こう さん プロフィール

  •  
こうさん: native mind
ハンドル名こう さん
ブログタイトルnative mind
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nativemind69/
サイト紹介文ブランキー・鈴木晃二・刺青と病んだ脳内がメインです。
自由文ブランキー・鈴木晃二・刺青と病んだ脳内がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2008/10/04 17:52

こう さんのブログ記事

  • 私の眠れぬ夜は続く
  • 何て言えば良いのか例えば手の親指をグッと反らせて、したら関節の処にシワが出来るでしょう?その弛んだ部分を人差し指でグッと圧をかけて欲しい。爪でも良い。結構力入れても痛いとはまた違う感覚で、まぁもっと圧かかっても別にイケる的な。伝わるかな?その感覚を俺は足で感じてて、片膝ついてもらえば解ると思うけど、足の親指の付け根の少し下辺りに同じ様にシワが出来るのね。その場所はあるブーツでしゃがんでつま先折ると [続きを読む]
  • 【夜よ 僕を詩人にするな】
  • きっと自分の範囲だと限られてくるから無条件で誰かのオススメ聴いてみたり良かろうが悪かろうが耳に出来るなら一度聴いた方が良い。聴けない楽曲の方が圧倒的に多いんだから聴かずして死んでいくのが普通なんだからだから聴けるなら何でも聴いたら良い聴けると思ったらとことん聴く。その中で何かを学び得られたらそれで良い感銘を受ける歌詞に出会えたり、例えばゲームでも漫画でもトキメク台詞だって出てくるじゃない?、それが [続きを読む]
  • 【欲しい物と必要な物はきっと紙一重さ】
  • 以前にグレーのスニーカーをどうこうって話をしましたが、目星を付けたまでは良かったんですけど、スニーカーって意外に高いよね。どこか5千円位のイメージしか無くて、でも高額でも今回はその価値を見出す程に期間が開いても頭の隅にあって。ただご存知好きな気持は芽生えても実際履かないのが私でして・・・。だから貴方も俺もこう思うでしょう、『お前はスニーカーよりブーツにお金を使う方が正しい』と。そしていい加減このブ [続きを読む]
  • 知世ちゃん、カメラカメラ!
  • テレビ欄でCCさくらしてるのは知ってて、ずっと勝手に再放送かと思ってたら新しいのやってるのね。OPの歌さ、初代の楽曲がすっごいヘンテコなメロで、その日は急にあの気持ち悪いメロが聴きたいなって見たら全く変わってて。更にどうだ?、さくらさんが進学してるし、大人っぽくなってるし、シャオラン君とラヴが過ぎてメスの顔になってるし、コレは一体・・・そもそものCCさくらを知らない人にどう伝えれば良いのか。出てくるキャ [続きを読む]
  • 【それはひみつ ひみつひみつ】
  • 社長がしてる楽曲が聴けない例のバンド、今、去年の5月に行ったライヴの一曲が期間限定ながら公開されまして、ファンしてても2回しか聴いた事が無かったあの楽曲の名前がようやく今、ほぅ、これがあれか・・・と俺の中で一致しました。映像的に結構がっつりカメラ入ってるご様子で、ならライヴDVDをば出して頂けるとありがたいのですがコレが出さないんですよね。通常、作品として残し、売って活動資金や、見れないファンの為、布 [続きを読む]
  • 音楽放浪記 126 Adebisi Shank
  • A.A.Lの話をするが為に今まで辛い音楽を聴かせて申し訳ありませんでした。真面目に聴いた人はさぞ拷問の様な気分だったかと思います。ただ俺はこの話を書くべく眠れない夜にSpastic Inkを聴きながら書き続けもう外は明るくなって来ましたよ。俺も辛いです。多少は音楽が好きな方だと思うんですが、それでも時に音楽的にだったり聴き方だったりで拷問受けてる様な感情を抱く事もしばしばで、そんな気持ちも知って欲しかったのです。 [続きを読む]
  • 音楽放浪記 125 聴き難さ+聴き難さ=
  • 続き今回何の話をしてるかと言うと、前前回の難解な技巧と、前回のテクニカルなフュージョンが合わさったら逆に聴けたって不思議な話。今年に入ってから知ったジャンルでジェントってのがありまして、wikiによると、プログレッシブ・メタルより派生したヘヴィメタルのジャンルの一つで、2000年代初期に造語として発生。8弦ギター(あるいは7弦ギター)で変拍子を織り交ぜた複雑なリズム、メロディではなくリズムによって特徴づけら [続きを読む]
  • 音楽放浪記 124 フューージョーン!
  • 続きとてもとても自分勝手な話になりますが、時にメタルに於いてギターの技術を『ピロピロなんてオナニー』などの言われ方をしてカチーンと来たりもありますが、Spastic Inkみたいにメロ捨ててまで技巧してるのは俺もオナニーと思うですよ。メロウに聴かせてくれないし自分等だけの快感に近いし。でもメタルの技巧はオナニーって言ってもメタラーはそこまで何も言わないですよ、継承だの見た目だのスタイルだの、例えばインギーが [続きを読む]
