結 さん プロフィール

  •  
結さん: 帯をギュッとね!
ハンドル名結 さん
ブログタイトル帯をギュッとね!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yuikoubou_kumano
サイト紹介文趣味の空手と些細な日常小話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/09/27 16:46

結 さんのブログ記事

  • ツエノ峰周辺トレイルラン
  • 熊野古道トレイルランまで2週間本コースであるツエノ峰周辺で登り強化のトレーニング天気のいい日は絶景を望めますツエノ峰パラグライダー場からの展望木津呂集落、北山川の大蛇行を望む杉並木のトレイルこんな綺麗なところを身近に走る贅沢どのトレイルランナーも熊野を気に入ってくれるはず! [続きを読む]
  • 熊野古道トレイルラン 試走
  • 12月3日開催の熊野古道トレイルランニングレース日曜日にコース後半の試走に行ってきた前半30kmは緩やかで走れるコースだが後半20kmは険しい一族山の山域木々の切れ間からの絶景、美しい沢、里に近いところは江戸期の石畳も綺麗に残るバリエーション豊富なルートいきなりの急登!ここを30km以上走った後に…。コース上の絶壁からの絶景!終盤には千枚田の絶景綺麗な里山エメラルドグリーンの沢を横目にラン今年の4月にいだ天ウルト [続きを読む]
  • 富士山遠望
  • 紀伊半島の南東部三重県熊野市の長尾山782m山頂から富士山までの距離296km条件がよければ富士山が見えますチャンスは高気圧におおわれ空気が澄んだ早朝のみ1年中でそうそう見れるもんじゃありません死ぬまでに一度は見てみたい行かずには見ることができないってことで、日曜日は全国的に好天が望めたので行ってみました残念、水平線は雲におおわれてましたこの先に富士山があるんですよねそれにしても綺麗やー別に富士山見えなく [続きを読む]
  • 廃道 矢ノ川峠越え その2
  • 矢ノ川峠熊野側、今や山に埋もれ自然に返りつつあります道は土砂崩れ、路盤の崩壊、木々におおわれ荒れているものの、人工物が自然に戻る姿は美しいそんな道はガレが多くて走れないので歩いて進みます崩壊した橋、この道を60年ほど前はバスが走っていた道沿いの巨木巨木好きにはたまらん分岐の大規模な切通し当時の工事は大変やったやろなー矢ノ川峠尾鷲、熊野の人には重要かつ愛着のある峠今は簡単には人が入れない入れないから魅 [続きを読む]
  • 廃道 矢ノ川峠越え
  • 矢ノ川峠尾鷲側の峠までは作業道として車両の通行はできるが、熊野側は自然に返りつつあり徒歩でしか通行はできない国内の廃道として西の横綱といわれ、歴史的、技術的にも価値のある峠道そんな貴重な峠が近所にあるのでトレーニングにもってこいこの日は矢ノ川峠越えラン25km前半は未舗装の林道ラン台風の影響もありところどころ崩壊しているところもある天気もいいし標高が高くなると景色もよい昭和30年代まで尾鷲〜熊野間を国鉄 [続きを読む]
  • 百夜月(ももよづき)
  • 紀伊半島南部三重県熊野市紀和町山奥の不便なとこですその不便なとこでもさらに奥地全国的にも最も不便といってもいいくらいの土地がある百夜月(ももよづき)なんとも美しい地名じゃないですか見たことはあるけど行ったことはない行きたくても行けない百夜月すぐ目の前にあるのに行けない近くてものすごく遠い百夜月写真に納めてきましたちゃんと国道にはバス停もあるんですよこれが百夜月の全景ですそう、バス停がある国道の川の対 [続きを読む]
  • たまご酒
  • 小学生の頃の思いで風邪をひくと母がたまご酒を作ってくれた甘くてお酒の香りで体が暖まったのを覚えてる中学生の娘が風邪をひいたので、昔を思い出してたまご酒を作ってみよう子供が飲んでいいものなのか疑問だか薬だと思ってよしとするよくといた卵に砂糖大さじ一杯、すりおろした生姜を少々暖めた日本酒をよく混ぜながら注ぐ作り方がこれが正解なのかはわからないけど見た目も味も良好お酒を飲んだことない娘にしたら慣れない日 [続きを読む]
  • 最後の丸山飯店
