reikogogo さん プロフィール

  •  
reikogogoさん: REIKO GOGO日記
ハンドル名reikogogo さん
ブログタイトルREIKO GOGO日記
ブログURLhttps://reikogogo.exblog.jp
サイト紹介文65歳の節目を迎え、老後の自立を目指して日記をつけることにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2008/10/05 00:43

reikogogo さんのブログ記事

  • 収穫・生き物水が切れたら死ぬのよ!!
  • 娘の薦めで真っ白いゴウヤの苗も買った。ナス・キュウリに遅れて、先週あたりからボツボツ収穫。体調不調であっても植物に水をあげないと枯れてしまうよ、生き物なんだから!!、植物にも病気がある、野菜の葉にも病気があるんだから見極める事と注意あり。友人 10日間の入院から退院、退院後2度目の検査が決まって居る。医師に疑いのある「○○○」が心配されると言う病名を聞いて声もない。本人、タブレットで病名の病の性質 [続きを読む]
  • 猫の大家族見える範囲11匹ーーー新たに誕生した猫が??????????
  • 昨年8月、親に見捨てられたか?死にそうな子猫を拾ってしまった。長さ7〜8センチの哺乳瓶より小さな猫、息子の手の中に収まってしまう。何と最近そのエリアに猫が何十匹も居る様子。我が家で拾った猫の親 とその、姉妹に子供ができて、さらに命を繋いだキャリコの姉妹が成長、現在口にくわえて運んでる、新しい子猫が生れているとの事。1年で20匹を超えてしまったのではないのか?片目が見えない、首が曲がったまま、ただ空腹感 [続きを読む]
  • 南無牛頭天王ーーーナムアンゴステンノウ
  • 栃木県小山市須賀神社(祇園神社・牛頭天王)祭り。お祭りの掛け声が独特、南無牛頭天王ーーーアンゴステンノウ!アンゴステンノウ! 夏バテ、4日間もグズグズ、夫が山車の撮影をして見せてくれた。動きの止まった私がおかしいと感じるのか、普段姿も見せず、外を知らない家猫脱走したのかと探す三毛が何度となくニャー、ニャーと声を出し私に触れる。不調がわかる様子、もしかして倒れたら役に立つのかも。 [続きを読む]
  • 都内どこに行っても工事中
  • マラソンランナーも大変だがアスファルトが焼け都内の暑さは不快。何処を走っても工事中、オリンピックに向けての工事・工事。道路工事もあちこちで進められているが、こんな暑い夏のオリンピック、マラソン一つ取り上げても、ランナーも大変なら沿道の応援だって大変ーーー思っただけで熱射病。恒例の櫓が組まれた、巣鴨駅南口。笑われてしまうのだが 中央分離帯の葉の大きな植物が、サツマ芋のなる木に似ていて気になる。昼食、 [続きを読む]
  • 思い出のドーナッツの型抜き
  • 最近の孫達、幼くして調理。玉ねぎカットで涙・涙の孫。完成までのライン両親が付きっ切り、危ない包丁さばきに、注意の声が入る動画、玉ねぎに涙する、孫と笑う親ーーー私にはなかった時間。母親のうどんつくりに見入る子供達。此のうどんはカレーうどんに成ったようだ。孫達に巡ってきた、クッキー作り。父親の転勤で15歳で寄宿舎に入り親、妹弟と離れ離れ。親と調理を共にすることはなかったが、娘からのラインで、唯一、ドーナ [続きを読む]
  • 野菜、大収穫ーーー大満足!
