井内清満 さん プロフィール

  •  
井内清満さん: ユース・サポート・センター友懇塾
ハンドル名井内清満 さん
ブログタイトルユース・サポート・センター友懇塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukonsupport/
サイト紹介文ユースサポートセンター友懇塾の代表の井内のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/10/02 14:36

井内清満 さんのブログ記事

  • 久しぶりの北海道へ
  • 久しぶりの北の風景は満足先週久しぶりに札幌へ向かった埼玉県で美容院を経営する方が今春卒業する若者を雇用するために一緒に同行した新鮮で明るい笑顔の若者に会って希望と大きな夢をもって上京します と答える姿に感動しました 翌日帯広へ向かう予定が北海道らしくない暖かさで雪解けでJRもバスも全ての交通機関が運行停止どうしようかと思っていたところ 千葉の若者が北海道で就労するので就労先を見つけることを約束してい [続きを読む]
  • 一人の若者
  • 若者の船出に期待!仕事の経験がなかった一人の若者が私の紹介で今月5日から職場体験を兼ね船出することになった28歳の若者は自分の苦しみを誰も理解してくれなかったという昨晩ファミレスで最終的な就労に向けての打合せ若者は たった一言頑張ってみる という私から頑張んなくていい普通に 焦らず マイペースで疲れたら休めばいい そんな気軽な気持ちでと就労前の最後の言葉を掛けた小さくうなずき家路に向かった両親も ホ [続きを読む]
  • 就労までを見送る
  • 寮まで送り届けて本日の午後就労を決めた若者をJR千葉駅で待ち合わせして新しい生活が始まる寮まで送り届けてきた食堂やお風呂などを見学後これから自分の住まいになる部屋まで見せていただいた部屋は冷暖房や冷蔵庫、テレビまである綺麗な部屋だった若者も気に入った様子で喜んでいた 明日から仕事が始まるが頑張りますと 力強い言葉が返ってきた責任者によろしくお願いしますと挨拶して車で離れるとき 寂しい思いをしたけど [続きを読む]
  • 若者の就労決まる
  • 若者の就労先が決定!私の所に先週一人の若者が来たある方の紹介だがまだ若いのに自らを証明できる書類が一切ない交通費は勿論食べることにも困っていると話す何でもいいから仕事をしたいという話を聞くと両親とのトラブルから家出を繰り返し家に寄りつかない日々親に会って仲直りの対応をしたそして仕事は私の知りあいの会社に事情を話して理解してくれた明日から会社に入社し働くことに決まったたった今彼に連絡し就職決定の話 [続きを読む]
  • 里山整備活動終了
  • 昨日、無事に里山整備が終わりました。合計53本の間伐が終わりました。永年引きこもりだった若者が私の誘いで初めて参加してくれた。驚くほど一生懸命頑張ってくれた。これを機会にもっと関わることができればこうした若者たちと素晴らしい一日をお過ごさせていただき感謝です。お陰様で充実した1日でした。 [続きを読む]
  • 素晴らしい教諭の出会い
  • 素晴らしい校長先生の出会いが             今の私を導いてくれた。私が、一番と言うほど信頼する教員がいる。今まで数多くの教員に出会ったが彼ほど素晴らしい人に出会ったことはない。また、彼の親友にも会ったが誰ひとり裏切られた人はいなかった。それほど素晴らしい教員が今年度定年退職を迎える。先日、今までのお礼を兼ねて訪問した。全てをオープンしていいと承諾を得たので今日素直な気持ちを書くことにし [続きを読む]
  • 里山活動を行います
  • 今年度最後の里山活動です今週8日の木曜日今年最後の里山活動です若者とその保護者と一緒に間伐作業を実施間伐することで太陽の光が根本まで入ります環境を整えることでいい樹木に育ちます環境整備を重ねて今年で13年当時小さな苗だった樹木が今では見事に成長していますそしてお昼は100%餅米を使ったお餅を炭で焼いて食べることにしました私の知りあいの人がついてくれるそうですつきたての餅をほうばる若者の顔が目に浮 [続きを読む]
  • ネットカフェ難民
  • ネットカフェ難民、都内4,000人先日新聞を読んでいたらこんな記事が載っていたネットカフェで朝まで過ごす人が1万5千人と推計し回答者の4分の一が住居がないというので4千人としたと記事があったその中で「住居がなく、寝泊まりするため」が25.8%「家に帰りたくないなど何らかの事情」が5.9%年代も30代(38.5%) パート・アルバイト(38.1%)派遣労働者(33.2%)、契約社員(4.5%)で不安定な仕事が7割を超えるという結果 [続きを読む]
  • 東京で講話です
  • 明日は東京で講話です明日午後から東京赤坂で私の講話です国家試験を目指す若者たちに対し私の人生観を含めたキャリア教育の講話ですできるだけ分かりやすく丁寧にお話ししたいと今から受講生にお目にかかることが楽しみです今一生懸命原稿を書いている最中でお茶を飲んで一時休憩の時に書いていますよろしくお願いいたします [続きを読む]