  • 熊野市駅前の昔ながらの中華料理店「丸山飯店」11月中旬で閉店となります私が物心ついた頃にはすでにあるお店高校時代は友人とよく食べに行ったとにかく安くてボリュームがあってうまい熊野市民に愛された丸山飯店が閉店なんとも寂しいかぎり本日、ランチに行ってきたおそらくこれが最後になるだろう1番人気は熊野市民のソウルフード中華定食800円今日は最後なので、中華定食おかずのみ+焼飯と贅沢な注文これ、これです!鳥から [続きを読む]
  • 溝口和洋伝説 一投に賭ける
  • 20数年前、陸上やり投げで世界と渡り合った選手がふと気になったそういや、今何してるんだ?ネットで検索1989年、当時の世界記録を打ち立てるも疑惑の測定で取り消しとなり歴代2位の記録にとどまったものの、年間総合2位の成績で世界を驚かせた無名の日本人、溝口和洋の伝説本「一投に賭ける」が2016年に発行されていた高校インターハイはアフロパーマで出場トレーニングはウエイト重視で毎日12時間以上、ウエイト総重量100トン尋 [続きを読む]
  • 沈下橋
  • 和歌山県の古座川町山奥の過疎の町もちろん自然豊か川も綺麗仕事でたまに行くのだがふと古座川にかかる沈下橋が気になったので車をおりて歩いて渡ってみた美しいっす欄干のない沈下橋は幅も狭く川の流れを見ながら歩くと吸い込まれそうな感じ恐怖を感じる人もおるかもしれんな橋からの景色もよいやっぱり田舎はええなー [続きを読む]
  • フォトロゲイニング大和三山2017
  • 奈良県橿原市歴史舞台でフォトロゲイニング5時間の部に参加しました最近フォトロゲ流行ってますねそう、楽しいんです地図上のチェックポイントを探し得点を重ねます高得点ほど難易度が高く、時間、体力を消耗なので、どのルートを通って効率よく時間内にポイントを稼げるかしっかりとしたコースプランも必須さらに、チェックポイントは観光でも有名な名所が多いのもうれしいかなりマニアックな知る人ぞ知る的なポイントも面白い今 [続きを読む]
  • 国鉄バス紀南線の道をたどる 2
  • 矢ノ川峠までの道は現在は一般車両は通行止で未舗装区間と車も立ち入ることのできない廃道区間になります矢ノ川峠、この道は全国屈指の峠道なにやら廃道マニアの間では西の横綱とも言わしめるほどの廃道峠とのことただの廃道ではなく、その成り立ち、その歴史が非常に価値のある道だそう標高800mの矢ノ川峠、東紀州の土地は海から一気に高度を上げますこの日は霞がかって景色はイマイチですが、天気がよいと青い海が広がりますここ [続きを読む]
  • 国鉄バス紀南線の道をたどる 1
  • 今から58年前、国鉄紀勢本線が開通と同時に廃線となった国鉄バス紀南線尾鷲〜熊野を結ぶ全国屈指の難所、矢ノ川峠を越えるバス道45km矢ノ川峠の尾鷲側の約9kmは未舗装の林道区間熊野側の約10kmは車は通れず自然に埋もれようとしている廃道区間このバス道を偲び、昭和を体験する企画「国鉄バス紀南線の道を歩く」そう、45km歩いてきました!海抜5mから矢ノ川峠808m距離も高度もなかなかのウォーキングイベントに40名ほど参加わたく [続きを読む]
  • 大峰山 山上ヶ岳
  • 修験道の山、大峰山 山上ヶ岳に登ってきました全国でも珍しい未だ女人結界のしきたりを守る山域です女人結界の門ここから先は女性の立入りはできませんこの日、台風一過を期待したのですが山はあいにくの天気で濃いガスに覆われていましたが、このガスが神聖な大峰の山を引き立てます恐ろしいほど凛とした空気これぞ大峰山あの世への入口のように感じる登山道には茶山が数件あり開山期間中の週末は営業しているらしいここを通るも [続きを読む]
  • 九鬼町のきくや
  • 尾鷲市九鬼町過疎の静かな漁村と思いきや最近熱い九鬼町漁師の飯屋「あばば」に続いてラーメン屋が一軒オープン店主が九鬼の風景が気に入り移住10年ほど屋体ラーメン経験があるとのことラーメン屋としては他にはないシチュエーションかもなるほど店主がここでお店をと思ったのがわかる気がするさて、本命のラーメンは?あっ、懐かしい味あっさり醤油やけどしっかりした味うまいっす飽きのこないスープで全部飲みほした今流行りの凝 [続きを読む]
  • 熊野古道トレイルランニングレース試走
