kizuna@kazegumi さん プロフィール

  •  
kizuna@kazegumi さん: SVTS風組
ハンドル名kizuna@kazegumi さん
ブログタイトルSVTS風組
ブログURLhttp://blog.canpan.info/kizuna/
サイト紹介文2004年新潟県中越地震をきっかけに知り合えたボランティアの方と協働して救援、復興に携わっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/09/26 13:19

kizuna@kazegumi さんのブログ記事

  • 被災した時に役立つ情報
  • 撮影して残すということ click撮影して残すということ2 click撮影して残すということその3 clickあれから3年・・ clickハイブリッド車の救出作業について clickハイブリッド車の救出作業 2 click04年の水害時にはスノーダンプが役立ちました冬場は除雪するタイヤショベルで水をまきます04年水害写真はこちら click11年新潟福島豪雨写真はこちら click [続きを読む]
  • 「小千谷談判」から2日でちょうど150年
  • 幕末の戊辰戦争で、当時の長岡藩が新政府軍と戦うきっかけとなったいわゆる「小千谷談判」から2日でちょうど150年となります詳細はこちら click小千谷市ホームページ思い出すのは朝日山復興春の陣 〜恢興之道〜ですね東軍「朝日山復興隊」の布陣が決まりました。◇参謀本部(朝日山山頂)◇前線詰所(白虎隊隊士墓碑)◇作業隊(麓隊、旧道隊、本道隊、頂上隊、看板隊、昼飯隊、山古志別動隊)※浦柄隊、長岡連合、風人連合 [続きを読む]
  • 7回目の3.11
  • 2万2081人 関連死含めた東日本大震災の死者・行方不明者今年も3.11日に山元に伺うことができました。神戸、中越と繋いだ希望の灯も灯すことができました。復旧、復興がまだまだのところがたくさんあって大きな車がいきかっていました。どの時点で復興と思うのかは人それぞれ違うと思いますが、1日も早い復旧復興(できるなら住民の意にそった形で)を願います。亡くなられた方のご冥福を祈ります。そして行方不明の方がご家族のも [続きを読む]
  • 4年前の大雪
  • 4年前に前橋や山梨に除雪ボランティアに行ったことが小千谷新聞にのりました。前橋では風組さんがこなければボラセンを立ち上げようと思わなかったという言葉をいただきました。雪がふらないと困るけれどふりすぎたら雪害になってしまいます。小さなロータリーが大活躍です、大雪で渋滞になってもおおきなロータリーやホイルローダーでは渋滞の場所までたどり着くこともなかなかできません。その時は地元の雪も少なかったのでボラ [続きを読む]
  • 絵紙で彩る小千谷のひいな祭り
  • 雛祭に浮世絵を飾る風習が残る、新潟県小千谷市。そこでは親しみを込め、浮世絵を「絵紙」と呼んでいます。2月24日からはじまる絵紙で彩る小千谷のひいな祭りのポスターが届きました!フェイスブックはこちら小千谷絵紙保存会インスタグラムはこちら小千谷絵紙保存会 同時開催の小千谷に伝わる浮世絵展15も2月22日からはじまります。美人画と役者絵で知られる歌川国貞の手による「国尽倭名誉」は全68てんからなる揃物で1852年から1 [続きを読む]
  • 今年1年お世話になりました。<br />
  • 3月には宮城山元で過ごさせていただきました普門寺復興大般若祈祷法要並びに東日本大震災七回忌慰霊法要 3.11によせて4月には1年がたった熊本地震の被災地にいくことができました。熊本地震7月の各地豪雨被害は小千谷市も激甚指定になるなど地元でしごとでした10月23日に市民学習センター楽集館(同市上ノ山4)駐車場にて希望の灯をともすことができました。各地でお会いした皆さん、ありがとうございました。くる年が災害のない [続きを読む]
  • 雪のシーズンです。
  • 11月に初雪で除雪車が出るのはあまりなかったことでしたよね?除雪車の注意点もありますが屋根の雪下ろしのさいも気を付けてください屋根の雪おろそうかと言って頼むからやめてくれと言われたのは内緒ですけどw [続きを読む]
  • 中越大震災の日
  • 中越地震があった日ですサッカーでケガした桑さんの運転で塩谷にお参りにいってかわいいローソクをおそなえしましたその後は市民学習センター楽集館(同市上ノ山4)にて灯をともして小千谷市長さまと宮崎県議さまから希望の灯に灯していただきました。台風で大雨洪水暴風警報がでいていてできるかどうか心配しましたが一瞬雨がやんだようでした。地震を知らない子どもたちもたくさんいます。伝えていくこと、続けていくこことが大 [続きを読む]
  • みんなのボランティア写真パネル@みんなの防災フェア
  • TeNYみんなの防災フェアにフェニックス救援隊さんから風組の活動をわかりやすい説明でパネル展示していただきました。食品ブースに出店していた星野屋さんは能登半島地震や中越沖地震のときも炊き出しで恩返ししたいと現地でたい焼きやクレープをやいていたお店です。ブースが同じだったので小千谷にも活動しているお店もあるってことを伝えることができたらいいでね。 [続きを読む]
