。    ←さりげなく弾けるレパートリーがあるといいよね空港ロビーに、誰でも弾けるようにグランドピアノが置かれていて、ふと通りかかった人が弾き、たまたまそこに居合わせた人が聞く。弾き終わったよ、という感じになるとそれなりに拍手が起こったり…そういう、ゆるい感じのところ、定点カメラで映しているんです。さぁ撮 [続きを読む]
  • 2019の目標&あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます。    ←今年もよろしくお願いします(^^)今年のイラストもまたろうに依頼したのですが、題材は「猪と月」という日本昔話だそうです。そんなん誰も知らんのとちゃうかな…「例え芸がなくとも一生懸命相撲をとって見せる、この姿勢こそが大事なのだ」だそうですけど、じゃたとえばピアノを演奏するのに、芸(技術?)がなくても心をこめて一生懸命演奏すれば伝わるかといったらそりゃ、物事の半分で [続きを読む]
  • 2018 弾いた曲のまとめ
  • 今年弾いた曲のざっくり振り返り。    ←皆様よいお年を。来年もよろしくお願いします並べてみてわかるけど、「(いちおう)仕上げて人前で弾いた曲」としては年の前半で薄く、後半で濃くなっています。これは、前半は別件(PTA関係とかまたろう就活関係)で忙しかったというのもあるし、ショパン舟歌の譜読みに時間取られて何か人前で弾けるように他の曲を仕上げる余裕がなかったというのもありますね、たぶん…(既に記憶があやふ [続きを読む]
  • 認知症になっても残るアンサンブル能力
  • 昨日は私の両親と一緒にごはんを食べに行ったんだけど、その前に実家に寄って父の歌を…というか、母のピアノを聞いた。    ←継続して弾いていればポケ防止に効くと信じたい母は認知症が進んで来て、いよいよ日常生活上のこともままならないんだけど、父が歌いたいから伴奏をしてほしい、というたてつけでリクエストして練習させたので、聞きに来てほしいと父に頼まれたのだ。母は元々、音大のピアノ科を出ていわゆる街のピア [続きを読む]
  • 始まりはベヒシュタインのアップライトだった
  • 昨日は、カフェ モフリーでピアノ忘年会でした。    ←猫とピアノ。と聞いたらそりゃ行かないと「モフリー」の名のとおり(?)猫がいます。別にいわゆる猫カフェではなくて、お客さんがモフるための猫ってわけじゃないんですが、ピアノ弾いてる間も床とかうろちょろしてます。このカフェのコンセプトは「ねこ×音楽×本」だそうです。ピアノはベヒシュタインのアップライトそしてこの忘年会のコンセプト(というかミクシーサーク [続きを読む]
  • 来年の目標とエオリアンハープ
  • 今日のカフェ忘年会を最後に、今年のピアノイベントはすべて終了となります。    ←ごきげんめるちゃんと一緒に過ごす年末年始それで、来年の目標なんですけど…「弾き直し癖の改善」と、目標はもう決まってます。どうやって改善するのかはわかっていないが(笑)それでね、昨日、エオリアンハープ弾いてて思ったんだけど、この曲、ちゃんと練習したら、弾き直しなしで(もちろんだがミスタッチなしとは言ってない)弾けないかなっ [続きを読む]
  • エオリアンハープの幸せ
  • 今のめるちゃんでショパンエチュードop.25-1「エオリアンハープ」をゆっくり弾いているととっても幸せなんです。    ←レア曲もおもしろいのあるんだけど。超有名曲の良さはやっぱり鉄板。せっかくなので録音してみました。ショパンエチュードop.25-1「エオリアンハープ」@めるちゃん解凍が十分ではないため、まだ溶けてなくてじゃりじゃりしたところがあります(笑)けど、曲とピアノ(の状態)の相性の良さはなんとなく聞こえる [続きを読む]
  • 蔵出し: ハノンを買ったときの話(2006)
  • 古いWeb日記(現在は公開していないもの)を読んでいたら、ハノンを買ったときの話が載っていたので転載。    ←ハノンは自分で買った。ツェルニー30番はもらった2006年11月25日 (土):いまさらのハノン中学の合唱コンクールのとき、めちゃくちゃピアノのうまい三年生がいたことを、音楽教室の受付で「もぅ、いっぺんでファンになっちゃいましたよー。でも三年生だからもう彼の演奏を聴く機会もないでしょうかね」など [続きを読む]
  • 今のめるちゃんに合う曲は
  • めるちゃんの調律から10日が経ちました。前回までお願いしていた調律師さんがご病気で来られないとのことで、ピア友さんに調律をお願いしたのですが、一番心配していたのは、「ちゃんと止まるか?」ということでした。    ←急速解凍、お味のほうはちょっと…気温の変化や湿度の変化、少々のことではびくともしない丈夫なやまちゃんと違って、めるちゃんは狂いやすいことは間違いなく、湿度については気を付けるようにしてたん [続きを読む]