  • 留守に出来ない!キュウリ5本、ゴウヤ5本、ナス3本の苗、紫蘇の自然発生の苗1本が皆勢いが良く大収穫が始まった、採っても、採っても育つ。 Yキュウリは既に100本の収穫を超え、モロッコインゲンは小山のよう、ナスは未だ たったの1本 の収穫だが一気に7本も育ってる。紫蘇は1株で4〜5枚の葉を薬味に採っても、とっても足りて勢いが良い。一寸目を離した間に今年は何処も、ゴウヤの育ちが悪いと聞いていて、 我が家 は特に同じ [続きを読む]
  • サッカー日本代表残念
  • 東京泊の夫から早朝のライン。気になるサッカー試合だが、どうしても自身に感じる負けの予感、深夜まで起きていたのに、試合は見ることなく就寝。変な性格ーーー!そんな私の性格を見抜いてる、夫からの 早朝のラインで敗れたことを知る。81歳、落語家の桂歌丸さんの訃報。友人から 先週木曜日から毎日6時間ごとに抗生物質の点滴4回とライン、其れなのに小まめに水分をとって体に気をつけてと、私を気づかうーーー落ち込んでしまう [続きを読む]
  • 小山市・田んぼアート、お米の苗の色に驚き
  • 農園に昨年同様、巨峰の権利を1本買って、剪定袋掛けもお任せになってしまった。もうじきトウモロコシの収穫体験も楽しみにしている。今回農園の界隈を行ったり来たり、とうとう自分のぶどうの木の確認までできなかったが、グリーンの田んぼに、白い稲の苗・赤・紫・黄色等々でキャラクターが描かれた光景には感動した。上と下・角度がちがうと上の図案とは全く想像すらできないなえでえがかれたえ。順番はとも角、広い栃木の地域 [続きを読む]
  • 府中市美術館 長谷川利行展へ
  • 府中市美術館へ長谷川利行展に。館内掲示板に藪野健さんの名前。2015年から夫の友人の藪野健さんが館長、夫から良く健さんの人となりを聞いている大学時代は夫と同じ今井研に居た藪野さん肝心の夫がいない私達が府中市美術館に到着した午後2時頃、夫は滋賀県から自宅へと帰宅となっていた。一寸声をかけお会いしてたら、榧さんが盛んに口にしてたこんな立派な府中市美術館、知らなかった、誰の設計か?と言う、榧さんの質問に応え [続きを読む]
  • 滋賀県に起こった竜巻
  • 世界で一番竜巻の多い国といったらアメリカ次はカナダかな?と思う。日本での竜巻災害とは滅多に聞いた事なかったが結構竜巻災害が多くなった気がする。世界で起こる巨大竜巻の様な規模ではないが自然災害が頻繁になり、今日の滋賀県の竜巻にも夫が滋賀県出張中、地震に続き竜巻災害には驚かされる。 土曜日に元気だった友人が病院に入院して点滴を受けてるというラインにびっくり。ほぼ強制的に写真を送る事、文章を書き込み私の [続きを読む]
  • JOMON 縄文1万年の美の鼓動展間もなく
  • 東京国立博物で開催される。館山形・青森県その場に行っていながら見れなかった土偶、縄文の女神や、合掌土偶が展示される、よく足を運ぶエリア、長野県にある縄文遺跡は巡り飽きる事なく土器、ビーナス、仮面の女神など足を運ぶ、縄文文化は興味深い。夫友人達の集いの場となる、土佐清ワールドでの食事。上野の従兄弟の会社の裏手にこんな食べ物屋さんが並んでいるとは知らなかった。表通りも裏通りも通過するのみだった道。ヒオ [続きを読む]
  • 国立博物館内・初夏のコンサート
  • 裸足のピアニスト下山静香さんとアレハンドロ・ベラのコンサートへ。今日迄の沢山のコンサート会場でも、 東京国立博物館?と聞いて確認、私にとっては初めて博物館内でのコンサートは初めての事。上野でも、東京藝術大学奏楽堂のまちがいではない? 以前コンサートに行った 移築された、旧東京音楽学校奏楽堂 では?と、博物館内という事で夫への会場確認。此れは確かに東京国立博物館ーーー森鴎外総長室跡が有る本館。コンサート [続きを読む]
  • 上野の森公園内
  • 半世紀を越える文京の地に居て、上野は馴染みのある場所だった。近くて遠い、車で通過、パンダ橋の上から下を見るこの光景は初めての事。yt6今までは、此の道路も公道カートのコースとなり、車の渋滞の中、6〜7台のカートに挟まるか前後して走行 通り抜ける道だった。歩行するのは今回初めてとなった。地図の中央、赤い矢印現在地点から、歩いたことのない、上野の森公園内を通行。いつも表面からしか見なかった文化会館裏側。上野 [続きを読む]
