万葉樹(よろずは いつき) さん プロフィール

  •  
万葉樹(よろずは いつき)さん: 陽出る処の書紀
ハンドル名万葉樹(よろずは いつき) さん
ブログタイトル陽出る処の書紀
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yorozu-haki
サイト紹介文芸術・フィギュアスケート・映画・アニメの感想。リリカルなのは・神無月の巫女・マリみて小説掲載中
自由文魔法少女リリカルなのは・マリア様がみてる・神無月の巫女(Fate/stay nightとクロス有)・鋼の錬金術師・京四郎と永遠の空の二次創作小説を掲載中。百合やや多め、他傾向もあり。芸術作品・フィギュアスケート記事、映画・アニメ(輪るピングドラム・少女革命ウテナ)・漫画のレヴュー、写真つき駄文日記のよろずブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2008/09/29 20:54

万葉樹(よろずは いつき) さんのブログ記事

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「Never Fear, More Favour」 Act. 8
  • ヴィヴィオはひそかに思う──背が足りないなら、デバイスで大人モードになっちゃえばいいのに。ヴィヴィオの通うザンクト・ヒルデ・魔法学院では初等科四年、十歳になったら見かけが十八歳ぐらいに成長できる格闘競技用変身デバイスを使用できるようになる。実はなのはママたちに隠れて、こっそり、はやてさん家で借りてやってみたことがある。シグナムさんの教え子であるミウラという子がすでに使っていたからだった。自分専用機 [続きを読む]
  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「Never Fear, More Favour」Act. 7
  • ヴィヴィオはザフィーラの背中にもたれて、遠巻きにこの騒動を眺めていた。ふだんからあまり顔に表情をあらわさない狼犬は、事実の報道を読み上げるような淡々とした口調でここで洩らした。八神家の皆さんが思っているだろうが、遠慮して口にはしない事実を。くりかえしていうが、人の成りでは角が立つもの言いも、獣モードならちゃっかりと許される。「主のおせっかいにも困ったものだな」夫婦喧嘩は犬も食わないとはいうものの、 [続きを読む]
  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「Never Fear, More Favour」 Act. 6
  • 「違いますよ。あれは勝とうとしたんじゃなくて、僕はキャロを待つつもりで…」「こら! よけいな申し開きはなしや。レディファーストなんやから、譲ったらんかいな」弁解しようとするエリオの口を、はやての手がべったりと塞いだ。いやいや、ちょっと待ってくださいよ。僕の話もしっかりじっくり聞いてほしいのに。フェイトそん、ヘルプ・ミー!とエリオは心の中で叫びたくなる。その日、エリオはプールのいちばん左側のコースを [続きを読む]
  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「Never Fear, More Favour」 Act. 5
  • お代わりのジュースを頂きにきたお子さま二人を行く先で待っていたのは、例によって、八神はやてだった。フェイトから酒席の要注意人物と言付けされていたはやてが、準備おさおさ怠らず、二本の瓶の底をかち合わせながら、おいでおいでしている。しかも一本のコーラ瓶は半透明で、得体のしれない中身にすり替わっていることを、お子様たちはうかつにも知らない。その姿に、よからぬ警戒心を抱かないことはない。さて、どうしようか [続きを読む]