  • おぢやうきうきしゃっこいまつり
  • 前日からの雨で雪とけちゃうかなっておもったけど、お邪魔した時ははれでした!ロータリーで山をつくって雪国だけど冷たくてきもちよさそ。これが冬になれば雪害になるんだからなんだかぁ。利雪研究会のところでは熊本に雪を運んだ時の写真が飾られていました。 [続きを読む]
  • 熊本益城町の子どもたちにあいにフェニックスハウスにお邪魔してきました
  • 長岡の花火大会に、福島・女川・糸魚川・白馬・熊本の被災者さん150名が集まりました。昨日は長岡市寺泊金山にあるフェニックスハウスで熊本益城町の広安西小学校の子どもたちとアテンドしてきたみゆきさんにあえることができました。校長先生の話やおませな子どもたちの話、残念ながら雪を運んだのはちがう小学校だったのでw今度は広安西小学校に運んでくださいとリクエストもありました!先生のお誕生日もお祝2週間前に帰国した [続きを読む]
  • 小千谷市千谷川町内会さまからの御礼状
  • 7月豪雨の復旧作業でお礼状が届きました。「この度中越地区を中心とする豪雨にて茶郷川氾濫となり千谷川町内宮田団地地区にも床下浸水の被害を受けました。その際は、早々に復旧支援にて駆けつけて頂きましたことに対し、深く心より感謝申し上げ、お礼の言葉とさせていただきます。」困ったときお互い様できることをやれる範囲で住民の方の意見に沿ったかたちで作業する。今後も活動をしていこうと思います。 [続きを読む]
  • 7月18日豪雨の小千谷
  • 先日、小千谷市長に寄贈した「水害にあったときに」浸水被害からの生活再建の手引き(冊子版)が役立つとはいいのか悪いのか。昨日の雨でヤードは無事と確認した後市内の宮田団地にて復旧支援を行いました。ヤード前の道路でもかなりの雨量あふれた茶郷川高齢の方のお宅を優先に。町内をまとめる方に冊子をお渡ししてきました。 [続きを読む]
  • 熊本地震1年の報告と冊子寄贈
  • 小千谷市長に熊本地震1年の報告と震災がつなぐ全国ネットワークから頂いた「水害にあったときに」浸水被害からの生活再建の手引き(冊子版)をわたしてくることができました。熊本は地震から2週間後くらいに市長みずから出向いた箇所で新地が増えたことに驚いてらした。常総市は合併前の水海道の時に中越地震のお見舞いをいただいているので副市長がでむいたそうです。水害も地震もいまはどこでおきてもおかしくないような状況で他 [続きを読む]
  • 闘牛初場所
  • 男だね!北斗会「小千谷闘牛の振興を考える」小千谷闘牛初場所に行ってきました。瀬古のRくんには今更みてもおもしろくないだろ〜とか言われたけど面白かった!桑さんの師匠も次は牛持ちだなって言われたり、楽しかった〜若棟梁の父上が飼っていた牛3頭は山古志が最後の場所になるそうです。 [続きを読む]
  • 木山ベースその2
  • 地域のたまり場づくり地域住民が更地になった元の家の場所へ戻ってきた時に、立ち寄って”腰を”休めるところ....2日目は宮崎の消防署の職員の方がきていました周辺も更地が多くなっていて行かなければわからないままだっただろ何ができるだろうか、何かあるのだろうか。考えても答えがでないままかもしれない。忘れないでいること。地震当日だけではなく思いをはせること。1日も早い復興を願います。 [続きを読む]
  • 熊本各地
  • おぢや利雪研究会の益城町雪のプレゼントに同行させてもらった時にいった益城中央小学校は学童の時間で奥にこどもの声がきこえてました。熊本城はよっやく修復作業がはじまっていたようです。ブルーインパルスがくるということで駐車場はいっぱいでまわりしか見れなかったけど。西原村、益城町周辺をまわると道路はそのまま?とおもえるような箇所があった主要道路の復旧は早くても山間地は後回しになってしまうのはどこも一緒なの [続きを読む]
  • 西原村たんぽぽはうすオープンイベント
  • 西原村のたんぽぽハウスの新しい施設オープンイベントに頼政さんが手伝っているというので見学に行ってきました。1年ぶりの再会でした。駐車場から施設まで歩いているときに一緒に歩いていた方が議員さん?らしくGW明けに山古志に視察にくるという。早速名刺を渡してこちらに来る際には連絡をくださいうかがいますといってきた。小さな集落があるというので山間地の復興をまなぶのだという。今まであった建物の後ろががけ崩れで [続きを読む]
  • 木山ベースにて
  • ビニールハウスの農機具倉庫づくりをしていたお宅にお邪魔してきました。自宅跡地にあった石塀がどんな様子で崩れたのか、たまたま写真をもってきてるといって写真と実物で説明をしていただきました。14日の地震ごと17日の本震後の写真でした。農機具をだす、その後の片づけ、農作業ができるのがいいよ、解体は早かったから順番はよくわからないけどなって地震後のたくさんの出来事を伺うことができました。久しぶりの現場で再開し [続きを読む]