  • 熊谷守一美術館 33週記念展
  • 熊谷守一美術館 33周年展 。5/11(金)〜6/24(日)あっという間に最終日も迫った22日、ようやく会場へ。昼食を済ませ美術館へ22日から17日間、逗子に帰れないという榧さんに、朝採りしたモロッコインゲンとキュウリの食材「私が育てたの!」とおすそ分けに「エー!」とまさかの私が作った野菜とは思えなかった様で驚きの声。l夫の事務所泊、見せたいところがあると夕食時、散歩。生産緑地地区エリアの見学だった、我が家も間も無く [続きを読む]
  • 知らなかった!!黄金虫とカナブンの違い
  • 黄金虫は、金色だったり、光沢のある緑色と思い込んでいた。これは黄金虫↑、↓茶色の汚い色はカナブンと思う。長男からのラインを見てびっくり。何とこの昆虫、上の写真も下の写真も両方とも黄金虫だという。 此の茶色は初めて見る昆虫でカナブンとも思えない。息子から送られ、茶色はカナブンに限らないことを知り、コガネムシの歌のイメージが壊れてしまった。再度ラインに添付された写真にびっくり。緑色に光るのはコガネムと [続きを読む]
  • 自分にわからない悲鳴、飛び出すミミズに金縛り状態。
  • 此れは南瓜なのかな〜!!葉が小さくて、ツルがない、茎の根元に、七つも蕾があって、産毛だらけ。花は小淵沢で見たズッキーニやかぼちゃに似ているんだけれど、葉がちがう。葉を食べるごぼうかもしれないよと聞いたんだけれど、ごぼうではなさそう。大の虫嫌いの長野の妹。昔は長野市でも村一番の雑草一つも生えていなかった庭、今や虫嫌いで庭に出られず、地域一番の雑草だらけの庭になってしまったと、ラインあり。キュウリ3日 [続きを読む]
  • 旬 ミニコーン・ヤングコーン・ベビーコーン
  • 栃木県・小山市内から思い川を越えて栃木市内へと向かう。 車で何分もしないうちに、真っ平らな水田地帯、大きな家の敷地内は満開の花畑とトウモロコシ畑。延々グリーンの背丈をそろえて育ったモロコシの頂上には花が開花を待つ。そして親木の節々から、沢山の若芽色の雌しべを蓄えたミニコーンが育ってる。6月そのミニコーンの何本もが間引かれる、1本のトウモロコシの木に2本を残すのみ、後の数本は、ヤングコーン・ベビーコーン [続きを読む]
  • 念願のミニ畑、黄金虫が野菜の葉を食べるなんて!
  • 庭の豆の木に沢山の花が咲き始めた。つるはまだどんどん伸びる、何とか息子に頼んで螺旋状に綱を張ってもらった。落ち着いて見たら、なんと真っ黒な虫がいる。花が咲き始めて、大きなクマンバチが葉陰にいるのかと思ったらなんと黄金虫。どこかから飛んできて休んでいるのか?見れば葉に穴を開けている、食べてる様子。穴は一つではない、高い所の葉があちこち穴空きになっている。まさか? カナブンや黄金虫ってl樹液や花の蜜を吸 [続きを読む]
  • 巣鴨とげぬき地蔵ーーー若返りのおばあちゃの原宿
  • スイミグスクールに通ってる頃は友人達と寄り道をした。毎月4の日は縁日で混雑するが、以前、9月24に行った時とても歩ける状態でなかった時に当たってしまった、聞けば1/24・5/24・9/24は大祭の日との事、友人も私も知らなかった。毎月4の日ということは、4・14・24と4のつく日が3回という事、そして1年の内でも1/24・5/24・9/24が大祭の日。最近では友人達と歩くことがなくなったが、ここ何回か夫と昔なつかしときわ食堂で [続きを読む]
  • ママチャリより安全!!公道カートだが ??賛否??
  • まだ同行者頼りだが、極力列車利用をと心がける。旅先ではレンタカー、都内では、列車を降りた後、目的地までの移動がスムーズではない、乗り継ぎがわからずタクシー頼り。たまたま上野公園口で乗ったタクシー、走り出してすぐ、「あーよかった!!公道カートの車列に巻き込まれたら困る!」とドライバーの一言。バックミラーに観光客の運転する、公道カート(ゴーカート)が何台も迫って来ていた。国内で私が此のカートに初めて出会 [続きを読む]