minami-cen さん プロフィール

  •  
minami-cenさん: N'EXは、乗り物です。
ハンドル名minami-cen さん
ブログタイトルN'EXは、乗り物です。
ブログURLhttps://ameblo.jp/minami-cen/
サイト紹介文東海地方が中心の鉄道写真ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/09/29 12:39

minami-cen さんのブログ記事

  • 東京モノレール 浜松町〜天王洲アイル
  • 周囲を高層マンションに囲まれていますが、水辺を走る東京モノレールを撮影できます。水際も停泊中の船舶で賑やかなポイントでした。ただ、軌条を見上げる形になりますので下り線は車体に大きく掛かります。アクセスは、最寄り駅は山手線の田町ですが、徒歩で10〜15分掛かります。時間がかかることを気にしなければ品川駅から近くまでバスもあります。 [続きを読む]
  • 東京モノレール 浜松町〜天王洲アイル
  • 周囲を高層マンションに囲まれていますが、水辺を走る東京モノレールを撮影できます。水際も停泊中の船舶で賑やかなポイントでした。ただ、軌条を見上げる形になりますので下り線は車体に大きく掛かります。アクセスは、最寄り駅は山手線の田町ですが、徒歩で10〜15分掛かります。時間がかかることを気にしなければ品川駅から近くまでバスもあります。 [続きを読む]
  • 東京モノレール 浜松町〜天王洲アイル
  • 周囲を高層マンションに囲まれていますが、水辺を走る東京モノレールを撮影できます。水際も停泊中の船舶で賑やかなポイントでした。ただ、軌条を見上げる形になりますので下り線は車体に大きく掛かります。アクセスは、最寄り駅は山手線の田町ですが、徒歩で10〜15分掛かります。時間がかかることを気にしなければ品川駅から近くまでバスもあります。 [続きを読む]
  • 東京モノレール 浜松町〜天王洲アイル
  • 周囲を高層マンションに囲まれていますが、水辺を走る東京モノレールを撮影できます。水際も停泊中の船舶で賑やかなポイントでした。ただ、軌条を見上げる形になりますので下り線は車体に大きく掛かります。アクセスは、最寄り駅は山手線の田町ですが、徒歩で10〜15分掛かります。時間がかかることを気にしなければ品川駅から近くまでバスもあります。 [続きを読む]
  • 東京モノレール 浜松町〜天王洲アイル
  • 周囲を高層マンションに囲まれていますが、水辺を走る東京モノレールを撮影できます。水際も停泊中の船舶で賑やかなポイントでした。ただ、軌条を見上げる形になりますので下り線は車体に大きく掛かります。アクセスは、最寄り駅は山手線の田町ですが、徒歩で10〜15分掛かります。時間がかかることを気にしなければ品川駅から近くまでバスもあります。 [続きを読む]
  • 東京メトロ 丸の内線 茗荷谷〜後楽園
  • 茗荷谷から後楽園方面に少し進んだ、小石川車両基地付近の跨線橋から撮影しました。この区間は、地上部を走る区間で、何か所か撮影できるポイントがあります。背の高いフェンスがあり、フェンスの目も小さめでフレーミングはややしづらいですが、三条軌で架線を気にしないで撮影できます。他線への乗り入れもなく1形式ですが、車両基地に留置中の車両も含めて面白いポイントです。 [続きを読む]
  • 東京メトロ 丸の内線 茗荷谷〜後楽園
  • 茗荷谷から後楽園方面に少し進んだ、小石川車両基地付近の跨線橋から撮影しました。この区間は、地上部を走る区間で、何か所か撮影できるポイントがあります。背の高いフェンスがあり、フェンスの目も小さめでフレーミングはややしづらいですが、三条軌で架線を気にしないで撮影できます。他線への乗り入れもなく1形式ですが、車両基地に留置中の車両も含めて面白いポイントです。 [続きを読む]
  • 東京メトロ 丸の内線 茗荷谷〜後楽園
  • 茗荷谷から後楽園方面に少し進んだ、小石川車両基地付近の跨線橋から撮影しました。この区間は、地上部を走る区間で、何か所か撮影できるポイントがあります。背の高いフェンスがあり、フェンスの目も小さめでフレーミングはややしづらいですが、三条軌で架線を気にしないで撮影できます。他線への乗り入れもなく1形式ですが、車両基地に留置中の車両も含めて面白いポイントです。 [続きを読む]
  • 東京メトロ 丸の内線 茗荷谷〜後楽園
  • 茗荷谷から後楽園方面に少し進んだ、小石川車両基地付近の跨線橋から撮影しました。この区間は、地上部を走る区間で、何か所か撮影できるポイントがあります。背の高いフェンスがあり、フェンスの目も小さめでフレーミングはややしづらいですが、三条軌で架線を気にしないで撮影できます。他線への乗り入れもなく1形式ですが、車両基地に留置中の車両も含めて面白いポイントです。 [続きを読む]