旅びっとん さん プロフィール

  •  
旅びっとんさん: 放浪画家(@^−^@)「旅びっとん」の季節のたより
ハンドル名旅びっとん さん
ブログタイトル放浪画家(@^−^@)「旅びっとん」の季節のたより
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tabi_vitton
サイト紹介文旅好きの「旅びっとん」がスケッチや、油絵、旅行記などを、楽しく紹介しています。
自由文(@^−^@)ノ とくに、北海道大好きで〜す。

テント、寝袋、スケッチブック持って、よく旅しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2276回 / 365日(平均43.6回/週) - 参加 2008/10/04 23:51

旅びっとん さんのブログ記事

  • 忙しい毎日 (@^−^@)ノシ
  • (@^−^@)ノシ   旅から帰って 毎日 忙しく 過ごしています。   なかなか 更新も出来ませんが 元気ですのでご安心くださいませ。                                     旅びっとん [続きを読む]
  • 13:40、、只今「木曽路」南下中♪
  • 2017 11 16 、只今、「木曽路」南下中で〜す。 奈良井宿すぎて薮原だがや。 木曽路:長野県塩尻〜岐阜県中津川までの山間の道。 妻籠(つまご)、馬籠(馬籠)、奈良井(ならい)宿が有名♪ 木曽路は、すべて山の中である。あるところは、岨(そば)づたいに行く崖の道であり、 あるところは、数十間の深さに臨む木曽川の岸であり あるところは、山の尾をめぐる谷の入口である。 一筋の街道は この深い森林地帯を貫いていた。 (島崎藤村: [続きを読む]
  • 松尾芭蕉とさらしな、
  • 、 「松尾芭蕉とさらしな」俳人の松尾芭蕉は、江戸時代の貞享五年(1688)、 中秋のさらしなの月を見るために やって来て、「更科紀行」を書きました。 この紀行文は、 「さらしなの里 姨捨山の月みんこと、しきりにすすむる秋風の 心に吹きさわぎて…」 と始まります。 しきりにすすむる秋風の 心に吹きさわぎて、という表現から、 さらしな月を どうしても見たかった芭蕉の思いがわかります。 芭蕉はどうして そんなにさらしなの月 [続きを読む]