  • 音楽放浪記 123 Spastic Ink
  • 音楽の話で時に超絶技巧至上主義みたいな事言ったりしてますけど、あくまでも楽曲としての形式を保っているリズム・メロディー・ハーモニーから成る音楽形式での話で、メタルジャンルでは楽器の技巧の活かし方が音楽形式の範囲で収まってる、すなわち“聴ける”音楽だと思う。と言う話になると当然“聴けない”音楽もありまして、今回は技巧推奨派の俺でも『ちょっとどうなん?』と言ってしまう音楽の話。97年、Spastic Ink 【Ink [続きを読む]
  • 時期尚早
  • 寝る時暑いし、お風呂の時間も短くなったのにのぼせるし。もう良いかなと結構引っ張って半袖着たのに、めちゃんこ寒いですね。朝はお布団が寒くて、寝室に扇風機まで出したっていうのに。皆様、油断すなよ、風邪に喰われぬ様に。【中年の人の顔というのは、その人を表すということがよく言われる。人間の顔でおもしろみのでてくるのは中年のころからだといわれる。これは、人の心がその人の顔をつくるということなのだ。中略しかし [続きを読む]
  • 音楽放浪記 122 期待を裏切らない再結成
  • ウォークマンリセットに伴い、聴いていた選りすぐりの音楽をいくつか記す。FEEL SO BAD 17年 【PENTAGON】 もはや何枚目のアルバムになるのか解らないF.S.B。ちょっと月刊シリーズから付いて行けなくなっていつの間にか休止、再開を繰り返してもう終わりかと思わせた頃に出たミニ・アルバム。F.S.B歌詞面白いんだけど、例えばロッテンオレンジ系聴けない人とか歌詞に遊び心要らない派の人は中々聴けないイメージよね。今回MV見たの [続きを読む]
  • 音楽放浪記 121 たまにはハードロック
  • Revolution Saints 17年 2nd 【Light in the Dark】元ジャーニーのディーン・カストロノボ、元ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、の三人からなるアメリカのハードロックスーパーグループ。この情報だけでスーパーグループと認識出来る人がこのブログを見てるとは思えないし、そもそも俺もそんなに知らないので、知っておけばこの先の人生で一回位は誰かとディーン・カストロノヴァ [続きを読む]
  • 【鼓動のビート貫け ガムシャララ】
  • バンやろの件、バンやろと云うか某女子フィルター越しにしか知らないのでヲタ色を排除して語れはしないのですが、1日にライブがあったご様子でその女子はぶっ飛んでいましたよ。ふとどんな処でライヴするのか調べたら場所はよく解んないけどチケ9千円って高過ぎひいた。物販でも推しグッツは保管用も買うだろうし、そもそもゲームで課金して、いやいやカモられ過ぎだって・・・と要らぬ心配しか出来ないよ俺は。ただ物販昼頃から始 [続きを読む]
  • 音楽放浪記 120 ちょっとだけ神
  • ウォークマンの中身をリセットしたので、中に入ってた音楽の話。マイケル・シェンカー、またの名を神と呼ばれるギタリストが居る。俺らの世代から上の世代は聴いてて当然と言われたりする部類の人で、フライングVを内股で挟むスタイルに皆が憧れた・・・かは定かでは無いが、少なくともエアギターで内股の人は神崇拝者。今年に入ってFestから【Resurrection】が出たり【神記録】なる10年間のベストが出たり。そのベストはスタジオ [続きを読む]
  • 【Secret Lovesick】
  • 今俺のツイッタは4月が迫ってバンやろ!のフェアエプ熱がヤヴァ過ぎて。原因はたった1人の女子なんだけど、シークレットでも何でもないその炸裂した思考はどっかで気が狂ってしまうのではないだろうかと(良い意味で)俺もハラハラウキウキ。例えばツイッタにしろブログにしろその人を表すモノだと思ってて、悲しい事しか書かない人はそんな人なんだろうと思ったり、言葉遣いにしてもそう、きっと自分で読み返せば自分が解るでし [続きを読む]
  • 音楽放浪記 119 Jimi Hendrix
  • なんとなく家で流すにはジミヘンは似合っていない気がして、特に朝から聴くにはこの気怠さは身体に堪えるし。決して通勤の満員電車で聴く感じでもないし、明るいうちに聴くなら緑が欲しい、ジプシー的な。ジミヘン聴く時はいつもそんな風に思って聴き場所を探す。どうしてもサイケが似合わない部屋なので、多分お風呂場が一番あってる気がする。Jimi Hendrix 18年 【BOTH SIDES OF THE SKY】毎度墓荒らしとも呼ばれる未発表音源で [続きを読む]
  • I LOVE...
  • 今年はイカナゴの釘煮を実家から送ってもらいましたYO時に落ち込む事もあるけれど、毎年継続して美味しさを味わえるのは俺が変わっていないから?それとも純粋に好きだから?こないだね、千里眼の新譜が出たの。前に書いたデス・ヴォイスで珍しく聴けたこのバンド。新譜の情報はもう年末位から出てたのかな?、結構楽しみにしてたのよ、コイツは間違いないって。ただ聴いても聴いても花が咲かなくて、千里眼どうこうより俺が悪いの [続きを読む]