  • 12月3日開催 熊野古道トレイルランニングレース本日、トレーニングを兼ねてコースを試走まだまだ暑い日が続いてますが山は涼しくてラン日和赤木城からツエノ峯を越えて瀞流荘までの16kmコース中盤の一番おいしいところをラン赤木城跡スタートツエノ峯の絶景木津呂を望む絶景瀞峡のジェット船今日のゴール!瀞流荘やっぱり山走るのは気持ちいい!走ったあとのお楽しみは〜育生の古民家カフェちゃやでランチなんにもない山奥の集落の [続きを読む]
  • テオ・ヤンセン展
  • 三重県立美術館にてテオ・ヤンセン展みなさん一度はCM等で見たことあるんじゃないかな?特に男子必見これに興味もたん男子はおらんやろ!ってことで、夏休み最後の日曜日にそれほど興味のない娘を無理矢理引き連れ家族で見にいってきた人工生命体実演の動作はほんと生きてるみたい古代生物?それとも近未来生物?得たいの知れない生き物に遭遇したかのような不思議な世界いいもの見させていただきました。 [続きを読む]
  • 2017 熊野大花火大会 その後
  • 花火が終わって早くも1週間が経とうとしておりますこの調子で来年もあっという間にやって来るにちがいない花火大会の翌日、会場の片付け&清掃今年の夏も終わったなとすべての気力が抜けがちになる日に学生ボランティアivusaの交流会がありました200人以上の学生パワー圧倒されます花火大会期間中、募金活動も行ってくれました集まった金額なんと167万円来年の花火に使わせていただきます!花火大会もいよいよボランティアなくして [続きを読む]
  • 2017 熊野大花火大会
  • 2017 熊野大花火大会無事終了しました朝から小雨で準備も大変でしたが夕方には晴れ間も見られ安心毎年三尺玉の担当で船に乗り込みます筏に乗せられた直径90cm、重さ250kgの三尺玉が出港定位置に設置され点火を待つ三尺玉なんとなく孤独ですプログラムの進行状況、点火のタイミング等、大会本部と花火師との連携をスムーズに行う私の仕事、花火の写真、動画は撮る余裕なしですが、それは見事な三尺玉でした孤独な三尺玉、ほんの数秒 [続きを読む]
  • 2017 熊野大花火大会 準備2
  • 学生ボランティア団体 ivusa今年も熊野大花火大会に来てくれました!それも200人以上!二十歳前後の若者達、頼もしいかぎりみんな熊野でボランティアするために集まった学生宿は小学校の体育館でザコ寝もちろん自炊お風呂は近くの銭湯熊野の5日間、作業も大変やのにみんな元気で輝いてるそう、こういう輝いきって若者って感じいつの間にか失ってしまったわたくし花火の仕事のスキル、体力は若い子には負けんけど、圧倒的になにか負 [続きを読む]
  • 2017 熊野大花火大会 準備
  • 今年も花火の季節がやってきました花火実行委員12年目の夏、普段たいして貢献できんので、せめてお盆休みは花火に捧げます家族は大阪に帰省中花火に集中週間です12日は朝6時から危険ライン、スポンサー席等の設置ですKEEP OUT!波打ち際の危険ライン杭何本打ったんやろ腕パンパン夕方17時に一般席を開放するので場所取りに来たお客さん17時の時報を合図に我先にと場所取り合戦開始花火は17日あと3日これからまだまだ準備作業が続き [続きを読む]
  • イップス
  • 阪神の藤浪投手、巨人の澤村投手にイップス疑惑がささやかれている元日ハムのがんちゃんこと岩本投手も現役時代のイップスを語っていた普段は普通に投げれるのにマウンドに立つと体がいうこときかなくなり投げられなくなるというイップス精神的なものでなかなかコントロールが難しい、一度症状が出ると立て直すのは至難とはいっても、一般人にはどういうものなのか理解しにくいものだろうさて、わたくし最近はやってないけど草野球 [続きを読む]
  • 一曲入魂!
  • 木本中学校吹奏楽部長女が部長で最後のコンクール、ちなみに次女は新入部員コンクールは7分の持ち時間で一曲演奏まさしく一曲入魂!この日のために練習を重ねてきた部員最近、吹奏楽部のブラック部活なんてささやかれる世の中であるが、身近で見てるとそうではない部員たちはコンクールという目標を掲げ、自分たちで何をすべきか考え、練習している指導者がさせているのではなく、回りの大人が部員たちに引っ張られているのださて [続きを読む]