  • 雪道走行に思う
  • 関東に大雪が・・・月曜日の夕方から千葉でも大雪が降って交通がマヒして大変な騒ぎだったそこで私はどのテレビを視ていても不思議に思ったことがあるコメンテーターが動かなくなった車を押している姿だこの 程度の雪で動かないということは冬用タイヤを履いていないと言うことではないのか?雪がひどくなってきていますせめて冬用タイヤかチェーンをつけて下さいと何故 云わないのだろうか 不思議・不思議・・・ 私は 毎年12 [続きを読む]
  • 講演会でお話しします
  • 講演会をさせていただきます平成29年度千葉県青少年補導員連絡協議会第2回 千葉ブロック研修会の席で場所:茂原市役所 市民室時間:午後2時から4時まで演題:かかわりから見える少年非行の現状  当日参加してくださる方に精一杯お話しさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます 初めてお目にかかる方もたくさんいますし知り合いの方の名前もありました 今から皆様にお目にかかるのを楽しみにしています この講演会 [続きを読む]
  • ひきこもりの少年が
  • ひきこもり少年が先日 関東の南部の県から 相談したいというお母さんから電話があった一人息子が大学をやめて家の中でひきこもっているという相談だった話を聞くとひきこもり自立支援施設にお願いし少年を預かってもらうという決まってホッとしたような母親の顔を見たご夫婦で話し合って決めたという私からは何も言えないと答えを言わなかった何も言えないそんな相談の日もあってもいいやりきれない [続きを読む]
  • 就職決定
  • 若者就労先決定様々な困難を抱えている若者からメールが届いた今日(昨日)会って詳しく話を聞いた障害を持っているが顔つきは悪くなかった多額の借金も抱えているというしかしストレスと上手につきあえば仕事もうまくいくと判断した直ぐに知り合いの会社に電話して面接をお願いした夜遅く会社の常務から連絡が入り明日から働くことが決まったという相談を受けてたった1回の面談で若者を救うことができた今日は私にとっていい一日 [続きを読む]
  • やっと直った
  • あばら骨のダメージがひどくて正月明けに病院に行ってみたらひびが入っているというしかしそのままそっとしていれば直るからと言われて終わり仕事始めの挨拶回りから広報紙の配布まで推薦行政を全て廻って挨拶も済ませた車から乗り降りするときの痛みはさすがに厳しいが何とかそれも終わった今日は痛みも改ざんされてきて苦しみはなくなった好きなゴルの練習に早く行きたいと思っているが今週からは元気で仕事ができそうだ年には [続きを読む]
  • やっと直った
  • あばら骨のダメージがひどくて正月明けに病院に行ってみたらひびが入っているというしかしそのままそっとしていれば直るからと言われて終わり仕事始めの挨拶回りから広報紙の配布まで推薦行政を全て廻って挨拶も済ませた車から乗り降りするときの痛みはさすがに厳しいが何とかそれも終わった今日は痛みも改ざんされてきて苦しみはなくなった好きなゴルの練習に早く行きたいと思っているが今週からは元気で仕事ができそうだ年には [続きを読む]
  • 明けましておめでとう
  • 昨年末で膿を出し切った私ごとですが 昨年12月27日の夜友人達と忘年会を楽しんでいました代行で家に帰宅したまでは良かったのですが寒かったのでお風呂に入ったのがいけなかなかった洗い場で滑って胸を息ができないほど強く打ちつけた病院に行っても胸はどうしようもないのでどうにかだましながら家で寝ていました骨と肉が剥がされそうな鋭い痛みでうなり声を上げていました年が明け3日になって年賀状を書き上げ4日には賀詞交換 [続きを読む]
  • ホースセラピーを見学
  • サイトウ乗馬苑見学市議会議員の先生や元県議会議員の先生等と成田市でホースセラピーを実践している牧場へ訪れた障害を持った若者が馬の背に仰向けに寝ながら歩いている時に姿勢を変えながら約40分のトレーニング歩くこともできなかった若者がゆっくり掴まりながらの歩きだが確実に一人づつ歩いているホースセラピーの力を見せつけられた一瞬だ 様々な身体障害は勿論だが、やんちゃな若者も発達障がいなど精神的な障害も痴呆の [続きを読む]
  • 若者の考え方
  • 企業人との話の中で中小企業の経営者と話す機会があった何が何でも全ての人に正社員というが若者の中には正社員を拒む者のいるという事実2年間アルバイトやパートで一生懸命働いて貯めたお金で海外旅行をするという拘束されるのが嫌だから好きなときに働いて  自由に生きたいという若者もいるとにかく自由でありたいという若者働く場所はいくらでもあるからという若者 企業で雇ってもちょっとしたことでもう翌日から会社に来な [続きを読む]
  • 出会いっていい!
