シン さん プロフィール

  •  
シンさん: 前向きに生きる
ハンドル名シン さん
ブログタイトル前向きに生きる
ブログURLhttp://shin20070212.seesaa.net/
サイト紹介文貧乏でも苦しくて、明るく前向きに生きる、をモットーに、色々な事に挑戦しているブログです。
自由文最近はVOCALOIDを使って曲を作っているよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/09/27 01:31

シン さんのブログ記事

  • 胆振地方中東部地震を迎えて
  • 胆振(いぶり)地方中東部地震を迎えて胆振・日高地方http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/tenki/t-hokkaido.htm#iburi 九月六日午前三時過ぎ、一階に降りて、我将に用を足さんとす、そのときに、震度5弱の激しい揺れに襲われた。揺れがおさまらないうちに、さっさと済ませた。それから自室に戻って情報収集を行っている時に、停電した。 昼過ぎに目覚めて仕事に行く支度をしてスマートフォンをチェックしていたら、自宅待機 [続きを読む]
  • 電子倶楽部60 - 高一シリコンダイオード検波ラジオ
  •  RFC を負荷にした高周波増幅に、トランジスターをダイオード接続して検波するラジオを設計しました。これくらいの簡単な回路なら、計算もシミュレーターも使わずに、いきなりエレクトロニック・ラボで作ってしまいます。学研のマイキットを使っていた時もそうですけど、回路を把握していると、自由に回路を作れます。良く言われる、マイキット系のエレクトロニック・ラボは回路図と参照し辛いのが欠点…と言うのは、私には当ては [続きを読む]
  • 電子倶楽部60 - 3石直結高周波増幅ラジオ
  •  電子倶楽部60 にはラジオが二つ、それもゲルマラジオに、ゲルマ検波トランス負荷1石アンプと、これだけだと、全くの子供だましです。まぁ子供向けなんですけど、子供にだって料理の味がわかる。テレビアニメの名探偵コナンの BGM は、子供だましではなく、本格的に制作しています。子供だましで通用する時代ではありませんよ。 ちなみに「電子倶楽部60」とは、これです。電子倶楽部60http://www.umezawa.co.jp/order/index.htm [続きを読む]
  • ベース共通回路の入力インピーダンス
  •  私が子供の頃に読んだ百科事典には、ベース接地回路の入力インピーダンスは低いと書かれていました。ネットで調べると、数オームとか書かれていたりします。本当でしょうか。 いつものように、広く浅い知識から。年04月期 A-07 Code:[HC0301] : トランジスタ増幅回路の接地方式ごとの、電流・電力増幅度の比較http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H16/html/H1604A07_.htmlベース接地回路http://www-nh.scph.. [続きを読む]
  • エミッター共通回路の本当の入力抵抗値
  •  バイポーラ・トランジスターの接地方法と入出力インピーダンスについて、多くの文献、サイトは広く浅く、時には間違った内容の情報を公開しています。 そこで私は、エミッター共通回路の入力インピーダンスについてのみ、狭く深く、回路シミュレーターで調べました。 先ずは広い知識、年08月期 A-07 Code:[HC0301] : トランジスタ増幅回路の接地方式ごとの、電流・電力増幅度の比較http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H13/htm [続きを読む]
  • AM混合と中間周波増幅回路
  • 大きい画像 図は、リニアIC、CA3028 を真似た 3028MDK によるミクサーと、IF-AMP 二段の回路です。1000円トランシーバ製作記http://www001.upp.so-net.ne.jp/jg1ead/poormanstrx/poormanstrx.html 回路データを参照のこと。Linux QUCS 0.0.18 で作成しています。am-mix-if-if.sch AM スーパーヘテロダイン受信機の中には、中間周波増幅段が一つのものもあります。今回は二.. [続きを読む]
  • 2N3904 - RF 1MHz AMP
  •  Linux で QUCS 0.0.18 を用いて、2N3904 で 1MHz の信号増幅をシミュレートしました。要するに、AM ラジオの周波数の動作をしています。大きい画像 電源電圧 3V で、消費電流は 1.6mAです。hFE は 100 から 1000 までの動作を確認しています。2N3904 なら大丈夫です。 ACシミュレーション、トランジェント解析のパラメータは図の通りですが、回路図ファイルも参考にしてください。rf-1mhz.sch 回路の細かい説明をします。この [続きを読む]
  • 電源電圧が変わっても安定な定電流回路
  •  定電流回路は一定の電流を流す回路ですが、電源電圧が変わると流れる電流が大きく変わり、これが気に入りませんでした。かと言って定電流素子やジャンクション・フィード・エフェクト・トランジスターを買う気にもなれません。何とかして、電源電圧が変わっても、流す電流の量を一定にしたいです。 それとは別件でネットサーフィンしていたら、気になるサイトを見つけました。2SC1815 2個で白色LEDを定電流駆動 3 ダーリントン [続きを読む]
  • ダーリントン・トランジスターの気をつけたい所
  •  ダーリントン・トランジスターを論理出力でドライブする時に、気をつけないと泥沼にハマる所を紹介します。今回は、入力側のポートがプルアップだった場合は外します。その場合は PNP 型を使います。大きい画像 図の回路があったとします。コレクター同士が繋がっていないのは、出力電圧を下げる工夫です。繋がっていると、出力電圧は 0.6V 以上、場合によっては 0.9V にもなり、後の回路次第では常に High 状態になります。大 [続きを読む]