  • 久しぶりにいい感じ産経新聞にその記事が8月に掲載された早速 その本を購入し 作者に連絡してメールで対応していた先日 東京に出てくるというのでお目にかかることにした北海道から会いに来てくれたその人は過去の出来事を本に書かれている面影はさらさらないごく普通で言葉遣いも悪くない ごく普通の人だったしかし言葉の一つ一つに張りがある生きると言うことに信念を感じる久しぶりにあった男らしい男かもの知れない雑誌 [続きを読む]
  • 定着支援セミナー無事終了
  • 定着支援セミナー無事終了24日(火)に実施した、定着支援セミナーは多くの企業の参加していただき盛会の内に終了できました。ご協力いただきました企業様には大変感謝しております。ありがとうございました。 私たちは若者がちょっとしたつまずきでせっかく入った会社を辞めてしまう多くの事業主は今の若者は・・・・という嘆きの話をよく聞くそんな、形を少しでも無くそうと、元日本航空機長小川良氏を講師にお願いし、受け容れ [続きを読む]
  • 一つの考え方
  • 残業問題や雇用形態がこうした問題が日本だけの問題として騒がれている残業はするなという考え方は間違っている外国いって彼らと夕食でも一緒にと話すとその時間が午後10時は当たり前のである仮に早くなってもノートパソコンを手にして仕事をしながら懇談するのが当たり前なのだ彼らの管理職の勝負はたった1年での評価なのだノー残業デーと称して早く帰社し自分の趣味など楽しんでほしいというがこれで日本社会が成り立ってい [続きを読む]
  • あまりにも重い
  • 震災からの立ち直りは難しい?仙台市でのイベント参加のため連休中出掛けてきた私の友人が復興支援で宮城県某町へ出向している今回は その両方兼ねるためでもあった何もない草原の中から少しづつだが復興しているように見えるが実は 復興しているのは建物だけ人々はそれぞれ深い傷を負って立ち直っていなかった誰もいない通りで老人が数人で草取りをしていた声をかけると年配の男の人が綺麗になればと皆で刈っているというここ [続きを読む]
  • 横浜刑務所へ
  • 横浜刑務所へ昨日 横浜刑務所へ企業の方をお連れして訪問してきました 刑務所を出所した後の再犯事件で再収容されるのが多いと聞いているので、少しでもこうした社会に恵まれなかった人に対し 雇用を生むことで再犯率が下がればと思い訪問して話を聞いてきた 再犯率を低くすると言うことは緊急の課題です仕事にありつければそれでいいのではなく 仕事に就いた後でも 継続的にカウンセリングを受け日常起こりえる様々な相談を受 [続きを読む]
  • 母親の兄弟
  • 母親の兄弟が亡くなった今日の午後、唯一の母親の兄弟が亡くなったという悲しい知らせが届いた本家の長男がトラクターの事故で亡くなった私の母親は3人兄弟の長女だった末っ子の弟が今日亡くなったこれで、すべての兄弟が亡くなり一つの歴史が幕を閉じた長男が亡くなったときはショックで大変だという思いで私の母親には最後まで知らせなかったお陰様で89歳迄天寿を全うしてこの世を去ったあの世という世界があったと仮定して今頃 [続きを読む]
  • 花火大会も終わり
  • 8月5日(土) 午後7時30分から1時間20000発の花火が幕張の浜に大輪を咲かせた打上から1時間丁度で終了させるために苦労したが最終的に15秒の誤差で終わることができた花火のできも主催者から大変好評をいただいたDJのANNAさんとのコンビもぴったり?終わってからANNAの両親からも素晴らしくて涙が出たと涙声で喜んでくれた花火を打ち上げるために70名のスタッフが早朝からかかわった後片付けも含めて終わったのが午前0時だった素晴 [続きを読む]